畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
クラブ・サークルより

春のオープン戦(対 天理高校)レポート!~軟式野球部

2019年3月26日(火)

人間環境デザイン学科2回生、軟式野球部主将の海江田和輝です。

昨年、天理高校(奈良県)軟式野球部の顧問の先生から練習試合のお誘いがあり、3月21日(木・祝)にようやく実現することができました!フルイニング9回を2試合もさせていただき、2試合とも均衡した大接戦となりました。

 

 

▼試合前の整列(対 天理高校)

a1

 

【1試合目】

1試合目のスターティングメンバーです。

 

1 ライト    海江田(デザイン学科2回生)

2 キャッチャー 戸髙 (現代教育学科2回生)

3 ショート   渡邊 (現代教育学科2回生)

4 ファースト  稲垣 (現代教育学科2回生)

5 センター   楠(知)(デザイン学科2回生)

6 セカンド   奥  (健康栄養学科1回生)

7 ピッチャー  櫻井 (看護医療学科2回生)

8 レフト    乾  (理学療法学科1回生)

9 サード    楠(大)(現代教育学科1回生)

 

a2

 

打者一巡した3回の攻撃。2アウトからリードオフマン・主将の海江田選手がセンターのフェンスを越す3ベースヒットを放ちます。

 

▼3ベースヒットを放った主将の海江田選手

あ3cats

 

続く2番バッタのーの戸高選手がライト線に技ありのヒットを放ち、畿央大学が先制しました。

 

▼先制点を叩き出した戸高選手

a4

 

先発マウンドに上がった櫻井選手も粘りのピッチングを見せ、ファーストを守る稲垣選手の好プレーもあり、終盤まで相手に得点を与えませんでした。

 

▼力投する櫻井選手

a5

 

▼守備でも好守も見せ、4番も務めた稲垣選手

a6

 

8回に同点に追いつかれ、1対1の同点のまま9回を迎えました。畿央大学は打線がつながらす得点できません。

迎えた9回裏。2アウトまで追い込み、ゲームセットかと思われましたが、連打を浴び、わずか6球で1点を取られ、サヨナラ負けを喫しました。気持ちを切り替えて2試合目に臨みます。

 

 

【2試合目】

2試合目のスターティングメンバーです。

 

1 ライト    海江田(デザイン学科2回生)

2 キャッチャー 戸髙 (現代教育学科2回生)

3 センター   楠(知)(デザイン学科2回生)

4 ファースト  稲垣 (現代教育学科2回生)

5 サード    櫻井 (看護医療学科2回生)

6 セカンド   奥  (健康栄養学科1回生)

7 ピッチャー  渡邊 (現代教育学科2回生)

8 レフト    乾  (理学療法学科1回生)

9 ショート   楠(大)(現代教育学科1回生)

 

a7

 

先ほどの試合とは打って変わって初回から試合が動きました。エラーや連打で3回まで6点を奪われます。

 

 

▼2試合目に先発した渡邊選手

a8

 

3回途中から中継ぎ投手として、先日卒業したばかりで翌日に入社式を控えた吉歳選手がマウンドに上がりました。

 

▼3回途中から中継ぎとして力投する吉歳選手

a9

 

吉歳選手の好リリーフもあり、終盤まで相手打線に得点を与えません。畿央大学も終盤まで粘り強く守り続けます。終盤の8回、畿央大学にチャンスが訪れます。

エラーやフォアボールで満塁のチャンスを作り、7番渡邊選手がレフト線に痛烈なクリーンヒットを放つと、続く8番途中出場の森選手が手堅くセンター前にヒット。この回一挙3点を取りました。

 

▼試合での采配を握る楠(知)選手

b1

 

迎えた最終回。2アウトと追い込まれますが、フォアボールやエラーで4点を追加し6対7でサヨナラ勝ちを収めました。

 

bb

 

部員不足で試合ができなくなる可能性があった軟式野球部も現在では部員・マネージャーも増え、チーム一丸となって日々頑張っています。毎週火曜日と土曜日は練習日とし、日曜日はたまに練習試合や公式戦があります。野球経験者はもちろん、野球に少しでも興味のある方がいれば気軽にグラウンドへ足を運んでください。

 

Twitter写真

 

軟式野球部主将

人間環境デザイン学科2回生 海江田和輝

 

【関連記事】

第8回夏のセンバツ全日本軟式野球大会へ出場!~軟式野球部

全国大会出場に望みをつなげるか!?第41回全日本学生軟式野球選手権大会関西予選 第3戦!~軟式野球部

第7回夏のセンバツ全日本軟式野球大会、2年連続で準優勝!~軟式野球部

軟式野球部、新人戦が開幕!!

【所属カテゴリ】クラブ・サークルより

ブログトップへ