畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2018年2月21日(水)

白馬村でのスポーツ実習がスタート!

 

平成30年2月20日(火)~23日(金)の4日間で「スポーツ実習」が長野県白馬村で開講されています。健康科学部、教育学部合わせて172名の学生が履修し、12名の学生アシスタント、12名の教員、総勢195名が参加しています。初日の様子を学生目線でお届けします!!

 

今日は待ちに待ったスポーツ実習1日目。長い間、バスに揺られながらこれから始まる4日間の実習への期待と不安を膨らませていました。

 

▼第2キャンパスからバス5台にわかれて出発!

 

28276886_1639026906176420_7463810747507997613_n

 

白馬に着いてみると昼まで続いていた景色と打って変わって一面の雪景色が広がっており、湖も凍ってスケートリンクのようになっていました。

 

28058434_1639317509480693_7036824331366421867_n

 

久しぶりに見る銀世界に心を弾ませながら宿に着くと、宿の方が作ってくださった美味しいお料理とお風呂が待っていました。長旅で疲れた体も心も満たされました。

 

冬のスポーツ実習1(4)-1

 

28055707_1639385106140600_5541014258293326140_n

 

お風呂から上がったあとは楽しみにしていた宿舎ごとのレクリエーション。先輩が考えてくださった企画は、これから3日間を共に過ごす仲間同士の結束力をより一層高くするものでした!それからみんなで明日に向けてのストレッチ。理学療法学科の先輩と先生から教わったストレッチで、楽しみながら体をほぐすことができました。

 

冬のスポーツ実習1(5)-1

 

これで明日への準備は万端。あとは一人ひとりが楽しみ、怪我のないよう気をつければ最高のスポーツ実習になると期待して、グッスリ・・・(´-`).。oO

 

冬のスポーツ実習1(6)-1

 

現代教育学科1年生 成田陽向子 

 

●昨年の冬のスポーツ実習の様子はコチラから!

2018年2月21日(水)

2018年2月17日(土)から3月8日(木)にかけて、2回生7名と1回生9名あわせて16名の畿央生がカナダのビクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

参加学生からのレポート、第3弾をお届けします!

 

cats

 

こんにちは!看護医療学科2回生の山上真未です。カナダのビクトリアに無事に到着しましたので、近況報告させて頂きます。

 

今日(2月19日月曜日)は初めての登校日でした。通学面や英語力の不安はありましたが、無事に一日を過ごすことができました。私のクラスは半分以上の生徒が日本人で、とても驚きました。授業ではまだまだスムーズに英語が話せず、英文を考えて相手に伝えることで精一杯でした。

まだ始まったばかりなので、明日からの授業を通して英語がどんどん上達できるよう頑張りたいと思います。

 

授業終わりにはビクトリアの観光をしました。学校の周りには観光名所やお店が数多くあり、見て回るだけでも楽しかったです。ビクトリアにいる間は、さまざまな体験ができれば良いなと思っています。

ホームステイ先では、ホストファミリーがおいしいご飯を用意してくれ、分からないことがあれば、私自身が理解できる方法で伝えてくれます。

「もっと英語が話せたら…」「もっと勉強しておけば…」という思いもありますが、ホームステイ先で楽しい時間を過ごしています。

 

短期語学留学現地レポートその1(2)-1

 

明日からも学校生活とホームステイを楽しみながら、より英語が上達できるように頑張りたいと思います!

 

看護医療学科2回生 山上真未

 

【関連記事】

畿央大学短期語学留学プログラム2017(カナダ) 現地リポートvol.1~出発編

畿央大学短期語学留学プログラム2017(カナダ) 現地リポートvol.2~ホームステイ先に到着!

2018年2月21日(水)

2018年2月17日(土)から3月8日(木)にかけて、2回生7名と1回生9名あわせて16名の畿央生がカナダのビクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

 

参加学生からのレポート、第2弾をお届けします!

 

68e78df31b51317cef063b423e25b856

 

こんにちは!現代教育学科2回生の山城佳奈です。本日、2月17日にカナダのビクトリアにあるホームステイ先に到着しました。ビクトリアに向けて日本からの出発についてレポートします。

 

伊丹空港に集合し、成田空港に向かいました。国内にいる間はカナダに留学に行くという実感はありませんでした。成田からバンクーバーへ向かう途中で日付変更線を越え、朝になり海外に来たことをようやく実感しました。それと同時に徐々に緊張感が増してきました。

8時間のフライトのあと、ビクトリアに向かうフェリーに乗りました。夜ご飯と朝ごはんの間隔がとても短かったり、飛行機であまり眠れなかったりと少し疲れていましたが、フェリーからの眺めは最高でアザラシを見ることもでき、貴重な体験になりました。

 

短期語学留現地レポートその2(2)-1

 

フェリーを降りたら、それぞれのホームステイ先へタクシーで向かいました。期待と不安で胸がいっぱいになりながらタクシーを降り、ホストファミリーと対面しました。

 

いよいよ始まったホームステイ!楽しみながら、積極的に学んでいきたいです。

 

 

現代教育学科2回生 山城佳奈

 

【関連記事】

畿央大学短期語学留学プログラム2017(カナダ) 現地リポートvol.1~出発編

2018年2月20日(火)

現役(在学中)合格では、5人目の快挙!

 

インテリアコーディネーター(IC)は住まい手にとって快適な住空間をつくるために適切な提言・助言を行うプロのことで、公益社団法人インテリア産業協会が資格認定を行っています。

 

資格試験の難易度は高く、在学中に合格するには通常の勉強や実習に加えて大変な勉強と努力が必要となります。その難関に人間環境デザイン学科4回生の久吉茜さんが挑戦し、見事合格しました!おめでとうございます!

 

インテリアコーディネーター合格1

 

【久吉 茜さんのコメント】

今回、第35回インテリアコーディネーター試験に合格することが出来ました!1次試験は学科試験で3回生のときに受験し、1回で合格することが出来ました。きっと「毎週学校の図書館で3時間勉強する」と決めてコツコツと頑張ったからだと思います。二次試験は製図と論文の試験でしたが、1次試験の合格通知が届いてから二次の勉強を始めたので、問題に慣れることが出来ず、残念な結果となってしまいました。

4回生になり(1次が免除され)二次試験のみ受験となったので、就職活動の終了と同時に、改めて勉強を始めました。卒業ゼミの加藤先生に細かいところまで添削して頂き、試験直前の11月には卒業制作と両方を見てアドバイスして頂くこともありました。試験当日は予想外の問題や量の多さに驚かされましたが、私の開き直りが功を成したのかもしれません。卒業制作と試験対策の両方に協力してくださった加藤先生には本当に感謝しています。苦労して取得した資格なので、社会に出てからも活かせるように頑張ります。

 

【加藤准教授のコメント】

インテリアコーディネーターは女性が多く受験者も女性がほとんどです。資格試験はかなり難しく、ほぼ4人に1人しか(1次2次とも)合格できません。畿央大学でも2012年に現役で初めて合格者が出て、それから現在まで合計4名しか誕生していませんでした。

久吉さんは卒業作品の制作も含め、自宅近くのシャッターアートなど様々な活動を積極的に進めてきました。非常にバードなスケジュールの中、受験勉強時間をつくって合格されるには大変な努力があったと思います。

 

【関連記事】

駒川商店街でシャッターアートに挑戦2!~人間環境デザイン学科

駒川商店街でシャッターアートに挑戦!~人間環境デザイン学科

畿央大学で初のエクステリアプランナー2級合格!~人間環境デザイン学科

「インテリア設計士2級」に23名全員が合格!~人間環境デザイン学科

「バーンデザイン」農業小屋アート~人間環境デザイン学科

2018年2月20日(火)

TASKが広陵町にある特別養護老人ホーム大和園で行われた「認知症カフェ」にボランティアとしてお邪魔しました!この認知症カフェは広陵町×畿央大学「KAGUYAプロジェクト」の一環で行われており、大学教員(看護医療学科山崎先生)も関わっておられます。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

今回は脳トレ・シナプソロジー・ちらし寿司づくりを行いました!

 

脳トレは「心理学」の本を使って介護福祉士の方たちが説明し、自分がどれに当てはまるのかを高齢者の方々が一生懸命考えていました。

 

TASKvol.53~認知症カフェ1 更新

▲脳トレの場面

 

シナプソロジーは頭を使いながら運動をするという、認知症予防の体操です。椅子に座って足踏みを行ったり、「あんたがたどこさ」「もしもしかめよ」を歌いながらリズムに合わせて膝をたたいたり、後出しじゃんけん、などなど今回はとても盛沢山に行いました!高齢者の方々は「難しい」とおっしゃっていましたが、一生懸命運動しておられました!

 

TASKvol.53~認知症カフェ2 更新

▲シナプソロジーの様子

 

最後のちらし寿司作りでは、牛乳パックを横に二等分し、そこに三種類のしゃりを重ねて入れ、色とりどりのちらし寿司を作っていました!

女性が多かったこともありますが、独自の作り方や寿司酢の配合を教えて頂き、楽しくサポートできました。

 

最終編集

▲みんなで作ったちらし寿司

 

最後には今回作ったちらし寿司の寿司酢の配合をメモして「家に帰ってからも作ろう!」と意気込んでいる方が多かったです!

 

今回の認知症カフェに参加することにより、高齢者の目線に立って、したいこと、したいけどできないこと、できないことを観察し、できないところをお手伝いして高齢者の方がより楽しめるようにすることが大切であるということが改めて感じられました。

 

皆さんも認知症カフェに参加しませんか?

 

看護医療学科2回生 野口美波

看護医療学科3回生 島野綾子・桑垣友梨

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

●広陵町×畿央大学「KAGUYAプロジェクト」ホームページ