畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 畿央大学×地域連携 , 看護医療学科

「Kio オレンヂカフェ 分かちあい in 御所」を開催しました。

2017年8月5日(土)

畿央大学と御所市、地域住民が共同して運営している「金曜日カフェ~つどい~」で、7月28日(金)に平成29年度第2回Kio オレンヂカフェ 分かちあい in 御所」(認知症カフェ)が開催されました。

 

こんにちは!
看護医療学科4回生の大森と新郷です!
7/28(金)の認知症カフェ(通称:オレンヂカフェ)には、老年看護学分野の先生3人と私たち学生2人が行き、午前と午後に分かれてプログラムを行いました。

 

<午前>
松原先生による「糖尿病と認知症の関係性」についての講義

認知症カフェに来られた高齢者の方に、糖尿病のイメージについて質問をしながら、双方向的に楽しく講義をしてくださいました。
私自身も、糖尿病と認知症の関係性については、あまり知らなかったので、とても参考になりました。

 

2017orenge1

 

 

御所市地域包括支援センターのセンター長による、認知症の非薬物療法の1つである「回想法」についての説明

昭和の頃の写真や映像などをスライドに示して、質問形式で行ってもらいました。

やはり、昔の写真や映像は鮮明に覚えている方もいて、積極的に答えている方もいらっしゃいました。

 

2017orenge2

 

 

<午後>
認知症の家族の会の方と、認知症を家族に持つ奈良県在住の方を交えて、困っていることや、体験を話し合いました。

実際に認知症高齢者を在宅で介護されているご家族の方の、普段の困った体験などを共有し、どうしたら良いのかについて話し合っていました。

それだけではなく、各地のオレンヂカフェを巡って、抱いたイメージを話される方もいて、オレンジカフェの今後の在り方についても、議論がされていました。

 

2017orenge3

 

●今回の学び
認知症カフェは、認知症の方を持つ家族の方々が思いや体験を表出される場ではあるものの、認知症を抱えるご本人の方の表情が曇る場面も見受けられたことから、「自分のことを言われているのではないか」とご本人の心理的負担となっている場合も多いのではないかと感じました。話し合いの時間は、別室でゆったりと過ごしていただくなどの工夫をして、ご本人がそのような思いをしないように配慮する必要があると感じました。
今後、看護師として認知症の方に関わる際には、今日の学びを生かし、ご本人の思いにもより一層配慮して関わっていきたいと思います。

看護医療学科4回生 大森あきら

【関連記事】

・過去の「御所コミュニティカフェの取り組み」記事を読む

【所属カテゴリ】イベントレポート畿央大学×地域連携看護医療学科

ブログトップへ