畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2013年10月17日 一覧

2013年10月17日(木)

こんにちは!

学生広報スタッフ、理学療法学科2回生の片岡あすかです。

初めてブログを書かせていただきます!

 

今回は、10/27(日)に畿央大学にて開催される『理学療法学生交流会 関西支部大会』について紹介させていただきます。

 

理学療法学生交流会とは、理学療法士を目指す学生が集まる場で、講師の方を招いて講演をしていただいたり、ディスカッションや学生発表などを行います。

主に情報交換、視野の拡大、モチベーションの維持・向上などを目的としており、他大学にたくさんの友達ができ、たて・よこ・ななめのつながりが生まれることも交流会の醍醐味となっています。

 

今年度の畿央大学の運営委員は理学療法学科1~3回生の47名で構成されており、それぞれ総務、企画、広報、会計の4つの部署に分かれ、運営に携わっています。

 

写真 1

 

私は講演していただく先生の選出、ディスカッションの進行方法など、主に企画の仕事をしています。

 

 

『理学療法学生交流会 関西支部大会』

 

【日時】 平成25年10月27日(日)10:00~(受付9:30~)

【場所】 畿央大学 冬木記念ホール

【内容】 講演、ディスカッション、学生発表、インタビュー上映、懇親会など

【会費】 1,500円

 

今回のテーマはノンテクニカルスキル~医療者としての自覚~です。

 

ノンテクニカルスキルといっても何のことか分からない方がほとんどだと思います。

私たち運営委員もこれを学ぶために夏休みにセミナーにも参加しました。

簡単に言うと、医療技術(テクニカルスキル)以外のすべての技術のことをいいます。

たとえば、コミュニケーション能力、リーダーシップ、ストレスマネジメントなどが挙げられますが、これはあくまでも一例です。

 

最近では、医療事故の54%はノンテクニカルスキルに起因しているといわれています。

テクニカルスキルを習得することはもちろん、学生のうちからノンテクニカルスキルにも焦点を向け、一人ひとりが患者様に寄り添う医療者になる者としての自覚を持ってほしいと考えております。

 

講演では、あらゆるノンテクニカルスキルを兼ね備えておられる田中仁先生に理学療法士の立場から体験談などをお話いただきます。また、高校生のときにバイク事故で脊髄損傷を患われた車椅子ダンサーの奈佐誠司先生には患者様の立場からご講演いただく予定です。

 

他にも、実際に患者様にインタビューさせていただいた際のビデオ上映をしたり、アイスブレーキングやディスカッション、会の最後には懇親会も予定しております。

 

今年は学祭の時期とかぶっていますが、一人でも多くの理学療法学生に参加していただきたいと思っております!当日参加も大丈夫です!運営委員一同、たくさんのご参加心からお待ちしております!

 

 

 

▼各部署での会議の様子

 

新しい画像 (3)

 

 

▼ノンテクニカルスキルについてのセミナーの様子

 

新しい画像

 

 

▼冬木記念ホールでのリハーサル

 

新しい画像 (1)

 

日本理学療法学生交流会 畿央大学運営委員

学生広報スタッフ 片岡あすか

ブログトップへ