畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央の学びと研究

2021年4月9日(金)

畿央大学では入学後の不安を払拭し、担任や同級生との絆を深めるため、「新入生宿泊研修」を学科ごとに入学式直後に行っています。今年度は2020年度に引き続き十分な感染対策を講じたうえでその代わりとなる「新入生学科別研修会」を学内で開催しました。今回は看護医療学科の様子をお届けします!

 

 

看護医療学科では2021年4月8日(木)に新入生研修会を開催しました。

これまでは、高野山で宿泊研修を行ってきましたが、コロナ禍の新しい様式として、学内で心のこもった新入生のおもてなしを兼ねた研修となりました。少し緊張の面持ちが残る新入生100名は、上回生に迎えられてそれぞれのクラスで着席しました。

 

2021年度 新入生研修会看護医療学科1-1

 

研修会は2回生12名・3回生2名の有志が「支援学生」として参加し、各グループの進行は2回生が担ってくれました。

新型コロナウイルス感染症の影響で十分に学校生活を満喫できなかったであろう2回生は、自分たちの分まで新入生を楽しませるために教室内も華やかに飾ってくれていて、教員も心が温まりました。彼らの成長は、本当に頼もしい限りです。

 

2021年度 新入生研修会看護医療学科2-1

 

いよいよ、新入生はこれから4年間をともにするクラスメートに自己紹介を済ませ、3つのグループに別れて対抗ゲームなどを楽しみました。入学から日が浅く新入生同士のコミュニケーションも十分でないことを心配しましたが、どのグループも鮮やかなチームワークで次々と課題をクリアしていきます。

 

2021年度 新入生研修会看護医療学科3-1

 

このセッションで、少し硬かった新入生の表情はやわらぎました。緊張が取れたところで、新入生100名が一同に集まり、支援学生たちの語りを聴きました。実習中に患者さんとどのように関わったのかという支援学生の経験を、新入生は関心をもって聞き入っていました。また、ご遺体をテーマにした映像を鑑賞し、「いのちが無くなっても人間として大切にされることは重要」という気づきを得たようです。

 

2021年度 新入生研修会看護医療学科4-1

 

語りを聴いた新入生は、支援学生からの質問にもしっかりと答えており、この研修では、新入生と上級生のつながりも強くなったことが感じられました。短い昼休みには、感染対策を意識した「黙食」の時間を過ごしました。 

 

午後のセッションでは、午前中の学びを各グループでディスカッションしましたが、「いのちとこころ」をテーマに、それぞれが自分の考えを言葉にして伝えあう姿、メンバーが語る言葉に耳を傾ける姿が印象的でした。ディスカッションした内容は、スライドにまとめ上げ、各グループが熱のこもった発表を行いました。

 

2021年度 新入生研修会看護医療学科5-2-down

 

100名の新入生は、この日の研修から「患者さんに寄り添うこと」「看護の対象を理解すること」について深く考えることができていたようです。

 

発表会後には、学部長の植田先生より「コミュニケーションを円滑にするためには、豊かな教養が必要です」とお言葉をいただき、新入生たちはこれからの学びに向けて、気持ちを新たにしました。

発表会の後は、3回生の支援学生より新入生研修一日を通しての取り組む様子をもとにそれぞれのチームに賞が与えられました。先輩たちの心温まる気遣いに、新入生は癒されている印象でした。

 

忙しい中、入念に準備をしてこの研修会を盛り上げてくれた支援学生の皆さんに、担任団一同は心から感謝しています。

 

2021年度 新入生研修会看護医療学科8-1

 

新1回生として入学してきた100名には、人の痛みに心を傾け、耳を澄ますことができる看護師へと成長してくれることを担任団一同、願っています。

 

                 看護医療学科 講師 大友絵利香

2021年4月6日(火)

皆さん、こんにちは! 畿友会(学生自治会)広報部の太田です。

 

先日、令和3年4月2日(金)、2021年度 畿央大学入学式が行われました。

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。

 

感染症対策として保護者の皆さまの参加はかないませんでしたが、無事に入学式ができたことを嬉しく思います。

入学式当日は、私たち畿友会も運営のサポートとして参加させていただきました。

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!1-1

 

新入生の表情は緊張や不安の中にも、期待や希望があったように思えます!早速、友達になって写真を撮る新入生の方々も見受けられました!

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!2-1-down

 

しばらくの間は、新しい環境で慣れないことだらけの大変な日々になるかもしれませんが、畿友会でもサポートができるよう、活動してまいります。

新入生の皆様と、畿友会でともに活動できることも楽しみにしております!

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.65~入学式レポート!4-1

 

それでは心躍る良きキャンパスライフへ、いってらっしゃい!

 

畿友会 広報部

現代教育学科3回生 太田秀生

2021年3月31日(水)

祝!!助産師国家試験全員合格!!

 

令和3年3月26日(金)、助産師国家試験の合格発表があり、9期生10名全員が無事に合格いたしました。

これで助産学専攻科では開設以来、9年連続合格率100%を達成し、総勢72名の学生を助産師として輩出したことになります。

今後も助産学専攻科修了生の更なる活躍を期待しております!

 

2021(令和3)年3月16日(火)、助産学専攻科9期生修了式が執り行われました。修了式を迎えた専攻科学生10名の想いを掲載いたします。

 

◆  伊良原日南乃

この1年本当にしんどいこともたくさんありましたが、9期生の仲間に支えられて乗り越えることができました。

 

◆  岡本悠希

自己理解の意味がはじめは分かりませんでしたが、実習を通して自分をみつめなおすことが出来ました。自己の発展につなげていきたいです。

 

◆  河野美佳

実習で出会った妊産褥婦の方や赤ちゃん、そして様々な経験や学びは一生忘れることがないと思います。

 

◆  末岐茉由

この1年、苦しい思い、辛い思いもたくさんしましたが、そんな中でも頑張り続けることが出来たのは、この9期生10人だったからだと思います。

 

◆  杉野茉由

この1年は今まで味わったことのない感情や経験にたくさん出会いました。その学びが自分自身を大きく成長させてくれました。

 

◆  田中佑歩

この1年間さまざまなことを経験して、「お母さんや子ども・家族のために考えて行動できるようになりたい」としっかり目標を言えるようになりました。

 

◆  西本真央

人生の中で1番長く、苦労し、責任の重さを深く考えた濃い1年間でした。これからは、助産師として社会人として学んだことを活かせるよう頑張っていきたいです。

 

◆  堀辺瑞月

4月からはそれぞれの場所でみんなも助産師として頑張っていると思うと、自分も頑張れる気がします!!

 

◆  増田朱莉

楽しいことも辛いこともみんなで共有しながら過ごしてこれたので、今では本当に大切な仲間になりました。

 

◆  渡辺千晴

先生方が時には厳しくそして温かく見守ってご指導して下さり、また学生10人が励まし合い、助け合いながら過ごしてきたから無事に終えることができたと思います。

 

助産学専攻科 9期生 修了式1-1

〈最後の講義:みんなで集合写真!〉

 

助産学専攻科 9期生 修了式2-1-down

 

21-03-31-10-58-18-551_deco

 

コロナで戸惑いからスタートした1年でした。

社会全体が混乱する中、助産学生生活も制限があったり、急遽予定が変更になったりなど、難しい場面が多くありました。

しかし、そのような中でも9期生10名は周囲への感謝を忘れず、自分自身と向き合いながら自己のめざす助産師像に向かって、一歩一歩、歩んでくれました。きっと素敵な助産師に成長していくことでしょう。

 

修了おめでとうございます!

 

助産学専攻科 教員一同

2021年3月23日(火)

令和2年度の卒業証書・学位記授与式が令和3年3月16日(火)に新型コロナウイルス感染拡大予防のため、記念式典は冬木記念ホールで開催し、それを学科ごとの会場で中継して参加する形で挙行されました。今年度はCOVID-19感染症の影響で、卒業生や関係者以外は参加できないため、保護者不在での開催となりました。また卒業生は体温測定、アルコール消毒をし、マスクを着用しての参加となり、今までとは違う式になりましたが、当日は綺麗な袴やスーツに身を包み、元気な姿を見せてくれました。

 

卒業証書・学位記授与式レポート ‐看護医療学科1-1-down

 

学科別の卒業証書・学位記授与式の教室は、前日に担任が飾りつけ、手作り感満載のアットホームな雰囲気になったと思います。

 

卒業証書・学位記授与式レポート ‐看護医療学科3-1

 

学生企画による教員からのビデオメッセージやビンゴなど、約2時間という短い時間でしたが、思い出に残るひと時を過ごすことができました。なおこの式の様子はビデオ撮影しDVDを作成しましたので、後日保護者の方々にも視聴いただけると思います。

 

卒業証書・学位記授与式レポート ‐看護医療学科4-1

 

卒業生の皆さんの人生において、畿央大学で過ごした日々は短いかもしれませんが、これからの未来につながる貴重な時間であったと思います。大学で得た知識や経験を活かし、 対象者に必要なケアをしてほしいと思います。

 

今後の活躍と皆さんの健康を祈っております。

                       

看護医療学科 担任代表 對中百合

 

【関連記事】

令和2年度卒業証書・学位記・修了証書授与式を行いました。

畿友会(学生自治会)だよりvol.64~卒業式レポート!

2021年3月22日(月)

大学周辺の香芝市関屋地域の農家小屋等をペイントするプロジェクトを「バーンデザイン」と呼んでいます。最初のバーンデザインは4年前でしたが、数多くの農家小屋がアートでペイントされ、関屋の環境が活性化されました。

その活動をみた関屋駅前の「ちゃんこ好の里」さんからサイン看板をつくってほしいと依頼されたのが2年前。幅3.6メートルもある大作も完成し、大変喜んでいただきました。

その際の様子はこちらのリンクからご確認下さい。

PARTⅠ

PARTⅡ

 

ところが看板は線路ギリギリの場所に設置されているため、看板の劣化が激しく、中心にあるお相撲さんの顔の部分が剥がれてしまいました。

 

ちゃんこ「好の里」メンテナンス1-1

 

危険な場所にあるため、我々が描きかえることもできない為、応急処置しかありませんでした。工事用の養生シートに油性インクで描いた仮の簡易サインを急遽つくることになりました。

 

【簡易サインの制作過程】

制作メンバー:加藤プロジェクトゼミ 2回生4名(井戸上希星、殿村梨花、東田遥香、山口瑞生)

 

①縮尺1/20の原画を20倍にして原寸図をつくる

ちゃんこ「好の里」メンテナンス2-1

 

②養生シートの上にその原寸図を重ね、カーボン紙で転写する

ちゃんこ「好の里」メンテナンス3-1

 

③黒、赤、ピンク、青と緑(K I O)を油性インクでなぞっていき、完成

ちゃんこ「好の里」メンテナンス4-1-down

 

簡易サインは先日「好の里」さんに納品させていただきました。

コロナ禍のためまだ設置はされていませんが、電車内から見るのが楽しみです。

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

●過去のバーンデザイン記事

「バーンデザイン」第4弾!葛城自動車学校倉庫~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

関屋駅前「ちゃんこ好の里」のサイン看板作成PARTⅡ!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ 

「ちゃんこ好の里」さんのサイン看板作成!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「バーンデザイン」農家小屋アート2018~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「バーンデザイン」農業小屋アート2017~人間環境デザイン学科

「バーンデザイン」関屋農家小屋環境アート2016~人間環境デザイン学科

 

【関連記事】

香芝市と産官学連携で「光るスマイルブローチ」商品開発プロジェクト!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

2025年大阪・関西万博ロゴマークデザインコンペ~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

1912018