畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 現代教育学科 , 畿央の学びと研究

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.5(Week1編)

2018年9月10日(月)

9月1日(土)から20日間、

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2018年9月1日から20日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

 

こんにちは!現在イギリスのカンタベリーに留学中の現代教育学科4回生、向井誠です。こちらでの生活についてリポートさせていただきます。

 

イギリス到着からそろそろ1週間が経ちます。ロンドンから少し離れたカンタベリーでは2週間のホームステイをし、平日は語学学校に通います。バス通学の人もいますが、私は徒歩通学。ただ歩いているだけでもカンタベリーの素敵な街並みが目の前に広がってとても気持ちいいです!

 

夏期短期語学留学vol.5 1-1

▲通学路にて。建物の間からカンタベリー大聖堂が見えます!

 

語学学校では、入学した日に受けたテストの結果に応じてクラスが振り分けられます。私のクラスには驚くことに日本人の方が!既に数か月間この学校にいる彼女曰く、「日本人は消極的な人が多いため、留学の場でも日本人同士で集まってしまい、日本語で話しがち」とのこと。私たち畿央生もそうならないために、日本人同士が学校で出会っても基本的に英語で会話することにしました。せっかく英語に囲まれた環境なのですから、どんどんTryしていかなければもったいないです!

さて、授業についてですが、この学校ではとにかく学生の積極的な参加が求められます!授業というよりも議論の場のようで、会話は非常にスピーディ。しかし先生はユーモアたっぷりに話してくださるので終始すごく楽しく、自分から発言しやすい雰囲気のおかげでたくさん英語を話せます。もちろん文法上のミスや正しい伝え方は先生がすぐ指摘してくださるので、授業の度に新たな発見があります!

 

夏期短期語学留学vol.5 2-1

▲クラスメイトと

 

また、休憩時間にはクラスメイト達との会話を楽しめますし、それが英語の実践的な練習にもなります!皆さんイタリアやデンマークなど様々な国々から来られているのですが、本当に英語がお上手です(母国で英語教師をされている方も!)。私の拙い英語も熱心に聞き返しながら理解しようとしてくださるし、こちらが聞き返したらわかりやすく再度説明してくださいます。失敗を恐れずにどんどん喋るのが一番大事だと改めて感じました。

英語にどっぷり浸かった生活は緊張感がありますが、とてもやりがいがありますし、まだ滞在1週間ですが、英語を使ったコミュニケーションに少しずつ慣れてきたように思います。これは海外に「住む」ことがなければ絶対に経験できません!この貴重な経験を少しでもより良くするために、常に多くのことを学び、感じとりながら生活していきたいです。

 

夏期短期語学留学vol.5 3-1

▲ホームステイ先の猫ちゃん。疲れが否応なく癒されます。

 

現代教育学科4回生 向井誠

 

 

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 4 (ホームステイ編2)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 3 (ホームステイ編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol. 2(現地オリエンテーション編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.1 (イギリス出発編)

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2018 現地リポートvol.0(事前オリエンテーション編)

【所属カテゴリ】イベントレポート現代教育学科畿央の学びと研究

ブログトップへ