畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

理学療法学科

2019年9月11日(水)

9月5日(木)から7日間

台湾で行われる海外インターンシップに参加!

 

理学療法学科では、今年で4回目となる「海外インターンシップ」を行います。3回生10名、教員4名で令和元年9月5日(木)~11日(水)の7日間の日程で台湾を訪れます。現地では、国立台湾大学、中国医薬大学、輔仁大学の理学療法学科との交流や、英語での講義・実習・プレゼンテーションに加えて、高齢者の方のデイケアセンターにも訪問させていただく予定です。現地からのレポート第2弾です!

 

第5日目:9月9日(月)

インターンシップ5日目には台中の中國醫藥大學(CMU)を訪れました。

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 1-1

▲ CMUの建物

 

CMUではこの日から夏休み明けの授業始まりとなり、学生さんはすごく明るく私たちを出迎えてくれました。台湾では9月から新年度が始まるため、みんな進級したばかりです。

午前中は、CMUの学生さんと一緒にYu-Jung先生の授業を受けさせていただきました。

授業は英語で行われ、授業はバイタルサインを内容としたもので、各グループに畿央生が1人入り、ゲームや実技を交えたものでした。畿央大学での授業とはまた違ったものもあり、とても楽しく学びのあるものとなりました。

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 2-1

▲ グループワーク

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 3-1

▲ 血圧測定の実技

 

この日の昼食はCMUで学生さんたちと交流しながらいただきました。グループに畿央生が1人だけということもあり最初は不安もありましたが、CMUの学生さんの積極的な話しかけ等もあり楽しく過ごすことができました。

 

午後からは人―物理治療所という理学療法のクリニックに訪れました。

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 4-1

▲ 人一物理治療所

 

ここでは、院長のWu先生からクリニックのことや、ここのクリニックで用いられている技術についてなどたくさんのお話を聞くことができました。台湾と日本では理学療法に関する法律などが異なっており、台湾の理学療法士は開業を認められています。そのため、Wu先生は理学療法士でクリニックを開業されています。特徴として、親指での治療(Finger surgery)を行われており、これはここでしかできない技術だそうです!

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 5-1

▲ Wu先生による実技指導

 

人―物理治療所から再びCMUに戻り、畿央大学の宮本先生によるレクチャーを受け、畿央生の発表(日本の観光地ついて)、続いてCMU学生の発表(台湾について、台湾の理学療法について)畿央学生の発表(畿央大学について、日本の理学療法・高齢者について)を行い、最後にパフォーマンスとして「ソーラン節」を披露しました。

「ソーラン節」の披露後、CMUの学生さんと一緒に「ソーラン節」を踊りました。CMUの学生さんは大いに盛り上げてくれ、楽しんでくれていました。

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 6-1

▲ 宮本先生によるレクチャー

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 7-1

▲ 畿央生による発表

 

この後、CMUの学生さんと夜市に行き、仲を深めることもできました。

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 8-1

 

 

第6日目:9月10日(火)

台湾6日目には台湾で初めてできたデイサービス施設の元気學堂を訪れました。

 

まだ完成してから3年しか経っておらず、同じようなシステムの施設は他にありません。特徴的な点は、保険が下りず利用するには全額負担しなければならないこと、自分達でマンゴーアイスやポチ袋などを作り販売すること、消防署やコンビニで職業体験ができることなどです。

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 9-1

▲ 元気學堂の皆さんと

 

訪問してすぐにアイスブレイキングとして利用者の方と文旦の皮剥き競争をしたり、畿央大学の学生からソーラン節を披露したりしました。台湾の文旦は日本のものとは少し形が違いましたが、甘いフルーツで中秋節に食べられるようです。その後、元気學堂​に通う皆さんと一緒に木球と呼ばれる台湾のゲートボールのようなゲームで交流しました。言語の壁はありましたが、ゲームを通じて親睦を深めることができました。

 

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポート2 10-1

▲ 木球の様子

 

利用者の方とはほぼ中国語でのコミュニケーションだったので分からないことがたくさんありましたが、ジェスチャーを交えながら一生懸命コミュニケーションをとりました。お昼は昼食も一緒に頂き、最後には手作りのマスコットをいただきました。

 

今日でインターンシップのプログラムが全て終わり寂しい気持ちになりますが、このインターンシップで感じたことや学んだことを後期の授業に活かせるようにしたいと思います。

 

理学療法学科3回生 楠山千智・原口愛美・平井愛梨・福本優衣

 

【関連記事】

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾~現地レポートVol.1

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾に向けて!その2

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾に向けて!その1

理学療法学科 海外インターンシップ記事一覧

2019年9月10日(火)

9月5日(木)から7日間

台湾で行われる海外インターンシップに参加!

 

理学療法学科では、今年で4回目となる「海外インターンシップ」を行います。3回生10名、教員4名で令和元年9月5日(木)~11日(水)の7日間の日程で台湾を訪れます。現地では、国立台湾大学、中国医薬大学、輔仁大学の理学療法学科との交流や、英語での講義・実習・プレゼンテーションに加えて、高齢者の方のデイケアセンターにも訪問させていただく予定です。現地からのレポート第1弾です!

 

第1日目:9月5日(木)

海外インターンシップ1日目は桃園国際空港から台北市内に移動する途中、輔仁大学を訪問しました。輔仁大学への訪問は今年が初めてです!

 

 

▼輔仁大学で!

 

①

 

Sam先生が出迎えてくださり輔仁大学の紹介、台湾でのカリキュラム制度など台湾の理学療法についてのレクチャーを受けました。慣れない英語でのレクチャーだったので全員が体を前にしてSam先生のお話に必死についていきました。日本と同じ部分もあれば初めて聞く内容もあり学びを深めることができました。Sam先生からは輔仁大学の靴下、マンゴーケーキのプレゼントも頂きました。

 

▼Sam先生の講義

 

②

 

この日の夜は今後の予定、プレゼンテーションの確認、披露するソーラン節の練習を行い、翌日の国立台湾大学(NTU)への訪問に備えました。

 

▼Sam先生と福本先生

 

③

 

 

第2日目:9月6日(金)

海外インターンシップ2日目は朝からNTUへ行き、午前中はNTUのWang先生が大学の紹介を聞きました。NTUでは日本と同じ4年制からDPT(Doctor of Physical Therapy)の6年制のカリキュラムへ移行が進められていますが、6年制では研究や自分の興味のある分野で実習ができるなど、専門性をより突き詰めることができるといったメリットがあるとおっしゃっていました。

 

▼DPTプログラムについて教えて下さるWang先生

 ④

 

その後、大学内にある研究室や附属病院にあるPTセンターを見学させて頂きました。

 

▼特殊なトレッドミルを経験

 

⑤

 

▼国立台湾大学附属病院のPTセンター

 

⑥

 

 

NTUの学生たちとランチをした後は、まず宮本先生から呼吸疾患の理学的評価についてのレクチャーを受けました。この時はNTUの学生と二人ペアになってコミュニケーションをとって、一緒に触診や打診などを行いました。

 

 

▼レクチャーの様子

 

⑦-vert

 

 
次に、Wang先生から理学療法においてのエコーを使うことの有用性について、実際にエコーでの評価をしてもらいながらレクチャーを受けました。Wang先生のレクチャーでは専門的な英語が多く、聞き取るのが難しく、畿央の先生方の解説でようやくわかりました。もっと英語を勉強して聞き取れるようになりたいと強く感じました。

 

▼リアルタイムで筋肉の構造を見せてもらいながらのレクチャー

 

⑨

 

 

 

その後、我々日本の学生とNTUの学生でプレゼンテーションを行いました

私たちは2つのグループに分かれて、「日本の大学生の1日(観光)」、「畿央大学の紹介と日本の理学療法や高齢者問題」についてプレゼンしました。この日のために毎週授業で英語の勉強とプレゼンの練習をしてきました。発音を意識したりやジェスチャーを使いながら話すなど日頃行わないことが多く難しいことが多かったですが、渡航前のマリアンヌ先生からのレクチャーもあり、いいプレゼンになりました。NTUの学生達の反応が良くとても盛り上がりました。

 

▼観光班のプレゼン

10

 

▼畿央大学の紹介と日本の理学療法についてのプレゼン

⑪

 

最後に、余興として日本の伝統的な踊りであるソーラン節を踊りました。NTUの学生たちのほとんどはソーラン節を見るのが初めてでしたが、踊りの意味や掛け声に興味を持ってくれて、最後は一緒にソーラン節を踊りました。

 

▼NTUの学生とソーラン節!

 

12

                                                                                                                                                           ▼第1日目に一緒に参加してくれたNTUの学生たちと

13

 

夜はNTUの学生の案内で夜市に行きました。

おいしいご飯や夜市ならではの雰囲気を満喫し、また臭豆腐などの台湾独特の食べ物にも挑戦しました。そのなかでもNTUの学生たちと交流することができました。英語でコミュニケーションを取ることは簡単ではありませんでしたが、ジェスチャーなども含めてコミュニケーションを取りすごく思い出に残る時間を過ごすことができました!

 

▼夜市にて

14

 

理学療法学科3回生 森田 晃優・宮田 晶穂

【関連記事】

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾に向けて!その2

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾に向けて!その1

理学療法学科 海外インターンシップ記事一覧

2019年9月10日(火)

第1回 畿央大学・名古屋大学 研究交流会

9月8日(日)、畿央大学にて畿央大学大学院神経リハビリテーション学研究室研究交流会が開催されました。今回は名古屋大学大学院 内山研究室と記念すべき第1回の研究交流会となり、内山靖先生をはじめ大学院生、学部生の方々に遠路はるばるお越しいただきました。

 

写真12233

 

プログラムとしては、最初に、内山先生に内山研究室についてのご紹介をいただき、その後に内山研究室の大学院生から、高橋さんが「脳性麻痺児における生活の質と生物心理社会的な関連因子の探索的研究」について、川路さんが「じん肺検診受信者における身体活動量の要因に関する研究」について、佐藤さんが「Smart Walkerにおける治療・誘導刺激制御の最適化に関する実証的研究」について現在進行形の研究を発表していただきました。いずれの研究も研究背景の説明がわかりやすく丁寧に構成されており、普段聞きなれない領域の発表でしたが、初めて聞く分野の話題でも理解が深まる内容・プレゼンテーションであり、大変参考になりました。午前の最後には両研究室の数名の院生から、自己紹介も含めて簡単に研究分野や現在行っている研究の概要について発表させていただきました。

 

午後からはまず森岡先生から森岡研究室についてのご紹介をいただき、その後、赤口さんが「慢性期脳卒中患者の把持力調節の特徴-上肢機能並びに使用頻度との関係に着目して-」について、水田さんから「脳卒中後症例における運動麻痺と歩行速度の関係性からみた歩行特性・クラスター分析に基づく特徴分析-」西さんから「痛みの予期は目標志向的な運動制御に影響する-痛み恐怖条件付けパラダイムを用いて-」について発表していただきました。内山研究室・森岡研究室双方の院生から研究について意見交換がされ、特に休み時間に気楽な雰囲気の中で議論が自然とされていたのが非常に良い雰囲気であったと印象的に思いました。

 

内山研究室・森岡研究室ともに研究分野が多岐にわたっていますが、特に内山研究室では医工連携を踏まえた研究もされており、今後のリハビリテーション分野も大きく変遷していくことを実感しました。内山先生、森岡先生からもお話をいただき、両先生に共通していたことは、理学療法とは何か、どのような病態にはどのような介入をしていくべきか、ということを標準化・アルゴリズム化していくことが今我々には求められており、人間を対象としている分野なので、個別性と普遍性を踏まえた関わりを高めていくことで、理学療法士の価値を高めていくことが重要であるということでした。このことを踏まえた上で、我々一人ひとりが、自分がどのような部分に貢献できるかということを考えていくことが求められているので、日々の行動を意識していきたいと再認識しました。

 

最後になりましたが、ご多忙の中快くご対応してくださり、かつ遠方までお越しいただきました内山先生ならびに内山研究室の皆様、研究交流会の運営幹事としてご尽力いただきました佐藤さんと藤井さん、そしてこのような機会を与えてくださった森岡先生に深く感謝を申し上げます。

 

博士後期課程 2年 重藤隼人

2019年9月10日(火)

理学療法学科では、今年で4回目となる「海外インターンシップ」を行います。

3回生10名、教員4名で令和元年9月5日(木)~11日(水)の7日間の日程で台湾を訪れます。現地では、国立台湾大学、中国医薬大学、輔仁大学の理学療法学科との交流や、英語での講義・実習・プレゼンテーションに加えて、高齢者の方のデイケアセンターにも訪問させていただく予定です。

 

インターンシップに向けて、毎週木曜日の昼休憩と5限を利用し、英語での会話やプレゼンテーションの練習を行ってきました。また、昨年度に引き続き、英語力アップだけでなく、海外の文化や理学療法の現状を知るために、日本に留学中の海外の先生をお招きし、レクチャーをしていただきました。

 

6月6日にはブルジュ先生(トルコ)、7月4日にはクレマンス先生(フランス)、7月11日にはアン先生(タイ)にレクチャーをしていただき、各国の理学療法の特徴について英語で教えていただきました。ゆっくりと丁寧に話をしていただきましたので、レクチャーの内容も理解でき、また英語のリスニング力も鍛えることができる良い機会となりました!

 

Pis1

トルコのブルジュ先生

Pis2

 

▼フランスのクレマンス先生と

Pis3

 

▼タイのアン先生

Pis4

 

また、夏休みに入るとマリアンヌ先生から英語の発音、プレゼンテーションの秘訣を教えていただきました。練習を重ねるごとにマリアンヌ先生から褒められることが多くなり自分自身でも始めに比べ、成長できていることを実感できました。

 

▼マリアンヌ先生と

Pis5

 

さらに、昨年の海外インターンシップに参加された4回生の倪君から中国語の指導もしていただきました。中国語の発音は難しかったですが、分かりやすく教えていただきましたので、自分の名前や簡単な単語であれば話すことができるようになりました。

 

Pis7

 

Pis8

 

日本との文化の違いや理学療法の違いについて、台湾に行く前から英語で聞くことができたとともにリスニング力もついてきた気がします。

いよいよ出発となりますが、最後まで練習を行って、良いプレゼンテーションができるように、また現地では台湾の理学療法を学び、学生交流もしたいと思います!

 

理学療法学科3回生 野本大雅・野間惇志

 

【関連記事】

理学療法学科 海外インターンシップ2019 in 台湾に向けて!その1

理学療法学科 海外インターンシップ記事一覧

2019年9月3日(火)

田平研究室(大学院)健康科学研究科修士課程の太田です。2019年8月24日(土)~25日(日)に「第10回呼吸・循環リハビリテーション研究大会」を滋賀県大津市のKKRホテルびわこにて開催いたしました。両日とも天候に恵まれ、会場のクラブハウスやホテルからは琵琶湖が一望できる最高のロケーションで行われました。

 

第10回呼吸・循環リハビリテーション研究大会2-1

 

本研究大会は毎年、田平教授をはじめ研究室の在学生と卒業生で行っており、臨床研究や基礎研究の発表、修士・博士論文の進捗状況などを発表しています。今年は田平教授、在学生3名、卒業生8名、計12名が参加し2日間で11演題が発表されました。

発表内容は呼吸循環器疾患を中心とした臨床研究や活動報告、最近のトピックスとして電子タバコについてなど多岐にわたる興味深いものでした。また、海外での学会発表を控えている卒業生の英語発表もあり、良い刺激を受けました。私を含む在学生は研究テーマに関する発表を行いました。田平教授、卒業生の先輩方からは多くの的確なご指摘をいただき、今後研究を進めていく上で非常に参考となるものでした。

 

第10回呼吸・循環リハビリテーション研究大会1-1

 

懇親会は夜遅くまで、研究や日々の臨床での悩みから趣味や家庭の話まで、いろいろな話題で盛り上がり田平研究室の結束力と温かい雰囲気を感じました。

 

8月末の残暑厳しい時期の開催でしたが、琵琶湖から吹いてくる爽やかな風と参加者の皆さんの和気あいあいとした雰囲気で、暑さも忘れて楽しく、また非常に充実した2日間となりました。

 

第10回呼吸・循環リハビリテーション研究大会3-1

 

 健康科学研究科 修士課程 太田信也

 

【関連記事】

第9回呼吸・循環リハビリテーション研究大会レポート

「第8回呼吸・循環リハビリテーション研究大会」を開催!~田平研究室

「第7回呼吸・循環リハビリテーション研究大会」を開催!~田平研究室

田平研究室で第6回呼吸・循環呼吸リハビリテーション研究大会開催~健康科学研究科

第5回呼吸・循環呼吸リハビリテーション研究大会-大学院:田平研究室-

畿央大学 呼吸・循環呼吸リハビリテーション研究大会-大学院:田平研究室-

畿央大学呼吸・循環リハビリテーション研究大会 -大学院:田平研究室-