畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2019年6月13日(木)

人間環境デザイン学科の加藤です。

 

構想や提案をしたけれども最終的には日の目をみずに終わったデザインのことを「インポッシブル・デザイン」と勝手に呼んでいます。人間環境デザイン学科の2・3回生が合同で学内外の課題解決に挑むプロジェクトゼミでは、毎年「インテリアプランコンテスト」にゼミ生一丸となって挑戦しています。第1次審査までは通過する学生もいますが、最終審査で入賞するまでには至っておりません。その他にも数々のコンペに挑んでいますが、ほとんど負けているのが実情です。建築家・安藤忠雄氏に「連戦連敗」という著書がありますが、氏ですら負け続けているわけです。

 

大阪でのG20サミット開催が連日メディアを賑わせていますが、このシンボルマークデザインも1年ほど前にコンペが開催され、最優秀作が選ばれて採用されました。実は、我々も果敢に挑戦していたのです。

 

採用されたロゴはこちら

 

当時の4回生山根寿奈さんと2人でG20サミット シンボルデザインに没頭していました。我々は、大阪で開かれるので太陽の塔の顔をイメージしてG20の文字が顔になるようにデザインしました。二人で「これはいける!」とほくそ笑んでいたのですが・・・

 

g20

 

開催を目前にした今になって悔しさが蘇ってきました。あまりに残念なので、インポッシブル・デザインとしてご紹介させていただきました。

 

人間環境デザイン学科准教授 加藤信喜

【関連記事】

学生が店舗デザインを担当した「izhaori」が令和元年5月1日にOPEN!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「ちゃんこ好の里」さんのサイン看板作成!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

大学に隣接する商業施設「エコール・マミ」へのデザイン提案!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

2019年5月8日(水)

人間環境デザイン学科の加藤です。私が設計を担当したころげ荘(2013年8月20日)でのゼミの夏合宿から6年近く経ちました。ころげ荘の施主から久しぶりに連絡があり、「奈良で期間限定ショップを出店するので学生さんと一緒にお店づくりを手伝ってもらえないか」というお話でした。オーナーさんは1年前に「izhaori」(古い着物をリフォームし、現代的な服にして販売)という新ブランドを立ち上げネット販売してきましたが、今回は商品を手に取ってもらえるブティックを2年限定でつくるという内容です。ゼミ生にとってはまたとないチャンスなので二つ返事で受諾し、すぐにプロジェクトは始まりました。

 

 

場所は奈良ホテルの南、福智院町にある5坪ほどの小さな敷地です。

 

489555555555555555555555555555555

 

早速、現場に行って採寸(2/13)をして、施主の要望を聞き、基本設計、模型(S=1/30)制作にとりかかりました。

 

▼学生が制作した模型

 

S__300072968-vert

 

▼店内スケッチ(2回生 勝屋翔太)

 

44444444444

 

オーナーさんに研究室まで来ていただき(3/8)、施工していただく工務店さんにも同席してもらい学生と共にプレゼンをしました。幸いにもほぼ計画案は受け入れていただき、次は施工へと進んでいきます。

 

4月初旬に工事着工。4/17にはゼミ生5名と店舗の壁に珪藻土を塗りました(施工)。この道50年のベテラン左官職人さんに丁寧に指導していただき、1日ですべての壁を塗ることができました。金ゴテを片手に最初はぎごちなかったのですが、後半は慣れてきて職人さんからもお褒めの言葉をいただきました。

 

▼初めての左官工事に悪戦苦闘しましたが、丁寧な指導のおかげですべての壁を塗り終えました。

rtuyyyyyyyyyyyyyyyy

 

 

壁に奈良出身の偉大なグラフィックデザイナー田中一光のオマージュとして鹿の絵をスタンプで描きました。

izhaori」のハンコを別注してつくり、その小さいハンコを根気よく押し続けた力作です。

 

▼制作~完成(ゼミ生 田中沙紀)

88888888888888888888888

 

▼お昼にはオーナーさん手づくりのお弁当を店内でご馳走になりました。

 

gerrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr

 

入口ドアとウィンドウガラス部にまだサイン工事が残っていましたので、当日の午前中に学生がカッティングシートを貼ってプロジェクトは完了しました。

 

87999999999999999

 

 

元号が令和になった5/1(水)にめでたくオープンの日を迎えました。

オーナー様の寛大な要望になんとかお応えすることができ、学生共どもホッとしているところです。

 

5468555555555555555555555

 

▼フラッグは卒業生の山根寿奈さんがデザイン

 

S__300072995

 

【加藤ゼミ4回生たちの感想】

模型作りから壁塗りまで一通り経験させていただいた中で、特に壁塗りは職人さんに教えていただきながら塗りあげることができ、とても貴重な経験でした。

太秦柚香里

 

設計が実現する施工に関わるのは初めてで、施主さんと直接関わることや、生の現場を経験することで、想像との違いに驚かされました。このような機会を下さった方々に感謝し、今後に生かしていきたいと思っています。

青木紗耶

 

実際の店舗を1から作り上げるということを、学生のうちに経験でき、とても勉強になりました。打ち合わせに参加するだけでなく、実際に現場で作業の手伝いもやらせてもらえたことで、出来上がりの工程を直に感じられて嬉しく思いました。

田中沙紀

 

▼「izhaori」(古い着物をリフォームし、現代的な服にして販売)

18

 

お近くにお越しの際には、ぜひ、お寄りください。

 

人間環境デザイン学科 准教授 加藤信喜

 

【関連記事】

「ちゃんこ好の里」さんのサイン看板作成!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

大学に隣接する商業施設「エコール・マミ」へのデザイン提案!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

「バーンデザイン」農家小屋アート!第3弾~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

白浜夏合宿リポート~人間環境デザイン学科 加藤ゼミ

2019年4月25日(木)

昨年の6月頃、奈良県田原本町にある株式会社タナベ様から新社屋の外構計画についてご相談を受けました。昨年7月に新社屋の落成式を終えられたのですが、植栽や外構部分が未完成の状態でしたので、地域住民の方々も気軽に利用できる『地域に開かれた広場』をぜひ学生たちにデザインしていただきたいとのことでした。

早速、現地調査を行い周辺環境や近隣住民の様子を把握した上で、講評会に向けてプランを考えはじめました。そして2019年2月4日(月)、社長もお招きし全23点の講評会を行いました。

 

ランドスケープ演習 歯ブラシ工場の外構計画2-1

 

新社屋の周辺には緑が少なく、周辺住民が集える場所がなかったため、学生たちの提案にはたくさんの木々と気軽に腰かけられる場所、楽しいイベントが行える広場など、様々な提案がありました。

全23点の中から最優秀賞と優秀賞を選んでいただき、選ばれた学生にはバレンタイン限定の歯ブラシやレインボー歯ブラシなどが贈呈されました。また、今回提案させていただいた中から実現するものもあるとのことで、学生たちもとても喜んでいる様子でした。

企業様を相手に発表する機会はあまりないので、とても良い経験をさせていただくことができました。

 

ランドスケープ演習 歯ブラシ工場の外構計画1-1

 

作品1:“地域の庭先”

 

・コンセプト

働いている方の温かさとマッチした外構計画を。我が家の庭のようにふらっと立ち寄り、留まる。自然に人が集うみんなの庭先のようなプランに。正面玄関側に3つのゾーンを設置(シンボルツリー・プライベートゾーン・イベント)し、広場の利用者の気分や用途に合わせて使用できるようにしました。また、駐車場側には直線的な敷地に動きをつけるための小径を設置しました。大きな手洗い場などを置くことで歯ブラシ工場でのハミガキ教室など、地域へ開く動きとしてイベントを提案。工場のシンボルカラーである赤は、シンボルツリーのイロハモミジで印象付けを図れるように工夫しました。

 

ランドスケープ演習 歯ブラシ工場の外構計画3-1-down

 

・感想

敷地のスケール感をとらえることがとても難しかったです。自分の提案したいプランをどのサイズで配置するべきなのか現況図や現況写真などをもとに何度も練り直し完成させました。地域に開かれた広場に何が必要であるのかを自分なりに考えプランニングに落とし込み、工場の社員の方に発表できるように取り組みました。植栽を一本一本調べながら配置し実際どのような空間になるのかをイメージしながらの作業は難しくもありましたが大きな学びになりました。空間を使用する対象者は誰で、伝えたい提案をどう上手く表現するのかを常に考え制作した経験を今後にも生かしていきたいと思います。

 

人間環境デザイン学科4回生 矢野眞子

 

作品2:“楽しく、キレイ”

 

・コンセプト

地域に開かれた企業事業地という要望で、周辺住民に気軽に入って楽しんでもらえるようなプランにしました。入っていいことが分かりやすいよう敷地外からでも目につく場所に休憩所を設け、里道と敷地の境には小さなトンネルを設置しました。舗装の色などに気を使い全体的に明るいイメージにすることで清潔感も意識しました。また、「キレイ」に関してはプランニングの面だけでなく、歯ブラシ工場ということでみんなの歯をきれいに保つために情報を発信するプログラムを考えました。イベントを定期的に開催していくとのことで、その時に工場の製品以外でもタナベがおススメするオーラルケア商品を紹介・販売してもらうこと、お悩み相談コーナーを設けることを提案しました。

 

ランドスケープ演習 歯ブラシ工場の外構計画5-1-down

 

・感想

プランニングをするにあたって、「企業の要望に応えるためにはどうすればいいのか」にかなり悩みました。また、駐車場などの使いやすさも考えながらゾーニングをうまくつなぐのが難しかったです。1つの正解がないので完成させるのに時間がかかりましたが、自分のやりたいことを大切にして課題を進めました。

植栽の種類を決める時は、自分のイメージする見た目と場所ごとの条件に合う樹木を探すのが大変でした。いろいろ検討して最終的には納得のいくプランができました。樹木について少し知識がついたように思います。また、この課題でプランニングをする上でアクティビティを考えることが大事だと気づくことができました。

 

人間環境デザイン学科4回生 外尾華奈子

 

【関連記事】

「ちゃんこ好の里」さんのサイン看板作成!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「広陵町箸尾縁台プロジェクト」レポート!~人間環境デザイン学科陳プロジェクトゼミ

大学に隣接する商業施設「エコール・マミ」へのデザイン提案!~人間環境デザイン学科加藤プロジェクトゼミ

今井町“みんなでつくろう!”床几プロジェクト~人間環境デザイン学科

竹取公園ツリーハウスが完成!~人間環境デザイン学科プロジェクトゼミ

広陵町にまちづくり提案!~人間環境デザイン学科「ランドスケープ演習」

2019年4月10日(水)

人間環境デザイン学科では、2019年4月4日(木)・5日(金)と2日間にわたり、1泊2日の新入生宿泊研修を行いました。研修には、新入生67名、学科在学生4名、教員4名、キャリアセンター職員1名が参加しました。

人間環境デザイン学科では、建築やインテリア、アパレルについて学ぶ学生が多くいます。

今回の研修では、常に自然と向き合っている設計・制作を行う上で、平成に多く発生した自然災害に対し、私たちが考えなければならない事をテーマにしました。

 

~1日目:4月4日(木)~

1日目に訪れた兵庫県の神戸市にある「人と防災未来センター」では、阪神淡路大震災の経験と教訓を後世に伝えるとともに、これからの防災、減災をテーマとした展示を行っています。

 

新入生宿泊研修レポートvol.2~人間環境デザイン学科1-1-tile

▲当時の資料なども多く保存されていました。また水圧歩行体験もさせていただきました。

 

新入生宿泊研修レポートvol.2~人間環境デザイン学科5-1-side

▲防災マップで自宅付近を確認…その後は、震災を実際に経験した方のお話を聞きました。大切なのは日ごろの「挨拶」と「整理整頓」。近所付き合いの大切さに気が付かされました。

 

昼食後は、『舞子海上プロムナード』に向かいました。

 

新入生宿泊研修レポートvol.2~人間環境デザイン学科7-1-tile

▲明石海峡大橋:海面からの高さ約47m、陸地から明石海峡へ約150m突出した延長約317mの回遊式遊歩道を歩きました。

 

宿泊施設に到着し、夕食の前に研修を開始しました。

 

《研修内容》

南海トラフ地震が発生したと想定。大学体育館に200人が避難している。

そこで起こりうる課題を明らかにし、それらを解決するデザインを提案する。

 

新入生宿泊研修レポートvol.2~人間環境デザイン学科11-1-side

▲班に分かれ、課題を出し合っていきます。プライバシーの確保やトイレ問題などさまざまな課題があげられました。

 

新入生宿泊研修レポートvol.2~人間環境デザイン学科13-1-side

▲発表:寝袋付きリュックの提案や学科ごとの役割を設ける提案など様々な提案がありました。

 

発表後は夕食です。

入学式から2日しか経っていませんが、とても和気あいあいと楽しくいただきました。

 

11-vert

 

夕食後、学生達は部屋に戻り、「夢をチカラに」をテーマにした作文を書いて、1日目の研修は終了しました。

 

~2日目:4月5日(金)~

2日目は、『ヨドコウ迎賓館』に行きました。

1918年にアメリカが生んだ近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト設計による国指定重要文化財の建築物です。

幾何学的な彫刻を施した大谷石や、複雑な木組み装飾、植物の葉をモチーフとした飾り銅版など、自然と融和するライトの建築思想を感じられます。建物は緑に囲まれた小高い丘の上に建ち、屋上のバルコニーからは六甲の山並み、市街地や大阪湾を眺望することができます。

 

新入生宿泊研修レポートvol.2~人間環境デザイン学科17-1-tile-down

▲最後は全員で記念撮影

 

宿泊研修で気が付いたこと・学んだことを忘れずに、大学生活を有意義に過ごしてほしいと思います。

これからの4年間がとても楽しみです!

みんなそれぞれの夢に向かって頑張りましょう!!

 

人間環境デザイン学科 助手 中井千織

 

【関連記事】

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1-2~看護医療学科2日目

2019年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科1日目

2019年3月20日(水)

平成30年度卒業証書・学位記・修了証書授与式が3月15日(金)、冬木記念ホールにて挙行され、566名の卒業生が巣立ちました。今年度から卒業パーティーは学科・専攻科にわかれて開催することになりました。

第2弾は「人間環境デザイン学科」です!

 

ddd3

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.2~人間環境デザイン学科編1-1

 

人間環境デザイン学科13期生の田中創です。

2019年3月15日(金)、River Suite OSAKA にて卒業パーティーが開催されました!人間環境デザイン学科では、3回生の卒業パーティー実行委員6名と共に、4年間お世話になった先生方へたくさんの感謝を込めて卒業パーティーを”謝恩会”として行いました!

 

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.2~人間環境デザイン学科編2-1-down

 

会場では、友達と写真を撮る人、先生と思い出話を語り合う人、ひたすらお酒を飲む人など…それぞれの楽しい時間を過ごしました。

実行委員会の3回生達に余興として、様々な景品を用意したじゃんけん大会が開かれて、会場は大いに盛り上がりました。

 

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.2~人間環境デザイン学科編4-1-down

 

盛り上がったところで、4回生から先生方に花束を贈呈し、感謝の気持ちを伝えました。

その後、人間環境デザイン学科長の三井田先生から、学生に贈る言葉をいただき、刺激を受け、これからさらに頑張っていこうと改めて意識を高められ、無事閉会しました。

 

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.2~人間環境デザイン学科編6-1

 

人間環境デザイン学科では、先生も含めての2次会も行いました。

2次会ではさらに盛り上がり、先生方とも今まで以上にフランクにお話しすることができました!

大学生活の思い出話を語る中で、グッとくるものがたくさんあり、本当に畿央大学の人間環境デザイン学科で4年間過ごせてよかったなと思いました。

 

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.2~人間環境デザイン学科編7-1-down

 

私たち人間環境デザイン学科では、他の学科のようにみんなが同じ道を歩むわけではありませんが、それぞれの夢を畿央大学で、素晴らしい先生方のもとで、素晴らしい仲間と共に、叶えられたことを誇りに思います。今後も大学生活で学んだことを活かし、日々勉強を重ねていきたいと思います。

 

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.2~人間環境デザイン学科編9-1

 

さらに成長した姿でまた、

お世話になった先生方とお会いできることを楽しみにしています。本当にありがとうございました!

 

d1

 

 

人間環境デザイン学科13期生 田中 創

 

●大学公式facebookページで卒業式のフォトレポート!(facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になれます)

 

≪他学科の卒業パーティーレポート≫

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.5~健康栄養学科編

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.4~看護医療学科編

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.3~現代教育学科編

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.1~理学療法学科編