畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学×地域連携

2021年10月25日(月)

人間環境デザイン学科2.3回生対象科目「プロジェクトゼミ」では、2回生・3回生合同の学年をこえたグループを組み、フィールドワークや学生相互の話し合いを通して、具体的な課題を見つけ出し解決策を考える力を身につける事を授業の到達目標としています。

 

人間環境デザイン学科村田ゼミ「靴下ファッションショー」1-1

 

2021年度後期村田ゼミでは、広陵町靴下組合主催「靴下デザインコンテスト」に参画しています。広陵町は、靴下生産量日本一の「靴下の街」です。靴下デザインコンテストは、今年で7回目を迎えました。今年はコロナ禍にも関わらず1,319点の応募があり、その中から最優秀靴下組合長賞、広陵町長賞など、計18点の受賞作品が選ばれます。受賞作品は、広陵町内の靴下メーカーさんにより忠実に編まれ再現されます。毎年その技術の高さに驚かされます。

村田ゼミでは、受賞作品のお披露目を兼ねて、「広陵町かぐや姫祭り」でファッションショーを開催しています。

【過去の取り組み】

広陵町かぐや姫まつりで「靴下ファッションショー」をプロデュース!~人間環境デザイン学科村田ゼミ

2・3回生が靴下ファッションショーをプロデュース!~人間環境デザイン学科 村田ゼミ

34名で靴下ファッションショーをプロデュース!~人間環境デザイン学科村田ゼミ

 

人間環境デザイン学科村田ゼミ「靴下ファッションショー」2-1-down

 

今年度はコロナウイルスの影響でかぐや姫祭りは中止になり、ファッションショーは開催できませんでしたが、受賞作品を用いた動画作成に取り組んでいます。動画の内容は、受賞作品の靴下のコーディネート提案や、短編物語を撮影したもの、販売促進につなげる事を目標にしたものなど、学生のアイディアがたくさん詰まっています。

 

人間環境デザイン学科村田ゼミ「靴下ファッションショー」4-1

 

動画作成と同時に、広陵町の地場産業である靴下と、靴下デザインコンテストでの取り組みを広める事を目的に、Instagramにて活動内容の発信をしています。

 

人間環境デザイン学科村田ゼミ「靴下ファッションショー」5-1

 

【インスタグラムアカウント】

kio_designcontest

 

このアカウントでは、動画公開日まで毎日、ゼミ生の写真やカウントダウン動画をアップしています。今後は、この活動に関わって下さっている畿央大学以外の方や、受賞作品を実際に編んで下さっている靴下メーカーさん、広陵町靴下組合の関係者の方も登場予定です。

 

動画は、2021年11月11日(木)の靴下の日にYouTubeにて公開予定です。11月11日は別名「ペアーズデイ」とも呼ばれ、靴下の日は数字の並びが靴下を2足並べたように見えることが由来とされています。ゼミでの活動が、靴下の日を盛り上げる1つのきっかけになれば良いなと思っています。

 

コロナ禍の中、活動が制限されることはたくさんありますが、そんな中でも今だから出来ることを探して学生達は日々学習に励んでいます。

11月11日、ぜひチェックして下さいね。お楽しみに!

 

人間環境デザイン学科 助手 小松智菜美

2021年10月18日(月)

令和3年7月11日(日)、18日(日)に畿央大学のオープンキャンパスが開催されました。

ヘルスチーム菜良※1から学生がスタッフとして参加し、食育サッとシステム※2を用いて、体験コーナーを実施し栄養指導を行いました。

 

(※1)ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます。

 

(※2)食育サッとシステム…ICチップが入ったフードモデルをトレーに選び、専用の機械に乗せるだけで、一食分の栄養価計算とその食事のバランスがチェックできる体験型の栄養教育システムです。星(★)1~5の5段階で評価されます。

 

 今年のオープンキャンパスは新型コロナウイルス対策のため、午前と午後に分けた二部制で行われました。11日は64名、18日は72名の方に参加していただき、普段食べているような昼食を選んでいただきました。

 

OC企画「一食の栄養量を調べよう!」~ヘルスチーム菜良1-1-down

 

ヘルスチームの活動に初めて参加したため不安なことも多くありましたが、たくさんの方が楽しそうにフードモデルを選ぶ姿を見て、私たちも嬉しくなりました!

 

栄養指導をさせていただく際、詳しく、的確にアドバイスをすることの難しさに気づきました。

しかし、「トークを楽しむ!」という気持ちでお話しさせていただいたので、とても楽しいくやりがいを感じ、より栄養についての知識を増やしたい、勉強をがんばるぞ!と思えるきっかけになりました!

 

これからもヘルスチーム菜良の活動として、積極的に食育活動に取り組んでいきたいと思います!

 

人に栄養指導をするということが初めてで難しかったので、もっと知識をつけてより分かりやすくアドバイスできるように学んでいきたいです!

 

健康栄養学科1回生 國枝佑衣・小林苑子

細谷菜月・前愛夏・前澤夢可

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。

2021年10月18日(月)

令和3年7月14日(水)・15日(木)に、畿央大学ヘルスチーム菜良※1のメンバーでならコープさんとの共同レシピ開発らくらくお料理パック※2」の新メニュー試作会を開催しました。14日には4回生1名2回生6名1回生3名、15日には2回生3名が参加し、それぞれの考案したレシピを数人グループに分かれて試作しました。また、自宅での試作を希望しているメンバーは、自身の考案したレシピを自宅で試作しながらレシピ開発を行いました。

 

(※1)ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます。

 

(※2)らくらくお料理パック…コープさんが販売しているミールキットのことです。あらかじめお肉や野菜などの必要な食材と付属のタレが入っていて、家で煮たり焼いたりするだけで1品が完成する手軽なパックが販売されています。ヘルスチーム菜良では、このミールキットの新商品開発に携わっています。

 

もともと考案していた4品については、味付けや彩りを実際に試作・試食しながら改良し、新たに思い浮かんだレシピについては、その場で作ってみるなど、2日間合わせて予定していた品数を超える試作を行うことができました。

感染症の対策として離れた席での黙食にはなりましたが、試食後に改善点を出し合いました。

 

ならコープらくらくお料理パック ヘルスチーム菜良1-1-down

 

昨年はコロナ禍で活動がほとんどできず、1回生も2回生も初めて活動するメンバーばかりでしたが、先生や先輩から助言をもらいながら、食材や手順なども一から開発するという経験をし、良い刺激をたくさん受けることができました!

 

また、「もっと野菜の量を増やしても味が薄まらずたくさん食べることもできそうじゃない?」「水溶き片栗粉の割合はどのくらいが食べやすい?」とメンバーの意見を取り入れて臨機応変に試作している様子が多く見受けられました。

 

ならコープらくらくお料理パック ヘルスチーム菜良5-1

 

なかなか活動しづらい状況ではありますが、十分な対策を行いつつ、これからも手軽で美味しいらくらくお料理パックの開発に努めていきます!

 

健康栄養学科2回生 清木晴香

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。

2021年9月15日(水)

人間環境デザイン学科では、今年度より『フィールドワーク演習』を開講しました。実際の市町村の課題に基づき、解決につながる提案のプレゼンテーションを対象地域の皆様に行う実践的な授業です。全15回の授業を通して、地域問題を学び分析し、発表に向けた調査を行い、提案内容を検討するものです。

 

今年度の対象地域は「奈良きたまち」です。近鉄奈良駅の北側に広がるレトロで落ち着いたまちです。転害門や奈良少年刑務所跡など数々の歴史的建造物も残っています。

ほとんどの学生が「奈良きたまち」を訪れたことがないということだったので、地域の皆様にご協力いただき「オンラインまち歩き」を行いました。

手元に番号を振った地図を用意し、事前に撮影した写真や歴史的背景などを地域の方々からご説明いただきました。

 

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習1-1

▲オンラインまち歩きで使用した地図 

 

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習2-1

▲100近くのスライドを地図の番号に沿ってご説明いただきました。

 

この授業の一つの集大成として、2021年7月17日(土)には、奈良公園バスターミナル レクチャーホールにてコンペを行いました。本学の他に、奈良県立大学、奈良女子大学、大阪経済大学を加え、10グループ計43名の学生が参加し、景観や空き家、まちづくりに関する提案を地域の皆様に向け発表しました。

 

本学の学生は5グループに分かれて発表を行いました。

① きたまちらしさ探検Lab

きたまちらしさってなんだろう…住民と建築業者を対象にアンケート調査を行いました。

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習3-1

 

② カホナナホ

ならきたまち法蓮町と東包永町の表構え(伝統的意匠と現代的意匠)を提案しました。

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習4-1

 

③ まちと地蔵

お地蔵さんが点在するきたまちに駄菓子屋さんを提案しました。

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習5-1

 

④ 店舗による店舗のための店舗設計

長屋改修型店舗「きたまちコンシェルジェ」の設計提案をしました。

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習6-1

 

⑤ リボーン計画チーム

空き家を改修し、コインランドリーを併設するコミュニティーキッチンを提案しました。

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習7-1

 

惜しくも最優秀賞を逃し、悔しさを隠せない学生もいましたが、各グループに地域賞が授与されました。

 

人間環境デザイン学科 フィールドワーク演習8-1-down

 

今年度のみの開催ではなく、来年、再来年と続けて開催することで、その町にあったより良いまちづくりの提案を探っていきます。

 

  人間環境デザイン学科 助手 中井千織

2021年9月1日(水)

人間環境デザイン学科では2・3回生合同の科目「プロジェクトゼミ」で地域の課題解決に取り組んでいます。

今回は大和高田市天神橋筋商店街の空き店舗の調査を進める過程から生まれたプロジェクトへの取り組みをご紹介します。

地域の人たちが集う場を作ろうと、三井田ゼミと清水ゼミの学生が立ち上がりました。

 

『きらきら☆ステーション』大和高田さざんかホールにある空きレストランをリノベーションし、2020年3月に完成し、4月にオープンの予定で進めていましたが、新型コロナウイルスの影響を受け準備が整わず、今年7月にようやくオープンを迎えることができました。

この模様は読売新聞にも取材いただき、記事が掲載されました。

 

『きらきら☆ステーション』完成までの道のり~人間環境デザイン学科1-1

 

学生たちが完成までの道のりを記した活動記録があります。

この記録を見ていただければ、学生たちがどんな思いで作業に取り組んだのかわかっていただけると思いますので、是非ご覧ください。

 

絵本の画像をクリックすると、PDFにまとめた活動記録が開きます。

『きらきら☆ステーション』完成までの道のり~人間環境デザイン学科2-1

 

現在、きらきら☆ステーションにはいろんな絵本が並び、読み聞かせ会などが行われています。

コロナ過のため、当面は予約制となりますが、多世代の方が気軽に集まり、おしゃべりを楽しんでいただける

楽しい場所になってくれることを願っています。

みなさんもお近くに行かれた際はぜひのぞいてみてくださいね!!

 

オープンセレモニーの様子も次回お伝えいたします。

 

人間環境デザイン学科 助手 中井千織