畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2018年4月12日(木)

平成30年4月5日(木)・6日(金)の2日間にわたり、1泊2日の新入生宿泊研修を行いました。研修には、新入生68名、4回生4名、教員4名、キャリアセンター職員1名が参加しました。

この研修では大学生活での友達づくりはもちろん、美しい環境の中ではぐくまれた建築や、町並みに触れることにより、町と人々の生活とのつながりを考えることを目的としています。

 

そして今年は、滋賀県にある「近江商人発祥の地」と言われている五個荘、近江八幡を訪れました。

 

【1日目】

五個荘町は、伝統的建造物群保存地区に指定されており、古くからの寺院や屋敷も多く残り、タイムスリップしたかのような町並みが保存されています。道路脇の用水路には、色鮮やかな錦鯉が泳いでいました。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科1-1-down

▲現地ではボランティアスタッフの方々に案内していただき、当時の暮らしや屋敷の特徴などを聞くことができました。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科4-1

▲この壁の板は、木の船を解体した船板を家に再利用しています。100年以上昔からリサイクルされていました。よく見るとしっかり金具で固定されており、傷も残っています。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科5-1

▲旧家では、川戸と呼ばれる水路を家の中に引き入れ、台所で使用した水を排水します。そこに溜まった食べかすなどが鯉のエサになっています。

 

近江八幡では、メンソレータムでおなじみの近江兄弟社の創設者の一人でもあるヴォーリズが設計した建築を巡りました。ヴォーリズが建築設計家として日本に残した建物は1600にものぼり、彼が生涯過ごした近江八幡にも25件の建築物が残されています。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科6-1

▲当時は手焼きでレンガを作っていたため、焼き損じで不良品のレンガを建築材料として再利用し、塀などに活用していました。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科7-1

▲旧八幡郵便局 窓のアーチが特徴的です。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科8-1

▲アンドリュース記念館 窓のフレームが十字架になっています。ヴォーリズ建築の特徴ともいえる煙突がみえます。

 

近江八幡ではヴォーリズ建築のほか、八幡堀周辺も探索しました。ボランティアガイドさんの説明を細かくメモにとり、町並みをしっかりと目にやきつけました。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科9-1-down

 

町並み探索のあとは、ラコリーナに寄り道をしました。

芝におおわれている印象的な屋根のメインショップは草屋根という名前で呼ばれています。この建物をはじめ、ラコリーナの多くの建築を手がけたのは、建築家の藤森照信さん。敷地内にはあらゆる場所で藤森建築のこだわりを見ることができます。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科11-1-down

 

施設内にはカフェもあり、和菓子・焼き立てバームクーヘンを購入することができます。インテリアにもこだわった空間で学生たちも大喜びしている様子でした。

 

宿泊施設に到着し、夕食をいただきます。

入学式からまだ3日目にもかかわらず、すっかり打ち解けた様子でした。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科13-1-down

 

夕食後、学生達は部屋に戻り、「夢をチカラに」をテーマにした作文を書いて、1日目の研修は終了しました。

 

【2日目】

2日目午前中は、班ごとにわかれグループワークをしました。1日目の見学の際にメモしていたものをグループ内でマップに書き込みました。また、学生各々が「好きな景色」をテーマにスケッチを描き、1人ずつ発表しました。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科15-1

▲1日目の研修を思い出しながら、グループで話し合います。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科16-1

▲写真におさめた「好きな景色」をスケッチします

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科17-1

▲「五個荘:鳥よけのためアワビの貝殻がついた屋根」について

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科18-1

▲「近江八幡:ヴォーリズ建築」について

 

全員の作品を掲載することができず残念ですが、一人ひとりが違った内容の発表をし、皆とても興味深く話を聞いていました。

人間環境デザイン学科では、自分が設計した作品をプレゼンテーションする機会が多くあります。

全員しっかりとした内容で堂々と発表している姿を目にして、これからの4年間が楽しみになりました。

 

グループワーク後は、全員で昼食をいただきました。

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科19-1-down

 

新入生宿泊研修人間環境デザイン学科21-1

▲最後は全員で記念撮影

 

古くからの町並みや建築を見て感じたことや感じた事を忘れずに、自らのデザインに活かしてくれることを期待しています。これから4年間、どんな作品を生み出してくれるのか・・・とても楽しみです!

みんなそれぞれの夢に向かって頑張りましょう!!

 

人間環境デザイン学科 助手 中井千織

 

【関連記事】

平成30年度 新入生宿泊研修レポートvol.3~健康栄養学科

平成30年度 新入生宿泊研修レポートvol.2~理学療法学科

平成30年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科 

2018年4月9日(月)

近畿大学の複合施設「アカデミックシアター」がオープンしてちょうど1年が経ちました。

マンガが2万冊以上ある新図書館や24時間利用可能な自習室、女性専用自習室など・・・見どころ満載の施設です。近大生以外でも閲覧が可能ということで、平成30年4月5日(木)、人間環境デザイン学科の加藤先生とゼミ生3名が施設見学に行ってきました。

 

加藤ゼミ1-1

 

新学期が始まったばかりの時でキャンパス内は大賑わいでした。内部にはカフェもあり、学生は集中して勉強したり、談笑したりして、リラックスして過ごしていました。

 

加藤ゼミ2-1

 

青木 紗耶さんの感想

近代的かつ近大的で、すごい建築物が大学のキャンパス内に存在していて圧倒されました。

 

太秦 柚香里さんの感想

私が今までイメージしていた大学の図書館とは全然違ったので、とても驚きました。

 

田中 沙紀さんの感想

図書館やカフェなど国際交流できる場所を設け、学内が過ごしやすい環境になっていたと感じました。

 

cats

 

▼キャンパス内にクレープの移動販売車が来ていてビックリ!

加藤ゼミ4-1

 

建築を計画する場合、大きく2つの発想があると思います。1つは建築を環境から考える方法、もう1つは建築を生活から考えていく方法です。生活から考えるとは、言い方をかえればインテリアから組み立てていくと言っていい。建築の内部ではどのような行動がありどんな暮らし方が可能になるのか、ああでもないこうでもないと思いをめぐらすことは設計の醍醐味でもあります。また建築内部にどのような光が注がれ、どういうふうに風が通り抜けていくのかもとても重要なことです。室内から外に視線を向けていけば次第に「内と外」の境界が曖昧になり、内部と外部は一体化していく。これが日本の空間と言えるでしょう。

 

dsfdsgfsdg

 

このアカデミックシアターはまさに建築をインテリアから考えた計画のように感じました。規模はかなり大きいのですが住宅のようなスケール感があります。中庭にあたるスペースにはヒューマンスケールのキューブがまるでおもちゃ箱をひっくり返したように散らばっているように配置されています。それぞれのキューブの隙間からは穏やかな光が差し込んできて、またそのわずかな外部空間にあるグリーンが「内と外」を曖昧にしています。キューブは学生の自習室であったり、ゼミで使われるようになっていたりとフレキシブルに対応可能です。

肝心の本棚がまた面白いのです。通常、書架は医学、理学、工学、文学などと分けられることが多いですが、この新図書館ではたとえば「学生とともにつくる棚」「デザインが秘める魅力」「数は雄弁である」というような分類になっています。あくまでも学生のための図書館であるなぁと感心しました。建築を理解するためには、自ら内部空間にひたり体感することが最も大切です。3人のゼミ生にとって有意義な1日であったと思います。

 

人間環境デザイン学科 准教授 加藤信喜

 

 

 

 【番外編】

エコール・マミの改修提案が展示スタートしました!

 

加藤プロジェクトゼミでは前年度最後のプロジェクトとして、大学に隣接する大型商業施設エコール・マミ(通称エコマミ)様への施設改修のデザイン提案を行いました。

 

●平成29年度エコール・マミにバレンタインディスプレイと改修提案!の記事はコチラ

 

加藤ゼミ5-1

 

平成30年4月5日~4月20日まで1階インフォメーション横に展示されております。

お近くに寄られた方はぜひご覧ください。

 

加藤ゼミ6-1

 

【関連記事】

不要な建物を再利用する「空家コンバージョン」で卒業制作!~人間環境デザイン学科

エコール・マミにバレンタインディスプレイと改修提案!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「バーンデザイン」農業小屋アート~人間環境デザイン学科

東向アーケードサイン・デザインコンペに挑戦!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2018年3月14日(水)

人間環境デザイン学科4回生の宮木萌依さんは、不用になった建物を今までの機能を変更して新しい用途に造り替えて再利用する「空家コンバージョン」を卒業研究のテーマにして制作に取り組みました。

 

加藤ゼミ 卒業制作1-1

 

昨夏、彼女は卒業研究のテーマを何にするか悩んでいました。同じ時期にプロジェクトゼミとして2・3回生が関屋地区での農業小屋アートプロジェクト、バーンデザインに取り組んでいました。

近所の自治会長の曽根様がバーンデザインに興味を持たれ、現場で立ち話をしている中で「平成29年8月19日に関屋地区の桜が丘公民館で、空家についてのワークショップがあるから是非来てください!」とお声掛け頂き、さっそく宮木さんとワークショップに参加しました。

桜が丘地区も高齢化が進み、空家が増加しつつありました。ワークショップでは様々な意見が出され、現場の生の問題点が浮かび上がりました。その中でも敷地環境が良いある空家があり、この空家で面白い提案ができないかということになっていきました。宮木さんもこの空家コンバージョンに俄然やる気をみせて卒業研究としてさせてもらうことになったわけです。その後、現地調査にも曽根会長様のご協力をいただき、計画は順調に進んでいきました。

 

▼空家コンバージョン~コミュニティハウス~「NITUMERU」プレゼンシート(クリックでPDFが開きます)

cats

 

そしてようやく図面と模型が完成し、今年3/12(月)に桜が丘自治会館に出向き、関屋空家コンバージョン~コミュニティハウス~「NITUMERU」をプレゼンすることができました。

 

▼実際のプレゼンでの様子

加藤ゼミ 卒業制作3-1

 

【宮木さんの感想】

今回のプレゼンテーションには桜ヶ丘自治会の方々が7名も集まっていただきました。合間には私の提案を汲み取った上での質問もあり、より一層理解を深めていただきました。和気藹々とした雰囲気の中でのプレゼンテーションとなりました。提案をするにあたり、桜ヶ丘自治会の方達にはたくさんのご協力をしていただきました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

加藤ゼミ 卒業制作4-1

 

総務省が出す平成25年の全国の空家率は13.5パーセントとなっており過去最高を記録し、危機的な状況です。その中でも今回のような放置されている空家が最も大きな問題となっています。宮木さんの提案は自治会員の方々の意見を丁寧に聞きながら現実的で夢のある解決方法になっていると思います。提案通りにしていくのは予算のこともあり難しいところもありますが、少しでも実現できればと願っています。

 

人間環境デザイン学科准教授 加藤信喜

 

【加藤ゼミ関連記事】

エコール・マミにバレンタインディスプレイと改修提案!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

畿央祭・ウェルカムキャンパス企画展示「紐庵」

「バーンデザイン」農業小屋アート

大学隣接の商業施設で、バレンタインディスプレイを担当!

畿央祭展示「紙庵」

「バーンデザイン」関屋農家小屋環境アート

駒川商店街でシャッターアートに挑戦!

2018年3月7日(水)

2018年2月17日(土)から3月8日(木)にかけて、2回生7名と1回生9名あわせて16名の畿央生がカナダのビクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

 

参加学生からのレポート、第11弾をお届けします!

 

短期語学留学vol.11-1-1

 

こんにちは!人間環境デザイン学科1回生の浅田明香です。留学2週目の学校生活の様子をレポートします。

2週目はピンクシャツデーというイベントがありました。このイベントは世の中のいじめの原因となる差別や偏見のない社会を目指す活動運動のことです。その昔、ピンクのシャツを着て登校した男の子が、周囲から同性愛者だといじめられたことがきっかけで、その男の子を守るため学校中のみんなでピンクのシャツを着始めたのが、このピンクシャツデーの始まりだそうです。このピンクシャツデーの日はクラスのみんなでいじめについて話し合い、ピンクのシャツを着て写真を撮りました。

 

授業では慣れない英語に苦戦していますが、日が経つにつれて英語にも慣れ、学校生活が楽しくなってきました。最終日が近づいてきましたが、日本に帰りたくないと思うほどクラスメイトとの仲が深まっています。さまざまな国の仲間たちとの出会いは一生の宝物です。

 

短期語学留学vol.11-2-1

 

ホストファミリーはとても優しく話しかけてくださり、はじめは「OK」や「YES」しか言えず、言いたいことも伝えられず、辛いこともありました。しかし、日が経つにつれて少しずつですが自分の意見が通じるようになり、相手が言っていることも分かるようになってきています。しんどいと思うこともありましたが本当にこの留学に参加してよかったと思います。

 

残りの数日間もいろいろな経験をして楽しみたいと思います!

 

人間環境デザイン学科1回生 浅田明香

【関連記事】

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.10~ホームステイ&放課後レポート!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.9~ Pink Shirt Dayに参加!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.8~語学学校での様子をレポート!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.7~ホームステイレポート!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.6~カーリングも体験!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.5~授業と放課後!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.4~ホームステイ開始!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.3~初めての登校日!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.2~ホームステイ先に到着!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.1~出発前レポート! 

2018年3月5日(月)

2018年2月17日(土)から3月8日(木)にかけて、2回生7名と1回生9名あわせて16名の畿央生がカナダのビクトリアでの短期語学留学プログラムに参加しています。2週間にわたりホームステイをしながら語学学校で過ごしたあと、3日間バンクーバーを観光して帰国する予定です。

 

参加学生からのレポート、第8弾をお届けします!

 

短期語学留学8-1-1

 

こんにちは!人間環境デザイン学科1回生の饗庭美咲です。カナダのビクトリアから留学やホームステイについて報告します!

 

私にとって初めての海外留学です。最初の頃は慣れないことばかりでしたが、数日経つとビクトリアでの生活にも慣れてきて、クラスメイトやホームステイ先でのルームメイトとも仲良くなることができています。

 

学校にはブラジル・コロンビア・ロシア・メキシコ・韓国などの様々な国から来たクラスメイトがいます。クラスメイトと会話することで、カナダ以外の国についても学ぶことができるので毎日が新鮮で楽しいです。休憩や昼食の時間もクラスメイト同士が会話をしていて、教室はいつも元気で和やかな雰囲気です。

 

短期語学留学8-2-1

 

ホストファミリーはとても優しく、私の下手な英語をしっかり聞いてくれます。夕食後には1日の出来事を話したり宿題を一緒にしたりします。ホストファーザーには、飲食店などで支払うチップについて教えてもらいました。チップは日本にはない仕組みなので、聞いていて驚くことばかりでした。ホストファミリーやルームメイトから教えてもらうことが多く、充実した日々を過ごしています。

 

短期語学留学8-3-1

 

現地では英語を書くことより話すことのほうが何倍も多く、うまく伝えられない度に話す力や説明する力がまだまだ未熟だなと感じています。しかし、相手が話している内容を理解したり、上手にコミュニケーションがとれたりするとすごく嬉しいです。

 

残りの留学生活も悔いのないように過ごしたいです。そしてカナダで学んだことは忘れずに、これからも英語を勉強していきたいと思います!

 

人間環境デザイン学科 1回生 饗庭 美咲

 

 【関連記事】

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.7~ホームステイレポート

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.6~カーリングも体験!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.5~授業と放課後!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.4~ホームステイ開始!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.3~初めての登校日!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.2~ホームステイ先に到着!

畿央大学短期語学留学プログラム 2018(カナダ) 現地リポートvol.1~出発前レポート!