畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2017年5月1日(月)

こんにちは!学生広報スタッフ、人間環境デザイン学科4回生の西森です。

2017年4月23日(日)に行われた奈良県田原本町で行われた「やどかり市」に参加し、清水研究室のゼミ生を中心に6名で、イベント参加者と主催する商店主の方々へ、イベントに対するアンケート調査を実施しました。

「やどかり市」は、田原本町の活性化を目的として年に2回行われているイベントで、今回で第5回目となります。清水研究室では、観光・まちづくり推進課と協働で第3回目からアンケート調査を実施していますが、調査結果を元に会場を一時的に歩行者天国にしたり、休憩スペースを増設したりするなど、イベント運営の参考にしていただいています。

 

やど結合12

 

当日は、晴天に恵まれて、イベントは大盛況でした!

各商店が自慢の商品やサービスを提供する「一店逸品」や、ハンドメイドの雑貨のお店などが集まった『駅前マルシェ』を中心に、ミニ新幹線や、バルーンアート、スタンプラリーなど子どもたちも楽しめるイベントが盛りだくさんでした!

 

▼ミニ新幹線(写真左)と黒滝村ゆるキャラ 「くろたん」(写真右)

やど結合34

 

僕自身、このイベントに参加したのは今回が3回目ですが、来客者側の目線も忘れずに調査を行っています。3回連続で参加してみて感じるのは、毎年来場者数が増えて賑わいが増しているということです。過密交通の問題など、アンケート調査により明らかとなった問題点を改善した結果として、だんだんと賑わいが増していることを肌で感じています。

『やどかり市』はまだまだ始まって日の浅いイベントであり、今後の展開が楽しみです。

 

このイベントの本来の開催目的は、商店街の活性化です。イベント当日のような賑わいが継続的になり、地域の活気につながっていくことを願っています。アンケートから得られた『やどかり市』や地域に対する皆さんの思いを還元し、次回の開催に活かしてもらうことで、微力ながら、地域の賑わいを取り戻すお手伝いができたらと思います!

人間環境デザイン学科4回生 西森 裕斗

【関連記事】

田原本町「やどかり市」でアンケート調査を実施!~人間環境デザイン学科清水ゼミ

2017年4月12日(水)

平成29年4月6日(木)と7日(金)の2日間にわたり、愛知県犬山市にある博物館明治村にて新入生宿泊研修が行われました。研修には新入生68名、学科長の三井田先生を始め、1組担任の東先生、2組担任の西山先生、陳先生、中井先生が参加し、研修の進行をサポートするデザイン学科4回生4名の総勢77名の参加となりました。

 

20170412 デザイン学科 新入生研修12

 

博物館明治村とは、戦災や震災で取り壊される運命にあった明治建築を保存展示している野外博物館です。全国各地からこの場所へ移築されており、重要文化財10棟を含む60数棟の歴史的建築物が現在も保存されています。人間環境デザイン学科では今後、建築・インテリア・アパレルに関する「デザイン」を学んでいきます。その最初の基盤として、毎年豊かな環境や歴史的建造物が存在する地域を訪ねます。

 

【研修1日目】

明治村へ到着し昼食のカレーを食した後、明治村館内へ。館内では8班のグループに分かれ、それぞれ好きなルート辿って3時間ほど見学しました。

▼見学時の様子:新入生各々が、見て・聞いて・触れて感じたことをまとめました。

 

デザイン 新入生研修 写真

 

 

▼聖ヨハネ教会堂(1907年建設)

 

20170412 デザイン学科 新入生研修5

 

明治建築の石造・煉瓦造りが特徴的です。なんと天井には竹が使われており、なんともいえない落ち着いた空間となっていました。

 

 

▼宇治山田郵便局舎(1909年建設)をバックに記念撮影

 

20170412 デザイン学科 新入生研修6

 

建存する郵便局庁舎の中では日本最古です。中に入ると円形のホールがあり、天井はまわりの事務室部分より一段高くされ、高窓から光が入るようになっています。

 

 

▼聖ザビエル天主堂(1890年建設)

 

20170412 デザイン学科 新入生研修7

 

ステンドグラスからの光がとてもきれいでした。フランス人の設計原案に基づき、日本人の手で造られたもので、柱や天井など職人の繊細な技術が見られます。

 

▼帝国ホテル (写真左)内観 (写真右)外観

 

帝国ホテル内観・外観

 

アメリカの有名建築家フランク・ロイド・ライトによって設計されました。建物内外は幾何学模様に彫刻された大谷石や櫛目を入れた煉瓦で装飾され、柔らかで華麗な空間となっています。

これらの他にも、森鴎外と夏目漱石が住んでいた住宅や、西園寺公望の別荘など、数多くの建築物がありました。新入生のみなさんにとっては、初めて知ることばかりで質問が多く飛び交っていました。

 

▼館内見学前の昼食時。入学して間もない時期でも、すっかり仲良くなっている様子!

 

20170412 デザイン学科 新入生研修15

 

新入生は建物を見て「感動したこと」「不思議に思ったこと」「感心したこと」などを各々でまとめ、1日目の研修が終了しました。

 

 

【研修2日目】

2日目午前中は、班ごとにわかれグループワークをしました。明治村でまとめたものをグループ内で模造紙にまとめ、「明治村内で一番好きな建物」「今と昔の違い」「特徴」など、各班それぞれ違った発表を行いました。新入生各々が各観点から建物を観察するため、色んな意見が飛び交い、非常に充実した貴重なグループワークとなりました。

 

▼新入生のグループワークに耳を傾ける三井田学科長

 

20170412 デザイン学科 新入生研修10

 

 

▼グループワーク:入学後の初めての発表ということもあり、すこし緊張している様子。

 

20170412 デザイン学科 新入生研修11

 

▼グループワーク後の昼食:緊張もほぐれ終始リラックスした様子。長良川沿いにあるホテルで、桜が満開で綺麗でした。

 

20170412 デザイン学科 新入生研修13

 

 

▼最後は全員で記念撮影!

 

20170412 デザイン学科 新入生研修14

 

今回の宿泊研修では、明治建築の特徴やデザインなどをたくさん学ぶことができました。これからそれぞれの夢に向かってみんなで頑張りましょう!!(^^)/

 

人間環境デザイン学科 助手 中井千織

【関連記事】

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.4~健康栄養学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.3~看護医療学科2回生レポート

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.2~理学療法学科

平成29年度 新入生宿泊研修レポートvol.1~看護医療学科

2017年3月14日(火)

2月21日(火)~24日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場で行われた平成28年度のスポーツ実習(冬季)。1年生の受講生113人、アシスタントとして2年生・3年生の助力12人、教員10人、合計135人が参加しました。助力として頑張ってくれた2名からのレポートです!

 

【理学療法学科2回生レポート】

スポーツ実習には理学療法学科からは5名が助力として参加させていただきました。

 

314jo1

 

私たちは怪我や健康面のサポートのために参加し、テーピングやストレッチの指導を行います。そこで、スキーとスノーボードでは膝や足関節を傷めることが多いために前日の準備としてテーピングの練習を行いました。初めてテーピングを巻く学生が多く、特に足関節で1番始めのアンダーラップを巻く段階で苦戦しました。他にも強く巻いたり弱く巻いたりするなどの力加減が難しかったですが、お互いに教え合い、先生に質問しながら練習することでなんとかテーピングが出来るようになりました。また実習では色々な体格の学生にテーピングしないといけないため助力同士で交代しながら何度も練習し、全員で実習に担えました。

【参考記事】甲子園メディカルトレーナーに学ぶテーピング技術!~理学療法学科3年次配当「義肢装具学実習」

いざスポーツ実習が始まってみると、やはり膝や足関節が痛いと訴える学生が多かったです。どのように動かせば痛いのかを確認しテーピングなどの対処をしていきました。触診も実際に行ったため、筋の走行などの解剖学や運動学の知識の必要性を思い知らされました。

また、初めてスノーボードやスキーをする学生が多いため筋肉痛になる学生が多かったです。そこで夜のレクリエーションとしてストレッチを行いました。身体のどこが筋肉痛なのかを1回生に聞き、どのようなストレッチをすればいいのか考えるのは難しかったです。しかし、ストレッチのあとに1回生から「身体が楽になった!!」という言葉をもらえたときにはやり甲斐を感じました。

 

314jo2

 

今回、助力として参加させていただくことで新しくテーピング技術を身につけること以外にも教育学科や看護医療学科の助力の方、先生方と協力することで周りをまとめる力をつけることもできたと思います。助力として冬季スポーツ実習に参加でき、本当に良かったです!!

  理学療法学科2回生 中山明里紗

 

【現代教育学科2回生レポート】

今回助力として参加して、まず去年受講生としてでは気付かなかった実習の成功の裏にあるたくさんの方々の協力、助力という立場がいかに重要で難しい立場かと、さまざまなことに気付けた4日間でした。

レクリエーションなどでは、助力がリーダーシップをとり、実習生をまとめたり、助力、実習生ともに結束力を高めたりする場面もありました。このことから、人をまとめる事の難しさを感じると同時にやりがいと、仲間の大切さを、改めて感じることができました。

 

314jo3

 

そして何よりよかったのが、大きな問題なく受講生が充実した実習を送れたことです。

ウィンタースポーツは正しく学び、正しく行うことで素晴らしい競技であること、班などのチームワークの大切さに気づいた、など受講生からたくさんの嬉しい言葉が聞こえて来ました。

また僕たち自身も多くの学びや気づきに出会えました。助力として様々なしんどいこともありましたが、無事実習が終了して良かったと思います。僕たち学生スタッフにとっても学びと実り多き実習になりました。

 

現代教育学科 2回生 小山輝

314jo4

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.4

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.3

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.2

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.1

2017年3月7日(火)

大和高田市主催のまちづくりワークショップに、人間環境デザイン学科の三井田プロジェクトゼミ(3回生・2回生それぞれ10名)が参加しました。

平成28年11月26日(土)、平成29年1月28日(土)、平成29年2月25日(土)と計3回行われ、大和高田市の新庁舎移転に併せた周辺地域における将来像について市民の方々も一緒に意見交換をしました。

 

37ta1

▲好きな場所には緑色、変えるべき場所には赤色のシールを貼り意見交換します。様々な意見が出ました。

 

37ta2

▲4班に分かれ、大和高田市の魅力と問題点などについて話し合い、それぞれ発表しました。

 

プロジェクトゼミ生と一緒にワークショップに参加した4回生2名はこの経験を卒業研究に生かし、大和高田市新庁舎や多機能複合型施設を考えました。そして、平成29年3月6日(月)、卒業研究で作成した模型と図面を大和高田市役所にて提案しました。

 

37ta3

市役所の提案 アーチ状のデザインを取り入れ、シンボリックな外観を表現しました。

 

37ta4

複合型施設(生涯学習センター) 交流の場を増やそうと中庭型のデザインにしています。

 

37ta5

 

大和高田市役所の方からは、「我々には思いつかない自由な発想が良い」「中庭型が良い」など様々なご意見をいただきました。2回生、3回生も今回の経験をこれからの課題にどのように生かしてくれるのか楽しみです。

 

もうすぐ桜の季節、ぜひ大和高田へ足を運んでみてはいかがでしょうか(^^)

大和高田市の皆様、様々なご意見をありがとうございました!

2017年2月24日(金)

平成28年度のスポーツ実習(冬期)は、2月21日(火)~24日(金)まで、長野県北安曇郡白馬村の白馬五竜スキー場で行われています。1年生の受講生113人、アシスタントとして2年生・3年生の助力12人、教員10人、合計135人が参加しています。

 

集合写真9344

 

 

最終日の学生レポートです。

 

集合写真9341

 

楽しかったスポーツ実習も、今日で終わってしまいました。
初日、滑り出しはスキー板を履いた状態で、滑ることも止まることもままならず、どうなることかと不安に思っていましたが、優しいインストラクターの方、支援してくださった助力の先輩や先生方のお陰で少しずつ滑れるようになりました。

最終日となる今日のフリー滑走では、初日からの状態からは想像もできないほどスムーズに楽しく滑っている自分がおり、それが一番の驚きでした。

こんなに充実した4日間を過ごせたのも、周りにいた皆様、陰ながら支えてくださった皆様のおかげだなぁと、本当に本当に感謝しています。

 

今回のスキー実習では、スノースポーツの技術だけではなく、皆様の多くの優しさに触れ、声掛けや気遣いなど、周りを思いやる気持ちの大切さにも気づかされました。
スキー実習で学び取ったことを、これからの生活でも活かせるように、精進していきたいと思います。

理学療法学科 1回生 池田茜

 

 

集合写真9374

 

 

 

【関連記事】

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.1

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.2

冬のスポーツ実習2017(in 白馬村)レポート vol.3