畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2015年03月20日 一覧

2015年3月20日(金)

エコール・マミと人間環境デザイン学科の加藤プロジェクトゼミは、今まで何度も店舗・ディスプレイ提案など連携を行ってきました。

2015年3月19日(木)のリニューアルでは積極的に学生の企画を取り入れていただき、提案した内容が実現されましたので、ご紹介させていただきます。

 

A班が南館2階マミホール前室、B班が北館3階従業員休憩室、C班が北館1階インフォメーションボードを担当しました。

ご好意で、それぞれに、ネームプレートを付けていただいています。

 

【A班 南館2階マミホール前室】

ekomami20151

 

ナチュラル・ホワイトをベースにした空間にしてほしい、という要望のもと提案をしました。

ナチュラル感を出すためのインテリアとしての植栽の装飾を調べたり、使用するファニチャーがカラフルだったので、ナチュラルという雰囲気から外れない空間の色彩にすることに苦労しました。

人間環境デザイン学科3回生 松井美樹

 

 

【B班 北館3階従業員休憩室】

ekomami20154

 

僕たちが手がけた従業員休憩室は2つのグループの提案した間取りを担当の設計士さんが良い所を採用していただく形で実現しました。

また、壁や床の素材や色のデザインを全て決めさせていただけることができ、自分たちで考えた案が実際に採用され現物を目の当たりにした時、これから多くの方に利用されることを考え興奮と感動を抑えきれませんでした。

今回の企画は学生の間にはなかなかできない貴重な体験になりました。エコ・マミさん、ありがとうございます。

なんども打ち合わせを重ね、一つの空間を作り上げることの大変さを実感しました。しかし、自分たちの提案が実現することの嬉しさ、感動がたいへん大きいです。やりがいのあるプロジェクトでした。

人間環境デザイン学科3回生 堀口拓樹

 

 

【C班 北館1階インフォメーションボード】

ekomami20153

 

5面体を最小限にコンパクトに見せれるようなフォルムにしようと試行錯誤し、配色もナチュラルな雰囲気と合うように考慮しました。

完成したものを見てみると、自分たちで考えたものがそのまま実体化されていて、とても嬉しく感じました。

人間環境デザイン学科3回生 小林杏佳

 

ekomami20155

ブログトップへ