畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年03月06日 一覧

2019年3月6日(水)

2018年の夏、人間環境デザイン学科 加藤プロジェクトゼミでは3年目のバーンデザインを行いました。

その時に、ぶどう農園の方から紹介されたお店が、ちゃんこ好の里さんでした。お店のサイン看板を描いてほしいという依頼でしたが、当時バーンデザインが終わったばかりで、すぐに夏休みに入ってしまい対応ができませんでした。

ゼミ生(2回生)数名とお店に打ち合わせに行けたのは、後期授業の始まる直前になっていました。ようやく関屋駅前の現場を視察して、好の里さんの要望をお聞きすることができました。実は、香芝市が相撲発祥の地であるとは、その時まで知りませんでした。大学に帰ってからいろいろと案を練り、下記の4つ(A,B,C,D)のデザイン案を提出しました。香芝市のマスコットキャラクター”カッシー”もデザインに入っています。

 

▼提案した4デザイン

aaaaa

 

提案後、しばらくして好の里さんから返答がきましたが、正直困ってしまいました。「すべてのデザイン案が素晴らしく、A,B,C.Dの要素を全部取り入れてもう一度デザインしてほしい」というものだったからです。

 

加藤ゼミ1

 

そんなことがあって最終的にデザインが決定したのは2018年の11月末になっていました。しかし、その時はゼミで別のプロジェクトが進行中で、すぐに好の里サイン看板の制作に取りかかることができませんでした。

実際に制作を始めたのは2019年の2月になってからです。ゼミ生たちは春休み中も毎週集まって熱心に制作を続けました。サイン看板の大きさは幅3.6m、高さ1.6mもあるため、4分割してつくりました。

 

▼最終決定したデザイン

加藤ゼミ2

▼制作の様子

cats

 

【加藤ゼミ2回生たちの感想】

看板の制作にあたって様々な課題があり簡単ではありませんでしたが、完成した看板はカラフルでインパクトのあるとても良いものになったと思います。この看板によって相撲発祥の地であることと、好の里さんの美味しいちゃんこ鍋を、より多くの人に知ってもらえたら嬉しいです。

奥村綾

 

「想像していたよりも大きな看板を自分たちで一から作るのはとても大変でしたが、終わった時の達成感はとても大きかったです。みんなで試行錯誤して一つのものを作れて良い経験になりました。好の里さんのお店に飾られたところを見るのがとても楽しみです。

齋宮ひなの

 

失敗の連続でドキドキしました。原画を転写する時にカーボン紙ではなぜかできませんでした。ペンキを塗る時には表面に定着せず、完成する気がしませんでした。でも、みんなで力を合わせて最終的にはいいものができたと思います。

陣田真衣

 

2回生だけでのプロジェクトで、途中思うように進まなかったこともありましたが、みんなでデザイン案を考えるところから制作まで出来て、とても良い経験になりました。

谷村菜緒

 

思いがけず始まった看板づくりでしたが、最終的には彩りも良く、ちゃんこ鍋屋さんの看板として素敵な仕上がりになったかと思います。

亀岡功嗣

 

あんなデカイ看板作ったのはじめてなんで興奮しました!つくるのしんどかったですけど、いい看板ができて良かったです!

鵜野銀次郎

 

加藤ゼミ4

これから電車から見える位置に取り付けられる予定ということで、楽しみでワクワクしています。

 

 

【サイン看板 設置編】

平成31年3月28日(木)、お店にサイン看板を設置することができました。好の里さんからお礼のお言葉を頂きました。

 

▼好の里さんからのコメント

大相撲大阪場所が終わり、力士たちはこれから伊勢巡業へ向かわれるのですが、相撲列車として近鉄大阪線「あおぞら号」で移動することになっており、毎年、この列車がお店の前を通るのです。いつも相撲列車にむけて手を振るのですが、今年はそれが3月30日(土)にあたり、看板の設置がなんとか間に合えば・・・と思っていましたが、3月28日(木)に無事に設置することができました。

実際に建ててみると、平面で見ていた時よりリアルで、さらに凄い!!学生の皆さんのパワーが溢れていて、素晴らしい看板です!畿央大学ならびに携わってくださった学生の皆様、本当にありがとうございました。

 

dvdsvfdgfgsdfcgsgfnhgndhfgfjtgrgdfg

 

相撲茶屋ちゃんこ好の里 さんの公式Facebookにて【あおぞら号】の通過の様子がご覧いただけます。

 

人間環境デザイン学科 准教授 加藤信喜

●過去のバーンデザイン記事

「バーンデザイン」農家小屋アート2018~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「バーンデザイン」農業小屋アート2017~人間環境デザイン学科

「バーンデザイン」関屋農家小屋環境アート2016~人間環境デザイン学科

 

 

【関連記事】

大学に隣接する商業施設「エコール・マミ」へのデザイン提案!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

畿央祭展示「角々庵」~人間環境デザイン学科

人間環境デザイン学科教員が「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産のぼりデザインで入賞!

2019年3月6日(水)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。参加学生からのレポート、第15弾をお届けします!

 

こんにちは。現代教育学科1回生の尾上翼です。現在、ヴィクトリアでのホームステイを終え、バンクーバーに到着しました。バンクーバーの街を散策したのでレポートをしたいと思います!

 

▼オリンピックビレッジコミュニティガーデン

現地リポートvol.15 1-1

 

滞在しているホテルを出発し、橋を渡り公園を通過して歩くと、2010年バンクーバー冬季オリンピックの選手村の近くに、オリンピックビレッジコミュニティガーデンがありました。椅子がたくさんあって、観光スポットとして見ごたえがありました。

 

▼オリンピック会場

現地リポートvol.15 2-1

 

先ほどのオリンピックビレッジコミュニティガーデンから歩いて30分。オリンピック会場はとても大きく、感動しました。会場の中に入ることはできませんでしたが、ポスターや写真が飾ってありました。夜はとてもきれいにライトアップされており、国旗の模様のように感じました。

 

▼Vancouver Lookout(Harbour Centre ビルの上層部)

現地リポートvol.15 3-1

 

オリンピック会場から歩いて更に1時間、ここは展望台からの眺めです。Lookoutという展望デッキでバンクーバーの街を全貌できます。夕方5時ぐらいに入場すると、夕焼けと夜景の両方を楽しむことができます。

 

バンクーバーの街はとても大きく、道を覚えるのが難しい街ですが、マップを見ると通りの名前が書いているので、マップを手に取って観光するのがおすすめです。街にはたくさんの路線バスや電車が走っています。乗るときはコンパスチケットが必要になるので、ロンドンドラッグや電車の切符売り場などで買わなければなりません。私は徒歩でも観光しましたが、いろいろなカフェやレストランがあるので楽しく散策ができると思います。

 

今回の留学で英語の必要性を改めて感じました。英語が上達すると海外でも楽しく会話すことができると実感したので、語学プロジェクトが始まる前に更にスキルアップしたいと思います。

 

現代教育学科1回生 尾上翼

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.14~バンクーバー散策!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.13~バンクーバーに到着!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.12~Pink Shirt Day!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.11~授業レポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.10~授業レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

2019年3月6日(水)

看護医療学科4回生の高田咲貴です。2019年2月24日(日)に冬木記念ホールにて第5回戴帽式を行い、看護医療学科8期生有志の80名が参加しました。

 

私たちはそれぞれ看護師への想いを抱き、4年前に畿央大学に看護学生として入学しました。授業や学内での演習を通して基礎を学び、臨床での実習を乗り越え、最後の難関である国家試験に挑み終えました。そして今、看護職として、就職・進学するときが目の前に近づいています。看護に携わる者としての道をそれぞれが各自で歩んでいかなければなりません。そのため、人の命を預かる看護職の重み、また看護職者としての自分自身の信念と覚悟を再確認する必要があると考え、昨年の戴帽式を参考にしながら、今回の戴帽式を企画しました。

 

aa

 

戴帽式とは、ナースキャップを戴く式です。ナースキャップは、様々な背景から現場では見ることが少なくなりましたが、博愛、責任、公平などといった看護の精神を象徴するものです。このナースキャップを先輩看護師である教員から想いとともに受け継ぐ「戴帽の儀」を行いました。また、その後ナイチンゲールがクリミヤ戦争の際、ランプを手に傷病者を見回ったときの灯を想定した【献身】の象徴である火をナイチンゲール像の親火から手元のキャンドルへ灯し、ナイチンゲール誓詞を唱和し、それらをもって80名の誓いとしました。

 

ナイチンゲール誓詞

われはここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わん

わが生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを。

われはすべて毒あるもの、害あるものを絶ち、

悪しき薬を用いることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。

われはわが力の限りわが任務の標準を高くせんことを努むべし。

わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事のすべて、

わが知り得たる一家の内事のすべて、われは人に洩らさざるべし。

われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧げん。

 

bbb

 

戴帽の瞬間を迎えることができたときは、言葉では言い表せないほどの感動を覚えると同時に、身の引き締まる思いがしました。入学してからあっという間に感じた4年間、数多くの思い出が出来ました。初めて白衣を着た日は今でも鮮明に思い出すことが出来ます。課題や定期テストでは寝る間も惜しんで勉強したこともありました。実習ではどのようにすることが患者様にとって最善なのかを考え、うまくいかずに苦戦する日もありました。そんなとき、相談にのってもらったり、お互いに支えあったりしながら共に勉学に励んできた仲間、そしていつも自分たちの事を信じて見守り、特には叱咤激励しながら支えてくださった先生方や保護者の方々がいたからこそ乗り越えることができたと思います。

 

今回の戴帽式を通して、看護師という患者様の命に関わる仕事をするという責任と覚悟をもち、この4年間で学んできた知識、技術、また周りの方々の優しさや、かけがえのない思い出を忘れることなく看護の道を歩んでいきたいと改めて感じました。

 

ddk

 

ここまで私たちを支えてくださった先生方、家族の皆様、また今回の戴帽式を実施するにあたってご協力していただいた多くの皆様に心より感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 

第5回戴帽生代表 看護医療学科4回生

高田咲貴・谷田佳世・谷田有加・種山美里

 

【関連記事】

第3回戴帽式が行われました!~看護医療学科

第2回戴帽式が行われました!~看護医療学科5期生

初めての「戴帽式」を行いました~看護医療学科4期生

2019年3月6日(水)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。参加学生からのレポート、第14弾をお届けします!

 

こんにちは。人間環境デザイン学科2回生海本有希です。現在ヴィクトリアから移動して、バンクーバーで自由行動をしています。こちらでの生活を報告します。

ホストファミリーとお別れをして2日が経ちバンクーバーを散策する日が続いています。バンクーバーは高層の建物が多くて人も多いです。ヴィクトリアに比べると道路も多くあり、色々な道を歩いてお店を発見したりすることが楽しみになっています。ホストファミリーがいないので全てのご飯を自分で用意しないといけなくて、スーパーで買って自分で作ったり友達と一緒に作ったりしながら、大変だけど楽しい毎日を過ごしています。

 

現地リポートvol.14 1-1-side

 

ヴィクトリアで夕日がきれいだから行ってみると良いよと教えてもらっていたイングリッシュベイの夕日や、行ってみたかった蒸気時計も見に行くことができました。

 

現地リポートvol.14 3-1-side

 

この短期語学留学も残りわずかとなりました。すべてを回り切れはしませんが後悔の無いようにまだ行けてない場所に行ってみようと思います。

 

人間環境デザイン学科2回生 海本有希

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.13~バンクーバーに到着!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.12~Pink Shirt Day!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.11~授業レポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.10~授業レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

2019年3月6日(水)

2019年2月16日(土)から3月7日(木)にかけて、1・2回生あわせて17名の畿央生がカナダのヴィクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。参加学生からのレポート、第13弾をお届けします!

 

こんにちは!健康栄養学科1回生の三宅麻奈夏です。2週間のヴィクトリアでの生活が終わり、3泊4日のバンクーバーでの生活の始まりです。

まず、ホストファミリーとお別れをして、フェリーでバンクーバーへ。行きに乗ったフェリーとは違い、フェリーの中にファストフード店があったり、服を売ってたりもしました。4日間は本当にフリータイムで、自分たちのやりたい事を存分にできるのでとてもワクワク。友だちの三好さんもとっても嬉しそう!

 

現地リポートvol.13 1-1

 

下は、初日にホテルの周辺を散策した時の写真です。ここは広場みたいになっていて、ギターを弾いて歌っている人の周りに人が集まって一緒に歌っていました。夜の暗さに明かりが照らされていて綺麗でした。日本ではない初めて見るものがたくさんでとても新鮮です。でも、ヴィクトリアとは雰囲気が違って、バンクーバーの夜は少し怖かったです。

 

現地リポートvol.13 2-1

 

2日目は、夕日を見に、海まで行きました。この極寒の中、海に入っているおじいさんもいて、見ている方が寒かったです。やっぱり海は偉大です。何歳になっても、はしゃげます。カナダに来て楽しいことばかりで、あと少しで帰国となるのが惜しいです。残りの2日間も目一杯楽しみたいと思います!

 

現地リポートvol.13 3-1

 

健康栄養学科1回生 三宅麻奈夏

 

【関連記事】

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.12~Pink Shirt Day!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.11~授業レポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.10~授業レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.9~ホームステイレポート!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.8~ホームステイレポート!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.7~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.6~ホームステイレポート!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.5~ホームステイ編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.4~ホームステイ編!

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.3~出発編!その3

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.2~出発編!その2

畿央大学短期留学プログラム2019(カナダ)現地リポートvol.1~出発編!

ブログトップへ