畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
学生広報スタッフblog , 現代教育学科 , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

理学療法学科×現代教育学科の教員特別対談!~現代教育学科「発達障害教育特論」

2018年12月18日(火)

森岡 周 先生 × 大久保 賢一 先生 ―1コマだけの特別な対談―

 

今年も教育学部の授業【発達障害教育特論】で、教育学部の大久保先生と理学療法学科・ニューロリハビリテーション研究センターの森岡先生との対談がありました。その模様をお届けします。

 

mori1

 

過去のテーマは、脳トレの効果やいじめなどがありました。そのテーマについて森岡先生の脳科学的な視点大久保先生の心理学・教育的な視点から論争を繰り広げてきました。

 

mori2

 

今回のテーマは3つありましたが、その中でも私が興味深かったテーマは、

「『物事の現象を見る』『現象学的に物事を見る』とは、具体的にどういう意味か?」でした。

 

うん???

なんだ?!!?

聞いたことのない難しい単語がたくさん並びましたが、聞いていくと納得!

学びになることがたくさんありました。

 

IMG_4207

 

そもそもこのテーマになっている言葉は森岡先生の著書の中に書かれています。この本を読んだ大久保先生の疑問から出てきたテーマでした。

 

「物事の現象を見る」とは、知識によってレッテルを張って判断することです。例えば、こだわりのあるAさんだと、周りの人が【こだわりがあるから自閉症】というようにレッテルを張って、そのレッテルがバイアス(偏見)になって、判断してしまうことです。

 

IMG_4186

 

一方、「現象学的に物事を見る」とは、ある知識にとらわれず、そのこと(人やモノ、行動)の特性や本質を細かく、素朴に見ていくことです。

例えば、こだわりのあるAさんの場合だと、自閉症についての知識にとらわれずに、こだわりを細かく見ていき、こだわりの強さや原因などAさんの行動をありのままに見ていくことです。

 

レッテルやバイアスにとらわれずに「物事の現象を見ること」によって、Aさんの本質、行動の原因、適切な関わり、必要な支援の仕方などを知ることができます。

 

20181218

 

この対談を受けて…

バイアスにとらわれずに判断することは、教育的な関わりでも、日常的に人と関わるときでも大事にしたいことだと思いました。また、知識があればあるほどバイアスにとらわれてしまうので、知識をうまく活用しつつ、物事の本質をとらえられるようにしていきたいと思いました。

 

現代教育学科3回生 熊谷 綾乃・吉村 茜

【関連記事】

「発達障害教育特論」で理学療法学科と現代教育学科の教員が特別対談!~現代教育学科(2016年)

脳科学×特別支援教育で教員特別対談!~現代教育学科「発達障害教育特論」(2017年)

【所属カテゴリ】学生広報スタッフblog現代教育学科理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ