畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 健康栄養学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

健康栄養学科ヘルスチーム菜良の8名が、「うまし食彩博」に参加!

2015年4月20日(月)

3月29日(日)に、畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学の地元4大学ヘルスチームの活動で、奈良公園の浮雲園地で開催された「うまし食彩博」というイベントに畿央大学からは健康科学部健康栄養学科の新2.3回生8人が参加させて頂きました。

今回のイベントは大和ちゃんこ春日餺飥(はくたく)うどんを食文化研究会の方々のお手伝いという形で参加させてもらいました!

私たちもこのイベントに参加するまで知らなかった大和ちゃんこ春日餺飥うどんについて実際に当日配布された資料用紙の内容です。

 

大和ちゃんこ

○大和は相撲発祥の地(「日本書紀」)

○「ゲン担ぎに二本足の若鶏」を入れるが、日本の若鶏の発祥の地は大和 (飛鳥時代の唐風若鶏料理とかしわの伝統)

○大和のきな粉雑煮にちなんだ丸もち仕立て(丸もちは勝ちの『白星』、きな粉にまぶすと横綱に勝った『金星』になる。)

○日本の豆腐発祥の地は奈良(1183年:春日大社の供物)、なら伝統の野菜など

○大和は鍋の具材には事欠かない地域

 

※ゲン担ぎの二本足の若鶏

相撲で四つんばいになるということは負けを意味する。そのため四足の牛や豚ではなく二本足の鶏がよいとされる

参考:NPO法人 奈良の食文化研究会  http://www.nara-yokubunnka.jp

 

餺飥うどん

○遣唐使の伝えた唐菓子の中の餺飥は、うどんの原型だと考えられている。

○藤原実資の「小右記」に989年天皇の春日詣でで餺飥が供された記録

○鎌倉期の「廚事類書」には『棒で押し広げて、刀で切りゆでる』と記載

○春日大社の記録から、現代に通じるものとして『春日餺飥うどん』を再現

 

1

10

 

今回イベントに参加した学生の感想です。

・今回初めて4大学合同のイベントに参加しました。高校の同期が他大学のメンバーとして参加していて、そのつながりもあり交流することが出来ました。『人とのつながりは大切だな』と実感した瞬間でした。イベントの仕事としてはパンフレットを配りながら、呼び込みをする仕事でした。なかなかもらってくれなかったりと大変でしたが、呼び込みを聞いて興味を持ちイベントに参加してくださる方もたくさんいて嬉しかったです。今回でイベントを運営する大変さなどがよく分かり、良い経験になりました。また、機会があれば参加したいと思いました。

 

・他大学のみなさんと交流するのが今回がはじめてだったけど、すごく楽しくて仲良くもなれたので参加できてよかったと思いました。天気はよくなかったけれど多くの人が来てくださってうれしかったです。私は本部の仕事をしていてパンフレットを配ったりしていましたが、観光の方が多く奈良のおいしいものを少しでも知ってもらえたらいいなと思い、呼び込みをがんばりました。大変だったけど良い経験になりました。

 

・私は午前のチームで、”大和ちゃんこ”の盛り付けを担当しました。当日は残念ながら雨が降っていましたが、お客さんが来てくれて嬉しかったです。また、食文化研究会の方々には本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。郷土料理の由来など今まで知らなかったことも教わり、とても勉強になりました。これからも色々なことに挑戦したいです。

 

・今回1日だけでしたがイベントのお手伝いとして参加し、奈良県の食文化を色んな都道府県や海外の方にも知ってもらったり、私自身も奈良県の伝統料理を知ったり、奈良県産の食材を使った商品をいっぱい知ることができいい経験になりました。

 

・4大学合同とのことで緊張していましたが楽しく過ごすことができました。普段、交流のない方とお話しする良い機会になったと思います。参加してよかったと思います。

 

・大和ちゃんこの試食販売のお手伝いをした。他大学の人や、奈良の食文化研究会の人との交流は楽しかった。観光でいらっしゃった方や、奈良市内の方など様々な人が訪れていた。ちゃんこのお餅を取りだして、きな粉をつけて食べるということに、驚いている方も多かった。私も今回参加させていただいて、初めて食べたがとても美味しかった。

 

・今回、食文化研究会のみなさんや他の大学の方と一緒に活動できてとても楽しかったです。餺飥うどんにはかつお節ではなく鶏節が使われていたり、ちゃんこの餅をきなこをつけて食べるなど、初めての食べ物や食べ方がありました。私達の参加した日はあいにくの雨でしたが、実際、給食施設で働いておられる方が買ってくださったり、様々な出会いがありとても良い1日でした。

・あまり交流することのない年代方と交流でき、奈良の郷土料理について学ぶことができ、勉強になりました。今後もこのような機会があれば積極的に参加していきたいと思いました。

それぞれがこの貴重な経験を今後の活動に活かしてくれると思います!

 

健康栄養学科3回生 篠田有希

【所属カテゴリ】イベントレポート健康栄養学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ