畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 健康科学研究科 , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

平成30年度運動器リハビリテーションセミナー「臨床編」を開講しました。

2019年3月11日(月)

平成31年3月9日(土)、畿央大学運動器リハビリテーションセミナー<臨床編>を開催しました。今回は、昨年7月29日に開催予定だったものが台風のため延期となり、日程が大幅に変更されたにも関わらず、近畿圏内をはじめ、ご遠方からもたくさんの方にお越しいただきました。

 

今回のセミナーは、上肢・下肢・体幹のつくりを知り、その運動療法の基礎と関連する最新知見について学ぶことを目的としています。

講義は、「肩関節のリハビリテーションと最新の知見」「運動器の痛みとリハビリテーション」「変形性膝関節症とその人工関節の最新知見とリハビリテーション」「足部の機能障害と理学療法」という4つに分けておこなわれました。これらは運動器の理学療法分野に従事するうえで、皆様が多く触れる機会のあるテーマであり、また講義内容は単なる文献のレビューではなく、講師陣の経験や実技も交えたものでとても充実したものでした。

 

運動器リハビリテーションセミナー1-1-tile

 

次年度もまた、引き続き運動器リハビリテーションセミナーを開催予定です。

今後もさらにブラッシュアップした知見をお持ち帰りいただき、臨床経験や臨床研究に生かしていただければと思っております。

詳細は決定次第、畿央大学ホームページにアップされますのでご確認ください。

皆様の受講を心よりお待ち申し上げております。

 

理学療法学科 准教授 福本貴彦

 

【関連記事】

平成30年度運動器リハビリテーションセミナー「臨床実践編 (膝関節)」を開講しました。

平成30年度 運動器リハビリテーションセミナー「エビデンス編」を開講しました。

【所属カテゴリ】イベントレポート健康科学研究科理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ