畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学×地域連携

2019年7月16日(火)

令和元(2019)年6月30日(日)、広陵町さわやかホールで行われた「いのちを守るイベント」TASKがボランティアとして参加させていたただきました!

内容は、親子体力測定です。

 

TASKThink,Action,Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を越えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

測定内容は、握力、足趾握力、反復横跳び、立ち幅跳びです。

 

今回は対象年齢を6歳以上とし、小さなお子さんから高齢者の方々まで約300人にお越しいただきました。さまざまな年齢の方々とコミュニケーションをとることができてとても楽しかったです!(^^)

年齢に合わせた言葉遣い、目線の高さ、理解しやすい説明の仕方、対象者の表情や身体の観察などたくさんの学びがありました!

 

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.71~広陵町「いのちを守るイベント」1-1

握力測定の様子

 

私たちが「もっと、もっと!まだいけます!」と声掛けをすることで、記録が伸びる方がたくさんいました。声掛けを行ったことで「前より記録が伸びたわ。」とおっしゃってくれる方がいたので嬉しかったです。子どもたちも頑張って握力測定をしてくれていました。

 

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.71~広陵町「いのちを守るイベント」2-1-side3

足趾握力測定の様子

 

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.71~広陵町「いのちを守るイベント」4-1-side2

反復横跳びの様子

 

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.71~広陵町「いのちを守るイベント」6-1-side

立ち幅跳びの様子

 

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.71~広陵町「いのちを守るイベント」8-1

▲皆でTASKの“T”で記念撮影をしました♪

 

看護医療学科2回生 冨松里帆

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2019年7月16日(火)

2019年7月9日(火)、奈良県全域でナラ・シェイクアウト(奈良県いっせい地震行動訓練)が行われました。

シェイクアウト訓練とは、地震の際の安全確保行動1-2-3「まず低く、頭を守り、動かない」を身に付けるためのシンプルな訓練です。元はアメリカで始まった一斉防災訓練で、日本でも全国各地に広がり、2018年は6,297,584名参加の登録があったそうです。(The Great Japan ShakeOutホームページより)

 

シェイクアウト訓練『安全確保行動1-2-3』

ナラ・シェイクアウト(奈良県いっせい地震行動訓練)を実施しました。1-1

 

畿央大学も毎年この訓練に参加しており、今年も1限目授業の終了直後、地震を知らせる放送に合わせて、キャンパス全体で1分間の訓練を行いました。

 

ナラ・シェイクアウト(奈良県いっせい地震行動訓練)を実施しました。2-1-down

 

地震が発生した時の初期行動は、屋内では、机などの下にもぐって頭と身体を守る。屋外にいるときは、カバンなどで頭を守りながら落下物の危険のない広い場所に避難する。

 

ナラ・シェイクアウト(奈良県いっせい地震行動訓練)を実施しました。4-1-down

 

毎年のようにどこかで大きな地震が発生している昨今、地震の危険をより身近に感じている方も多いと思います。「地震発生=自分の身を守る」という意識を持ち、それを行動に直結させる、そのためにもこういった訓練はよい機会となります。また、こういった訓練をきっかけに、自分自身や身の回り、ご家庭での地震に対する備えについても再確認してみてはいかがでしょうか。

学生および教職員のみなさま、ご参加いただき、ありがとうございました!

2019年7月10日(水)

近隣の未就園児の親子を対象に、第2・第4火曜日の午前10:00から畿央大学の和室を親・子・大学生のコミュニケーションの場として提供している「マミポコ親子ひろば」。自由遊び、手遊び、絵本の読み聞かせ、体操遊びなどをして元気いっぱい活動しています。

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第3回1-1

 

【第3回:6/25(火)】

〇好きな遊び

〇手遊び『まあるいたまご』

〇絵本『もこもこ』

〇ふれあい遊び『ロケットペンギン』

 

今回は6組の親子が参加してくださいました。

好きな遊びでは、子どもたちがそれぞれ好きなおもちゃを見つけて遊んでいました。積み木を自分の背丈よりも高く積もうとする姿、電車を長くつなげて遊ぶ姿が見られ、指先を上手に使い夢中になって遊んでいました。さらに子どもたち同士でおもちゃの貸し借りをしたり、お友達が遊んでいるのをみて真似て遊び始めたりするなど、お友達を意識して遊んでいるように感じられました。

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第3回2-1

 

絵本では、子どもも一緒に「にょき」とつぶやいて擬音語を楽しんでいる姿がみられました。ふれあい遊びの「ロケットペンギン」は、ほとんどの子どもが初めてでテンポも速い曲でしたが、リズムにのって体を動かしながら楽しんでいました。

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第3回3-1-side

 

子どもたちの成長を温かく見守り、これからも、安心して楽しく活動できる場を作っていけるよう学生一同努力していきたいと思います。

 

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第3回5-1

 

次回の活動は、7月9日(火)に和室で行います。前期最後の活動となりますのでたくさんのご参加をお待ちしております!

 

現代教育学科3回生 古川咲

 

【関連記事】

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第2回活動報告!

畿央大学付属幼稚園の園児たちが大学に来てくれました!~マミポコ・親子ひろば

2019年度「マミポコ・親子ひろば」前期第1回活動報告!

2019年6月24日(月)

令和元年6月8日(土)・9日(日)にイオンモール大和郡山で行われた「P-1グランプリ」に本学のヘルスチーム菜良が出場しました。

 

ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます

 

大和郡山市、石釜ピッツェリア&BARサンプーペーとヘルスチーム菜良は、大和の伝統野菜「大和丸なす」をはじめとした大和郡山産野菜を使用した各大学1種類合計4種類のピザを共同開発。4大学対抗のピザバトルを「P-1グランプリ」と銘打ち、奈良女子大学からは「レモン薫る初夏のビタミンカラーピザ」、帝塚山大学からは「和風とカレーのコラボ!パリッともっちもちピザ」、近畿大学からは「大和野菜をはさんだ2種のソースピザ」、そして畿央大学からは「初夏を感じる大和野菜たっぷりモッチリーザ」がそれぞれ出品されました。

 

「P-1グランプリ」に参加しました!~ヘルスチーム菜良~1-1

 

今回、販売においてピザの試食会も行われ、四大学のピザを食べようとたくさんの人が集まりました。試食のピザを用意するのが大変でしたが、無事にすべてのピザを提供することができました。「おいしい!」という声が多く聞こえ、ピザのこだわりの点などを伝えることができ、たくさんのピザが売れたのでとてもうれしかったです。

 

「P-1グランプリ」に参加しました!~ヘルスチーム菜良~2-1

 

そしていよいよ結果発表の時が来ました!

結果は…帝塚山大学の「和風とカレーのコラボ!パリッともっちもちピザ」が優勝でした!!

 

畿央大学は惜しくも優勝を逃しましたが、大和郡山産野菜を4種入れたことやお餅を入れたこと、紫陽花に見立てた盛り付けなどを高く評価されました。

 

「P-1グランプリ」に参加しました!~ヘルスチーム菜良~3-1-side

 

2連覇を達成をした帝塚山大学さん、おめでとうございます!

 

P-1グランプリ、試食会ともに大盛況のまま終わることができて、四大学合同の活動で他大学の方々と交流することもできたので、とてもいい体験をすることができました。

イオンモール大和郡山店へお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

 

健康栄養学科1回生  五反田奏

 

~参加したメンバーの感想~

ピザのメニュー開発を通じ、限られた食材の中でインパクトのあるメニューを考えるのは非常に難しいことを学びました。しかし、イオン、シェフ、農家などのたくさんの方々からアドバイスをいただいたおかげで独自性のあるピザを販売することができました。

残念ながら私達のピザは最優秀賞に選ばれませんでしたが、ピザバトルに参加したことによりメニュー開発の難しさ、大和野菜(特に大和丸なす)、私達が考えもしなかった他大学のアイデアを知ることができ、勉強になりました。

来年もピザ開発をする機会があれば、チャレンジしたいと思います!

3回生 徳原有実

 

●ヘルスチーム菜良とピザが奈良テレビ「はじめましてツキムラです。」に取材されました。

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。                  

2019年6月24日(月)

令和元年6月9日(日)に畿央大学のオープンキャンパスが開催されました。

ヘルスチーム菜良*1では、学生がスタッフとして参加し、食育サッとシステム*2を用いて日頃の食生活がどれほどのカロリーか、どれほどの栄養を摂取できているのか、などを見直してもらう体験コーナーを実施しました。

 

(※1)ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます。

(※2)食育サッとシステム…フードモデルを用いて1食分の食事バランスを栄養価で計算し、5段階で評価されるシステムです。

 

 

今回、14時から17時の間に、なんと80名もの方に参加していただきました!

 

第1回オープンレポート「健康カロリーチェック」~ヘルスチーム菜良1-1

 

評価が少し厳し目の食育サッとシステムは、5つ星のうち星が2つでも十分な方ですが、今回の参加者の方々は星が3つ、4つの方が沢山おられました。普段から栄養に気を遣って食事をされている方が多く、中には星が5つ出た方もいらっしゃいました。

 

第1回オープンレポート「健康カロリーチェック」~ヘルスチーム菜良2-1-side-down

 

私たち学生も、たくさんの来場者の方々と栄養についてお話ができ、とても楽しい時間を過ごせました。

1回生はまだまだ未熟者ですが、改めて栄養についてもっと深く学びたいと思える機会にもなりました。

参加してくださった方々に少しでも参考になったと感じていただければいいなと思います!

 

IMG_1079

 

健康栄養学科1回生  前川彬乃

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。