畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 畿央の学びと研究 , 看護医療学科

第2回戴帽式が行われました!~看護医療学科5期生

2016年2月26日(金)

こんにちは、看護医療学科4回生の利田・浅井です!

2016年2月21日(日)に冬木記念ホールにて「第二回戴帽式」が行われ、看護医療学科5期生77名が参加しました。

 

戴帽式1

 

本来、戴帽式は、看護学生が初めての病院実習に出る直前に行われるものですが、近年では、戴帽式を行う学校が減少しています。昨年、先輩方が行われた第一回戴帽式を見せていただいたのですが、実習や国家試験など、様々な大きな出来事を乗り越えた先輩たちの姿がありました。ナースキャップをかぶり、胸を張って歩く先輩たちの姿を見て、春から臨床に出る「覚悟」を感じました。それと同時に、大きな刺激と感動をいただき「1年後には自分も同じ場所に立ちたい!」と思い、企画しました。

 

そんな思いの中、迎えた本番。

キャンドルサービスでは、河野学科長によってナイチンゲール像に火がともされ、そして、一人一人ナースキャップをかぶせていただきました。戴帽の時には「おつかれさま、頑張ってね。」と学科長に声をかけていただき、様々な思いが込み上げてきました。

 

ナイチンゲール誓詞

われはここに集いたる人々の前に厳かに神に誓わんーーー

わが生涯を清く過ごし、わが任務を忠実に尽くさんことを。

われはすべて毒あるもの、害あるものを絶ち、

悪しき薬を用いることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。

われはわが力の限りわが任務の標準を高くせんことを努むべし。

わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事のすべて、

わが知り得たる一家の内事のすべて、われは人に洩らさざるべし。

われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧げん。

 

写真 2

 

入学してからの4年間、本当にたくさんのことがありました。

 

初めて白衣を着た日。

何度も練習を重ねた看護技術。

何をするのが患者様に最もよいのか試行錯誤した臨地実習…

 

嬉しいこと、悲しいこと、辛いこと、たくさんありましたが、先生方や仲間、保護様のみなさまの支えがあったからこそ乗り越えることができたのだと再確認することができました。

 

今回の式を通して、看護師という「患者様の気持ちに寄り添う職業に就く」という自覚を新たに持つことができました。この決意や感動、そして、みんなの優しさにたくさん救われ、助け合って過ごした日々を忘れずに看護師の道を歩んでいきたいと思います。

 

看護医療学科5期生として戴帽式を行うことができ、とても素敵な思い出ができました。

 

写真 1

写真 3

写真 4

 

 

戴帽式を実施するにあたってご協力していただいた多くのみなさま、本当にありがとうございました!

 

戴帽式2

 

第2回戴帽式実行委員 看護医療学科4回生

利田 納都美・浅井 雅子

 

【関連記事】

第2回「戴帽式」にご参加ください!~看護医療学科5期生

初めての「戴帽式」を行いました~看護医療学科4期生

【所属カテゴリ】イベントレポート畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ