畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究

人間環境デザイン学科学生製作のマイスツールを学内展示

2012年2月9日(木)

人間環境デザイン学科1回生対象の授業『立体表現Ⅱ』では、2009年度から本格的な家具づくりに取り組んでいます。
初年度は、バウハウスのデザイン思想を引き継ぐ「ウルムスツール」を製作し、2010年度も同じ課題に取り組みました。

今年度からは「マイスツール」として、学生それぞれのオリジナリティーをデザインに取り入れようと考えました。
そのためには基本となるスツールをまずは学ばなければなりませんでした。そこで、原形となるスツール「ベーシックスツール」の構造を自らの手を通して理解し、それに若干の応用を付加することで自分だけのマイスツールを製作することにしました。

マイスツール3.jpg

デザインのバリエーションにそれほど期待はしていなかったのですが、出来上がった作品はどれも個性的で面白く、作者自身が表現されていると思います。

1月30日(月)から4月27日(金)まで、C棟ラウンジ(1・2階間の階段踊り場)にスペースをお借りして、20名の「マイスツール」を展示させていただいています。
実際に腰かけてみたり、覗いてみたり、触れてもらうこともできます!

【 湯浅先生のアトリエでの特別補講 】

1月末の完成にむけて、1/23(月)湯浅先生のアトリエで特別補講を行い、半分の学生が参加しました。

マイスツール.jpg

 

※「ウルムスツール」
畿央大学のエントランスホールには、世界的に有名な家具デザイナーの椅子が展示されています。
▼Max Bill(マックス・ビル)の「ウルムスツール」もその一つです。

ウルムスツール1.jpg

スツールとしてはもちろん、立てても横にしても使用できるのでサイドテーブルとして使ったり、脚の間の横木を持ち手にしてトレイのように持ち歩いたりと、多機能にデザインされています。

【所属カテゴリ】人間環境デザイン学科畿央の学びと研究

ブログトップへ