畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年07月10日 一覧

2014年7月10日(木)

こんにちは!今回の畿友会だよりは、課外活動総本部の現代教育学科1回生宮武が担当させていただきます。

 

2014年6月27日(金)の18:00より、畿央大学のE棟3階多目的室で学生支援センター、畿友会課外活動部主催の「緊急対応講習」が開かれました。この講習はクラブ・サークルの方を対象に開かれ、おもに熱中症対策や護身術等について教えていただきました。

 

まずは健康支援センター山根先生からの講習です。

 

新しい画像

 

人間の体は、皮膚からの放熱や発汗によって体温を下げていますが、外気が皮膚表面の温以上の時や湿度が非常に高いと、放熱や発汗ができにくくなり、熱中症を引き起こすそうです。

最近は暑い日も続いています。熱中症には十分気を付けて、こまめな水分補給を心がけてください。ただしアルコールは利尿作用でかえって水分が体外に出ていってしまうそうなので、控えてくださいね!

 

また「RICE処置」についてのお話もしていただきました。受傷後痛み、腫れ、炎症があるときに行う処置、Rest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の頭文字をとってこう呼ばれるそうです。冷やす際には学生支援センターに氷があるそうなので使ってください、ということでした。

 

次は警察の方から護身術の講習です。

 

新しい画像 (1)-horz

 

まずは警察の方に手を掴まれた時の対処の仕方を実演していただきました。

手をパーにしっかり開き、まわす。または同じく開いた後に自分の肘を相手の肘に向けて当てるそうです。

そうすれば握った時の手の隙間から逃れることができるそうです。

その後、写真のようにあごや鼻、みぞおちを狙って相手をひるませて逃げる手もありますが、護身術は「相手を打ち倒すこと」ではなく「自分が安全に逃れる」ことが大事なので、逃げることを意識してください、とおっしゃっていました。

 

新しい画像 (3)-horz

 

今度は警察の方に教えていただきながら自分たちで実践してみました。 ギュッと握られると逃げるのも難しくなるので、握られた瞬間に対応することがポイントだそうです。

 

新しい画像 (5)-horz

 

ほかにも後ろから襲われた際にどう対応するのか、などを実演していただきました。

みぞおちに肘打ちをすることや脛を蹴ること、女性の方はヒールを履いているときには足を踏むことなどで相手をひるませ、その隙に逃げればいいそうです。

先に述べたようにあくまで自分の身を守ることが大事なので、右の写真のように制圧する必要は全くありません。

 

新しい画像 (7)-horz

 

実際に、学生が警察の方の護身術を体験させていただくこともできました。

警察の方から女性に関しては

・痴漢にあわないように夜はなるべく明るいところを通ること、複数でいること

・痴漢にあった際にはできるだけ大声を出し、周囲に助けを求めるなどをして身を守ること

・さらなる被害を防ぐためにも通報や被害届を出すこと
という注意喚起をしていただきました。

 

皆さんも被害にあわないよう十分気を付けてください。

最後になりましたが、講習をしてくださった先生、お忙しい中来ていただいた警察の方へ心より感謝申し上げます。

 

【畿友会だよりバックナンバーはこちらから】

http://www.kio.ac.jp/information/kiyukai

2014年7月10日(木)

こんにちは☆学生広報スタッフ、きーさんです!

ちょっとご無沙汰しましたが、きーさんは元気ですよ(笑)

 

課題やグループワーク、試験勉強を頑張ったり、畿友会の新歓BBQや球技大会ほか、課外活動を楽しんだり、飲み食い遊びも織り交ぜながら充実した看護医療学科3回生ライフを楽しんでおります\(^o^)/

 

photo1-horz-vert

 

さて、今回はイラストサークル「ArT」のご紹介!

ArTは2010年に設立されたサークルで、主な活動場所はL棟3階美術実習室。

畿央祭での作品展示や、昨年12月の地域連携フェアでは子ども達と一緒に「飛び出す絵本」を作る活動も行いました。また、イラストに限らず、立体まで含めて幅広く活動しています☆

 

photo7-horz

▲美術実習室前の作品掲示板         ▲立体!お見事♪♪

 

photo9-horz

▲こちらが飛び出す絵本☆             ▲顧問の西尾先生と、取材に応じてくれた部員の方々

 

 

そして畿友会書記部署長でもあるきーさんにとって、特にご紹介したいのは「畿友会ハンドブック」!!

実はあの表紙・裏表紙のイラストも、ArTメンバーの作品なのです☆

昨年に引き続き、2年連続お世話になっております\(^o^)/

 

photo11

 

 

▲今年の畿友会ハンドブック表紙!とっても可愛い、そしてクオリティの高い作品ですね♪

 

今年の4月以降部員も増え、またこれまでの活動実績もあり、今年の6月にはサークルからクラブに昇格も果たしました☆

今後ますますの活躍を期待しております♪

2014年7月10日(木)

こんにちは☆畿友会書記です。

 

R棟(食堂棟)の増築工事が完成し、1Fにはカフェテリア形式の新食堂がオープンしました。

_DSC0691-vert

 

そんな真新しいR棟の2Fに、新・畿友会室が完成!!

 

kiyukai7-1

 

6月上旬には、執行委員を中心としたメンバーで、新・畿友会室見学会を実施しました。

kiyukai7-2

 

そして6月下旬には運営委員の人海戦術で引っ越し作業を行い、ついに畿友会室は新棟へ!

 

kiyukai7-4

 

E棟地下の旧畿友会室☆ 物品搬出完了!今までお世話になりました♪

 

kiyukai7-3

 

新しく、そして広くなった畿友会室♪

ここを活用して、ますます頑張っていきたいと思います!

 

【これまでの畿友会記事】

http://www.kio.ac.jp/information/?s=%E7%95%BF%E5%8F%8B%E4%BC%9A

2014年7月10日(木)

TASK〔健康支援学生チーム〕理学療法学科3回小柿が、今月の勉強会について報告したいと思います!!!初めてなので若干緊張していますが皆さんにもっとTASKについて知っていただけるよう精いっぱいお伝えしようと思います(^^)/

 

※TASK(Think, Action, Support for Health by Kio University)は、学科の枠をこえて地域住民の方々や畿央生の健康支援を行っています。

 

6月は体力測定の勉強会でした。そして7月は次回のオープンキャンパスの企画「カラダ」チェックで測定する骨密度、ヘモグロビン、体組成と畿央大学ならではの専門的な項目についての勉強会でした。

2、3回生は経験している人も多く、今回は「今年入ってきたばかりの1回生にまずは機械に慣れてもらおう!」ということでまず、全員の測定から始めました(*’▽’)

女子も男子も体重、体脂肪、筋肉量など友達と比較しながら、また上級生に結果を解説してもらいワイワイと計測を終えました。

隠れマッチョなど体の内部までぜーーーーんぶ丸見えにされちゃってました(笑)

 

DSC_9214

 

そしてその後は健康栄養学科の浅野先生からの解説講座でした!!

浅野先生が私たちに熱心に解説をしてくださいました(*’ω’*)

 

DSC_9210

 

理学療法学科の私にとっては栄養に関する勉強をするチャンスはなかなかないので、とても貴重な経験になりました。

このように学科の枠をこえて健康に関する知識を増やしていけるのも、TASKの良い点ではないかと思っています。

そして次回は理学療法学科の高取先生による「転倒予防体操」の勉強会です!! これもまた楽しみです(^◇^)

皆さんTASKについて興味をもっていただけましたか? 紺のポロシャツを着ているのがTASKのメンバーですので、気軽に話しかけてくださいね♪

 

理学療法学科3回生 小柿 亜香里

 

【関連記事】

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.2 ~幼児園での体力測定に協力!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.1 ~第1回勉強会を開催!

2014年7月10日(木)

畿央生が中心となり、体操の動作や音楽づくりが本格化しています!

 

2014(平成26)年6月に宇陀市と包括連携協定を締結した畿央大学では、健幸都市「ウェルネスシティ宇陀市」構想の具体策を実施するため、『子ども元気体操づくり・子ども体力測定』に取り組んでいます。

 

5月24日(土)宇陀市最大の約180名規模の幼保児童を擁する大宇陀幼児園で、隣接する交流ドーム体育館内で25m走・テニスボール投げ・足指握力等の測定を行いました。当日は保護者参観日とし保護者に対して、畿央大学の理学療法学科福本貴彦先生、健康栄養学科柴田満先生による講演会も実施しました。子どもたちは宇陀市内のあちこちから送迎バスに乗って通園しており、また普段から保護者の車に乗っての生活習慣になっているようで、足腰の弱さが体力測定結果に出ています。

この測定結果を踏まえて、体力向上に有効な「幼児向け体操」および体操の「音楽」づくりに取り掛かっているところです。

 

udataisou2014

 

2014(平成26)年7月8日(火)小体育館に、現代教育学科辰巳智則先生、理学療法学科福本貴彦先生、音楽の非常勤講師吉田はるみ先生、教育学部生4名が集まって体操と音楽のラフイメージづくりを行いました。

ホワイトボードに各自が思いついたダンスアイデアと楽曲の骨組みを記録していきます。このダンス・音楽部会は学生7~8名の構成とし、この日は2回目の集まりで4名が参加しました。小さなパーツをいくつか作って組み合わせて、子どもたちと保護者らが無理なく楽しく繰り返し踊れるダンス体操づくりをめざします。

 

udataisou2014-2

 

辰巳先生からは幼児体操の特性について話して頂き、学生たちは思いつきを次々に書きとめ体操の動作として表現してみます。その一部始終をビデオ録画や写真に収めて、次回の打合せに活かしていくことにしています。

 

【関連記事】

2014年5月24日 宇陀市連携「子ども元気体操づくり・子ども体力測定」

TASK(健康支援学生チーム)活動レポート vol.2 ~幼児園での体力測定に協力!

ブログトップへ