畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2015年03月16日 一覧

2015年3月16日(月)

こんにちは!

被災地支援サークルHOPEFULの教育学部1回生のゆうしです!!

 

春休みを利用して2015年2月21日(土)に福島県会津若松市で行われた『みんなで外遊びプロジェクト』にHOPEFULメンバーのやっすー、こうだいと一緒に参加してきました!

 

『みんなで外遊びプロジェクト』は、特定非営利活動法人 寺子屋方丈舎 によるプロジェクトです。外遊びの中でお互いが人に頼む、また人から頼られる経験を積んで仲間づくりの大切さを理解することや、プロジェクト終了後も一緒に遊べる子どもたちの関係を作ることをめざした活動です。

 

青森県から来ている子どもや福島県内でも比較的に放射能の影響が大きかった大熊町から来ている子どもなど、参加者は様々でした。

朝、会津若松駅で子どもたちを迎え入れてバスに乗り、今は使われていないスキー場へ到着!

 

写真 2

 

そこではまずお互いに呼び合う名前の名札を作成し、スタッフも子どもたちと同じように名札をつけました!

 

写真 1

 

名札を作り終えてからはスキー場へ出てみんなで雪遊び!

雪合戦やそりすべり、みんなでおおきなかまくらを作ったりとそこでは子どもたちの笑顔が溢れていました。

また、私自身も気づかないうちに子どもたちと一緒にはしゃぎ笑顔になっていました。

 

写真 4

 

お昼休みを挟んで 体育館でおにごっこをしたり、部屋ではUNOやトランプもしました。

時間はあっという間に過ぎてしまい1日しか遊べないのがとても寂しいと思っていたら、子どもたちも別れ惜しそうに挨拶にきてくれて、とても嬉しくもありました。

また機会があれば寺子屋方丈舎さんが企画してくださるプロジェクトに参加したいです。

 

写真 3

 

今回の企画に参加したことで、僕は多くのことを得ることができたと思います。

まだまだできることがたくさんあること。子どもたちとの触れ合い方、配慮すべきこと、意識しなければならないことがたくさんあるんだなと思いました。うまく言葉にできない大切な感情が自分の中に増えた気がします。

 

ぜひ少しでも興味を持たれた方や、子どもと触れ合ってみたい、ボランティアをしてみたいと思った方は参加してみてほしいと思います!

 

【関連記事】

「みんなで外遊びプロジェクトin春休み」に参加!~被災地支援サークルHOPEFUL

ブログトップへ