畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
ボランティア活動報告 , 学生広報スタッフblog , 被災地支援の活動

学生広報スタッフBlog vol.129~被災地支援「のびのびキャンプ2014」に向けて!

2014年6月24日(火)

こんにちは!学生広報スタッフで、被災地支援サークル「HOPEFUL」の山地美咲です!

 

HOPEFULは、東日本大震災を契機として畿央大学の学生有志により設立されたサークルです。被災地支援イベントへの参加、企画・運営などの活動をしています。今年からメンバーが大幅に増えて、約60人の組織に成長しました。

活動の一環として、2014年8月18日~20日に「のびのびキャンプ2014〜自分と未来〜」を福島県磐梯青少年交流の家にて開催します。

 

新しい画像

 

のびのびキャンプは、「福島県の子どもたちに大自然の中で思いっきりのびのびと遊んで、心と身体のリフレッシュをしてもらいたい!」という思いで始まったキャンプで、4年目を迎えます。

以前から親交のある福島大学の協力も仰ぎながら25名の子どもたちを招いて、2泊3日で最高の体験ができるキャンプをめざします。

●過去のキャンプの様子はこちらから↓

畿央大学のびのびプロジェクトfacebookページ

学生・教職員有志による東日本大震災支援のための「のびのびキャンプ2011」を実施!

福島の子どもを奈良へ!被災地支援「のびのびキャンプ2012」を開催しました!

学生・教職員有志の被災地支援「のびのびキャンプ2013」を福島県で開催!

 

のびのびキャンプ2014は住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム-活動・研究助成-2014年度と、子どもゆめ基金の助成を受けています。

 

新しい画像 (1)

 

キャンプ本番で大切な心構えを学んだり、メンバー全員が共通理解を深めて準備するための事前研修会として、土曜日の3,4限に計4回、大学内でセミナーを開催しています。5月24日(土)に畿央大学の学生参加者を集めて、第一回セミナーがありました。

 

第1回セミナーは、メンバーが初めて揃う日ということもあり、みんなとても緊張した様子でした。そのみんなが仲良くなるようにと、3限は、プログラム係の私とまえちゃんが、アイスブレイクするためのレクリエーションで盛り上げました!

 

新しい画像 (2)

▲はじめは、グループに分かれて自己紹介をしながらのゲーム。キャンプ中はお互いが覚えやすいように「キャンプネーム」を使用します。

 

 

新しい画像 (3)

▲メンバー全員での「もうじゅうがり」というレクリエーション。最後に人数が指定されるので、急いでグループを作ります。

 

新しい画像 (4)

▲ゲームを通して緊張がほぐれ、仲良くなることができました!

 

キャンプ本番でも初対面となる学生と子ども達が距離を縮める方法として、誰にでもできるゲームや遊びを通じたアイスブレイクを徹底的に活用します!

 

また4限は、改めて「のびのびキャンプ」が始まった経緯やキャンプ中での学生の役割、昨年までのキャンプの様子について、過去のキャンプ経験者に語っていただきました。

 

新しい画像 (5)

▲のびのびキャンプ2014副代表のほんちゃんとげんきくん

 

新しい画像 (6)-horz

▲昨年度代表を務めたひちょりさん、プログラムリーダーを担当したざぶさんから、のびのびキャンプが始まった経緯や、キャンプに望む心が前についてお話いただきました。

 

いよいよ、キャンプまであと約2ヶ月です! 子どもたちと熱い夏を迎えられるよう、メンバー全員で一生懸命に頑張りたいと思っています!

今後もこのKIO Smile Blogや、のびのびキャンプfacebookページ、HOPEFULのfacebookページなどに活動の様子をアップしていきますのでチェックしてください!

 

▼のびのびキャンプ2014募集チラシ(クリックするとPDFが開きます)

新しい画像

【所属カテゴリ】ボランティア活動報告学生広報スタッフblog被災地支援の活動

ブログトップへ