畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年05月28日 一覧

2019年5月28日(火)

看護医療学科3年次に選択科目として開講している「終末期ケア論」ですが、今年は58名の履修登録がありました。この授業では、死にゆく対象の理解を深め、適切な援助技術を理解することをめざしています。

 

「エンゼルメイク」を学ぶ1-1

 

2019年5月24日(金)の授業では、臨死期の看護技術の一つであるエンゼルメイク(逝去時に身体や頭髪をきれいに整え、故人の生前の表情や血色に近いメイク)演習をしました。

闘病による苦しみから解放された方の表情を柔らかくするためのマッサージをしています。

 

「エンゼルメイク」を学ぶ2-1

 

グループでの演習ですが、メンバーと協力しながら、ファンデーションの色を決め、丁寧にメイクしています。

 

「エンゼルメイク」を学ぶ3-1

 

この科目は6名男子学生が履修しています。普段したことがないメイクに戸惑う様子がありましたが、女子学生のアドバイスを受けながら実施していました。

 

「エンゼルメイク」を学ぶ4-1

 

メイクが完成すると、学生間で「もっと赤みがあるほうがいいのでは?」「口紅が赤すぎるのでは?」と客観的に評価していました。

 

「エンゼルメイク」を学ぶ5-1

 

エンゼルメイクを実施した人形を見てみると、1人、1人お顔が違います。それぞれ、穏やかな顔をしています。学生は演習を通して、エンゼルメイクが遺族のケアにつながることを実感したと思います。

 

「エンゼルメイク」を学ぶ6-1

 

死にゆく対象がその人らしく過ごし、穏やかな最期を迎えるために、今後も学生と共に学び、考えていきたいと思います。

 

看護医療学科講師 大友絵利香・對中百合

 

【関連記事】

「グループホームの看護職のための終末期ケア研修会」を開催!~看護医療学科

ホスピス見学実習での学びを共有!~看護医療学科「終末期ケア論」

緩和ケア病棟を見学実習!~看護医療学科「終末期ケア論」

ブログトップへ