畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

運動器リハビリテーションセミナー(応用編)が行われました!

2012年8月8日(水)

今年度から理学療法学科の新たな取り組みとして開催しました『運動器リハビリテーションセミナー』。8/5(日)に、その第2回目「応用編」を行いました。

運動器応用編看板.jpg

このセミナーは運動器疾患に対する理学療法アプローチの基礎となる解剖学、運動学を始め、基本的治療アプローチであるstretching, strengthening, coordinationなどを最新のtopicsを交えて「もう一度学ぶ」というrecurrent教育を重要なコンセプトの1つとして掲げています。

参加者は本学卒業生をはじめとした若手理学療法士が多く、どの講義も真剣な眼差しで聞いておられました。
今回の内容は関節可動域運動および伸張運動の基礎から応用、筋力増強運動に関する最新の知見を含む運動効果、転倒予防のための身体機能に関する研究動向、神経筋協調トレーニングにおいては、その定義からバイオメカニクスとの関連性についてまで掘り下げた内容でした。

運動器応用編講師.jpg

どの講義も、若手理学療法士が明日からでも臨床場面に取り入れることができ、治療プログラムを計画するにあたって参考となる内容ではなかったでしょうか?

次回はいよいよ実際の疾患・障害別のリハビリテーションについての「臨床編」です。
乞うご期待を!


【参考記事】
運動器リハビリテーションセミナー(基礎編)開講!!
http://www.kio.ac.jp/information/2012/06/post-517.html

【所属カテゴリ】イベントレポート理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ