畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 健康科学研究科 , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

ニューロリハビリテーションセミナー機能編Bが開催されました~ニューロリハビリテーション研究センター

2015年10月27日(火)

2015年10月24・25日にニューロリハビリテーションセミナー機能編Bが開催されました。

 

ニューロリハビリテーションを応用するための基礎となる様々な人間が持つ機能の神経機構について学ぶために、全国各地から300名以上の方々にお越し頂きました。

せっかくですので、今回のセミナー内容を簡潔にまとめてご紹介いたします。

 

【1日目】

「共感の神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター教授 松尾篤)

あくびの伝搬や日常の「あるある」について話題提供され、ミラーニューロンシステム、痛みの共感の神経機構、共感と心の理論との関係をネットワークの視点から解説されました。

 

「ボディイメージの神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター特任助教 大住倫弘)

従来からの身体図式や身体表象のみならず、身体所有感や運動主体感といった身体性に関わる神経科学的知見を非常に平易に紹介させて頂きました。また、ボディイメージを客観的かつ定量的に測定する新たな評価手法も紹介させて頂きました。

 

「道具使用の神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター特任助教 信迫悟志)

操作に関する知識・機能に関する知識などの神経機構ついて、道具のさまざまな制約(機械的・時間的・空間的・労力的制約)を解決しながら道具を使用しているヒトの高次な神経機構についても解説してくれました。

 

「歩行の神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター助教 岡田洋平)

歩き始めから歩行停止するまでの神経機構、脊髄CPGが機能するために必要な要素などを解説してくれ、歩行に関する皮質下から大脳皮質までの機能が十分に網羅された内容になっていました。

 

blog_1

 

ナイトセミナー

「注意と歩行」ニューロリハビリテーション研究センター客員教授 樋口貴広先生(首都大学東京人間科学研究所准教授)

1日目の夕方はナイトセミナーとして、本研究センター客員教授の樋口貴広先生(首都大学東京人間健康科学研究科准教授)に「注意と歩行」について講義して頂きました。大変ご多忙な先生ですが、受講していただいている皆さんと共感しながら、情報の選択と処理資源の観点から様々な日常生活における注意と歩行の関連する事象について、多彩な実験動画や面白動画などを交えて解説して頂きました。リハビリテーションにおける「指導的関わり」おいても大変重要な視点であることを伝えて頂きました。スマートな樋口貴広先生がときに自虐的なネタも交えながら、楽しい講義を展開して頂き、受講者を飽きさせない講義でした。本当に有難うございました。

 

blog2

 

【2日目】

「ワーキングメモリの神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター准教授 冷水誠)

ヒトの円滑な生活に不可欠なワーキングメモリの各要素とその神経機構について、日常生活の中での事象を通して解説して頂きました。

 

「運動イメージの神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター長・教授 森岡周)

オフラインで運動をイメージする際に運動実行時と等価の脳活動が生じることがよく知られていますが、運動実行時より運動準備時に特に等価な活動が得られること、現在の自己の身体表象によって運動イメージが干渉されることが解説されました。 

 

「痛みの神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター助教 前岡浩)

痛みの神経生理学的機序、疼痛抑制機構、3つの側面(感覚的側面,認知的側面,情動的側面)とその神経機構、痛みの共感、異常疼痛、慢性疼痛患者の脳の構造的、機能的変化と広範な範囲について、丁寧に解説して頂きました。

 

「社会性の神経機構」(ニューロリハビリテーション研究センター教授 松尾篤)

そのヒトがそのヒトらしくいるためには、他者とのコミュニケーション(言語・非言語)を通して社会的に調和することの重要性について解説して頂きました。

 

blog31

 

今回の機能編Bも多くの情報を提供できたと思います。参加された方々の臨床現場が少しでも良いものとなるようにさらに工夫を凝らしていきますので、畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターを今後とも宜しくお願い致します。

 

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター
特任助教 大住倫弘

【所属カテゴリ】イベントレポート健康科学研究科理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ