畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央の学びと研究

2021年1月18日(月)

昨年の秋に原寸大の茶室「禍庵(かあん)」《転生愚離茶・テンセグリティ》を制作したのはご存知でしょうか。今年度は新型コロナウィルスの影響で畿央祭が中止になり、学生の対面授業や登学日も限られており、現物を見られた方はそれほど多くなかったかもしれません。

茶室は、棒(圧縮材)と手グス(引っ張り材)によってバランスを保つテンセグリティ構造Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語であり、バックミンスター・フラーによって提唱)になっています。実際は当初の計画通りには進まず、最終的に出来た茶室は天井が斜めの「片流れ禍庵」になってしまいました。

 

前回製作した際のブログ記事はこちらから↓

加藤プロジェクトゼミ展示 茶室「禍庵」~人間環境デザイン学科

 

リーダーの勝屋君(3回生)を始めとした制作メンバーは完璧な構造を求めて、禍庵のリベンジをしました。今回は原寸ではなく、縮尺1/2【半分サイズ】で制作したものを展示しました。

 

0118_01

 

2021年1月18日(月)から1月22日(金)まで、畿央大学C棟1階ラウンジに展示していますので、皆さん、どうぞ見に来て下さい。

 

0118_02

 

【禍庵制作リーダーのコメント】

前回作った禍庵では、部材の強度面などで反省点がありました。今回は縮尺1/2【半分サイズ】で、再現する際には強度面を特に改善しました。今回は状態も安定したのでとても嬉しかったです。次からもまた良いものを作っていけるよう頑張ります! 人間環境デザイン学科3回生 勝屋翔太

 

【過去の茶室記事】

2011年 浮游庵 fu-you-an(浮く茶室)

2012年 PET庵(ペットボトル茶室)

2013年 「段庵」(ダンボール茶室)

2014年 「蹴鞠庵」(サッカーボール型茶室)

2015年 「ゲル庵」(モンゴル移住民の移動式住居)

2016年 「紙庵」(トイレットペーパーと古新聞の茶室)

2017年 「紐庵」(紅白の毛糸と木材を組み合わせたの茶室)

2018年 「角々庵(かくかくあん)」(三角と四角の幾何学デザインの茶室)

2019年 「吊庵(つりあん)」(吊る茶室)

2021年1月12日(火)

令和3年1月9日(土)に令和2年度の理学療法学科臨床実習指導者会議を開催しました。

今回は関東で緊急事態宣言が発令された状況下での会議だったので、オンライン(Zoomウェビナー)での開催となりました。このような形で開催するのは初めてであり、スムーズに開催できるか不安を抱えながら、本学職員にもサポートいただき準備を進めてまいりました。大きなビデオカメラに、パソコンが6台、外部モニターが3台、教職員の持ち込みPC8台と、万全の態勢で挑んだのですが、それでも会議終了までは緊張の連続でした。

 

SV会議~理学療法学科1-2-down

 

会議には、100施設以上の病院や施設、医療センターの先生方にご参加いただき、Web会議システムを利用し、会議が進行されました。国家試験結果、就職状況、昨年度の実習状況報告、実習要項の説明、新型コロナ感染症の対策、提出議題に対する応答や全体を通しての質疑応答などが行われました。質疑応答はシステム上のQ&A機能を活用し、活発に意見交換も行われました。ただ、システムに慣れていない先生方やタイピングでの入力が難しい機器などもあったかと思われますので、今後の課題とさせていただきます。

 

0109_01 

 

平時に増して、コロナ禍での大変な臨床業務状況にも関わらず、臨床実習指導者会議にご参加いただいたこと、誠にありがとうございました。私たち教員は、日常において学内教育を行っていくにあたり、いかにすれば学生の身になる教育となるか、成長につなげられるかを試行錯誤しております。その学生たちの大学生活での成長の中で、臨床実習を受け、戻ってきたときの成長の大きさは言葉に表せないほどの変化があります。ですので、本学の臨床実習に関わっていただいている施設や実習指導者の方々、ケースを担当して指導していただく先生方、またそのような関わりがなくても、学生の表情を観て、ひと言声をかけていただいたり、励ましていただいたりしている関連部署の先生方、皆様に感謝の気持ちが増すばかりです。

 

0109_02

 

現在は厳しい状況ですが、平時の診療参加型臨床実習が困難で、見学中心の実習となることがありましても、学外実習を行なったことによる教育効果は大きいと思われます。本学としては、感染等の悪影響を与えることのない実習実施を、あきらめずに模索し、対策していければと考えています。様々な業務に携わる中で、このように本学の臨床実習に協力いただいている実習施設および先生方に深く感謝申し上げます。また、私たちが出来る様々な情報提供や専門知識・技術の提供を行っていけるよう精進し、お互いが少しでもメリットのある関係を築けるよう精進してまいります。

 

この度は、本学臨床実習指導者会議にご参加いただき、誠にありがとうございました。

 

理学療法学科 教授 今北英高

2021年1月12日(火)

1回生の皆さんを応援する”新入生応援!やさしさを「チカラ」に変える”プロジェクト”。後期からは1回生クラス担任以外の先生方もご紹介します。今回は理学療法学科の今北先生です!

 

教員紹介「今北先生」1-1

 

【1】氏名および研究分野・担当科目

今北 英高(いまぎた ひでたか) 理学療法学科 教授

 

研究分野:

運動器・呼吸・循環・代謝系疾患の基礎研究をしています。

言葉で説明すると難しいですね。具体的に言いますと、現在、大学院生たちと一緒に、心疾患の動物モデルや呼吸疾患モデル、腎疾患モデル、ファシア異常モデルなどを作成しており、その病態を検証しています。病態がある程度分かった時点で、それら疾患に対して、理学療法の中心的治療法である運動療法や物理療法を実施していき、身体内部でどのような変化が起こるか、本当に効果があるのか、を検証しています。

ファシア(Fascia)という聞き慣れない言葉がありますが、こちらは最近、WHOでも認められた身体内部の線維性の結合組織のことです。日本では「筋膜リリース」という言葉で脚光を浴びました。2018年にドイツ・ベルリンでファシアに関する国際会議が開催され、そこで発表した研究成果が表彰されたことがきっかけで研究分野が拡がりました。また、研究仲間も格段に増えました。

表彰された時のブログはこちらから↓

理学療法学科教員がBest Basic Science Abstract Awardを受賞!~第5回International Fascia Research Congress

 

▼4回生の卒業研究の様子

教員紹介「今北先生」2-1

 

大学院生のオンラインでの発表の様子

教員紹介「今北先生」3-1

 

担当科目:

生理学I、生理学II、生理学実習、解剖学II(神経)、ベーシックサイエンス、海外インターンシップなどです。1回生の皆さんと出会う機会が多いのですが、今回はオンラインなどがメインだったため、後期の今を楽しんでいます。あと少しで後期も終わりですので、少し寂しいです。

 

【2】モットーや好きな言葉、大切にしていること

大切にしていることとしては、相手を信頼し、自分も信頼される人間になること。コロナの影響で、生活も変わりましたが、この変化を上手く受け入れつつ、楽しみながら、水や風の流れのように自然な形で動けるようにしたいですね。

 

【3】趣味・特技など

現在は、遠くに外出するということが出来ませんので、愛犬“ミルク”と遊ぶことが楽しみです。このミルク、ペットショップで、あと1週間でいなくなります…というメッセージを見つけた息子が、私の出張中に買ってきました。なので、当時は私だけお客様のように扱われていました。

 

教員紹介「今北先生」4-1

 

あと、学ぶことが大好きです。色んな環境に入り、いろんな人と出会い、様々な場面で様々なものを学ぶことが大好きです。そこからまた新しい自分のチカラが生まれると思っています。

 

【4】先生から見た畿央大学(または所属学科)や畿央生の印象は?

畿央大学は大学の規模としては、そこまで大きくないかもしれません。その分、顔見知りが増え、学科をこえて仲間がたくさんできます。学生同士、学生と教員、教職員同士の仲が良いのが特徴ではないでしょうか。その分、卒業(修了)してからもたくさんの卒業生が顔を出してくれたり、一緒に研究したり、学んだりする人たちが多いと思います。それらに対応できるように私たちも日々研鑽しています。

学生たちもフレンドリーで向上心を持つ人たちが多いと思います。皆さんもそうなってください!

 

【5】1回生(畿央生)にメッセージを!

今年は変化の大きい1年でした。しかし、この変化に順応してきた皆さんです。これからも大小なりとも変化のある大学生活となると思いますが、これを最大限プラスに持っていけるよう、この状況の中で色々と経験してください。自分でどうすれば良いかわからない場合は、身近に感じる先生方に相談してみてください。一緒に成長していきましょう!!

 

▼今北先生が登場する1分ムービー「我が子と畿央大学 磯兼さん編」

 

教員実績

2021年1月12日(火)

こんにちは、健康支援学生チームTASKの現代教育学科2回生の北出華倫と藏元里菜です。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響もあり、勉強会は対面とオンラインの併用で行いました。12月の勉強会のテーマは「生活習慣―健康って?―」と「測定器具の使い方」でした。

そもそも健康とは何なのか、どういう行動が不健康につながってしまうのかなどを改めて考えるいい機会にしてほしかったので、このテーマで勉強会を実施しました。

 

TASKは、Think、Action、Support、for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

生活習慣病のリスクを高める要因や、健康な人と比べるとどのくらいのリスクが高まるのかをデータでできるだけわかりやすく作成しました。おろそかにしがちな「睡眠」の大切さやメンタル面の健康についても少しですが、触れました。

平成27年の死因別死亡総数第1位は悪性新生物であり、この年の約6割が生活習慣病が原因で死亡していました。生活習慣を正すことは生活習慣病にかかりにくく、あらゆる疾患のリスクを下げるのです。したがって、食事、運動、睡眠の三つのバランスを整えることが健康につながるということです。

 

▼発表時の様子 (写真左)対面参加者、(写真右)発表者

TASK12月の勉強会1-1-side

 

測定器具の使い方では、「骨密度計」「足趾力」「握力」の測定方法の確認を行いました。前回に引き続き、換気や消毒などの感染対策を徹底し、また握力や足趾力測定の際は、声かけによる応援は控えて実施しました。今年は測定を行う機会が少なかったため、手順や説明方法で忘れていた部分を思い出しながら、確認し合って進めました。測定を行う側と受ける側を交代して体験でき、より理解が深まりました。

 

▼健康測定の様子

TASK12月の勉強会3-1

 

対面とオンラインの併用で行い、機械や音声のトラブルなどまだ不慣れなところもありましたが、みんなで協力して無事に終えることができました。

発表では、前回と同様クイズや質問を用意し、楽しんで学べるよう資料作りも工夫しました。反省点として、オンライン参加者には次のスライドが見えていて、クイズの答えがわかってしまったという指摘をいただいたので、今後改善していきたいです。オンライン・対面問わず、参加者全員が積極的に取り組めるよう試行錯誤し、学びの多い勉強会にしていきたいです。

 

▼クイズ中の様子

TASK12月の勉強会4-1

 

▼パワーポイント資料

TASK12月の勉強会5-1

 

▼集合写真(写真撮影時のみ集まり写真を撮りました)

TASK12月の勉強会6-1

 

さて、このコロナ禍の現在、本来のTASKとしての活動(測定会や勉強会、新入生歓迎会など)が行えていない状況です。TASKというチームを残すためにも、こういった勉強会にちょっとだけ参加していただけるだけですごく支えになります。対面とオンラインの併用も考えていますので、皆様のご参加、これからもお待ちしております! 

「TASKってなに?」という方→Twitterで、「TASK(健康支援学生チーム)」と検索してみてください!

また、畿央大学のホームページから、TASKの過去の取り組みを見てもらうこともできます!

「どうやって参加すればいいの?」という方→Outlookのメールから検索ディレクトリを使用して、「task」と検索してみてください。

 

◎参加申し込みだけでなく、質問もこちらのメールで受け付けています。

気になったらいつでも連絡ください!

 

現代教育学科2回生 北出華倫・藏元里菜

 

TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

2021年1月7日(木)

2020年11月28日(土)~29日(日)にWeb開催された第18回日本神経理学療法学会学術大会において、私、水田直道(博士後期課程)が発表してまいりました。

 

本学会は2,400名ほどが参加され、特別講演や教育講演、一般演題では多くの議論がなされておりました。またWCPT(世界理学療法連盟)の下部組織として、神経領域専門学会を有する国が集まったInternational Neurological Physical Therapy Association (INPA)を形成されており、INPAの理学療法の実情について国外の講演者の話を伺うことができました。アジアでINPAに参加している国が少ない中、日本がリーダーシップを取っていくという本学会の意思を認識することができ、大変共感することができました。

 

本学会のテーマでもある「理学療法士の意思決定 -2020年のシュプレーヒコール-」というタイトルで学術大会長講演を聴講しましたが、神経系理学療法のこれまでの歴史やこれから解決すべき課題が明示され、私自身これから神経系理学療法の発展のために取るべき行動を再確認することができました。

 

今回私は、「脳卒中患者における歩行の関節運動学的特徴と筋シナジーパターン」という演題で発表を行い、一般演題発表の中で優秀賞に選ばれました。発表では、脳卒中患者における歩行中の筋シナジーパターンの障害特性(サブタイプ分類)と関節運動学的特徴の関係性について調査した結果を報告しました。多くの演題の中から優秀賞に選んでいただけたことは、日々の取り組みを認めてもらえたことだと大変嬉しく思います。今後も歩行のリハビリテーションの発展に繋がるような研究を続けていけるよう、日々精進していきたいと思います。

また、博士後期課程に在籍している高村優作氏も所属先(国立障害者リハビリテーションセンター研究所)の演題にて、奨励賞を受賞しました。

 

0107_01

 

本研究の実施・発表にあたり、指導教員である 森岡 周 教授をはじめとする多くの方々にご指導およびご支援いただきました。この場を借りて深く感謝申し上げます。

 

~発表演題~

『脳卒中患者における歩行の関節運動学的特徴と筋シナジーパターン』

水田直道、蓮井成仁、西祐樹、比嘉康敬、中谷知生、田口潤智、森岡周

 

畿央大学大学院 健康科学研究科 博士後期課程3年 水田直道