畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2020年08月27日 一覧

2020年8月27日(木)

2020年7月28日(火)、健康栄養学科「健康管理論」の学修の一環で、「地球レベルでの栄養の課題と取り組みについて」をテーマに、大阪ガス株式会社の谷田氏(大阪導管部地域共創室)によるオンライン授業を実施し、健康栄養学科1回生101名 2回生3名が受講しました。

 

▼谷田氏(Teams&YouTubeを使用して遠隔授業を実施)

健康栄養学科「健康管理論」1-1

 

「環境・エネルギーと食」と題し、地球環境問題や世界・日本の現状、課題について講義いただきました。また、身近にできる取り組みとして、小学校でのエコクッキング授業もご紹介いただきました。

 

健康栄養学科「健康管理論」2-1

 

参加した学生からは「企業の栄養士業務を知る貴重な機会でした。また、地球環境問題について、旬の食材を使う、地産地消を心がける、調理を工夫するなど私たちができることを再認識することができ、出来ることをこれからも少しずつ積極的に日々実行・実践していき、環境を変えようと思いました。」などの声が聞かれるなど、好評のうちに終了しました。

 

健康栄養学科「健康管理論」3-1

 

大阪ガス株式会社は「食育」「環境」「防災」などの次世代教育を通じて地域の価値創造活動に取り組んでおり、各地域の小学校、大学での授業のほか教育、行政関係者を対象にセミナー等の開催など様々な活動を展開しています。なお、本学健康栄養学科の学生有志による「ヘルスチーム菜良」ともエコクッキング授業を連携実施しています。 

 

今回、外部講師を招くことで、より専門的な知識を得ることはもちろんのこと、企業で働いている栄養士の仕事を学び、産学連携を知る貴重な学修の機会になりました。これからも積極的に外部講師を招いた学修の機会を作っていきたいと考えています。

 

健康栄養学科 講師 野原潤子

 

【関連記事】

大阪ガス出張授業「エコ・クッキング」に参加!~ヘルスチーム菜良

4大学(畿央大・奈良女子大・帝塚山大・近畿大)交流会レポート~ヘルスチーム菜良

大阪ガス主催「エコクッキング」「“和食だし”体験講座」に参加!~ヘルスチーム菜良

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。

ブログトップへ