畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2018年02月28日 一覧

2018年2月28日(水)

こんにちは。冬の学習キャンプ2017統括の乾桃萌です。今年度も昨年に引き続き「冬の学習キャンプ(冬キャン)」を平成30年2月11日(日)、12日(月)の2日間にわたって畿央大学の学内にて開催しました。

学習キャンプは、在学生が企画・運営し、参加者を募ってキャンプをするという畿友会(学生自治会)主催の公式行事です。11名のスタッフと22名の参加者が集い、33名での学習キャンプとなりました1年の間に夏と冬の2回開催され、学年問わず全ての学部・学科の学生が参加することができ、交流を深め、将来に役立つスキルや学びを身につけることを目的としています。夏は国立曽爾青少年自然の家をお借りして開催しました。(夏の学習キャンプ2017はコチラ!)

 

今回は「星飛(スタート)」というテーマのもと2日間のキャンプを企画しました。

これには

・夢をかなえる第一歩になるように…

・いつもの自分から更にステップアップした姿に…

・何か新しいことを始めるきっかけに…

というようなたくさんの思いが込められています。

 

【キャンプ1日目】

まずは開会式を行いました。スタッフ紹介や、テーマを発表したりみんなでテーマソングを歌ったり、就寝時に使う寝袋の使い方をレクチャーしました。

 

冬の学習キャンプ1-1-side

 

みんなの緊張がほぐれていないようなのでアイスブレイクも行いました!凍った氷のような緊張(アイス)をこわす(ブレイク)活動です。少し変わった自己紹介の方法でグループの仲間に覚えてもらったり、お題付きのしっぽとりゲームをしたりして身も心も緊張がほぐれました。

 

冬の学習キャンプ3-1-down

 

続いてみんなで夕食です。スタッフも一緒にアイスブレイクで仲良くなった人たちと楽しく話しながら食べました。普段の学食では食べられないオードブルが食べられるのも、冬キャンならではの魅力かもしれません。

 

冬の学習キャンプ5-1

 

夕食が終われば学習キャンプ発足時からお世話になっているキャンプのプロ、吉藤先生の企画です!今回は参加者のほとんどが教育学部ということもあり、将来使える野外活動やアクティビティの技を教えていただきました。体を動かしたり歌を歌ったり、あっという間に時間は過ぎてしまいました。

 

冬の学習キャンプ6-1-down

 

1日目の最後は星空観察です。今年は奥田先生が理科室に星空のスクリーンを作ってくださり、星座の出方や神話についてお話いただきました。

 

冬の学習キャンプ8-1-down

 

【キャンプ2日目】

夜の間に降り積もった雪のおかげで寒さもありましたが、元気に活動を始めます!

 

冬の学習キャンプ10-1

 

2日目の最初はアサキタによる目覚めの活動です。アリーナ全体を使った大きなすごろくで身も心も目覚めることができたでしょうか。マスのお題には「2倍速ラジオ体操」「腹筋10回」と体を動かすものからクイズのように頭を動かすものまで、さまざまです。

 

冬の学習キャンプ11-1-side

 

しっかり目覚めたところで朝食を済ませたら、次はキカクーズによる企画がスタート。今回は「みんなにとってのわくわくとは?」について班ごとに話し合い、表現する活動です。活動は前後半に分かれており、まずは「わくわく」について班の中で話し合い、どのように表現するか考えていきます。その後昼食をはさみ、実際に「わくわく」を表現していきます。

まずは班で「わくわく」について話し合いました!

 

冬の学習キャンプ13-1-down

 

次に、いろいろな材料と道具を使いながら「わくわく」を表現していきます。最後の班ごとの発表に向けて協力して制作していきます。

 

冬の学習キャンプ16-1-side

 

そして、完成!どの班も全員で協力してすばらしい「わくわく」を表現することができました。↓↓

 

冬の学習キャンプ18-1

 

冬の学習キャンプ19-1

 

2日間の最後にフィードバックをしてこのキャンプを振り返ります。どのような活動が印象的だったか、どんなところに感動したかを川柳にして、みんなで発表しあい、2日間を振り返る活動です。そのあとの閉会式ではみんなでテーマソングを歌い、2日間の活動を振り返る動画を見ました。来年からの活動も楽しみになりました。

 

冬の学習キャンプ20-1

 

参加してくださったみなさん、協力してくださった先生方、本当にありがとうございました!

学習キャンプは年々形を変えてみんなが楽しみ、かつ学びのある活動になるような場所を作っていきます。今回のキャンプを通して、参加してくださったみなさんやスタッフが何かを「スタート」するきっかけになればいいなと思います。

来年からも学習キャンプをよろしくお願いいたします。

 

2017冬の学習キャンプ 統括

教育学部現代教育学科2回生 乾 桃萌

 

【関連記事】

夏の学習キャンプ2017 in 国立曽爾青少年自然の家 レポート!

夏の学習キャンプ2016 in 吐山 レポート!

ブログトップへ