畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携 , 看護医療学科

エコール・マミの職員を対象に「認知症サポーター養成講座」を開催!~看護医療学科

2018年2月23日(金)

平成30年2月19日(月)14:00~15:30の時間で、大学に隣接する商業施設エコール・マミで職員を対象とした認知症サポーター養成講座」が開催され、17名の参加がありました。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座1-1

 

最初にエコール・マミの貝原部長さんが挨拶したあと、畿央大学看護医療学科老年看護学の山崎教授が挨拶しました。続いて、広陵町の地域包括支援センター支援員の河股さんが「サポーターとは」「サポーターの役割」などについて話をされました。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座2-1

 

続いて、「認知症について」「支援方法について」南部が説明しました。途中、河股支援員と南部によるスーパーで起こり得る認知症の方の事例をロールプレイし、どこがいけなかったのか、どのように対応したらよいかを受講者に考えてもらいました。終了後は、オレンジリングが渡されました。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座3-1

 

講座終了後のアンケートでは「具体的な例でわかりやすかった」「ロールプレイがわかりやすかった」などの回答がみられました。

 

学生や教員が普段お世話になっているエコール・マミでのサポーター養成講座は、昨年に続いて2回目です。職員の皆さんも仕事で忙しい中を講座に参加してくださいました。今回の講座での関わりは、大学と地域の連携として重要と考えられます。また、実際に認知症の方もエコール・マミを利用されることから、認知症についての理解を深めるためにも今後も継続して実施していきたいと思います。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座4-1

 

看護医療学科 准教授 南部登志江

エコール・マミにて「認知症サポーター養成講座」を開講!(2017年2月)

【所属カテゴリ】畿央の学びと研究畿央大学×地域連携看護医療学科

ブログトップへ