畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

健康栄養学科ヘルシー♡オイシー料理

2014年6月16日(月)

健康栄養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。15弾は「ミネストローフ風ひんやり和え」です。

●ミネストローネ風ひんやり和え

 

******************************************************************************************

まいたけは、昔から香り、味ともに美味しいきのことして珍重されてきました。

きのこ類にはビタミンDga多く含まれており、カルシウムの多い乳製品などと一緒に食べると、カルシウムの吸収をUPしてくれます。

また、低カロリーのため多く食べてもカロリーはかなり少なめになっています。

バジルにはβカロチンが多く含まれており、坑酸化作用があります。

健康栄養学科4回生 鷹尾 成美

******************************************************************************************

 

<材料>

 もやし  20g
 キャベツ  20g
 まいたけ  15g 
 じゃがいも  20g
 ケチャップ  15g
 コンソメ  2g
 水  10cc
 バジル  少々
 コショウ  少々

 

 

<作り方>

1.じゃがいもは1cmの角切りにし、水にしばらくつけてから、柔らかくなるまでゆでておきます。

2.キャベツは千切りにし、サッと湯通しします。

3.もやしは3cmくらいのざく切りにし、ゆでておきます。

4.まいたけも一口大に切り分けて、やわらかくなるまでゆでておきます。

5.バジルは葉をみじん切りにします。

6.コンソメを沸騰した湯に溶かし、ケチャップ、塩、コショウで味つけをします。

7.材料はすべて冷やし、6の調味したケチャップで和えます。

 

<コメント>

もやしやキャベツの代わりに茄子やキュウリでもおいしいですね。

 

******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 45kcal たんぱく質 1.8g 脂質 0.2g 食塩 1.2g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

2014年6月13日(金)

健康栄養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。第14弾は「たまねぎと枝豆のさっぱりサラダ」です。

 

●たまねぎとえだ豆のさっぱりサラダ

 

*******************************************************************************************

たまねぎの辛味や香りは硫化アリルという成分で揮発性の催涙物質です。

たまねぎを切ると切り口の細胞がつぶれ、そこから硫化アリルが空中に揮発して、目の粘膜を刺激するので涙が出るのです。

この硫化アリルには、殺菌作用、血液をサラサラにする働きもあります。

枝豆は、大豆を完熟前に収穫した未熟豆で、あぜ豆、さや豆とも呼ばれています。大豆同様にたんぱく質を多く含みますが、大豆よりは低カロリーで、大豆にはないビタミンCを多く含んでいます。

  健康栄養学科4回生 鷹尾 成美

*******************************************************************************************

<材料>

たまねぎ  50g
枝豆(さや付)  50g → むき実では20g
レモン汁  5cc
薄口しょうゆ  3g(小さじ1/2杯)

 

<作り方>

1.たまねぎは薄くスライスして、水にさらしておきます。

2.枝豆はさやごと塩ゆでにして、むき実にしておきます。

3.絞ったレモン汁と薄口しょうゆをよく混ぜ、たまねぎのスライスとあわせて、うえに枝を散らします。

 

<コメント>

レモン汁の代わりに梅酢を用いるとピンク色に仕上がります。

*******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 48kcal たんぱく質 3.0g 脂質 1.3g 食塩 0.5g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

2012年3月14日(水)

健康栄養養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。第13弾は、 「ブロッコリーのサラダ」です。

 

ブロッコリーのサラダ.JPG

 

****************************************************************************************

ブロッコリーの主な栄養成分はビタミンC、ビタミンE、カリウムで、ブロッコリー1個当り(20g)、ビタミンCが24mg、ビタミンEが0.5mg、カリウムが72mgです。ブロッコリーはストレスの軽減作用があるので、ストレスの多い人にお勧めの食材です。また、β―カロテンは万病のもとである活性酸素の害から守ります。
かぶは白い根の部分には、でん粉やグリコーゲンを分解する消化酵素のアミラーゼやビタミンC、カリウムが含まれており、葉の部分ではビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。葉の部分には鉄や食物繊維がほうれん草とほぼ同量含まれています。カルシウムではほうれん草の約5倍の量が含まれています。

健康栄養学科1回生 大槻 なつ実

****************************************************************************************

<材料>(1人分)

ブロッコリー    50g
輪切りトマト    25g
   0.4g
こしょ    少々
※カニ缶    10g
※玉ねぎ    10g
※酢    5ml
※マヨネーズ

   15g

※砂糖    2~3g
●かぶ    20g
●酢    5ml
●砂糖    2.5g
●塩    0.2g
●食紅    適量

 

<作り方>

① ブロッコリーを洗い、小房に切り分けて塩を入れた熱湯で茹でる。
(茹ですぎないように注意する。)茹でたブロッコリーを冷水で冷やし、すぐに水気を切る。

② トマトを湯むきして、薄く輪切りにして種を取り除き、
ブロッコリーとトマトに塩とこしょうを振る。

③ カニをほぐし、玉ねぎをみじん切りにして、カニ、玉ねぎ、酢と一緒に混ぜておく。
(これは先にしておく。そうすると玉ねぎの辛さが和らぐ。)

④ かぶは皮をむき、薄切りにして塩を振ってしなやかになったら
合わせ酢につける。(食紅でピンク色に色をつける。)

⑤ ③とマヨネーズ、砂糖を一緒にして混ぜる。

⑥ ④のかぶに色がついたら、かぶでバラを作る。
(最後の部分はつまようじでとめる。)

⑦ お皿に水気を切ったトマトをのせ、その上にブロッコリーをこんもりとのせ、
⑤をかける。お皿の角に⑥で作ったかぶのバラをのせる。

 

<コメント>

※ブロッコリーの品種は非常に多くあり、正式な日本名はミドリハナヤサイ(緑花菜)または、メハ ナヤサイ(芽花菜)というらしい。ブロッコリーは茹でたあと、手をかけないほうがおいしいのでマヨネーズなどの調味料をつけて食べることが多い。
※かぶは固いため、生食より煮物や味噌汁・シチューの具材として利用が多いが、加熱すると非常に柔らかくなるので、ダイコンのように煮込む料理には向かない。

 

****************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 166kcal たんぱく質 4.4g 脂質 11.7g 食塩 1.2g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

2012年3月12日(月)

健康栄養養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。 第12弾は、青椒牛肉絲(チンジャオロース)」です。

  チンジャオロース.JPG

 

*******************************************************************************************

チンジャオロースはピーマンと牛肉を千切りにして炒めた料理です。ピーマンのシャキっとした食感を残すために短時間に強火で炒めるのがポイントです。また、タケノコや玉ねぎ、モヤシ、ネギ、えりんぎなどを入れることもあります。

健康栄養学科1回生 梶谷 尚未

*******************************************************************************************

 

<材料>(1人分)

牛肉   60g
ピーマン   60g
えりんぎ   15g
春雨   7g
ラード   4g
  10g
濃口しょうゆ   5g
 0.7g
  5g
片栗粉   0.5g

 

<作り方>

① ピーマンを縦に2つ切りにして種を出して千切りにする。

② えりんぎは3枚におろして、縦に半分に切り、千切りする。

③ 牛肉は3等分にして、繊維に沿って千切りする。

④ 春雨は沸騰した湯で1分ゆがき、5㎝の長さに切る。

⑤ 鍋にラードを溶かし、牛肉を入れて炒め、肉の色が変わったら、
ピーマンとえりんぎを入れる。

⑥ 色よくなったら、春雨を入れてかき混ぜ、湯と調味料を加えて煮立てる。

⑦ 片栗粉の水溶きを入れて、手早くかき混ぜ濃度をつけて火を止める。

 

<コメント>

※余熱でも加熱が進むので、炒める前に盛り付ける皿を用意しておくとベター。
※ピーマンは生でも食べられるので、シャキっとした食感を残すために
炒めすぎないようにする。

 

*******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 22.3kcal たんぱく質 13.4g 脂質 12.7g 食塩 1.5g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。

2012年3月12日(月)

健康栄養養学科の授業や実習で作成した献立やレシピを紹介する「ヘルシー×オイシー料理」。第11弾は、「拌菜花(カリフラワーのマヨネーズ和え)」です。

 

カリフラワーのマヨネーズ和え.JPG

 

 

*******************************************************************************************

カリフラワーはビタミンCが豊富で、風邪やがんの予防に効果的です。また、ビタミンCは、コラーゲンの形成に関与しているので、シミやそばかすなどを防ぎ美肌効果もあります。そして、食物繊維も豊富なので、便秘にも有効です。まさに、女性にはもってこいの野菜です。
また、カリウムも多く含まれているので、コレステロールや血圧の低下にも効果的なので、女性だけでなく、風邪予防や最近コレステロールが気になっている人など、たくさんの人におすすめ出来る野菜です。

健康栄養学科1回生 梶谷 尚未

*******************************************************************************************

 

<材料>(1人分)

カリフラワー     50g
  少々(小さじ1)
  少々(2g)
小麦粉   少々(大さじ1)
マヨネーズ   12g
   4g
砂糖   0.3g
カレー粉   少々

 

 

<作り方>

① カリフラワーは、熱湯の中に少量の酢、塩、小麦粉を入れてゆがく。
(カリフラワーはお尻の部分に十文字の切込みを入れておく)
(ゆでる前に小麦粉を入れるのは、カリフラワーがくずれるのを防ぐため)

② マヨネーズの中に酢、砂糖、適量のカレー粉を入れてまぜる。

③ カリフラワーを、食べやすい大きさに切り盛り付け、上から②をかける。

 

<コメント>

今回は、ドレッシングにカレー粉を入れてカレー風味にしましたが、例えば、カレー粉の代わりに胡麻を入れて中華風にしてみたり、いろいろとアレンジすることも出来るので、自分だけのオリジナルドレッシングを作ってみるのもいいと思います。
また、カリフラワーだけだと見た目にさびしく見えますが、他の野菜と一緒に盛り付けると見た目もよくなり華やかになります。

 

*******************************************************************************************

◆栄養量(1人分)※

エネルギー 101kcal たんぱく質 1.7g 脂質 9.1g 食塩 0.2g

※日本食品標準成分表2010による計算値で、摂取が保証されるものではありません。