畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
畿央の学びと研究 , 看護医療学科

看護医療学科授業レポート~「看護技術基礎論」

2016年7月21日(木)

7月13日(水)1~4限、1回生は、クラス別に分かれて「ベッドメイキング」「臥床患者さんのシーツ交換」を行いました。

この演習では、多くの時間をベッド上で過ごされる患者さんに、できる限り快適な日常生活を送っていただけるように、ベッド上の環境を整えることを目的としています。

 

ベッドメイキングとは、患者さんが過ごすベッドを作ることです。この時に重要なのは、シーツにしわを作らないことです。しわがあると、その上に寝る患者さんはとても不快に感じ、褥瘡を引き起こすことがあります。学生は、1つのベッドを3~4人で使い、2人で作成する方法を行いました。

 

7211

三角コーナーを作りシーツをマットレスの下に入れる時はボディメカニクスを活用します。

 

 

最初は、「なかなかしわがとれない」「どうやったらしわのないベッドが作れるの?」など、思うようにできない様子でしたが、教員の助言を受けながら、繰り返し練習をすることで、「上手くできた」「しわがなくなった」と達成感とともに笑顔が見られました。

 

次は、「臥床患者さんのシーツ交換」を行いました。

シーツ交換は、汚れたシーツの交換というだけでなく、ベッド内の換気という意味でも重要です。まずは、看護者2人、患者に分かれてグループで事前学修を活用し話し合いながら清潔なシーツに交換する方法を行いました。

 

7212

グループで話し合いながら患者さんのシーツを交換する方法を模索中です。 

 

 

最後に代表グループにデモンストレーションを行ってもらい、ポイントを学修しました。

 

7213

 代表グループのデモンストレーションの様子をみんな真剣な表情で見ています。

 

 

今回実施した演習は、これまで学修した知識と技術を統合して実施することが重要です。看護の基本技術として身につけてほしいと思います。

みなさん、しっかり練習しましょう!

 

 

看護医療学科 講師 須藤聖子

【所属カテゴリ】畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ