畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年6月24日(月)

令和元年6月8日(土)・9日(日)にイオンモール大和郡山で行われた「P-1グランプリ」に本学のヘルスチーム菜良が出場しました。

 

ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます

 

大和郡山市、石釜ピッツェリア&BARサンプーペーとヘルスチーム菜良は、大和の伝統野菜「大和丸なす」をはじめとした大和郡山産野菜を使用した各大学1種類合計4種類のピザを共同開発。4大学対抗のピザバトルを「P-1グランプリ」と銘打ち、奈良女子大学からは「レモン薫る初夏のビタミンカラーピザ」、帝塚山大学からは「和風とカレーのコラボ!パリッともっちもちピザ」、近畿大学からは「大和野菜をはさんだ2種のソースピザ」、そして畿央大学からは「初夏を感じる大和野菜たっぷりモッチリーザ」がそれぞれ出品されました。

 

「P-1グランプリ」に参加しました!~ヘルスチーム菜良~1-1

 

今回、販売においてピザの試食会も行われ、四大学のピザを食べようとたくさんの人が集まりました。試食のピザを用意するのが大変でしたが、無事にすべてのピザを提供することができました。「おいしい!」という声が多く聞こえ、ピザのこだわりの点などを伝えることができ、たくさんのピザが売れたのでとてもうれしかったです。

 

「P-1グランプリ」に参加しました!~ヘルスチーム菜良~2-1

 

そしていよいよ結果発表の時が来ました!

結果は…帝塚山大学の「和風とカレーのコラボ!パリッともっちもちピザ」が優勝でした!!

 

畿央大学は惜しくも優勝を逃しましたが、大和郡山産野菜を4種入れたことやお餅を入れたこと、紫陽花に見立てた盛り付けなどを高く評価されました。

 

「P-1グランプリ」に参加しました!~ヘルスチーム菜良~3-1-side

 

2連覇を達成をした帝塚山大学さん、おめでとうございます!

 

P-1グランプリ、試食会ともに大盛況のまま終わることができて、四大学合同の活動で他大学の方々と交流することもできたので、とてもいい体験をすることができました。

イオンモール大和郡山店へお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

 

健康栄養学科1回生  五反田奏

 

~参加したメンバーの感想~

ピザのメニュー開発を通じ、限られた食材の中でインパクトのあるメニューを考えるのは非常に難しいことを学びました。しかし、イオン、シェフ、農家などのたくさんの方々からアドバイスをいただいたおかげで独自性のあるピザを販売することができました。

残念ながら私達のピザは最優秀賞に選ばれませんでしたが、ピザバトルに参加したことによりメニュー開発の難しさ、大和野菜(特に大和丸なす)、私達が考えもしなかった他大学のアイデアを知ることができ、勉強になりました。

来年もピザ開発をする機会があれば、チャレンジしたいと思います!

3回生 徳原有実

 

●ヘルスチーム菜良とピザが奈良テレビ「はじめましてツキムラです。」に取材されました。

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。                  

2019年6月24日(月)

令和元年6月9日(日)に畿央大学のオープンキャンパスが開催されました。

ヘルスチーム菜良*1では、学生がスタッフとして参加し、食育サッとシステム*2を用いて日頃の食生活がどれほどのカロリーか、どれほどの栄養を摂取できているのか、などを見直してもらう体験コーナーを実施しました。

 

(※1)ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます。

(※2)食育サッとシステム…フードモデルを用いて1食分の食事バランスを栄養価で計算し、5段階で評価されるシステムです。

 

 

今回、14時から17時の間に、なんと80名もの方に参加していただきました!

 

第1回オープンレポート「健康カロリーチェック」~ヘルスチーム菜良1-1

 

評価が少し厳し目の食育サッとシステムは、5つ星のうち星が2つでも十分な方ですが、今回の参加者の方々は星が3つ、4つの方が沢山おられました。普段から栄養に気を遣って食事をされている方が多く、中には星が5つ出た方もいらっしゃいました。

 

第1回オープンレポート「健康カロリーチェック」~ヘルスチーム菜良2-1-side-down

 

私たち学生も、たくさんの来場者の方々と栄養についてお話ができ、とても楽しい時間を過ごせました。

1回生はまだまだ未熟者ですが、改めて栄養についてもっと深く学びたいと思える機会にもなりました。

参加してくださった方々に少しでも参考になったと感じていただければいいなと思います!

 

IMG_1079

 

健康栄養学科1回生  前川彬乃

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。

2019年6月24日(月)

現代教育学科1回生は、2019年6月13日(木)・20日(木)・27日(木)に広陵消防署・消防団の方々による「救急救命講習」を受講しました。「救急救命講習」は1回生の必修科目である「キャリア形成セミナー」の中で毎年実施しています。

教職に就くための学修を中心とする現代教育学科生が、教育現場で何よりも大切な子どもの命を守ることについて体験的に学ぶ機会となりました。現代教育学科1回生は、5月末に大阪教育大学附属池田小学校を訪れ、「学校が安全であるとはどういうことか」「学校が安全であるために教員は何をすべきか」などについて学んでいます。これらの学びによって、救急救命に対する問題意識を明確に具体的にもって受講していたと感じました。

以下、2名の学生の感想文を紹介します。

 

「救命救急講習」受講レポート~現代教育学科1-1

▲テキストを参考に救急救命の流れを学ぶ

 

【受講した学生の感想】 

初めて救命講習を受けて、私でも救える命があることを教わりました。そして、AEDは命を救うための大切な道具だと知りました。普段から、AEDを目にすることはあったと思いますが、どんなものかよく知りませんでした。もちろん、使い方もわかりませんでした。

しかし最初に見せていただいた動画で、いざというとき、側にいる私たちの対応がその人の命を左右することを目の当たりにしました。実習では消防団の方々が、倒れている人を見つけてから救急車が来るまでの対応を丁寧に教えてくださるだけでなく、私たちの演示に対して色々なケースを想定した助言をくださいました。そこで、幼児と大人では胸骨圧迫の方法が異なることや、パッドを貼る部分が水に濡れているときの対応の仕方など、たくさんのことを教わりました。

受講して、一番大切なのは「助けようとする勇気」だと思いました。救急救命の場面に出くわしたとしたら、きっと戸惑ってしまいとは思いますが、今日教えていただいた「助けようとする勇気」をもって、焦らず自信をもって自分から行動しようと思います。

 現代教育学科幼児教育コース1回生 岡村遥佳

 

「救命救急講習」受講レポート~現代教育学科2-1-side

▲写真左:倒れている人の状態を確認する  写真右:胸骨圧迫について学ぶ

 

私は1ヶ月ほど前に、自動車教習所で応急救護処置について学んでいたので、救急救命講習の受講は今回が初めてではありませんでした。教習所では二人一組で5分間の心肺蘇生を行ないましたが、今回は三人一組で8分間の心肺蘇生とAEDによる除細動を行いました。この8分間は、救急車が到着するまでにかかるといわれる時間です。とても長く感じましたが、交代しながら協力して行うことで一人一人の負担は軽減しました。救急救命には、周囲の人との協力が大切だと感じました。そして、友達との演示や演示の仕方の交流を通して、一次救命処置である心肺蘇生とAEDによる除細動とをどのように連続させるのかを学ぶことができました。これらを連続させることが救命率に大きく関わるそうです。

将来、保育現場での就職をめざす私には、子どもたちの命を守る責任があります。救急措置を必要とする場に直面したとき、自分は何をすべきか、何ができるか、正しい判断力と行動力が必要だと感じました。いざというときに、今日教わったことが実践できるようになりたいです。

現代教育学科幼児教育コース1回生 沖本有加

 

「救命救急講習」受講レポート~現代教育学科4-1-side

▲写真左:赤ちゃんへの胸骨圧迫の仕方を学ぶ 写真右:人工呼吸について学ぶ

 

「救命救急講習」受講レポート~現代教育学科6-1

▲AEDの使い方について学ぶ

 

本学学生の教育のためにご協力いただきました広陵消防署・消防団のみなさまにあらためて御礼を申し上げます。

 

現代教育学科教授 髙田恵美子

 

【関連記事】

広陵消防署による「救急救命講習」を受講!~現代教育学科

広陵消防署による救急救命講習~教育学部「キャリア形成セミナー」

2019年6月18日(火)

近隣の未就園児の親子を対象に、第2・第4火曜日の午前10:00から畿央大学の和室を親・子・大学生のコミュニケーションの場として提供している「マミポコ親子ひろば」。自由遊び、手遊び、絵本の読み聞かせ、体操遊びなどをして元気いっぱい活動しています。

 

【第2回:6/11(火)】

〇好きな遊び

〇手遊び『さかながはねて』

〇絵本『おしくら・まんじゅう』

〇ふれあい遊び『バスに乗って』

 

今回は6組の親子が参加してくださいました。

好きな遊びでは、積み木やままごとなど子どもたちそれぞれが好きな遊びを見つけ、自分が興味を持ったもので夢中になって遊ぶ姿が見られました。

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第2回1-1

 

ふれあい遊びでは歌に合わせて親子の触れ合いを楽しみ、たくさんの笑顔があふれる活動となりました。

今回のメッセージカードは「カエル」でした!紙からカエルが飛び出す仕掛けのカードに子どもたちも興味津々な様子で嬉しかったです。

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第2回2-1

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第2回3-2

 

▲ 参加してくれた子どもたちへのプレゼントを一生懸命作っています。

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第2回4-1-side

 

子どもたちの成長を温かく見守り、これからも、安心して楽しく活動できる場を作っていけるよう学生一同努力していきたいと思います。

次回の活動は、6月25日(火)に和室で行います。たくさんのご参加をお待ちしております!

 

現代教育学科3回生 大西真央

 

【関連記事】

畿央大学付属幼稚園の園児たちが大学に来てくれました!~マミポコ・親子ひろば

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第1回活動報告!

 

2019年6月18日(火)

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターでは5月末から8月までの約3か月間、トルコより研究者を受け入れています。

 

▼左から森岡周センター長、Burcuさん、大住倫弘准教授

IMG_1148

 

PhD.Burcu DİLEK

Assistant Professor, Physiotherapist

University: Istanbul Medipol University Department: Physical Therapy and Rehabilitation

 

Dr.Burcu(発音:ブルジュ)は2018年2月にも2週間ほど本学に滞在し、研究面での交流を深め、今回の短期留学に至りました。所属されているMedipol Universityでは手の治療や慢性痛について研究されていますが、今回はニューロリハビリテーション研究センターとの共同研究として『痛みへの恐怖が運動に影響を及ぼす脳メカニズムを明らかにする』をテーマに研究に取り組まれます。

 

滞在中は研究センターの施設・設備を利用して研究に取り組んでおり、大学院生と研究のディスカッションも予定されています。また、理学療法学科の授業にもゲストスピーカーとして登壇していただき、海外における理学療法などについて講演いただく予定です。事務局も外国人研究者対応のモデルケースとして今後の大学運営に役立てられるよう、生活面のサポートなど積極的に関与しています。

教育、研究、大学運営と畿央大学にとっても好影響があり、大きな相乗効果を生んでいます。3か月という限られた時間ですが、Burcuさんの活躍に期待しています!

 

(以下、ブルジュさんに今回の来訪についてインタビューを行いました。)

 

今回、畿央大学にどのような目的で訪れ、3か月どのような研究をされるのか教えてください。

Q.1 トルコでは普段どのような研究をされているんでしょうか?

研究のメインテーマは「痛みと運動イメージ」で、現在は新たな研究計画を考えようとしているところです。しかし、トルコでは多くの授業や学生指導を担当しており、なかなか研究に時間を割くことができていません。将来的には、検討中の研究を病気や、慢性疼痛を抱える人々に適用していきたいと考えています。

トルコの大学では、痛みに関する研究において理学療法士が筋電計などの機器を研究に活用する機会はあまりないので、新たな研究計画の検討を始めることが非常に難しい状況でした。そのため、先進的な取り組みを行っている研究者がどのように痛みに対してアプローチしているかを知る必要があると考え、ウェブサイトで記事や論文などを探していたところ、森岡教授や今井亮太さん(博士後期課程修了生)と出会うことができ、昨年、畿央大学を訪れることができました。

 

▼昨年の訪問時に、来日するきっかけになった今井さんと

IMG_5203

 

Q.2 今回の来日では、どのような研究をされるんでしょうか?

ニューロリハビリテーション研究センターの大住准教授とともに、痛みへの恐怖が運動に及ぼす影響をデータとして集めるために、EEG(脳波)を計測する手順を作成し、同時にECG(心電図)を計測する準備を行ないました。ちょうど今日、最初の研究対象者を迎え、人が痛みに対してどのような反応を示すかを調べました。ボタンを押すと痛みが強くなる条件下でボタンを押す前に脳がどのような反応を示すかを調べます。このような実験はトルコでは行われていませんし、森岡教授が行われているような研究はまず行われていません。

 

IMG_1165

 

Q.3 今後の研究に関する展望を教えてください。

畿央大学で学んでいることは非常に貴重なことで、将来トルコでも同じような研究ができるではないかと考えています。そういう意味で、森岡教授やニューロリハビリテーション研究センターには非常に感謝していますし、畿央大学の全面的な協力にも感謝しています。私をすごく歓迎してくれていますし、おかげさまでとても快適に過ごすことができています。ここにきてまだ間もないですが、すでに実験などの手順について多くのことを学ぶことができ、分析手法も学ぶことができました。いつかはこの手順を病気の治療に活かしたいと思いますし、疼痛に対する理解も進んでいくと思います。

 

IMG_1168

 

現状は、多くの痛みの状況がまだまだ解明されていません。しかし、私たちは痛みの状況を知るための新たな特別な手順を作り出すことができるかもしれないと考えています。そのような研究がトルコでも行えたら望ましいなと考えています。実際、トルコでも同じような装置はあるのですが、単体で使う手法しか持っていません。ニューロリハビリテーション研究センターが行なっている複数の機器を同時に動かし、一度に多くのデータを得る方法を学ぶことができたらよいなと考えています。トルコではそういった方法はまだ一般的ではありません。しかし、痛みが起こった時の筋肉の反応時間や心臓の動きなどを同時に知る必要があり、それらのデータを一度に得る必要があります。これからまだまだ時間はかかるかもしれませんが、ここでの経験をいかして、トルコでも同じような実験環境を作り上げたいと望んでいます。

 

次回は、ブルジュさんの日本での生活についてインタビューを実施する予定です!

 

【関連記事】

トルコ人研究者に日本や理学療法のあれこれを聞いてみた!~Burcu Dilekさんロングインタビュー