畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2016年01月15日 一覧

2016年1月15日(金)

健康栄養学科3回生10チーム約30名が柑橘系レシピに挑戦!

 

2015(平成27)年度後期の10月から、桜井市農林課・農業委員会、穴師かむなびの郷など地元の方と連携して山の辺の道農産加工品開発プロジェクトに、畿央大学健康栄養学科(指導教員:岩城啓子教授)の3回生10チーム約30名が取り組んでいます。

2016(平成28)年1月12日(火)14時30分、桜井市農林課、穴師かむなびの郷の方など5名にお越しいただき、今回のテーマとした「摘果みかん」を使って学生たちが試作した「料理」、「スイーツ」、「土産品」などプレゼンテーションを聞きながら実食していただきました。

 

30

 

調理実習室では学生たちは1時過ぎから予め仕込みを行っており、桜井市のみなさんの到着・プレゼンを待ちかねていたように事が運びました。出来上がりだけでなく、最終仕上げ段階を実際に見てもらったうえで食して感想をお聞きしました。

 

24-tile

 

スウィートポテト、シュークリーム、ゼリー、ぜんざい、団子、などの定番スイーツから、おにぎり、パエリア、グラタン、おいなりさん、など食事系まで「みかん」をどのように使ったのか、学生の想像力は計り知れないものがあります。

 

このプロジェクト連携先の桜井市の方々をお招きして、1月26日(火)15時から、コンテストを実施しグランプリ、準グランプリ、特別賞などの審査会を行います。さて、どのレシピが最高峰に選ばれるか楽しみです!

 

【関連記事】

桜井市農業委員会・穴師かむなびの郷連携「山の辺の道農産加工品開発プロジェクト」がスタート!

2016年1月15日(金)

1月8日(金)「金曜日カフェ~つどい~」(御所市連携コミュニティカフェの新名称)では「kioオレンヂカフェ 分かちあいin御所」を開催しました。

 

午前中は、畿央大学看護医療学科教授山崎先生による認知症に関する講習。

認知症とは、様々な原因で脳の細胞が死んだり、働きが悪くなり障害が起こり、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態のことだそうです。

認知症の症状とはどのようなものなのでしょうか?

 

1

 

・昔のことはよく覚えているのに、最近のことはあまり覚えていない。

・道に迷ってしまったりする。

・趣味や興味があったことに無関心になる。 などがあります。

 

たとえば初詣に行ったとして、行ったことは覚えているが誰と行ったか、どこに行ったかを覚えていないのは物忘れです。しかし、行ったことを覚えていないと認知症の可能性があるそうです。

 

2

 

また、山崎先生が「ヒーリングベイビー」という赤ちゃんの人形を持ってくださいました。

気性が荒くなった認知症の方がこの人形を抱きかかえると、感情に働きかけ子育てしていた頃をイメージし、話しかけたりするそうです。

みんなで、順番に抱っこさせていただきました。

 

3-1

 

認知症は、早期発見・早期受診で発症を遅らせることができます。

そのためには、周りのサポートが大きく、不可欠なもののようです。

 

4-1

 

午後からは、認知症の人を介護する方の立場でお話をしました。

それぞれの立場で認知症介護の体験や介護に対する思いについて語っていただきました。

認知症の人と家族の会という団体から世話人の正楽さんもお越しくださいました。

徐々に、認知症カフェとしての理想の形に近づきつつあるように思いました。

 

次回「kioオレンヂカフェ 分かちあいin御所」の開店は、2月12日(金)です。

 

毎週金曜日に”金曜日カフェ~つどい~”を開催しておりまので、是非一度お越しください。斎藤ゼミ一同皆様にお会いできるのを心からお待ちしております!

人間環境デザイン学科 4回生 志茂直樹

 

【今後のスケジュール】
御所市連携コミュニティカフェ イベントスケジュール

 

 

 

ブログトップへ