畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 畿央の学びと研究 , 看護医療学科

看護医療学科 海外インターンシップ2018 in オーストラリア 現地レポートvol.2

2018年8月23日(木)

看護医療学科の海外インターンシップは、2回生2名が参加して、2018年8月18日(土)~26日(月)までオーストラリアで行われています。

海外インターンシップの目的はオーストラリアの文化に触れ、海外での医療に関する事情や課題を知ることで日本の医療に関する事情や課題と比較することです。また、グローバル化に対応するためのコミュニケーションスキルを身に付けることも目的の一つです。

 

今回は、4~5日目の活動報告です!

 

4日目:8月21日(火)

 

La Trobe University を訪問しました。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア1-1

 

本日の気温は、なんと10℃。いま、メルボルンは冬なので、このような防寒が必要です。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア2-1

 

大学構内は広くて、看板の目的地までの所要時間が徒歩と自転車で書かれていました。また、個性的な研究棟や講義棟が多くありました。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア3-1

 

午前中は日本語クラスで一緒に授業を受けました。

出発前から(日本からは英語、オーストラリアからは日本語を使って)連絡を取りあっていた学生がいて、その学生と対面して話すことができたのでコミュニケーションをスムーズにとることができました。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア4-1

 

授業のペースがとても速く、また宿題の多さに驚きました。さらに、学生が主体的に授業に参加していたのをみて、受け身で授業に参加するのではなく、主体的に授業に参加したいと思いました。

予習や復習をしっかり行っている学生は主体的に授業に参加できていましたが、そうでない学生は授業についていくのがやっとという感じでした。このことから、授業時間以外の学習も重要であることを改めて感じました。

 

午後は日本について、英語でプレゼンテーションしました。紹介内容は、日本の気候や食べ物のこと、私たちが住んでいる大阪、そして大学のある奈良について。英語でのプレゼンテーションは少し緊張しましたが、うまくできて良かったです。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア5-1

 

そのあと、La Trobe Univ.の学生のプレゼンテーションを聞きました。メルボルンにあるカフェやショップの紹介を日本語でプレゼンしてくれました。日本語クラスの学生は社会人の学生も多く、様々な年齢や国籍の人がいました。日本語を学びたいという同じ目的をもって様々な学生が集まり授業をしているという点でも、多民族・多文化を受け入れているオーストラリアの背景を理解することができました。

プログラムが終了後、La Trobeの学生と一緒に夕食に行きました。

日本語を勉強するきっかけや趣味など、様々なことについて日本語と英語を交えて話すことができ、とても貴重な経験でした。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア6-1

 

5日目:8月22日(水)

午前中は日本語の授業を受講しました。昨日のクラスメイトに比べてシャイな学生が多かったのか、少し静かな授業でした。できるだけ多くの学生とコミュニケーションをとるように努力し、Elise先生と日本語と英語を交えて会話することができました。

ランチタイムには“Agora”という食堂や学生が集う広場で、留学生が母国のダンスを踊ったり、ベトナム料理を振舞っていたり、サークルの学生が日本やインドなどの紹介をしていました。「これは、オーストラリア以外の文化や習慣を持つ人が寂しくならないように行っているフェスティバルです。」とElise先生がおっしゃっていました。ダイバーシティの実現にむけた取り組みであると思いました。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア7-1

 

昨日夕食を共にした学生に偶然再会したので、一緒に学内のカフェに行きました。今日の予定や午前中の出来事などを話しながらお昼を食べました。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア8-1

 

午後からは、学習のまとめと明日のスケジュールの確認など、大学内にある図書室でミーティングをしました。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア9-1

 

夜はQueen Victoria Market のNight Market に行きました。このMarketは通常は朝から14時までで、新鮮な食べ物やお土産などが販売されており、地域の住民だけではなく観光客も多く訪れる場所です。「今の期間のみ16時からNight Marketがある」と、昨日の日本語クラスの学生から教えてもらいました。スペイン料理やブラジル料理、アジア系のスイーツや日本の今川焼など、いろいろな国の物が売られていました。ここでも多民族国家であるオーストラリアを実感することができました。

 

看護医療学科 海外インターンシップオーストラリア10-1

  

看護医療学科 講師 對中百合

看護学科医療学科2回生 中道 稚加

 

【関連記事】

看護医療学科 海外インターンシップ in オーストラリア 現地レポートvol.1

【所属カテゴリ】イベントレポート畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ