畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2021年7月20日(火)

人間環境デザイン学科1回生対象の「デッサンⅠ」の授業では、非常勤講師の山本先生のご指導のもと、デッサンの基礎を学んでいます。人間環境デザイン学科に入学し、初めて描く事を経験する学生も多いと思います。しかし、デッサンで使用する道具の理解、描く姿勢、ものの観察の仕方等、基礎から学ぶことができるのが授業の特徴です。

 

授業の到達目標は、

■目の前のものを観察・表現する力

■明暗・質感・空間を正しく認識して物体の形を正確にとらえる力

■鉛筆を使って物体の形・明暗・質感・空間を平面に正確に描写できる力

を養うことです。

 

人間環境デザイン学科には建築・インテリア・アパレルコースの3つのコースがありますが、コースに関わらず、ものを正確に捉え、正確に描写する力が必要です。

一生懸命に課題をこなす学生の姿がとても頼もしく、授業回を重ねるごとにどんどん上手になっていく吸収力に驚かされています。

 

三密を避けるため、学内のさまざまな場所に分散してデッサンを行っています。下の画像は体育館前ですが、エントランスホールなど学内の様々なところでやっています。

 

人間環境デザイン学科「デッサンⅠ」1-1

▲暑い中ではありますが、外でデッサンすることもありました

 

人間環境デザイン学科「デッサンⅠ」2-1

▲講義室の椅子をモチーフにした作品

 

第13回目の授業では、体育館に集まり、三角コーンのデッサンを行いました。通常教室ではスペースが取れず密になってしまうため、広い場所を確保し、全員で同時にデッサンを行います。

 

人間環境デザイン学科「デッサンⅠ」3-1

▲三密を避けるため、間隔をあけて実施しています

 

人間環境デザイン学科「デッサンⅠ」4-1

▲換気の為窓を開放し、空気を循環させています

 

人間環境デザイン学科「デッサンⅠ」5-1

▲三角コーンをモチーフにした作品

 

学生同士の間隔をしっかりと保ち、約3時間、集中して行うことが出来ました。デッサンが得意な人、そうでない人もいるかもしれません。しかし、1つの課題を最後までやり切ることで、必ず上達し、自分の力になっています。自分だけでなく、お互いの作品に触れることも学習の一つです。

 

人間環境デザイン学科「デッサンⅠ」6-1

▲お互いの作品をチェックしあう様子 

 

後期には、「デッサンⅡ」を履修することが出来ます。同じく山本先生にご指導していただき、さらに深い自己表現が出来ることを目標とします。1回生のうちにさまざまな表現方法を知り、習得して下さい。これからどんな作品が生まれるのか、楽しみにしています。

 

人間環境デザイン学科 助手 小松智菜美

2021年4月20日(火)

畿央大学では入学後の不安を払拭し、担任や同級生との絆を深めるため、「新入生宿泊研修」を学科ごとに入学式直後に行っています。今年度は2020年度に引き続き十分な感染対策を講じたうえでその代わりとなる「新入生学科別研修会」を学内で開催しました。今回は人間環境デザイン学科の様子をお届けします!

 

人間環境デザイン学科では、2021年4月7日(水)に新入生研修会を行いました。コロナ禍のため、例年実施している宿泊研修は実施できませんでしたが、新入生64名に気持ちよく学生生活をスタートしてほしいという想いを込めて、担任の先生を中心に学内での開催となりました。

 

当日は、3密を避けるために2つの教室に分かれ、MicrosoftTeamsで中継をしながら実施しました。

 

新入生学科別研修会~人間環境デザイン学科1-1

 

前半は「仲間づくりのアイデア」というテーマでグループワークを行いました。教員から新入生に渡したものは、A2サイズの白紙用紙と色ペンのみで、それをどのように使って発表するのかは自由です。絵で表現したり、紙芝居にして表現したり、名刺を作成して発表したグループもありました。紙を使わずにお芝居で表現してくれたグループもあり、さすがはデザイン学科!でした。紙とペンだけでたくさんのアイデアが生まれ、新入生も刺激になったのではないでしょうか。

 

新入生学科別研修会~人間環境デザイン学科2-1-down

 

後半はクラスに分かれてゲームの時間です。1組は、サポートに来てくれた3回生を相手に、お菓子のプレゼント付きのジャンボじゃんけんを行いました。ゲットしたお菓子は今日の思い出として持ち帰ってもらいました。

 

新入生学科別研修会~人間環境デザイン学科5-1-down

 

最後は、今後のために遠隔授業等でも使用するMicrosoft Teamsの練習を行いました。新入生同士でペアを決め、チャットの練習も行いました。同級生同士でつながる場ができ、今後も活用してくれると嬉しいです。

 

研修会はたった3時間でしたが、新入生同士はあっという間に仲良くなっている様子でした。クラス代表を決めるとき、学生から立候補があり、それに賛同する拍手が自然に生まれ、心温かい一面も見ることができました。4年間でたくさんのアイデアや作品に触れ、有意義な時間を過ごしてほしいと思います。これからの4年間がとても楽しみです!それぞれの夢に向かって頑張りましょう!

 

人間環境デザイン学科 助手 小松智菜美

 

【関連記事】

2021年度 新入生学科別研修会レポート~看護医療学科

2021年3月22日(月)

大学周辺の香芝市関屋地域の農家小屋等をペイントするプロジェクトを「バーンデザイン」と呼んでいます。最初のバーンデザインは4年前でしたが、数多くの農家小屋がアートでペイントされ、関屋の環境が活性化されました。

その活動をみた関屋駅前の「ちゃんこ好の里」さんからサイン看板をつくってほしいと依頼されたのが2年前。幅3.6メートルもある大作も完成し、大変喜んでいただきました。

その際の様子はこちらのリンクからご確認下さい。

PARTⅠ

PARTⅡ

 

ところが看板は線路ギリギリの場所に設置されているため、看板の劣化が激しく、中心にあるお相撲さんの顔の部分が剥がれてしまいました。

 

ちゃんこ「好の里」メンテナンス1-1

 

危険な場所にあるため、我々が描きかえることもできない為、応急処置しかありませんでした。工事用の養生シートに油性インクで描いた仮の簡易サインを急遽つくることになりました。

 

【簡易サインの制作過程】

制作メンバー:加藤プロジェクトゼミ 2回生4名(井戸上希星、殿村梨花、東田遥香、山口瑞生)

 

①縮尺1/20の原画を20倍にして原寸図をつくる

ちゃんこ「好の里」メンテナンス2-1

 

②養生シートの上にその原寸図を重ね、カーボン紙で転写する

ちゃんこ「好の里」メンテナンス3-1

 

③黒、赤、ピンク、青と緑(K I O)を油性インクでなぞっていき、完成

ちゃんこ「好の里」メンテナンス4-1-down

 

簡易サインは先日「好の里」さんに納品させていただきました。

コロナ禍のためまだ設置はされていませんが、電車内から見るのが楽しみです。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

●過去のバーンデザイン記事

「バーンデザイン」第4弾!葛城自動車学校倉庫~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

関屋駅前「ちゃんこ好の里」のサイン看板作成PARTⅡ!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ 

「ちゃんこ好の里」さんのサイン看板作成!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「バーンデザイン」農家小屋アート2018~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「バーンデザイン」農業小屋アート2017~人間環境デザイン学科

「バーンデザイン」関屋農家小屋環境アート2016~人間環境デザイン学科

 

【関連記事】

香芝市と産官学連携で「光るスマイルブローチ」商品開発プロジェクト!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

2025年大阪・関西万博ロゴマークデザインコンペ~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

1912018

2021年3月11日(木)

人間環境デザイン学科では、4回生になると大学生活4年間の学びの集大成として卒業研究に取り組みます。

例年学内で夜遅くまで友人たちと切磋琢磨しながら作業をする4回生の姿がありますが、今年は感染症対策のため自宅での作業が中心となりました。各自決定したテーマは、今年しかできない工夫されたテーマがいくつもあり、例年に増して工夫された研究内容が出揃いました。

2021年1月23日(土)、24日(日)には講評会を、2月9日(火)にはその講評会で評価された選抜者の講評会を行いました。

 

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科1-1

▲講評会の様子

 

選抜講評会では16グループ18名が発表し、各賞の受賞者が決定しました。

 

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科2-1

▲選抜講評会の様子(当日はオンラインも併用し、ライブ配信を実施)

 

【学長賞】

上田琴乃 Show must go on -Hall ark-

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科3-1-down

 

【優秀賞】

櫻井香月 商店街で一息 ~時間の流れを忘れて過ごす~

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科5-1

 

三歩莉奈・西岡あさひ 乳がん術後女性のQOL向上のための入浴着の制作

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科6-1

 

松浦直香 蘇る母の嫁入り布団 ~混紡率を楽しんで~

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科7-1

 

【優秀論文賞】

栗原大地 郊外の一戸建て住宅地における表出に関する研究

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科8-1

 

卒業研究展示会は、2月27日(土)~3月2日(火)の4日間、学内にて開催しました。ライトアップされた作品や、ポスターを作成しより伝わりやすく工夫された論文は、学生達の努力を最大限に引き立ててくれ、素晴らしいものでした。デザイン学科の後輩はもちろん、他学科の先生方、職員の方にも見ていただき、例年の学外展示会とは一味違った雰囲気でした。

ご来場いただき、ありがとうございました。

 

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科9-1

▲卒業研究展示会の様子

 

友人や先生と濃い時間を過ごすはずだった卒業研究の時間は奪われてしまいましたが、全員1人でよく頑張ったと思います。展示会の準備から片付けまで、責任を持ってやり遂げることもできました。教員一同、頑張ったみなさんに心から拍手を送りたいと思います。

 

約1カ月後には新4回生の卒業研究がスタートします。来年度はどんな面白いテーマが出揃うのか、楽しみです!

 

人間環境デザイン学科 助手 小松智菜美

 

【関連記事】

卒業制作が養父市の公民館に展示!〜人間環境デザイン学科〜

令和元年度 卒業研究講評会を行いました~人間環境デザイン学科

2019年度人間環境デザイン学科 卒業研究・作品展(学外)

人間環境デザイン学科「2018年度卒業研究・作品展」を開催しました。

2021年3月9日(火)

奈良県商工会連合会(担当:丸橋課長補佐)との産官学連携事業は10年以上も続いています。特に下市町との連携事業では「合格割箸(ごうかくかつばし)」をつくるなど大きな成果を残しました。一昨年からは、奈良のホテル内で販売するお土産というテーマでデザインから取り組んできましたが、コロナ禍の中、開発が思うように進まず停滞を余儀なくされました。

我々がデザインしたのは「おうちシリーズ」というカトラリーセットです。箸置きだけではなく、スプーンとお箸がセットになるものなど新しい提案もしました。商品ブランドから考えNARAA(ナラア)」と命名しました。ロゴタイプまでデザインしています。

 

産官学連携商品開発事業1-1

▲NARAAのロゴ

 

まだ試作品の段階ですが、ここにご紹介させていただきます。試作品をつくってもらったのは立体表現Ⅱの授業でお世話になっています稲葉崇史先生(INABA WOOD WORKS)です。それぞれの断面が「おうち」になっています。

 

産官学連携商品開発事業2-1

▲カトラリーセットの試作品

 

0309_00

 

この「おうちシリーズ」は今年度の人間環境デザイン学科4回生の卒業研究に結びつきました。卒ゼミ生の陣田真衣さんが「おうちのおうち」というテーマでステイホーム生活に潤いを運ぶ子どもの基地を制作しました。

 

産官学連携商品開発事業3-2-down

▲卒業制作を囲んで(左:陣田真衣さん、右:奈良県商工会連合会 丸橋課長補佐)

 

産官学連携事業は三者の合意がないとそのプロジェクトは進みません。その為、商品開発のハードルはかなり高くなります。

陣田さんの卒業研究では奈良商工会と材木屋さんとも打ち合わせをしました。プロの意見を真摯に聴くことで作品に反映させることもできました。完璧な仕事にはなりませんでしたが、そのプロセスを含めて彼女にとって勉強になったのではと思います。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【関連記事】

香芝市と産官学連携で「光るスマイルブローチ」商品開発プロジェクト!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ