畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学×地域連携

2018年2月23日(金)

平成30年2月19日(月)14:00~15:30の時間で、大学に隣接する商業施設エコール・マミで職員を対象とした認知症サポーター養成講座」が開催され、17名の参加がありました。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座1-1

 

最初にエコール・マミの貝原部長さんが挨拶したあと、畿央大学看護医療学科老年看護学の山崎教授が挨拶しました。続いて、広陵町の地域包括支援センター支援員の河股さんが「サポーターとは」「サポーターの役割」などについて話をされました。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座2-1

 

続いて、「認知症について」「支援方法について」南部が説明しました。途中、河股支援員と南部によるスーパーで起こり得る認知症の方の事例をロールプレイし、どこがいけなかったのか、どのように対応したらよいかを受講者に考えてもらいました。終了後は、オレンジリングが渡されました。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座3-1

 

講座終了後のアンケートでは「具体的な例でわかりやすかった」「ロールプレイがわかりやすかった」などの回答がみられました。

 

学生や教員が普段お世話になっているエコール・マミでのサポーター養成講座は、昨年に続いて2回目です。職員の皆さんも仕事で忙しい中を講座に参加してくださいました。今回の講座での関わりは、大学と地域の連携として重要と考えられます。また、実際に認知症の方もエコール・マミを利用されることから、認知症についての理解を深めるためにも今後も継続して実施していきたいと思います。

 

エコールマミ認知症サポーター養成講座4-1

 

看護医療学科 准教授 南部登志江

エコール・マミにて「認知症サポーター養成講座」を開講!(2017年2月)

2018年2月23日(金)

こんにちは!健康栄養学科2回生の葛本葉月です。

平成30年2月18日(日)に大和高田市総合福祉会館にて中和保健所主催・大和高田市共催の親子減塩教室が開催され、ヘルスチーム菜良として畿央大学から健康栄養学科2回生3名、1回生1名が帝塚山大学の学生と合同で参加しました。

 

ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており食育啓蒙活動に取り組んでいます。

 

ヘルスチーム菜良1

 

子ども向けコーナーでは、減塩ソング&ダンス減塩・野菜クイズ野菜カルタなどを実施しました。せんとくんも参加してくれ、子供たちにも分かりやすく楽しみながら減塩の大切さを学んでもらえたと思います!

 

ヘルスチーム菜良2-1

 

また、減塩紙芝居も実施しました。私たちは思っているより食塩を摂ってしまっているという内容の紙芝居です。紙芝居を見た後には、どうすれば減塩できるのかを実際に親子で体験していただきました。

 

ヘルスチーム菜良3

 

親子で一緒に体験するコーナーでは、私たちの考えた辛味・うま味・酸味・香りを利用した減塩レシピ配布食育SATシステムを用いた食事チェックのお手伝いを担当させていただきました。行政の現場で働いている管理栄養士さんの食事アドバイスを直接見ることができ、私たちも勉強になりました。

 

ヘルスチーム菜良4

 

他にも、奈良県民は野菜の摂取量が少ないことから、一日の目標とされている野菜350g以上(厚生労働省「健康日本21(第二次)」)がどれくらいであるか当ててもらうゲームを実施したり、かつお節や昆布でとった出汁と市販の顆粒だしを使用した味噌汁の飲み比べを行ったりました。

 

ヘルスチーム菜良5

 

実際に見たり味わったりして、大人の方にも楽しみながら体験していただけたと思います!

 

ヘルスチーム菜良6

 

減塩レシピの作成や減塩教室への参加を通して、私たちも減塩についてより深く考えることができ、とてもよい経験になりました!また機会があれば参加させていただきたいと思います!

 

ヘルスチーム菜良7

 

 健康栄養学科2回生 葛本葉月

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。

2018年2月20日(火)

畿央大学と御所市、住民が共同して運営している「金曜日カフェ~つどい~」で平成30年2月9日(金)に「Kio オレンヂ喫茶(カフェ) 分かち合いin 御所」(認知症カフェ)が開催されました。

 

午前は認知症についての話で、認知症サポーター養成講座としています。午後は「認知症の人の介護について語る会」として認知症の人とその家族、介護をされている方、介護経験者による認知症についての思いを語り合う場を設けています。

御所市認知症啓発事業として、御所市と畿央大学健康科学部看護医療学科の老年看護学教員が共同で行っており、この日は地域のボランティアの方3名と畿央大学看護医療学科老年看護学教員・寺田講師と南部、御所市地域包括支援センター職員2名で行いました。午前は地域の方、ボランティアの方を含めて15名の参加がありました。

 

第6回kioオレンヂカフェ1-1

 

<午前の部>

寺田講師による『認知症の話』

「認知症とは」「主な症状」「対応の仕方」などについての具体的な話をしました。認知症についてのDVDがうまく映らなかったため、寺田講師と南部講師がKio劇団による「ス-パーでの出来事」の劇を行いました。勝手に店のお菓子を食べる高齢者を店員役がきつい口調で責めるという設定で、どのように対応したらよいか参加者から意見をもらいました。参加者からは「ますます興奮したり不安が大きくなる」などの意見が出ました。高齢者はなぜ自分が責められているのか理解できないため、きつい店員の言葉や態度に不安になります。「奥の椅子で休みませんか?」などやさしく落ち着くような言葉かけが大切です。

 

南部講師による『太鼓と鳴子と歌』

「あんたがたどこさ」の歌に合わせて太鼓や鳴子の演奏をしました。脳に刺激を与えるためには、演奏と歌を両方するなどやや難しいことを取り入れると効果が上がります。また、太鼓は皮膚と同じ1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)作用があり、リラックスや快の作用があります。難しいポイントも入れましたが、皆さん楽々とこなしていました。

 

第6回kioオレンヂカフェ2-1

 

〈午後の部〉

介護者との体験談を交えて

午後は、認知症当事者の方とそのご主人、同じ奈良に住んでいる娘さん家族を初め、家族の会の方、広陵町で認知症カフェを開催している施設の方、地域の施設でケアマネージャ―をされている方、御所市地域包括支援センターの支援員、畿央大学教員の13人で、認知症についての思いを話し合いました。

 

今日の主な議題は、認知症になると何もできなくなるのではなく、できることはたくさんあるでした。今までの仕事内容や経験が活かされたという例です。また、施設でタオルたたみなどをしていただくこともありますが、本人から「働いているのに給料が出ない」との発言があったため、家族からお金を預かりお給料として渡したという例もでました。職員や家族の言葉かけや関わり方で、本人の気持ちや行動も変わります。

 

第6回kioオレンヂカフェ3-1

 

2017年度の「Kioオレンヂ喫茶(カフェ) 分かち合いin 御所」は今回で終わりとなります。

 

2018年度も開催しますので、お近くの方は、ぜひご参加ください。またお知り合いの方もお誘いください。

 

看護医療学科 准教授 南部登志江

 

【関連記事】

・過去の「御所コミュニティカフェの取り組み」記事を読む

2018年2月15日(木)

教育学部学生ボランティア5名が案内役となって学内を探検!

 

2018(平成30)年2月9日(金)午前11時~12時の約1時間、近隣の広陵町立真美ヶ丘第二小学校の2年生児童22名が生活科の校外学習で畿央大学へ来られました。同校は2009年度から、本学や広陵町内の事業所などに生活科学習で訪問されており、本学へは9回目の訪問となります。

 

教育学部4回生ボランティア学生5名(指導教員:島恒生教授)が小学生5名ほどに分かれた5グループに付き添い学内を探検しました。教育学部の学生は普段のボランティア活動や実習で子どもとの接し方に慣れているようで、子どもたちに自己紹介し、探検中の注意事項を説明する頃には児童たちの心をつかんだようです。

 

学生ボランティアを先頭に大学探検スタートです。

 

大学探検1-1

▲これから大学探検をはじめます!教育学部学生5名が各グループに同行します。

 

大学探検2-1

▲さぁ出発です。どんな発見があるか楽しみですね。

 

大学探検3-1

▲図書館。多くの本の中から英語のマンガを発見しました。

 

大学探検4 -1

▲キャンパスマップを見て今どこにいるか確認しながら移動しました。

 

大学探検5-1

▲学生食堂。「おいしそう!」と身を乗り出していました。

 

大学探検6-1

▲オープン教室。「先生も授業の練習してるんだ」との声がありました。 

 

大学探検7-1

▲人間環境デザイン学科の卒業制作発表会を見学しました。

 

大学探検8-1

▲学生スタッフにインタビュー。お兄さんお姉さんに、知りたいことを聞きました。

 

大学探検9-1

▲探検終了。また畿央大学に来てくださいね。

 

参加した学生ボランティア5名は、4月からは教員になったり、教育に関する企業で働きます。

子どもたちとふれあうことで、より一層教育や教職の魅力を感じ、やりがいを感じたようです。

 

«学生ボランティアへのヒアリング»

【参加した感想】

・子どもたちがとても元気よくて、私も楽しみました。

・畿央大学を紹介することで、改めて「いい大学だな」と実感できました。

・子どもたちが「畿央大学に来たい!」と言ってくれてうれしかったです。

・見せたい場所が沢山あったので、もう少し時間が欲しかったくらい私も楽しかったです。

・児童たちから質問がたくさん出て、改めて自らが大学を知るきっかけになりました。

・同じ2年生でも児童によって雰囲気が違うということが感じられた1時間でした。

・4年間過ごした大学ですが、改めて大学のことを知りました。

・何となく知っていても、それを具体的に子どもたちに伝えることの難しさを学びました。

・1人1人の声を聞いてグループをまとめていくことは難しいと感じました。

 

【児童が興味をもった物事】

・卒業制作の展示・発表会場

・図書館で見つけた英語のマンガ

・キャンパス内に自動販売機があること

・映画館のようなホール

・理科実験室(どんな実験をしているのか)

・小学校にない施設(食堂など)

 

【教職について】

・子どもたちの素直な反応を見て、初めて見るもの、触れるものへの発見を一番近くで見られる教師という仕事は良いなと思いました。

・子どもたちのワクワク、キラキラした姿を見られて改めて教職へのやりがいを感じました。

・4月から教員として働くことに不安がありましたが、子どもたちと触れ合い、4月が楽しみになりました。

・子どもが学ぶ姿に元気をもらえるすばらしい職業だと実感した。

・子どもとしっかり向き合って、改めて、子どもの興味を伸ばしていける教員になりたいと思いました。

・子どもの興味や関心をさらに深めていけるような教師になりたいと思いました。

 

 

畿央大学では包括連携協定を結んでいる自治体を中心に地域密着を図り、社会貢献を果たすべくさまざまな事業・イベントに参加・協力をしています。

2018年2月5日(月)

人間環境デザイン学科では2・3回生が合同で地域の課題解決などに取り組む「プロジェクトゼミ」を開講しています。加藤プロジェクトゼミでは平成29年度最後のプロジェクトとして、大学に隣接する大型商業施設エコール・マミ(通称エコマミ)様へのデザイン提案を行いました。いただいた3つの課題に、2・3回生総勢21名が6班に分かれて取り組みました。

 

【1】 バレンタイン装飾(北側セントラルコート)

加藤ゼミ最終画像7

 

天井バトンから吊り下げる「ディスプレイ班」と「床置きディスプレイ班」に分けて実施しました。エコマミキャラクターであるマーミン・ミーマン家族が気球に乗って空を飛んでいるというイメージです。一方床置き班はピンクの鳥居をくぐって木の幹のパネルにハート形のメッセージを届ける、というストーリーになっています。

 

●ディスプレイ 上班班長・前田千央璃さんのコメント

今年は昨年と違い、上下班を分けて製作を行うことになり、私たちは上の装飾を担当しました。上のテーマは「気球に乗せて想いを届けよう」です。バレンタインということで、「みんなの想いが届きますように」という気持ちを込めて作りました。スケールが大きいものへのチャレンジだったため、製作も難しく強度も心配されましたが、カラフルな気球がセントラルコートに彩りを加えられたと感じております。皆さんもぜひ、上下のバレンタイン装飾で写真を撮って楽しんでいただけたらなと思います!

 

●ディスプレイ 下班班長・川本浩輝さんのコメント

お客様が通るホールに置かせていただくので、出来る限り「参加型」のオブジェを製作したいと思い考案しました。テーマがバレンタインなのでなかなか伝えられないことを家族、想い人や友達へとメッセージを書けたら良いなと思い、考えついた作品です。上に吊るされている作品同様楽しんでいただければ幸いです!

 

【2】 北館2階キッズパーク改善案

既存のキッズパークについて、周りの環境と調和し小さなお子様が安心して遊べ、「走り回らない」「さわがない」が自然に行えるようなデザインが求められました。

 

▼エコマミの担当者さまにプレゼンテーションする様子

 

IMG_7910 - コピー

 

キッズパークA案

加藤ゼミ最終画像4(キッズパークA)

 

●キッズパークA班 班長・島田実保さんのコメント

今回キッズパークの改善案を提案して、子供が騒がずに遊ぶという矛盾したことに苦戦しました。班で話し合うに連れていかに騒がずに遊ばせるかという問題をうまく解決できたと思います。とても良い経験になりました。

 

キッズパークB案

加藤ゼミ最終画像3(キッズパークB)

 

●キッズパークB班 班長・青木紗耶さんのコメント

子供が楽しみつつも自然とうるさくならないようにするという矛盾した課題の中で、案を考えることに苦戦しました。また、実際に存在する場所の改装は初めての経験だったため、どこから考えればいいのかわからず、自分たちにできるのかという不安もありました。その中でも、様々な視点から考え、皆で意見を出し合えたことはいい経験になったと思います。

 

【3】 北館2階現プリクラ区画の店舗提案

現在プリクラを並べている区画に、自由に業種を決めデザイン提案を行いました。

プリクラ区画A案

加藤ゼミ最終画像2(プリクラA)

 

●現プリクラ区画A班 班長・安田理恵さんのコメント

今回洋菓子店を計画しましたが、初期段階では駄菓子屋を計画していました。しかし、エコマミにもっとワクワクするお店を作ろうと考え、ハニーデュークスを参考に可愛い洋菓子店に決まりました。1番苦戦したことは模型作りでした。スケールが小さいので小物を作ることは困難になり、壁に描くことになりました。通った際に印象の残る、つい写真が撮りたくなるお店になったと思います。

 

プリクラ区画B案

加藤ゼミ最終画像1(プリクラB)

 

●現プリクラ区画B班 班長・矢野眞子さんのコメント

商業施設の一画に設けられたスペースに業種から決めて店舗設計するという課題は、初めての経験でありとても悩まされました。しかし、分からないなりにも意見を出し合い、コンセプトを大切にしつつ改善を重ね、納得のいく作品を作り上げることができました。最後には、エコマミの方にも「いい雰囲気の空間を作れている。」と言っていただくことができ、大変嬉しかったです。今回の経験を、これからの活動にも活かしていきたいと思います。

 

加藤ゼミ最終画像5

 

バレンタインデコレーションには皆さんの願いをハート型メモに書き込むことができます。

2月14日(水)までですので、皆さんもメッセージを書きに来てください!

 

▼ハート型メモがなくなるほど、たくさんの方からメッセージを寄せていただいています!

 

IMG_7911

 

【過去のエコールマミさんへの提案】

2016年度 エコール・マミで、バレンタインディスプレイを担当!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2015年度 エコール・マミに改修提案とディスプレイ展示!

2015年度 エコール・マミ改修を提案!~人間環境デザイン学科プロジェクトゼミ(加藤ゼミ)

2014年度 エコール・マミに改修提案とディスプレイ展示!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2013年度 さらに発展・エコマミ提案★人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

2012年度 4年目のエコマミ提案★人間環境デザイン学科 加藤プロゼミ

2010年度 エコール・マミ 改善案 -人間環境デザイン学科 加藤プロジェクトゼミ報告-