畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
現代教育学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

2018年度「マミポコ・キッズ」後期第3回活動報告!

2018年12月27日(木)

こんにちは、マミポコ・キッズです!

私たちは畿央大学に地域の子どもたちを招待して、様々な遊びを行っています。今回は、2018年後期第3回の活動の様子を振り返ってご紹介します!

 

後期第3回活動日:12月16日(日)

この日は、「ももたろう」のお話をアレンジして活動しました。ももたろうにこらしめられた鬼は、最後に仲直りしてももたろうと仲良くなりました。そしてももたろうのもとに鬼から「鬼ヶ島へ犬・猿・キジを連れてきて一緒に遊ばないか?」という手紙が来ました。そこでみんなで犬・猿・キジを集めて鬼ヶ島へ行くためにゲームを進めました。

まず、犬を連れていくために「ころころお手伝い」という犬のお仕事を手伝うゲームをしました。このゲームは、1人1つ道具をもって各動物に荷物を届けます。子どもたちは、荷物を落とさないように丁寧に運んでいました。

次に猿を連れていくために「答えはなあに?」という調べものを手伝うゲームをしました。出されたお題に対して〇か×かを一生懸命に考え、グループの皆と意見を出し合う姿が多くみられました。

次は、鬼ヶ島へ行くためにおしゃれをしたいキジのために、「わたしを色づけて」というゲームをしました。このゲームは、真っ白なキジの絵に、色のついた中央にあるお手本を見に行き、色を塗っていきます。色を見に行く人・色を塗る人が協力してきれいなキジの絵に仕上げていました。

 

▼写真上:「ころころお手伝い」協力して荷物を届けよう!

rgergrggvf

▲写真下:「わたしを色づけて」お手本の色を覚えて色を塗ることはできたかな?

 

「マミポコ・キッズ」後期第3回活動3-1

▲「答えはなあに?」みんなで〇か×かを考えよう!

 

犬・猿・キジがそろったので、ももたろう一行は鬼がいる鬼ヶ島へ遊びに行きました。そこで鬼と一緒に「ようこそおにがしまへ」という、ももたろうが最後に言った言葉の文字の数で集まるゲームをしました。犬・猿・キジ・鬼や、他のグループの友達ともたくさん関わることができ、マミポコ・キッズに来ているみんなで1つとなり、笑顔あふれるゲームとなりました。

 

「マミポコ・キッズ」後期第3回活動4-1

▲「ようこそおにがしまへ」たくさんの友達と関わることができたかな?

 

最終回の活動に参加して頂いた保護者の方を対象にアンケートを実施しました。「参加してよかった」「毎回楽しみにしていた」「他の学校のお友達や違う学年のお友達と遊ぶ機会ができたのでよかった」「来期もまた参加したい」といううれしいご感想・ご意見をたくさんいただきました。保護者の方からのご意見も参考にして、よりよいマミポコ・キッズにしていきます。

 

これで、後期の活動は終了となりますが、来年度前期からも活動は行う予定です。子どもも大学生も成長でき、楽しめる活動になるよう、頑張っていきます。今後も活動の様子をブログで紹介するので、ぜひご覧ください。

また、マミポコ・キッズでは毎回当日スタッフの方のご協力のもと活動を行っています。これからも、たくさんの当日スタッフの方の参加をお待ちしております。今後とも、マミポコ・キッズをよろしくお願い致します。

 

「マミポコ・キッズ」後期第3回活動5-1

 

 現代教育学科 2回生 奥田奈緒・中木屋佑香

現代教育学科 1回生 竹上はるか

 

【関連記事・リンク】

マミポコ・キッズ

マミポコ親子ひろば

2018年度「マミポコ・キッズ」後期第2回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」後期第1回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」前期第3・4・5回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」前期第1・2回活動報告!

【所属カテゴリ】現代教育学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ