畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 健康栄養学科 , 畿央の学びと研究

平成24年度 健康栄養学科 卒業研究発表会

2012年12月5日(水)

12月1日(土)に健康栄養学科の卒業研究発表会が行われ、4回生60名が34演題について発表しました。9時30分に始まり17時30分に終わるという過去最長時間の発表会となりました。

 

食品科学や調理科学に関する研究、臨床栄養学、スポーツ栄養の実態調査や高齢者施設の入居者・介護職員の食栄養調査の報告など、多岐にわたる分野の発表がなされました。4回生たちは、今年の2月に各研究室に配置され、管理栄養士国家試験の勉強や就職活動をしながらも、授業の合間をぬって日々研究に励んできました。
 
2012N卒研発表1.jpg

 

発表会に出席していた3回生に話を聞いてみると、「自分にこのようなことができるとは思えない…内容も難しい…。」という声もありましたが、本会の締めくくりで、北田学科長は、「3回生の皆さんは、このような発表が自分にできるのだろうかと不安な気持ちもあると思いますが、ここにいる4回生も一年前は、同じような気持ちでこの場にいました。研究をするのは初めての体験で、苦労の連続であったと思います。その経験を経て、今日発表を終えた4回生の皆さんは達成感と自信に満ち溢れています。次は、3回生の皆さんの番です。」と3回生を激励するお言葉をかけられました。一年後の発表で、現3回生の自信に満ちた姿が見られるのを楽しみにしたいと思います。
発表を終えた学生は、安堵感と達成感に満ち溢れ、本当にいきいきとして見えました。
研究生の皆さん、素晴らしい発表、お疲れ様でした。

 

2012N卒研発表.jpg 

 

<発表後、栢野研究室の学生に突撃インタビューしました!>

 

●一番つらかったことは?
 実験が思うように進まず、土日も返上し、寝る時間も惜しんで研究していたことです。
●一番うれしかったことは?
 結果が出て、自分がやってきたことが無駄じゃなかったと証明されたことです。
●発表が終わった後の感想は?
 発表一発目であったこともあり、緊張もありまかやのぜみ.jpgしたが、いざ発表が始まると、あっという間の6分間でした。自分達の頑張りをみんなに伝えることができたと思います。
●最後に一言
 卒業研究を通して、一緒に頑張ってきた仲間と、先生、先輩方にはとても感謝しています。楽しかったことや苦しかったこと、たくさんありましたが、最高の仲間と最高の時間を過ごせたと思います。この経験を糧に、これからも頑張っていきます。

快く質問に答えてくれた栢野研究室の皆さん、ありがとうございました!

【所属カテゴリ】イベントレポート健康栄養学科畿央の学びと研究

ブログトップへ