畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2020年9月11日(金)

人間環境デザイン学科の加藤ゼミでは、学生とチームを組んでデザインコンペに積極的に応募しています。しかし、上手くいく事はほとんどなく落選の連続です。あまりにも落選が多いので、没になったデザイン案を「インポッシブル・デザイン」として、Kio Smile Blogに載せていただいております。 (2019.6.13 2019.8.13

 

今回はみなさんご存知の「2025万博」ロゴマークデザインです。

全国から集まった総数5,894作品の中から、8/3に最終候補5作品が選ばれました。それについて寄せられた市民の意見を参考に、建築家の安藤忠雄氏が座長を務める選考委員会が選定したのが、こちらです。

 

昨年の秋、4回生橋本奈緒さんと3回生米田雄人さんと共同して我々も果敢に挑戦しました。 全く惜しくもなく落選してしまいましたが、悔しいので(恥ずかしながらも)インポッシブル・デザインとして披露させていただきます。

0911_01

【学生からの感想】

今回は残念な結果となりましたが、良い経験になりました。いのちの輝きくんぐらい斬新なロゴマークを作れる感性を磨いていきたいと思います。(人間環境デザイン学科 4回生 橋本奈緒)

 

まずは、我々が作成したロゴが落選してしまったことは残念です。

ですが、最終選考に残ったロゴ達を見ると、まだまだ良い物が作れたと思います。 今回選ばれたロゴは凄く斬新なデザインで、私は最終選考からあのデザインが選ばれるとは思っていませんでした。まだまだ勉強が必要だと感じました。(人間環境デザイン学科 3回生 米田雄人)

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

【関連記事】

大学に隣接する商業施設「エコール・マミ」のマーミン・ミーマンの巨大絵本制作

大学に隣接する商業施設「エコール・マミ」への令和初のデザイン提案

福岡県理学療法士会ロゴマークデザインコンペ

G20大阪サミット シンボルデザインコンペの思い出

2020年8月24日(月)

人間環境デザイン学科で取得をめざす資格として「インテリアプランナー」があります。現在、全国で約6,500名の方が登録されています。インテリアプランナーの称号は学科試験に合格し、その後、設計製図試験に合格した者が登録を受けて授与されます。

 

平成28年度から、インテリアプランナーの称号の他に、新しい称号として「アソシエイト・インテリアプランナー」が設けられました。アソシエイト・インテリアプランナーは、インテリアプランナーの学科試験合格者が登録できる資格で、インテリアプランナーになる前段階の称号です。年齢制限や実務経験は不要で、もちろん学生も挑戦が可能です。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、インテリアプランナー(学科)試験の実施自体が危ぶまれましたが、無事に予定通り行われ、本学でも人間環境デザイン学科2~3回生、合計51名が学科試験に挑戦しました。2020年8月20日(木)に合格発表があり、24名がアソシエイト・インテリアプランナーに合格しました。

合格した皆さん、おめでとうございました。ここまできましたら、さらに上のインテリアプランナーをめざして頑張ってもらいたいと思います。

 

アソシエイト・インテリアプランナー1-1

 

【合格者の感想】

アソシエイト・インテリアプランナーに合格できました。昨年はあと一点が届かず、すごく悔しい思いをしました。去年より勉強をしたつもりでしたが、出題範囲が広すぎるためにコツを掴めず、今年も手応えはありませんでした。しかし諦めずに勉強したことで合格に繋がったと思います。この知識は将来役に立つと思いますので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。(人間環境デザイン学科3回生 川西梨々花)

 

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【関連記事】

インテリアプランナー、昨年に続いて連続合格!~人間環境デザイン学科

インテリアプランナー、在学中での初合格!~人間環境デザイン学科

アソシエイト・インテリアプランナーに10名が合格!~人間環境デザイン学科

2020年6月22日(月)

新型コロナウイルスの影響で大学に来れない1回生の皆さんを応援する”やさしさを「チカラ」に変える”プロジェクトの一環で、先生方に7つの質問に答えていただきました。今回は人間環境デザイン学科の村田教授です!

 

村田先生9-1

 

【1】氏名・担任クラス    

村田 浩子(むらた ひろこ) 人間環境デザイン学科 1回生2組担任

 

【2】研究分野と担当科目  

研究分野 被服学 生活科学

衣服素材の研究を地域の伝統文化の調査、世代間交流と合わせて進めています。かつて養蚕が盛んだった、奈良県と三重県の県境である大和高原の山添村で地域の方々と白い繭をはじめ黄色の繭、桃色の繭などのお蚕さんを飼育しています。今年は残念ながら山添村への頻繁な行き来が出来なかったので、自宅でも飼育をしました。

 

村田先生1

 

また綿栽培が盛んであった広陵町や大和高田で地域の方々と綿作りを行っています。

 

村田先生2

 

またユニバーサルデザインの視点による衣服の研究開発も産官学連携で行っています。

担当科目の衣生活論、アパレル構成論、アパレル構成実習などでは衣服や衣素材に関する授業を担当しています。2回生後期、3回生前期後期配当のプロジェクトゼミでは、学外にでかけ、地域の方々や、企業、行政と関わり活動の場を広げています。例えば・・・

 

①広陵町商工会、広陵町靴下組合と共催で「靴下デザインコンテスト及びファッションショー」を開催

 

村田先生3

 

②大和高田商工会議所、地域の企業と協力し大和木綿「奈良さくらコットン」コラボ事業

③奈良県繊維工業協同組合連合会と「奈良の靴下」のコラボ事業等地域との取り組み 

 

4回生では卒業研究に取り組みますが、近年の村田ゼミの卒業研究テーマと作品をご紹介します。奄美大島の工房で大島紬を研究そして織りました。

「奄美の風を届ける―25日間の―本場大島紬体験記―」

 

村田先生4-1

 

大和高田の奈良さくらコットンの綿を素材に大和絣を再現。

「大和もめん―農民の知恵から生まれた大和のシンボル」

 

村田先生5

 

薬師寺の修二会花会式の造花を調査研究

「春待つ手仕事―花会式と造花―」

 

村田先生6

 

【3】モットーや好きな言葉、大切にしていること  

「困ったことは起こらない」

今までに万事休す!と思ったことが何度かありました。「もうダメだ~」と落ち込んでいたところ、ある人から「困ったことは起こらない。あなたが解決できないような問題は降りかかってこない。困ったと思うのは、解決策が間違っているだけのこと。」と言われました。この助言をきっかけに、あきらめる前に、切り口を変えて考えたり、一度白紙に戻してみたり、柔軟かつ冷静に考えると、困ったと思っていたことがそれほど大きな問題ではないことに気づきます。

「生活に潤いを」

同じ時間を過ごすなら、気持ちよくそして楽しくをモットーにしています。学生時代に「生活科学は生活の中の問題点を見つけ出し解決し、潤いのある生活を目指す学問」と学んだのがきっかけです。

 

【4】好きなこと(趣味・特技など)

①   読書

最近読んだ本の中では「国宝」「路」など、吉田修一さんの作品がお気に入りです。

②   庭や近隣の四季の移り変わりを楽しみそして生活に潤いを与えること

小さな庭ですが、その四季の移り変わりを楽しんでいます。6月には赤い実をつけるジューンベリー。香りのよいジャムを作ります。

 

村田先生7

 

今年はお蚕さん用に育てている桑の木にもたくさんのマルベリーが実り、おいしいジャムになります。

 

村田先生8

 

秋には十月桜の花、冬には椿の花、クリスマスローズも楽しんでいます。

庭のお花を花瓶にいけたり、オリーブの枝でクリスマスリースを作ったり、南天と水引でお正月飾りを作ったり、忙しい中にも季節を感じるひと時を大切にしています。

そろそろ半夏生の花が楽しみです。

 

【5】 苦手なことや嫌いなもの  

昔から「蜘蛛」が怖いです。姿を見つけたら私の方がその場を去ります。 高いところ、ジェットコースター、お化け屋敷、ホラーものは苦手です。             

 

【6】先生から見た畿央大学や畿央生の印象は?  

畿央大学は「面倒見の良い大学」と言われていますがその通りだと思います。

それはとても頑張る学生さんが多く、それに応えて教員もさらに張り切るという、好循環を生む大学だと思います。                

 

【7】1回生にメッセージを!  

夢を持って大学に入学し、勉強も、部活も、サークルも、アルバイトもして大学生活を謳歌する予定でしたね。 私も本当に残念に思います。しかし授業や面談でのやり取りの中で、みなさんの前向きな様子に「感動」していました。課題に一生懸命取り組みながら興味のあった筋トレに励む人、お菓子作りにはまった人、どのようにこの状況をよりよく切り抜けていくか考え努力していました。友人作りに関して不安を感じているようですが、人生は長いのです。通学できるようになってからゆっくり友達つくりをしましょう。

みなさんと出会える日を楽しみにしています。

2020年6月15日(月)

新型コロナウイルスの影響で大学に来れない1回生の皆さんを応援する”やさしさを「チカラ」に変える”プロジェクトの一環で、先生方に7つの質問に答えていただきました。今回は人間環境デザイン学科の藤井教授です!

 

0615_01

 

【1】氏名・担任クラス

藤井 豊史(ふじい とよふみ) 人間環境デザイン学科1回生1組担任

 

2】研究分野と担当科目(必要に応じて地域連携の取り組みなども)

専門は建築の設計で、独立して約30年間建築設計の実務を続けてきました。当然、大学での担当科目も建築系の専門科目が中心です。具体的には、次のものがあります。

・建築設計演習(君たち自身が実際に建築を考え、設計し、表現する演習です。我々担当教員と君たち学生は、一対一で議論することになります。)

・建築一般構造(建築が、どのようにできているのかを話す授業です。)

・建築施工(建築を、どのように造るのかを話す授業です。)

・ゼミ(2回生後期から始まり、君たちは何れかの先生のゼミに所属します。僕のゼミでは、主に建築や都市に関するプロジェクトを扱いますが、社会や世界の幅広いテーマについても議論します。)

 

▼スペースアーツ:南の美容室(インテリア設計/撮影:喜多章)

 

0615_02-1

 

【3】モットーや好きな言葉、大切にしていること

「盲従せず自律する」

残念ながら哲学者や大作家の名言では無く、藤井の迷言です。しかし僕はそう生きたいと願っています。親や先生や上司の指示に黙って従うのは楽です。考えなくて済むし文句も言われない。逆に我が道を行くのは大変です。自ら正しい道を探さねばならないし、失敗しても誰も庇ってくれない。

しかし、親も先生も上司も、必ず正しいことを言うとは限りません。更に世の中には、正解など無い選択が必要なことも多々あります。最後に信じるべきは、自分自身の判断しかないと思うのです。

 

▼ダブルウォールコンプレックス(化学メーカー工場内管理施設のロビー/撮影:喜多章)

 

0615_02-2

 

【4】好きなこと(趣味・特技など)

クラシック音楽。聞くの演奏するのも。遠い昔学生時代には、男ばかり100名の合唱団を前にフェスティバルホールの指揮台に立ちました。

最近は聞く方がほとんどですが、このところ折角チケットを確保したオペラやコンサートが次々中止になり、ちょっとブルーな気分です。

 

▼ラングサイド:集合住宅(写真は中庭/撮影:喜多章)

 

0615_02-3

 

【5】苦手なことや嫌いなもの

規則正しい生活、時間を守ること、あった人の顔と名前を覚えること、健康のための適度な運動。誤解しないで下さい。これらはきっと、望ましいことだと思います。ただ残念ながら神様は、僕にその才能を与えて下さらなかったみたいです。

 

▼堺の住宅(戸建て住宅/撮影:喜多章)

 

0615_02-4

 

【6】先生から見た畿央大学(または所属学科)や畿央生の印象は? 

君たち1回生のことは(担任にもかかわらず)今のところはよく分かりません。でも、あくまで個人の感想ですが、先輩達を見ると女性が優秀(例外はある)なのが長所、男性がそうでもない(もちろん例外はある)のが短所でしょうか。でも、君たちはまだスタートを切ったばかりです。これからのことは未知数です。

女性諸君、伝統を守って下さい!

男性諸君、君たちの学年こそ、逆転を!

 

▼池田の3世帯住宅(写真は中庭/撮影:喜多章)

 

0615_02-5

 

【7】1回生にメッセージを!

せっかく晴れて入学したと思いきやこの時代・・・しかも今の状況が後期や来年も続かない保証も無く、さぞやうんざりしていることと思います。僕たち教員も、一日も早く君たちの顔を見ながら教え、議論したいのです。しかしそれがいつになるのかは未だ誰にも解りません。今は、今できることを頑張って下さい。読書をするのも映画を見るのもよいでしょう。建築を学ぶ人は、例えバーチャルでも、多くの名建築を見ておくことはきっと役に立ちます。幸い、googleも新建築データも、いろんなツールがあることだし。

何? 授業の課題が大変で時間が無い??

全ての授業を頑張る必要などありませんよ。興味のある科目は一所懸命学ぶ、そうでもないものはそれなりに・・・。その代わり、何か一つ、熱中して下さい。

何時の日かにっくきコロナが終息したとき、「あのコロナの時代は毎日、空から全世界の街を眺めていた(例)」と言って欲しいと思います。

2020年5月22日(金)

人間環境デザイン学科を今春卒業した矢野です。私の「卒業制作」について、ご紹介させていただきます。

 

人間環境デザイン学科では4回生に卒業制作に取り組みます。卒業論文でも卒業制作(作品)でも、まず、テーマを決定しなければなりません。私は兵庫県養父市で生まれ育ちました。縁あって畿央大学に進学しましたが、卒業制作では何か地元に貢献できるものにしたいと思いました。自宅の近くにある小学校の廃校舎を利用して地域の活性化はできないだろうかと考え、市役所の方に協力していただきながらテーマを決めました。姉と兄の母校である小学校だったこともあり、私にとっても身近な建物でした。少子化によって廃校となったものの、まだまだ施設設備が整っていたため地元の方も色んな利用の仕方を企てていましたが、小学校の形から脱し、用途を変更することでもっと地域の活性化につながるよう計画を練ってみようと、テーマは『であい~旧出合小学校リファイニング建築による地域創生計画~』としました。

 

廃校舎を用途変更する過程で、養父市の良さを地域外の人に知ってもらいながら、地域の人々の交流の場にもしたいと考えたとき、加藤先生(人間環境デザイン学科教授)にサードプレイスという考え方を教えていただき、採用することにしました。サードプレイスとは、自宅や職場とは隔離された、心地の良い第三の居場所のことをいい、以下のような8ヶ条があります。

 

1)個人が思いのままに出入りでき、もてなすことを要求されず、全員が心地よく、くつろぐことができる中立地帯

2)会員等アクセスに制限なく、あまねく人々が入ることができる

3)会話が楽しく、活気で満ちている

4)アクセスがしやすく、中に入る人々が協調的

5)常に“新参者”を快く受け入れる“常連”がいて、いつも心地よい空気をつくる

6)日常に溶け込む簡素な外観をしている

7)明るく遊び場的な雰囲気を持っている

8)もうひとつの家、リビング、家族的な存在である

 

collageyanomako4

 

上記のことを踏まえ、私は、様々な年代や立場の人が気軽に集い交流する場でありながら、新たな活動やコミュニティの構築、移住者と地域の人たちの出会いを促す拠点となり、交流のなかで地域住民が日々の暮らしを伝え、この場を拠点とした周辺の自然や文化に触れながら過ごすことで “住みたくなる、帰ってきたくなるまち” にできるような計画を提案し、卒業制作としました。

 

この卒業制作は養父市市役所の方にも「感激した」と評価していただき、現在、養父市の公民館ロビーに、模型とコンセプトボードを展示していただいています。実際に暮らしていたまちの将来について、拙いながらも市役所の方と関わりながら考えられたのは大きな経験となりました。成果物のクオリティとしては高いとは言えないものでしたが、世の中の流れから生まれた身近な問題解決を自分のやってみたいという気持ちと合わせてテーマとして挑戦できたことは、今後の社会人生活でも活かしていけると思っています。

 

collageyanomako2

 

いつまで続くか分からない新型コロナウイルス感染症の影響により、遠隔授業、就活のイベント中止等、今までとは異なる制限のされた毎日を過ごしている学生が多いと思います。私自身も4月に新入社員として入社したものの、基本はリモートワークになり、会社には週1回しか出勤できていません。しかし、“こんな状況下だからできること”もあります。皆さんも自宅待機によって以前よりも自由な時間が増えたのではないでしょうか。その時間をどう使うかで、自宅待機期間後にコロナの時期を振り返った時、ネガティブな印象だったのか、良い機会だったかな、と思えるかで大きく差が出ると思います。実習や就活、部活動など、できない焦りも多いとは思いますが、きっとできることはあります。ぜひ、周りの人も巻き込んで楽しく自宅待機を過ごしてくださいね!

 

人間環境デザイン学科2020年3月卒業生 矢野眞子

【関連記事】

令和元年度 卒業研究講評会を行いました~人間環境デザイン学科