畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
健康栄養学科 , 畿央の学びと研究

おからから抽出し水溶性大豆多糖類について~浅野研究室レポート~

2012年8月10日(金)

水溶性大豆多糖類は酸性乳飲料やデザートなどのたん白質を分散安定させるほか、ご飯・調理麺のくっつきや硬化の防止、気泡安定化機能によるお菓子の食感の改善など多彩な機能を持っています。
また整腸効果も期待されており、今回私たち浅野研究室ではその効果を実証するために研究を進めています。

おから研究1.jpg

おから研究.jpg

私たちの研究では、この水溶性大豆多糖類の
入った試験飲料を飲んでもらい2ヶ月間にわたる
排便日誌や記録や身体測定を通して、排便への
影響を観察しています。
対象者の方は20代の学生から90代の高齢者まで、
幅広い年代の方にご協力していただいています。

2012(平成24)年8月9日、その試験飲料を作っていただいている不二製油株式会社3名の方にお越しいただき途中経過を報告しました。
不二製油さんは水溶性大豆多糖類を利用した商品開発や機能性の研究にも取り組まれています。
研究へのアドバイスや激励の言葉をいただき、今後の研究につながる有意義な時間となりました。

おから研究3.jpg

これからもみんなで頑張っていきます(^ε^)★

【所属カテゴリ】健康栄養学科畿央の学びと研究

ブログトップへ