畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 看護医療学科

初めての「戴帽式」を行いました~看護医療学科4期生

2015年3月2日(月)

2015年3月1日(日)、畿央大学で第1回目となる「戴帽式」を行いました。

看護医療学科4回生の有志61名が参加し、看護師となる決意を新たにしました。

 

10334396_450545705102492_9121386219908109543_n[1]-vert

 

ナースキャップは看護師の情熱と責任、意欲の象徴とも言われています。 そのため教員から学生がキャップをいただくということは、教員から同じ看護師だと認めていただくことを 意味しているのではないかと考えています。

 

しかし近年は、臨床現場でナースキャップを使用しなくなっており、看護師がナースキャップから遠ざかり、 戴帽式を行う看護学校も少なくなっています。 そのような中で今回の戴帽式は、私たちがかけがえのない命に携わるという責任と、看護を学び続けたいという意欲の 再確認のための機会と考え、企画をし始めました。

 

P1640763-horz-vert

 

企画中、準備中は本当に成功するのだろうか、お粗末な式にはならないだろうかと毎日不安でしたが、 たくさんの先生方、学生の皆さんのご協力のおかげで、初めての戴帽式にも関わらず学生にも保護者の皆さんからも「感動した」「涙がとまらなかった」「この日を一生忘れない」といったお言葉をいただくことができました。

協力してくださった皆様に心から感謝を申し上げたいと思います。

 

この式がこれからも看護医療学科に受け継がれ、後輩の皆さんにも同じ感動を胸に看護師をめざしていただくことを、 畿央大学から素敵な看護師が続々と生まれることを願っています。

 

P1640987

 

私たちはこの感動とナイチンゲールに誓った言葉を胸に、それぞれが理想の看護師をめざし看護の道を進んでいきます。

 

看護医療学科4期生代表

平 晏奈、中川 香里

 

P1640699-horz

 

 

ナイチンゲール誓詞

われはここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わんーーー

わが生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを。

われはすべて毒あるもの、害あるものを絶ち、

悪しき薬を用いることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。

われはわが力の限りわが任務の標準を高くせんことを努むべし。

わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事のすべて、

わが知り得たる一家の内事のすべて、われは人に洩らさざるべし。

われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧げん。

 

10422577_349110025293184_8257110981375504154_n[1]

 

【関連記事】

学生広報スタッフBlog vol.163~看護医療学科4回生による「戴帽式」レポート!

学生広報スタッフBlog vol.162~看護医療学科初めての「戴帽式」、準備進行中!

【所属カテゴリ】イベントレポート看護医療学科

ブログトップへ