畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 畿央大学×地域連携 , 看護医療学科

第3回「Kio オレンヂカフェ 分かちあい in 御所」を開催~看護医療学科

2017年10月23日(月)

畿央大学と御所市、地域住民が共同して運営している「金曜日カフェ~つどい~」で、10月13日(金)に平成29年度第3回「Kio オレンヂカフェ 分かちあい in 御所」(認知症カフェ)が開催されました。

 

「Kio オレンヂカフェ 分かち合い in 御所」では毎回、午前が「認知症サポーター養成講座」として認知症についての講義、午後は「認知症の人の介護について語る会」として認知症の方とそのご家族、介護をされている方や介護経験者、専門家などによる話し合いの場を設けます。

この日は私(畿央大学看護医療学科の老年看護学教員:寺田)と御所市職員と市民ボランティア3名で行いました。参加者は午前10名、午後13名でした。

 

<午前>

寺田講師による『認知症の話』と参加者全員で『フリートーク』

『認知症の話』では認知症の原因や症状・検査・治療、認知症の方やそのご家族への対応について話した後、DVDを観て認知症の方への実際の対応方法を考えました。

勉強の後は、参加者全員で『フリートーク』を行いました。認知症の方を介護されている方はおられなかったのですが、自分が認知症になったとき、夫が認知症になったとき、自分が病気になったときなど、皆さん心配しながらもその心づもりをされていることがわかりました。

「日頃思っていることを話せてよかった」と感想を頂きました。

 

オレンジカフェ1

 

<午後>

介護者との体験談を交えて

認知症の方を介護しておられるご家族の方の体験談を話して頂きました。認知症の妻を介護されている男性がご夫婦で来られました。夫が「介護は大変じゃないですよ」と話すと妻が「ほったらかしやからね」と笑いながらおっしゃり、ご夫婦で顔をみあわせて笑っておられた姿が印象的でした。このご夫婦を支えておられるのは娘さんです。また、介護中の方や、かつて介護をしておられた方から「周りに『家族が認知症だ』と言えるようになってから、周囲の助けがあり介護が少し楽になった」というお話しがありました。認知症サポーターが増えると介護している方が相談しやすくなると思いました。

 

オレンジカフェ2

 

「Kio オレンヂカフェ 分かち合い in 御所」奇数月の第2金曜日10時~14時(一部変更があります)に開催されます。

【今後の予定】HPからご覧いただけます。

平成29年度 11月10日(金)

平成30年度 1月12日(金)・2月9日(金

 

看護医療学科 講師 寺田 美和子

 

【関連記事】

・過去の「御所コミュニティカフェの取り組み」記事を読む

【所属カテゴリ】イベントレポート畿央大学×地域連携看護医療学科

ブログトップへ