畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
イベントレポート , 人間環境デザイン学科 , 畿央の学びと研究 , 畿央大学×地域連携

全国都市緑化ならフェア「トライアルガーデン」に出展します。

2010年8月9日(月)

人間環境デザイン学科三井田ゼミ生7名が卒業研究の一環として本格的な東屋を設計!

第27回全国都市緑化ならフェアが、2010(平成22)年9月18日~11月14日、地元広陵町馬見丘陵公園をメイン会場に開催されます。花と緑でいっぱいの「トライアルガーデン」には、県内の小中学校、・高校、大学等が自由な発想に基づき、割り当てられた屋外空間に庭園・花壇・オブジェ等の作品が展示されます。本学では、人間環境デザイン学科三井田ゼミ生7名が今春から参画を表明し活動しており、約10㎡の広さの“東屋(あずまや)”を憩いの空間として提供します。

 

平成22年8月2日C棟3階特別会議室において、冬木学長はじめ各学科長、事務局各部長らに同ゼミ生5名(指導教員三井田教授、奥村助手)による「畿央大学トライアルガーデン出展”東屋”」の概要についてのプレゼンテーションが行われました。

 

プレゼン1.jpg

 

学生たちの熱のこもった発表を聞かれた学長は、「自然を取り込んだ花壇の中の空間をバックに創作するというのは、夢と憧れを人間環境デザイン学科の皆さんに託していることに通じます。みなさんの作品が出来上がるのを楽しみにしています。」と講評されました。

【所属カテゴリ】イベントレポート人間環境デザイン学科畿央の学びと研究畿央大学×地域連携

ブログトップへ