畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2021年12月21日(火)

理学療法学科4回生、福森ゼミの西原大暉です。2021年11月5日(金)に開催された理学療法学科卒業研究発表会についてレポートを書かせていただきます。

 

【発表当日までの活動】

3回生前期に「理学療法研究法」という授業を通して論文の探し方や読み方を学びました。その後、先生や興味のある分野などからそれぞれが考え、各々希望のゼミを選択しました。3回生後期では「理学療法研究法演習」にて本格的なゼミ活動を始めました。日本語や英語の論文を読み、抄読会を行った上で研究のテーマをそれぞれ決定していきました。その後、本格的に実験へ取り組み、発表へ向けて準備を進めました。

私が所属する福森ゼミでは、研究には欠かせない統計学について、4Pの卒業研究で使用できるような統計教材を開発するため、先生から指導を受けながらメンバー全員で協力して準備を進めました。

 

【発表当日】

今年度は16のゼミから全23演題の発表が行われました。1演題につき、7分の発表と3分の質疑応答がありました。質疑応答では4回生や先生方から様々な視点からの意見、質問をいただきました。

 

令和3年度 理学療法学科卒業研究発表会学生レポート1-1

 

今年も去年に引き続きコロナ禍ということもあり様々な制限がありました。そんな中でも各ゼミが研究内容や方法について、試行錯誤を繰り返し、無事に発表会を迎えることが出来ました。それぞれ分野の異なる発表は、非常に興味深いものばかりでした。

 

令和3年度 理学療法学科卒業研究発表会学生レポート2-1-down

 

今回の研究で得られた経験や知識を4月から始まるそれぞれの舞台で存分に発揮し、日々精進していきたいと思います。

最後に、ご指導頂きました先生方並びにご協力頂いた方々に厚く御礼申し上げます。

 

令和3年度 理学療法学科卒業研究発表会学生レポート4-1

 

理学療法学科4回生 西原大暉

 

【関連記事】

令和3年度 理学療法学科卒業研究発表会を開催!~教員レポート

●昨年度の卒業研究発表会はコチラ

2021年12月17日(金)

「マミポコ・親子ひろば」は、近隣の未就園児とその保護者の皆さんに遊びと交流の場を提供する取り組みです。親・子・大学生のコミュニケーションの場として、自由遊び、手遊び、絵本の読み聞かせ、体操遊びなどを提供し、元気いっぱい活動をしてきました。

 

現在、コロナ禍で対面での実施が難しいため、親子一緒にお家で楽しめる遊びを考え、動画配信することになりました。まだまだ皆さんと会うことが難しい中で、少しでも明るく楽しい気持ちになっていただければと思います。

是非ご覧ください!

 

 

【第1回:12/17(金)】

〇製作「画用紙で作るスノードーム」

〇製作「サンタさん」

 

2021年度「マミポコ・親子ひろば」後期第1回1-1

 

今回は、クリスマスということで家にあるもので作れる、スノードームとサンタさんの製作を行いました。

照明を工夫したり、言葉選びや見え方を話し合ったりと、試行錯誤しながらつくり上げたので、ぜひご覧ください!

 

下の画像をクリックすると、YouTubeの動画にリンクします。

 

1217_011

 

<準備・撮影の様子> ※感染対策を徹底したうえで、練習や準備作業をしています。

2021年度「マミポコ・親子ひろば」後期第1回2-1

 

カメラを通しての配置や色の見え方、照明の当たり方をモニターでチェックしながら撮影しています。

 

2021年度「マミポコ・親子ひろば」後期第1回3-1-down

 

これからも、より安心・安全に楽しく活動できるような内容を考えていきたいと思います。

子ども達や保護者の方々の笑顔を見られることを楽しみにしています!

動画は順次配信していく予定ですので、チェックしてください!

 

現代教育学科3回生 荒井斗子 岡村遥佳

 

【関連記事】

「マミポコ親子ひろば」の取り組みはコチラ!!

2021年12月17日(金)

2021年12月5日(日)、第41回日本看護科学学会学術集会にて本学看護医療学科で看護医療学科 田中陽子講師が優秀演題抄録賞を受賞しました。

 

演題は『重症心身障害児とその家族の愛着形成過程における影響要因の検討』です。

医療的ケア児や、重症心身障がい児の保護者の方に妊娠から今までの子育てについてインタビューを重ね、愛着が形成されていくプロセスにおける促進要因と阻害要因を明らかにすることを目的とした研究です。

研究にご協力いただきました皆様に心より深く感謝申し上げます。

 

田中先生第41回日本看護科学学会学術集会1-1

 

(科学研究費補助金若手研究 2 1 K 1 7 4 4 6在宅重症心身障害児をケアする養育者の愛着形成アセスメントツールの開発)

 

看護医療学科 講師 田中陽子

2021年12月13日(月)

こんにちは、マミポコ・キッズです!

 

私たち「マミポコ・キッズ」は、畿央大学に地域の子どもたちを招待して、様々な遊びを行ってきました。しかし、現在は新型コロナウイルスの影響により、未だ対面での活動が難しい状況にあります。そこで、前期に引き続き子どもたちが何か楽しめることを遠隔で提供できないかと考え、後期も子どもたちが1人あるいはお家の方と楽しめる遊びの動画配信を企画・制作しました。

 

今回の動画では、葉っぱを使った「葉っぱの写し絵」を紹介しています。葉っぱや紙など、身近にあるもので簡単に作ることができます。葉っぱの写し絵のアレンジも紹介しているので、ぜひ動画をご覧になってください!

 

下の画像をクリックすると、YouTubeの動画にリンクします。

1214_01

 

▼運営メンバーはもちろん、先生方にもご協力いただき撮影を進めています。

「マミポコ・キッズ」後期 第1回活動報告1-1

 

▼カラフルできれいだね。どのように写すか動画で見てみよう!

「マミポコ・キッズ」後期 第1回活動報告2-1-down

 

次の動画も楽しい企画を考えているので、お楽しみに!

子どもたちのたくさんの笑顔があふれる活動を目指して頑張ります!

今後とも、マミポコ・キッズをよろしくお願い致します。

 

現代教育学科3回生 御崎夢乃(みっきー)・森美月(ねね)

2回生 下野大司(たけ)

1回生 長谷川慈(いっちゃん)・三住真弥(おむ)

 

【関連記事】

「マミポコ・キッズ」の取り組みはコチラ!!

2021年12月9日(木)

保健師選択科目である2年生公衆衛生看護学概論第10回授業「住民組織活動の実際を通して学ぶ」の外部講師として、広陵町けんこう推進課の芝課長、がん予防推進員の西村様、小長様、植村様に広陵町におけるがん予防活動の取り組みについてお話をしていただきました。

この授業では、地域住民が地域の課題に取り組み連携することでの自助と互助の促進を意図した委員会活動の育成における保健師の役割を学ぶことを目的としていますが、広陵町のがん予防推進員活動はその見本となる活動を展開しておられ、本年度奈良県知事表彰を受けていらっしゃいます。またこの3名のがん予防推進員の皆様には、10月に実施した畿央祭ウェルカムキャンパス企画「がんカフェきらめき」にも登場していただきました。

 

今回は、看護師や保健師をめざす学生に、地域住民の疾病予防と健康増進の重要な要素である住民参加をめざしたアプローチとして、最初に保健師である芝課長より、臨床看護に従事する中で予防の重要性を感じ、行政保健師になられたことや保健師だけでは広がりが困難な住民の方の疾病予防の意識の向上について、住民目線での活動の展開が期待できる人材として、がん予防推進員を育成しようと取り組まれた経緯など住民とともに予防活動を行う意義についてお話をいただきました。

 

広陵町におけるがん予防活動看護医療学科「公衆衛生看護学概論」1-1

 

西村様からは、ご自身の体験を踏まえたがん予防の重要性を資料にまとめて頂き、がん予防推進員になったきっかけやきれいな町にしたいと11年に渡る「吸殻拾い」の実践から感じられている受動喫煙のお話をお伺いしました。

 

広陵町におけるがん予防活動看護医療学科「公衆衛生看護学概論」2-1

 

小長様からは、がん経験者によるがん検診呼びかけが地域住民の受診行動を促せると自治会でがん予防の講演会を開催した時のエピソードをお話していただきました。

 

広陵町におけるがん予防活動看護医療学科「公衆衛生看護学概論」3-1

 

植村様からは、保健師の声かけで受診した子宮頚がん検診で早期発見・早期治療となったことで、家族優先でついつい自分の健康を後回しにしていたことや普通の生活ができるためのがん検診を受診することの大切さに気づかれた経験から、学生にもまず、自分が受けられるがん検診を受けるという行動に変える必要性について、また大切な人にがん予防をしてほしいと伝えることの重要性など心に響くお話をいただきました。

 

広陵町におけるがん予防活動看護医療学科「公衆衛生看護学概論」4-1

 

受講した学生の感想には、「若いから」「今何も心配がないから」「忙しいから」という理由で検診受診を先延ばしにしてはいけないと感じ、自分たちが積極的にがん検診を受診していきたいという気持ちにつながったことや、家族にもがん検診の必要性を説明していこうと思ったこと、看護学生として、しっかり正しい知識を修得して健康を護る専門職になることが自分たちに求められていることだと感じたなど講師の皆様のお話を聴いて得た多くの学びが綴られていました。

 

最後に西村様に持参していただいたがん予防推進員の皆様が企画作成されているがん予防健幸かわら版に掲載されている今月の川柳を皆様に紹介します。

「禁煙はがんとコロナに効果あり」 

 

                     看護医療学科 教授 松本泉美

講師 田中陽子

 

【関連記事】

保健師をめざす学生の「地域看護学実習 学びの報告会」を開催!~看護医療学科

奈良県断酒連合会から学ぶアルコール依存症~看護医療学科「公衆衛生看護学概論」