畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2017年10月31日 一覧

2017年10月31日(火)

近隣の未就園児の親子を対象に、第2・第4火曜日の午前10:00から畿央大学の和室を親・子・大学生のコミュニケーションの場として提供している「マミポコ親子ひろば」。自由遊び、手遊び、絵本の読み聞かせ、体操遊びなどをして元気いっぱい活動しています。

 

今回は、10月の活動を報告します。

 

10/10(火)

◯自由遊び

◯絵本「ふわふわうさちゃん」

◯ふれあい遊び「ばすごっこ」

 

後期1回目の活動は3組の親子が来てくださいました。そのうち2組は今回が初めての参加で、子どもたちは初めて見る環境にわくわくしながら楽しんでくれていました。前期から引き続き来てくれた子は久しぶりで緊張した様子もありましたが、身体面や精神面での発達など、この3ヶ月の成長に驚かされました。

 

w3

 

絵本はパペットをしながら話を進める「ふわふわうさちゃん」を読みました。子どもはみんなうさちゃんの真似をしてお母さんにぎゅっとしてもらったりしていて、とても嬉しそうでした。

 

現代教育学科 3回生 笹井 綾子

【10/24(火)】

◯自由遊び

◯素話「ハロウィンの由来」

◯ハロウィン製作

 

今回は5組の親子が参加してくださいました。

自由遊びでは、ぽぽちゃんのベビーカーを押したり、ブランコを漕いだりするなど自由に遊んでいました。

 

sa22

 

素話は「ハロウィンの由来」を話しました。

その後にハロウィン製作をし、最後には親子で写真撮影を行いました。私たち学生にとっても子どもたちと一緒に楽しく活動することができ、とてもいい経験となりました!ありがとうございました!!

 

現代教育学科 3回生 田地野 佳奈

 

次回の活動は、11月14日(火)に本学の和室で行います。ぜひたくさんの参加お待ちしております!!

 

●お申し込みはコチラから!

 

【関連記事】

2017年度「マミポコ親子ひろば」第6回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第5回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第4回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第3回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第2回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」初回の活動報告!

2017年10月31日(火)

こんにちは!学生広報スタッフ、現代教育学科1回生の浅川です。10月21日(土)22日(日)入学後の初めての畿央祭を迎えました。台風21号の影響で悪天候のなか、たくさんの来場者で賑わいました。

 

スタッフ233-1

 

私は教職クラブODENの模擬店(ポップコーン)と、健康支援学生チームTASKでの健康チェックコーナーに携わりました。

 

▼TASKによる「健康チェック」

 

スタッフ233-2

スタッフ233-3

 

特に、健康チェックの企画では、幅広い年代の方をお見かけしました。私は握力の測定をお手伝いしたのですが、測定をされるみなさんの生き生きとしたご様子が心に残りました。

 

スタッフ233-4

 

今回初めて参加してみて、「畿央大学らしい学園祭だなあ」と感じました。というのも、健康チェックコーナーや子ども達が楽しめるレインボーランドなどの企画があったからです。これらは、健康科学部・教育学部がある畿央大学だからこそできるものです。

 

▼子ども向け企画「レインボーランド」@体育館

 

スタッフ233-5

 

また、一般の来場者のなかでも子ども連れの方や年配の方が多いことに驚きました。地域と密に繋がる畿央大学ならではの光景ではないでしょうか?高校のときとは規模もクオリティも大きく違って、終始心が弾みました !

来年の畿央祭がすでに楽しみです!!

 

▼教職クラブODENのメンバーと記念撮影!

 

スタッフ233-6

 

 現代教育学科1回生 浅川佳美

●学生広報スタッフblogはコチラ

●過去の教職クラブODENの活動Blog記事はコチラ

●過去のTASKの活動Blog記事はコチラ

●第15回畿央祭のウェルカムキャンパスのリンクはコチラ

2017年10月31日(火)

畿央祭2日目の平成29年10月22日(日)に、ウェルカムキャンパスの企画としてヘルスチーム菜良が子ども向けの食育イベントを実施しました。

 

()ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており食育啓蒙活動に取り組んでいます。

 

今年は「野菜の旬を知ろう」というテーマで開催しました。まず、旬の意味、そして春・夏・秋・冬に分けて旬の野菜を説明しました。子どもたちはとても熱心に聞いていました。

 

cats

 

その後に、スマートボール風に作り上げた媒体でポケット(春夏秋冬)に入った季節の旬の野菜を考えることで、野菜の旬について理解を深めてもらいました。季節の野菜を思い出して答えてくれて、きちんと覚えてくれていることに感心しました。

 

菜良2

 

この媒体の作製は試行錯誤を重ねてとても苦労しました。参加した幼児から中学生までの幅広い年齢層の興味・関心を引くことができ、やりがいがありました。最後に、シルエットで何の野菜かあててもらい、その野菜についてのクイズも行いました。

 

菜良3-horz

 

台風の影響で、開催時間が短くなり残念でしたが、楽しみながら学んでもらえたので良かったです。準備の段階から、参加者にわかりやすく伝えるためにはどうすればよいか悩みながら、取り組んできました。

参加者へのアンケートでは「野菜の旬について理解できた」「野菜以外の旬の食材も知りたい」などの感想が多く寄せられました。

 

【担当した学生の感想】

○ 雨の中でのイベントだったので、参加者は例年に比べて少なかったですが、楽しんで帰ってもらったので、良かったと思います!他の機会でもこういった食育のイベントをしていけたらいいなと改めて感じました!

 

○子ども達に 野菜について知ってもらうために、ミニゲームで一緒に楽しんで取り組むことができて良かったです。

 

○ イベントに向けて準備している時は、楽しんでもらえるのか少し不安だったのですが、当日子どもたちの笑顔を見ることができ、安心しました。子どもたちは、私が思っていた以上に説明した内容を覚えており、驚かされました。これを機に、野菜や旬について興味を持ってくれれば嬉しいです。これからも、子どもの食育に関わるイベントに参加したいと思いました。

 

今回のテーマである『旬』への興味・関心が高まっていることがわかり嬉しかったです。また、このような機会があれば積極的に参加したいと思いました。

 

ヘルスチーム菜良 健康栄養学科2回生 山田さくら

●ヘルスチーム菜良の過去の記事を読む

ブログトップへ