畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2014年02月07日 一覧

2014年2月7日(金)

産学連携で生まれた津波避難タワー「森のクマゲラ」を展示中!

DSCN1290-2

 

奈良商工会連合会様、生駒工業所様そして畿央大学人間環境デザイン学科加藤研究室による産学連携事業として「津波避難タワー」プロジェクトが昨年スタートし、その成果物である「森のクマゲラ」が期間限定で展示されることになりました。

 

  日  時: 平成26年2月4日(火)~2月16日(日)

  場  所: 奈良県立図書情報館 1Fロビー   

        ※奈良県立図書情報館イベント情報ページはこちら

 

DSCN1294

 

避難タワーとは、大津波が押し寄せてきた時に一時的に人々が逃げるタワーのことです。

もし南海トラフ巨大地震が発生すれば、被害は東日本大震災をはるかに超えると言われています。

特に大津波の被害は甚大であり、すでに各地で避難タワーが建設されつつあります。

しかし、出来上がった避難タワーを見ると無骨なものが多く、デザインが考慮されていません。

もちろん安全が第一なのは言うまでもありませんが、日本の美しい景観を乱すのは問題です。

 

 

我々は「自然」をキーワードにして森のような避難タワーを考えました。1本の木が林になり森に成長していくように、それぞれの避難タワーが有機的につながっていくようなデザインにしました。

 

くまげら

 

奈良県は海と直接つながってはいませんが、お隣の和歌山県は海岸線に大きく面しています。

大震災や津波が来た時には、近畿二府四県が力をあわせて災害に立ち向かわなければなりません。

実は、奈良と和歌山は古くから熊野街道を通って行き来していたのです。つまり、森と海はつながっているのです。

 

▼「森のクマゲラ」コンセプト

 

新しい画像 (2)

 

▼図面

 

新しい画像 (1)

 

避難タワーの施工方法にも工夫しました。従来の現場で全て組み立てる重量鉄骨在来工法ではなく、1本の木である避難ステージを奈良の工場であらかじめ作っておいて現場で瞬時に組み立てる、いわゆる「プレファブリケーション」の思想を取り入れています。

下から見上げると森の中にクマゲラがとまって見えるように、ところどころに鉄板製のクマゲラを取り付けました。非常時以外でも子どもたちが楽しめるための工夫です。

 

2月14日(金)には奈良テレビから取材を受ける予定です。担当をしてくれている4回生・北林将馬君もテレビに映るかも。

皆様、是非避難タワー「森のクマゲラ」展示にお立ち寄り下さい!

 

▼畿央大学内の造形実習室で奈良県立商工会連合会様、生駒工業所様にプレゼンテーションしている様子

(左奥から人間環境デザイン学科の三井田学科長、加藤准教授、4回生北林くん)

DSCN1101

ブログトップへ