畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2021年3月11日(木)

助産学専攻科の「地域母子保健論」の中で、災害発生時に備えて助産師としての役割について考えるための演習を行いました。

2つの場面を設定し、それぞれ役割を決めてロールプレイを行いました。

 

演習①:病棟内で地震が発生した場合

10人の学生が医師・助産師と患者の役割に分かれ、地震発生前から直後をどのように行動していくかをディスカッションすることで、イメージトレーニングをしました。グループごとに考えた動きの流れを実際に行い、助産師・患者の立場から振り返りを行いました。

 

周産期災害演習~助産学専攻科1-1

▲発生直後の動きをディスカッション

 

周産期災害演習~助産学専攻科2-1

▲アクションカードの確認!

 

助産師として災害時の初期行動においては、責任をもった判断や常に妊産褥婦新生児を不安にさせないための声かけや配慮が重要であることを学びました。また、妊産褥婦の立場では不安が増強する場面のなかで助産師の言動ひとつで安心したり不安になったりする心情を理解することができました。

 

周産期災害演習~助産学専攻科3-1-down

▲分娩室に産婦さんが・・・

 

周産期災害演習~助産学専攻科5-1

▲今ここで分娩が・・・

 

周産期災害演習~助産学専攻科6-1

▲妊産褥婦新生児の状況確認し、本部に報告!

 

演習②:避難所で分娩が開始してしまった場合

その場に助産師が居合わせたという設定の下、10人でそのほかの役割を考えてそれぞれが自分にできることを考えながら分娩をサポートしました。避難所にある限られた物品や環境のなかで、産婦さんと児にとっての安心・安全な分娩ができるように知恵を出し合い協力しました。

 

周産期災害演習~助産学専攻科7-

▲限られた状況の中で、何ができる?

 

無事出産できた場面では、周りの皆が自然に笑顔と祝福の温かい空気に包まれました。また、分娩台の上だけでなく、どんな状況でも柔軟な分娩スタイルを提案する力が必要だと実感することができました。さらに、避難所では病院とは違い一般の方との連携をとるという非日常的な環境でリーダーシップをとっていくことの難しさも学ぶことができました。

 

周産期災害演習~助産学専攻科8-1-down

 

近年災害が増えており自分たちも被災者になりうるという状況のなかでも医療者という助産師として働いていくため、この演習を通して自分の役割や日ごろの備えの重要性を改めて考え直すことができました。

演習という設定の中でしたが、責任感を持ち行動することが大切であることを再認識することができました。この経験を活かして緊迫した場面に直面しても、落ち着いて判断し対応していけるような助産師をめざしていきたいと思います。

 

助産学専攻科 杉野茉由 西本真央

 

【関連記事】

新生児蘇生法(NCPR)Aコース講習会を受講しました!~助産学専攻科

マタニティヨガ・ベビーマッサージの特別演習~助産学専攻科

熟練助産師から学ぶ分娩介助の応用「側方介助と肩甲難産の分娩介助方法」~助産学専攻科

産婦人科医に学ぶ!会陰縫合の理論と技術~助産学専攻科「助産診断技術学Ⅱ」

2021年3月11日(木)

人間環境デザイン学科では、4回生になると大学生活4年間の学びの集大成として卒業研究に取り組みます。

例年学内で夜遅くまで友人たちと切磋琢磨しながら作業をする4回生の姿がありますが、今年は感染症対策のため自宅での作業が中心となりました。各自決定したテーマは、今年しかできない工夫されたテーマがいくつもあり、例年に増して工夫された研究内容が出揃いました。

2021年1月23日(土)、24日(日)には講評会を、2月9日(火)にはその講評会で評価された選抜者の講評会を行いました。

 

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科1-1

▲講評会の様子

 

選抜講評会では16グループ18名が発表し、各賞の受賞者が決定しました。

 

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科2-1

▲選抜講評会の様子(当日はオンラインも併用し、ライブ配信を実施)

 

【学長賞】

上田琴乃 Show must go on -Hall ark-

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科3-1-down

 

【優秀賞】

櫻井香月 商店街で一息 ~時間の流れを忘れて過ごす~

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科5-1

 

三歩莉奈・西岡あさひ 乳がん術後女性のQOL向上のための入浴着の制作

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科6-1

 

松浦直香 蘇る母の嫁入り布団 ~混紡率を楽しんで~

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科7-1

 

【優秀論文賞】

栗原大地 郊外の一戸建て住宅地における表出に関する研究

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科8-1

 

卒業研究展示会は、2月27日(土)~3月2日(火)の4日間、学内にて開催しました。ライトアップされた作品や、ポスターを作成しより伝わりやすく工夫された論文は、学生達の努力を最大限に引き立ててくれ、素晴らしいものでした。デザイン学科の後輩はもちろん、他学科の先生方、職員の方にも見ていただき、例年の学外展示会とは一味違った雰囲気でした。

ご来場いただき、ありがとうございました。

 

令和2年度 卒業研究講評会~人間環境デザイン学科9-1

▲卒業研究展示会の様子

 

友人や先生と濃い時間を過ごすはずだった卒業研究の時間は奪われてしまいましたが、全員1人でよく頑張ったと思います。展示会の準備から片付けまで、責任を持ってやり遂げることもできました。教員一同、頑張ったみなさんに心から拍手を送りたいと思います。

 

約1カ月後には新4回生の卒業研究がスタートします。来年度はどんな面白いテーマが出揃うのか、楽しみです!

 

人間環境デザイン学科 助手 小松智菜美

 

【関連記事】

卒業制作が養父市の公民館に展示!〜人間環境デザイン学科〜

令和元年度 卒業研究講評会を行いました~人間環境デザイン学科

2019年度人間環境デザイン学科 卒業研究・作品展(学外)

人間環境デザイン学科「2018年度卒業研究・作品展」を開催しました。

2021年3月9日(火)

奈良県商工会連合会(担当:丸橋課長補佐)との産官学連携事業は10年以上も続いています。特に下市町との連携事業では「合格割箸(ごうかくかつばし)」をつくるなど大きな成果を残しました。一昨年からは、奈良のホテル内で販売するお土産というテーマでデザインから取り組んできましたが、コロナ禍の中、開発が思うように進まず停滞を余儀なくされました。

我々がデザインしたのは「おうちシリーズ」というカトラリーセットです。箸置きだけではなく、スプーンとお箸がセットになるものなど新しい提案もしました。商品ブランドから考えNARAA(ナラア)」と命名しました。ロゴタイプまでデザインしています。

 

産官学連携商品開発事業1-1

▲NARAAのロゴ

 

まだ試作品の段階ですが、ここにご紹介させていただきます。試作品をつくってもらったのは立体表現Ⅱの授業でお世話になっています稲葉崇史先生(INABA WOOD WORKS)です。それぞれの断面が「おうち」になっています。

 

産官学連携商品開発事業2-1

▲カトラリーセットの試作品

 

0309_00

 

この「おうちシリーズ」は今年度の人間環境デザイン学科4回生の卒業研究に結びつきました。卒ゼミ生の陣田真衣さんが「おうちのおうち」というテーマでステイホーム生活に潤いを運ぶ子どもの基地を制作しました。

 

産官学連携商品開発事業3-2-down

▲卒業制作を囲んで(左:陣田真衣さん、右:奈良県商工会連合会 丸橋課長補佐)

 

産官学連携事業は三者の合意がないとそのプロジェクトは進みません。その為、商品開発のハードルはかなり高くなります。

陣田さんの卒業研究では奈良商工会と材木屋さんとも打ち合わせをしました。プロの意見を真摯に聴くことで作品に反映させることもできました。完璧な仕事にはなりませんでしたが、そのプロセスを含めて彼女にとって勉強になったのではと思います。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【関連記事】

香芝市と産官学連携で「光るスマイルブローチ」商品開発プロジェクト!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

2021年3月8日(月)

第3回 畿央大学大学院 神経リハビリテーション学研究室・

京都大学大学院大畑研究室 合同研究会

 

2021年3月6日(土)、オンライン上にて、畿央大学大学院 神経リハビリテーション学研究室と京都大学大学院大畑研究室の研究交流会が開催されました。プログラムとしては、大畑光司先生による開会のあいさつ後、大畑研究室の大学院生より現在取り組まれている研究についてご紹介していただきました。その後、畿央大学大学院から乾さん、赤口さん、宮脇さんから研究の紹介を行い、双方の研究内容に関して意見交換を行いました。最後に、森岡教授による閉会のあいさつが行われました。

 

大畑研究室からは、神尾さんが「ステップ位置の調節における中枢内制御」、Jeffreyさんが「脳性麻痺の歩行時の筋電図解析」、鈴木さんが「歩行時の下肢の大域的運動」について話題提供していただきました。現在進行形で取り組まれている研究内容について実験手続きや解析方法など試行錯誤されており、私としても共感できる部分が多く、大変興味深く聴講することができました。森岡教授からも各発表に対して意見やアドバイスを発しておられ、活発なディスカッションとなりました。

 

畿央大学大学院からは、乾さんが「脳卒中患者の不整地歩行」、赤口さんが「慢性期脳卒中患者の把持力調節」、宮脇さんが「脳卒中患者の自他帰属戦略」について話題提供しました。各研究に対して、大畑研究室の大学院生と研究員、そして大畑先生より的確なご意見とご指摘をいただけました。最終的には終了予定時間を超過するほど互いに議論し、日頃のゼミとは異なる視点の意見を伺うことができ充実した合同研究会となりました。

 

神経リハビリテーション学研究室の研究交流会1-1

▲延べ18名:畿央大学大学院 11名、京都大学大学院 7名が参加 (画面上は17名)

 

大畑研究室との合同研究会は今回で3回目となり、私自身は初めての参加となりましたが、今回は運動・歩行制御に関する研究内容であり、方向性は同じでありつつもお互いの研究室の「色」を感じることができました。そのため、異なる研究室間の意見交換は研究室の得意とする分野の知識および技術を提供することができ、研究を進めていく上で非常に有益な場であると感じました。森岡教授の閉会の挨拶では、将来的には双方に共同して神経理学療法学の発展を担っていく必要性についても述べられており、私も貢献できるよう改めて襟を正されました。

 

第1回は畿央大学で、第2回は京都大学で開催された本合同研究会は、COVID-19の影響でオンライン開催となりました。感染状況のより早い収束を願い、次回は社会性の面からも直接的にお互い顔を合わせ意見交換ができることを願っております。

最後になりましたが、大変お忙しい中、快くご対応いただいた大畑先生ならびに、大畑研究室の皆様、本会の調節役を担ってくださった研究員の川崎さんと当研究室の水田さん、そして、このような機会を与えてくださった森岡教授には心より感謝申し上げます。

 

畿央大学大学院 健康科学研究科 神経リハビリテーション学研究室

修士課程1年 田中智哉

【関連記事】

令和元年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成30年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成29年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成28年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成27年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成26年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成25年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成24年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成23年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成21年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

平成20年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会

2021年3月4日(木)

奈良テレビで毎週土曜日よる9時30分から放送されている「角角鹿鹿」。奈良県出身の俳優:加藤雅也さんが、奈良県内のおもしろいスポットを紹介しています。

 

kato

 

3月6日(土)・13日(土)は「靴下をめぐる旅」で、東京の加藤さんから特命を受けたスティーヴエトウ氏が、靴下生産量日本一の広陵町界隈を取材に訪れました。

 

角角鹿鹿1

 

「広陵町×靴下といえば、靴下百年史の編集者でもある本学人間環境デザイン学科の村田先生」ということで、村田浩子教授が取材を受けました。広陵町は大和木綿の生産地です。村田先生と卒業研究で木綿作りに関わったアパレル造形コース4回生松浦さんが、綿花から糸を紡ぎ布を織り靴下が出来るまでの過程を解説しています。

放送は今週末3/6(土)21:30~、再放送3/13(土)21:30~です。お楽しみに!

 

角角鹿鹿2

 

【関連記事】

広陵町かぐや姫まつりで「靴下ファッションショー」をプロデュース!

「NARAソックス・プロジェクト」成果を発表!

BSジャパン「空から日本を見てみよう+」に本学および人間環境デザイン学科村田ゼミ生が登場!

奈良県連携「咲良史歌鹿ファッションショー」を開催!

学生広報スタッフblog vol.210~広陵町かぐや姫まつり 靴下デザインコンテストに参加!

広陵町かぐや姫まつり「ソックアニマルつくり」ワークショップを開催しました!

広陵町の靴下百年史が発行されました!