畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学×地域連携

2019年1月21日(月)

2019年1月17日(木)、看護医療学科2回生の「老年看護学援助論Ⅰ」では、認知症サポーター養成講座シミュレーション学習を行いました。

 

認知症サポーター養成講座では、広陵町介護福祉課の今西係長をお招きし、「広陵町介護福祉課地域包括支援センターの役割」についてお話しいただきました。全国的に高齢化が話題になっていますが、広陵町も2023年には後期高齢者(75歳以上)が前期高齢者(65~74歳)の数を上回ると推計されているそうです。また、高齢者人口の増加とともに、認知症有病者の割合も増加し、2012年に認知症有病者は約7人に1人(有病率約15%)だったのが、2025年には約5人に1人(有病率約20.6%になると推計され、要介護認定者も要介護4、要介護5の重度認定者が増加する見込みだという広陵町の現状を説明して下さいました。この現状を踏まえ、誰もが健やかに暮らせる地域づくりのために広陵町が行っている地域包括ケアシステムの深化推進に向けての取り組みや、地域包括支援センターの役割を教えて頂きました。

 

教員による授業レポート~看護医療学科「老年看護学援助論Ⅰ」1-1

 

シミュレーション学習では、模擬患者(Simulated Patient:SP)の濱口さんをお招きし、老年看護学の教員とで結成した劇団Kioで、「徘徊・拒否(帰宅)のある高齢者への対応」についてロールプレイを行いました。ロールプレイとは、現実に起こる場面を想定して、複数の人がそれぞれ役を演じ、疑似体験を通じて、ある事柄が実際に起こったときに適切に対応できるようにする学習方法の一つです。この日は、認知症の高齢者が買い物に出ようとして徘徊し、警察に保護されて迎えに来た嫁とのやり取りの場面を行いました。

 

教員による授業レポート~看護医療学科「老年看護学援助論Ⅰ」2-1

 

嫁の対応の違いによって、認知症の高齢者がどのような反応をするのか違いを観てもらい、その時の認知症の人の思いや、なぜそのような行動をとったのか、認知症の人の支援の在り方などを考えてもらいました。認知症の高齢者役を演じてくださった濱口さんの熱演に引き込まれ、皆さん真剣な表情でロールプレイを観て、自分達の捉えた考えを発表してくれました。

 

教員による授業レポート~看護医療学科「老年看護学援助論Ⅰ」3-1

 

この経験が認知症高齢者の理解につながり、今後臨地実習や実際の生活の中でも認知症高齢者と接する際の対応に良い効果が出る事でしょう。

ご協力いただいた広陵町介護福祉課の今西係長、SPの濱口さん、本当にありがとうございました。

 

看護医療学科助手 島岡昌代

 

【関連記事】

「第2回韓国老人福祉(認知症ケア)研修」開催~看護医療学科

教員による研究授業レポート~看護医療学科「地域看護学概論」

川上村健康力向上プロジェクト「認知症教室」を開催!~看護医療学科

エコール・マミの職員を対象に「認知症サポーター養成講座」を開催!~看護医療学科

2018年12月27日(木)

こんにちは、マミポコ・キッズです!

私たちは畿央大学に地域の子どもたちを招待して、様々な遊びを行っています。今回は、2018年後期第3回の活動の様子を振り返ってご紹介します!

 

後期第3回活動日:12月16日(日)

この日は、「ももたろう」のお話をアレンジして活動しました。ももたろうにこらしめられた鬼は、最後に仲直りしてももたろうと仲良くなりました。そしてももたろうのもとに鬼から「鬼ヶ島へ犬・猿・キジを連れてきて一緒に遊ばないか?」という手紙が来ました。そこでみんなで犬・猿・キジを集めて鬼ヶ島へ行くためにゲームを進めました。

まず、犬を連れていくために「ころころお手伝い」という犬のお仕事を手伝うゲームをしました。このゲームは、1人1つ道具をもって各動物に荷物を届けます。子どもたちは、荷物を落とさないように丁寧に運んでいました。

次に猿を連れていくために「答えはなあに?」という調べものを手伝うゲームをしました。出されたお題に対して〇か×かを一生懸命に考え、グループの皆と意見を出し合う姿が多くみられました。

次は、鬼ヶ島へ行くためにおしゃれをしたいキジのために、「わたしを色づけて」というゲームをしました。このゲームは、真っ白なキジの絵に、色のついた中央にあるお手本を見に行き、色を塗っていきます。色を見に行く人・色を塗る人が協力してきれいなキジの絵に仕上げていました。

 

▼写真上:「ころころお手伝い」協力して荷物を届けよう!

rgergrggvf

▲写真下:「わたしを色づけて」お手本の色を覚えて色を塗ることはできたかな?

 

「マミポコ・キッズ」後期第3回活動3-1

▲「答えはなあに?」みんなで〇か×かを考えよう!

 

犬・猿・キジがそろったので、ももたろう一行は鬼がいる鬼ヶ島へ遊びに行きました。そこで鬼と一緒に「ようこそおにがしまへ」という、ももたろうが最後に言った言葉の文字の数で集まるゲームをしました。犬・猿・キジ・鬼や、他のグループの友達ともたくさん関わることができ、マミポコ・キッズに来ているみんなで1つとなり、笑顔あふれるゲームとなりました。

 

「マミポコ・キッズ」後期第3回活動4-1

▲「ようこそおにがしまへ」たくさんの友達と関わることができたかな?

 

最終回の活動に参加して頂いた保護者の方を対象にアンケートを実施しました。「参加してよかった」「毎回楽しみにしていた」「他の学校のお友達や違う学年のお友達と遊ぶ機会ができたのでよかった」「来期もまた参加したい」といううれしいご感想・ご意見をたくさんいただきました。保護者の方からのご意見も参考にして、よりよいマミポコ・キッズにしていきます。

 

これで、後期の活動は終了となりますが、来年度前期からも活動は行う予定です。子どもも大学生も成長でき、楽しめる活動になるよう、頑張っていきます。今後も活動の様子をブログで紹介するので、ぜひご覧ください。

また、マミポコ・キッズでは毎回当日スタッフの方のご協力のもと活動を行っています。これからも、たくさんの当日スタッフの方の参加をお待ちしております。今後とも、マミポコ・キッズをよろしくお願い致します。

 

「マミポコ・キッズ」後期第3回活動5-1

 

 現代教育学科 2回生 奥田奈緒・中木屋佑香

現代教育学科 1回生 竹上はるか

 

【関連記事・リンク】

マミポコ・キッズ

マミポコ親子ひろば

2018年度「マミポコ・キッズ」後期第2回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」後期第1回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」前期第3・4・5回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」前期第1・2回活動報告!

2018年12月26日(水)

平成30年12月9日(日)に開催された河合町親子減塩教室に、私たちヘルスチーム菜良が参加させていただきました。

 

 

ヘルスチーム菜良・・・管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます。

 

今回の減塩教室では、親子で学べるたくさんの体験コーナーが用意されており、私たち自身もとても楽しく減塩について勉強することができました。

 

河合町の親子減塩教室1-1-side

 

子ども向けのコーナーでは、野菜・果物釣りゲーム、減塩・野菜クイズ、減塩ソング&ダンス、野菜カルタなどが行われ、みんなで頭と体を使いながら塩について学びました。どのコーナーでも積極的に参加してくれ、「楽しい!」とたくさんの子どもたちが言ってくれたので嬉しかったです!

 

河合町の親子減塩教室3-1-side

 

親子で体験するコーナーには、まず「1日に必要な野菜の量」をテーマにしたブースがあり、1日に摂らなければならない野菜の量(成人:350g、小学生:300g)を実際に展示し、どのように工夫すればこの量を食べられるかお話ししました。また、生野菜と加熱後の野菜にはどれくらいの見た目の変化があるのか、実際に見ていただきました。

 

河合町の親子減塩教室5-1

 

次に1日の野菜摂取量に関連して、奈良の野菜「大和野菜」クイズを実施しました。多くの方が興味を持って話を聞いて下さり、「大和野菜を育てている」という声や、子どもたちの「給食で食べた!」という声も上がりました。

私たちもこのコーナーを担当するまで知らなかった大和野菜に関する内容がたくさんあり、地元の野菜として興味深く、もっと詳しくなりたいと思いました。

 

河合町の親子減塩教室6-1-down

 

最後においしく減塩する方法として、香辛料やだし、薬味の説明をし、加工食品や調味料に含まれている塩の量を見ていただきました。

この2つの体験コーナーでは、普段何気なく食べている食べ物でどれくらいの塩を取っていることになるのか、また、食塩の多量摂取を抑えるためにはどのように味付けをすればいいのかをお伝えしました。その工夫の仕方を実行するきっかけに少しでもなれば良いなと思います。

 

河合町の親子減塩教室9-1

 

今回は、大人の方だけでなく、子どもたちにも減塩の重要性を知ってもらうことの大切さを実感しました。また、今回は保健センターで開催されたことで、現場の管理栄養士や保健師などの職種連携を見ることができ、私たちも大変勉強になりました。今後もこの貴重な経験を活かし、1人でも多くの方に健康な食生活を意識してもらえるよう活動していきたいです。

 

健康栄養学科1回生 福島綾果

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。

2018年12月20日(木)

近隣の未就園児の親子を対象に、第2・第4火曜日の午前10時から畿央大学の和室を親・子・大学生のコミュニケーションの場として提供している「マミポコ親子ひろば」

好きな遊び、手遊び、絵本の読み聞かせ、体操遊びなどをして元気いっぱい活動しています。

 

マミポコ親子ひろば1-1

 

【第5回:12/11(火)】

◯好きな遊び

◯手遊び「トントントンクリスマスバージョン」

◯絵本「ノンタン!サンタクロースだよ」

◯クリスマス制作

 

今回は6組の親子が参加してくださいました。

クリスマス制作ということで壁面や部屋の中、出入口に用意したツリーやリース、色とりどりの雪の結晶にとても喜んでくださいました。

好きな遊びでは、ままごとやボールプールで子ども同士や学生と遊んだり、親同士、時々学生も交えて会話を楽しんだりしました。

 

マミポコ親子ひろば2-1

 

絵本の読み聞かせを終えたら、なんと!サンタクロースが出てきて子どもたちはびっくり!始めは緊張していましたが、帰りはハイタッチしたり会話したりとリラックスした様子でサンタクロースに会えてとても嬉しそうでした。クリスマス制作は、ペットボトルのキャップ、ヨーグルト、乳飲料の容器を活用し、まわりにいろいろなシールを貼ったり、中にキラキラしたビーズや鈴を入れたりしてマラカスを作りました。

また今回は作ったマラカスで「ジングルベル」の曲に合わせて学生と親子で一緒に踊りました。

お気に入りのマラカスを周りの子どもやお母さんに見せたり一緒に振ったりして楽しむ姿が見られました。

 

今回のメッセージカードは「サンタクロース」でした!

 

マミポコ親子ひろば3-1

 

親子にとって様々な体験をするだけではなく、楽しい思い出や新たなつながりをもてるような場所を目指し、これからも学生一同より一層努力していきたいと思います。

メリークリスマス!良いお年を!

 

マミポコ親子ひろば4-1

 

次の活動は2019115日(火)、今年度最後の活動です!

 

マミポコ親子ひろば代表

現代教育学科3回生福塚祥子

 

【関連記事】

2018年度「マミポコ親子ひろば」後期第4回活動報告!

2018年度「マミポコ親子ひろば」後期第3回活動報告!

2018年度「マミポコ親子ひろば」後期第2回活動報告!

2018年度「マミポコ親子ひろば」後期第1回活動報告!

2018年12月12日(水)

こんにちは、マミポコ・キッズです!

私たちは畿央大学に地域の子どもたちを招待して、様々な遊びを行っています。今回は、2018年後期の第2回の活動の様子を振り返ってご紹介します!

 

後期第2回活動日:11月25日(日)

第2回では、地域の方をお招きして、伝承遊びを教えていただきました。「けん玉」「紙飛行機」「お手玉」「あやとり」「折り紙」「とんとん相撲」の6つのブースをグループごとにまわって遊びました。

今回は「折り紙」のブースでとんとん相撲使うお相撲さんを作り、そのまま連続して「とんとん相撲」のブースで遊ぶというチャレンジをしました。自分で折ったお相撲さんを使ってとんとん相撲をしたので、お相撲さんを工夫して折りなおしている子もいるなど、地域の方に勝つための作戦を考え、勝負をしている子も見ることができるゲームとなりました。「けん玉」では、今回初めて本物のけん玉を使いました。経験したことのない子が多かったですが、地域の方のお手本を見て、積極的にチャレンジしている姿が多くみられました。

 

「マミポコ・キッズ」後期第2回1-1-side

写真左:「とんとん相撲」地域の方と勝負しよう!  写真右:「けん玉」上手にけん玉をすることはできたかな?

 

「マミポコ・キッズ」後期第2回3-1-side

▲写真左:「お手玉」地域の方にたくさん教えてもらおう! 写真右:「あやとり」いろんな技ができるようになったかな?

 

「マミポコ・キッズ」後期第2回5-1

▲「紙飛行機」的にめがけて紙飛行機を飛ばそう!

 

最後のゲームの「じゃんけん列車」では、地域の方も参加して一緒に遊びました。じゃんけんに負けたら、負けた子だけがじゃんけんで勝った列車の1番後ろにつながるという、新しいルールを取り入れてゲームを行いました。はじめに真ん中にいた子がじゃんけんをすることができたり、じゃんけんができなくても、後ろから先頭の子を応援したり、一緒に喜んだりしている姿が見られる、楽しいゲームとなりました。

 

「マミポコ・キッズ」後期第2回6-1

▲「じゃんけん列車」みんなでつながろう!

 

マミポコ・キッズでは毎回当日スタッフの方のご協力のもと活動を行っています。これからも、たくさんの当日スタッフの方の参加をお待ちしております。今後とも、マミポコ・キッズをよろしくお願い致します。

 

次回の活動は、12月16日(日)です。たくさんのご参加お待ちしております!!

 

「マミポコ・キッズ」後期第2回7-1

 

       

現代教育学科2回生 奥田奈緒

                              中木屋佑香

                        1回生 竹上はるか

 

【関連記事・リンク】

マミポコ・キッズ

2018年度「マミポコ・キッズ」後期第1回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」前期第3・4・5回活動報告!

2018年度「マミポコ・キッズ」前期第1・2回活動報告!