畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

人間環境デザイン学科

2019年10月28日(月)

人間環境デザイン学科の加藤ゼミです。

2・3回生合同の加藤プロジェクトゼミでは毎年、2畳茶室を制作しています。

9年目となる今年は3つの茶室を作りました。コンセプトは「吊る」です。

 

▼2019茶室「吊庵」-TSURIAN-※クリックすると拡大します。

図1

 

▼2019茶室「吊庵」-TSURIAN-メンバーの紹介です!※クリックすると拡大します。

図1

 

今年度、展示した3つの作品について紹介させていただきます。

 

A庵の作品コンセプト

まるで立方体が宙に浮いているような茶室。様々な色の毛糸を使い、茶室の概念を壊した作品です。

揺れる糸の幻想的な空間をお楽しみください。

 

▼作品写真

A庵①

A庵②0

 

【A庵 制作班長のコメント】

茶室を吊るにあたって、素材選びに苦労しました。重いと吊ることができず、軽すぎるものでは強度が劣るため、制作していく上で重さ、強度を確認しながら微調整しました。糸に関しても、素材や糸の太さ、糸と糸の間隔によっては絡まってしまうため、試行錯誤を重ねました。実際に吊ってみるまでは不安でしたが、無事に吊り上げることができてよかったです。

 

     A庵班長 人間環境デザイン学科3回生 岡田由希

 

B庵の作品コンセプト

唯一、宙に浮かない「吊庵」。たくさんの糸の色、キラリと光る色、糸の間などの変化を楽しむことができます。

中に入ることができ、床にはペットボトルキャップを敷きつめていますので、踏む感触以外にもブラスチック海洋破棄問題についても、考え欲しいと、願いを込めて制作しました。

 

▼作品写真

S__319987732

wfjwefvrejoger

S__319987731

 

【B庵 制作班長のコメント】

約6mの毛糸を114本扱う茶室でしたので、どうしたら絡まずに、時間をかけずに設置出来るのかが1番の問題でした。様々な方法を考え、「床を8パーツに分け、1パーツにあらかじめ最大18本の糸を貼り付けておき、設置時に2階から降ろす」という方法にしました。その結果、3時間で設置を完了することができました。均等に張られている糸、糸の色、床のキャップ、躙口…等たくさんこだわりがあります。原寸大での製作は想像以上に大変でしたが、メンバーにも助けられ、いい作品ができてよかったです。

B庵班長 人間環境デザイン学科3回生 稲井葉澄

 

 

C庵の作品コンセプト

1枚の紙を切ることによって幾何学模様の立体を生み出し、吊られていることを感じさせない、まるで宙に浮いているかのような茶室。中の空間は今までには体験したことのないものになっていますので、この茶室が生み出す幾何学的な空間をお楽しみください。

 

▼作品写真

catsnbftgf fxb gfdcb dfcv

 

【C庵 制作班長のコメント】

今回の茶室のコンセプトは「吊る」ということで様々な問題に直面しました。
まず素材の重さ。軽すぎると形にならず強度も劣り、重すぎると重みに負けて形が保たれないなど、考えただけでは分からず、とりあえず作ってみて上手くいくか確かめるという作業の繰り返しでした。
一つを作るのに時間もかかり、ゼミ活動内では終わらずゼミ活動外でも集まり、また作るという、行き当たりばったりな活動となってしまいました。そのため思っていた作品とは違う形になってしまい非常に悔しいです。
ですが、その分得た物も多く、非常に有意義な活動にもなりました。いい茶室ができると信じて一緒に茶室を作ったメンバーにも感謝の気持ちでいっぱいです。私たちC班はこの悔しさをバネにし、より良いものを作り上げていきたいと思います。

C庵班長 人間環境デザイン学科3回生 荒木完

 

【過去の茶室記事】

2011年 浮游庵 fu-you-an(浮く茶室)

2012年 PET庵(ペットボトル茶室)

2013年 「段庵」(ダンボール茶室)

2014年 「蹴鞠庵」(サッカーボール型茶室)

2015年 「ゲル庵」(モンゴル移住民の移動式住居)

2016年 「紙庵」(トイレットペーパーと古新聞の茶室)

2017年 「紐庵」(紅白の毛糸と木材を組み合わせたの茶室)

2018年 「角々庵(かくかくあん)」(三角と四角の幾何学デザインの茶室)

2019年10月15日(火)

令和元年9月21日(土)「広陵町かぐや姫まつり」にて靴下デザインコンテストの授賞式が行われました。今年も村田ゼミは靴下ファッションショーという形で受賞された靴下と私たちの制作した衣装を披露しました!

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ1-1

 

広陵町は、靴下生産高日本一の「靴下の街」です。広陵町の靴下産業が始まって約100年が経過。この靴下デザインコンテストは、今年で6回目を迎えました。

年々応募が増えており、今回は全国から2264点もの応募がありました。その中から、最優秀靴下組合長賞(1点)、広陵町長賞(1点)、広陵町商工会長賞(1点)、佳作(11点)、ユーモア賞(3点)、かぐやちゃん賞(1点)の全18点が選ばれました。私達、村田ゼミのメンバーがこの靴下ファッションショーに参加させていただいてから、6回目になりました。今回のファッションショーでは、今年募集した靴下デザインのテーマが、【プレゼントにあげたい靴下】ということから、お礼という言葉を連想し、また、令和元年に行われることから、今回のファッションショーのコンセプトを【れい】に決め、今年度は、2回生6名、3回生8名、4回生12名、そして村田先生の総勢27名で夏休み前から靴下ファッションショーに向けて活動してきました。

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ2-1

 

【 佳作ショー 】

着用したスカーフは、大学で学んだスポイト染めで各々が個性あふれるものに仕上げ、スカーフと受賞した靴下が目立つように、服装はシンプルな白のTシャツとデニムにまとめ、ショーの始まりに相応しい賑やかな音楽にのって2・3回生でウォーキングを行いました。

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ3-1

【 2回生ショー 】

2回生は大学生になって初めて実習で製作した甚平を着て、元気なダンスで盛り上げてくれました!

 

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ4-1

【 畿央靴下 】

今年も広陵靴下組合長さんに私たちが考える畿央靴下を作っていただきました。デザインの特徴として畿央大学のロゴに使われている青と緑を使用し、ロゴやマークではなく、“色”で畿央大学を表現しました。誰もが履きやすい、履きたいと思えるデザインに仕上げています。

衣装は靴下に合うように、そしてアパレルを学ぶ私たちらしいデザインにし、今までの学びや知識をいかし、分からないところは先生に聞くなどして頑張って制作しました。衣装は乃木坂46の衣装をモチーフに制作しています。こだわりは、全体に統一感を持たせるため同じ生地を使いつつそれぞれが違うデザインにしたことです。変化をもたせたことで、全体で見たときに単調な印象にならないようにしました。

衣装制作では、衣装チェンジすることを考えて、着脱のしやすさにも工夫をしています。そのため、試作を繰り返し、型紙を何度も書き直して調整しました。衣装に使ったチュール素材は扱い慣れない生地だったのでで、縫製には苦労しました。

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ5-1

【 ユーモア賞 】

4回生は実習で製作した浴衣を着用し、個性あふれる華やかなショーを作り上げました。

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ6-1

【 かぐやちゃん賞 】

女子4人のグループ。シルエットがゆったりとした可愛らしいイメージのワンピースにしました。ダンスは、今回のテーマに合わせてバラの花を贈る演出をしました。

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ7-1

【 広陵町賞 】

靴下が目立つようにモノトーンな服に仕上げました。女子の衣装はアシンメトリーにつくり、モノトーンかつオシャレに見えるように工夫をしました。男女のグループらしいダンスでショーを盛り上げました。

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ8-2

【 最優秀賞 】

大学で学んだ染色技術や絞りの技術を使い、各自が個性あふれる模様を作り出し、シンプルな白いTシャツに各々が縫付け、好みの服に仕上げました。個性溢れる服に仕上げつつ、統一感のある衣装を着て、かっこいい音楽でウォーキングをしました。

 

「靴下デザインコンテスト授賞式・ファッションショー村田ゼミ9-1-down

 

【フィナーレ】

子どもにも人気で、誰もが一回は聞いたことのある「パプリカ」の音楽に合わせて、村田ゼミ全員でダンスを踊りました。手にはパプリカカラーのお花を持ち、フィナーレに相応しい音楽でショーをまとめました。

 

【最後に】

靴下コンテストで受賞された皆様おめでとうございます。このような靴下コンテストという素晴らしい場に、こうして今年も村田ゼミが関わらせて頂けたことを大変嬉しく思います。そして、この靴下ファッションショーを開催するにあたりお世話になりました、広陵町靴下組合の皆様、その他関係者の皆様に深く感謝いたします。そしてファッションショーを見に来て下さった皆様に深く感謝致します。ありがとうございました。

 

人間環境デザイン学科  村田ゼミ3回生

三歩莉奈、太田琴音、北原享、西岡あさひ、松岡直香、浅田明香、森田圭亮、山中瑠莉

 

【関連記事】

2・3回生が靴下ファッションショーをプロデュース!~人間環境デザイン学科 村田ゼミ

34名で靴下ファッションショーをプロデュース!~人間環境デザイン学科村田ゼミ

2019年9月27日(金)

2019年9月5日(木)~7日(土)、京都テルサ(京都府民総合交流プラザ)において、OMEP(世界幼児教育・保育機構)アジア・太平洋地域大会2019 in京都が開催され、人間環境デザイン学科 村田ゼミの4回生12名がポスター発表で参加させていただきました。

 

村田ゼミ学会1-1-side

 

今回の学会では、ゼミ活動の一環として幼稚園や保育所や小学校で繊維についての出前授業を行ったこと、そして出前授業ではエプロンシアターやペープサート(紙の人形劇)を用いて、子どもたちへ繊維素材からものづくりまでをわかりやすく伝えるために工夫したことについて発表しました。また、外国の方々がたくさん来られていたため、英語の発表原稿を作成し、英語でポスター発表を行いました。

 

Our laboratory conducts research on natural fibers such as silk and cotton, which are familiar fibers. For about 15 years I have visited nearby nursery schools, kindergartens, and elementary schools with people from the local community and students, and held classes on silkworms and cotton.”

 

▼実際に外国の方々に発表している様子。

村田ゼミ学会3-1

 

発表を聞いてくださった外国の方々は、繭や養蚕、綿栽培、糸づくりなどの工程や私たちの伝え方の工夫を聞き、「It’s impressive!」「Keep up the great work!」などの感想をいただきました。

エプロンシアターやペープサートは視覚的にもわかりやすく、大変好評でした。質問にも、拙い英語とジェスチャーを交え、一生懸命に応答しました。

 

▼エプロンシアター:種から芽が出て花が咲き綿が収穫できるまでの過程を、エプロンの上で表現しました。

村田ゼミ学会4-1

 

▼ペープサート:蚕が成長して繭を作っていく過程を、紙人形劇で発表しました。

村田ゼミ学会5-1

 

私たちが身につける衣服は繊維からできていて、繊維は命ある動植物から得たものであることも子どもたちに伝えたいと考えています。本出前授業では、エプロンシアターやペープサートを用いることによって、子どもたちが動植物の命を考えるきっかけになるよう工夫をしています。今回多くの方々に発表を見ていただいたことで、私たち自身の活動意識も高まり、大変良い機会になりました。

 

村田ゼミ学会6-1-side

 

これから私たちは、育てた蚕から引いた生糸、育てた綿で紡いだ綿糸、羊から刈り取った羊毛などを材料にして卒業制作に取り組みます。糸つむぎや織りなど一つ一つの作業工程を大切にし、繊維の命に感謝しながら制作を行っていきます。

 

人間環境デザイン学科4回生 鴛海菜津子・楠本直基(村田ゼミ)

2019年9月10日(火)

明日香村国際サマーワークショップ2019

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では、2年次配当「海外インターンシップ」の一環として『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●7日目:8月31日(土) 

とうとう1週間のサマーワークショップも本日で最終日となりました!

午前8時30分頃から1週間明日香村で過ごしていた高雄大学の学生たちの離村式が行われました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 1-1

▲離村式の様子 学生からホストファミリーへ挨拶しています。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 2-1

▲お別れの様子 必ずまたいつか会いましょう。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 3-1

▲高雄大学の皆さんとホストファミリーさんとの記念撮影

 

9時15分集合でしたが、どの班も早くに集まって発表をより良いものにしようとぎりぎりまでミーティング・作業を行っていました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 4-1

▲発表前の様子

 

発表は、まず岡地区の提案チームから始まりました。

A班は、1月~8月までの毎月の明日香村特有の水路と明日香村ゆかりのものを活かしたまち全体でのイベントを提案。昼に楽しむことがメインである明日香村で、夜も楽しめるようにし、村での滞在時間を伸ばすことを目的とした施設の設計、水路を使った町全体での季節ごとのイベントなどで観光客宿泊客増加を目指した企画を提案。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 5-1

▲A班発表の様子

 

B班は、O邸を拠点に岡地区の景観に四季折々の植物を用いて華やかにしようと考え、明日香村の現在の問題点を改善するために、明日香村と若者、観光客がお互いに需要と供給が成り立つよう考えられた企画を提案。主に植物を使い、岡地区を盛り上げます。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 6-1

▲B班発表の様子 たくさんのイメージスケッチが貼られています。

 

C班は、明日香村の特徴である自然の豊かさをキーにして、観光客によりその魅力を体験できる拠点を作り、その拠点から続く町並みに照明やポケットパークを設置して、各観光スポットへ誘導するような全体像を提案しました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 7-1

▲C班発表の様子 明日香らしい照明が提案されました。

 

次に、栢森の空き家の改装プランのプレゼンテーションです。

A班は、『KAYANOMEMORY』とタイトルを設け、地域の人や民宿客など栢森に訪れた全ての人々と栢森のオーナーの思い出が重なり合う空間を目指した設計を提案。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 8-1

▲A班発表の様子 様々なパースが描かれていて、よりイメージが伝わってきました。

 

B班は、『栢森 -Ruby Moto-』ツーリングが好きな人向けに、旅の疲れを癒すとともに、数日かけてバイクに乗って明日香を楽しんでもらうための宿泊施設を提案。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 9-1

▲B班発表の様子 ツーリングコースの提案もありました。

 

C班は、観光客と地域の人、または、地域の住民同士の交流の場になればという想いを込めた民宿と、地域の人も使える共用のキッチン『栢森の台所』を提案。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 10-1

▲C班発表の様子 明日香村で採れた野菜などをそのまま調理できる空間などもありました。

 

どの班の発表も言語を問わず、皆さんがとても熱心に聞き、メモを取っている様子も見られました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 11-1

▲話を熱心に聞く学生や教授と明日香村の住人の方々

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 12-1-down

 

全班の発表が終わると、いよいよ結果発表です。短い期間の中でより深い提案ができた班を発表します。どの班もドキドキです。

選考は台湾高雄大学の陳教授によって行われました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 14-1

▲陳先生の評価発表 

 

結果は、岡地区 A班 いづみ横丁

栢森地区 A班 KAYANOMEMORY が選ばれました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 15-1-side

▲左 岡地区優秀賞Aチーム 右 栢森優秀賞Aチーム

 

となりました!!今回選ばれたこの班だけが特別良かったわけでは無く、どの班もいろいろな視点から明日香村のことを考えた素敵な提案ばかりで、それぞれの良いところを組み合わせればもっとよりよくなるだろう、とおっしゃっていました。約4日間の作業時間でしたが、本当に皆さんお疲れさまでした。

結果発表が終わると最後にバーベキュー!!…だったのですが、あいにくの天気で室内にて立食に。(苦笑) 最後の締めとなるお昼ご飯も、明日香村産の旬の食材を使ったバーベキューを「ポカフレール」さんに用意していただきました。おいしい旬のお野菜とたくさんのお肉でお腹いっぱいになりました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 17-1

▲乾杯の様子

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 18-1-tile

▲皆さん打ち解けて楽しそうです。

 

明日香村役場の方々にも、1週間大変お世話になりました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 23-1

▲高雄大学の学生と交流を深める三井田先生

 

みなさん本当に1週間お疲れさまでした!!

初日に感じた言語の壁も最終日には乗り越えて、同じ建築を学ぶ学生として仲良くなっていました。ぜひ今後ともこのような交流が続いてほしいです。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.7 24-1

▲畿央大学、高雄大学、明日香村の方々の集合写真

 

今回のワークショップで出会ったすべての方々に感謝を申し上げます。

本当にありがとうございました!!!

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

人間環境デザイン学科3回生 岩城柚葉 ・2回生 麻田彩花 木場美海 中道陽夏

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.5~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科

2019年9月9日(月)

明日香村国際サマーワークショップ2019 

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では、2年次配当「海外インターンシップ」の一環として『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●6日目:8月30日(金)

今日1日で提案資料を完成させなければなりません!さっそく作業の開始です。

朝から夕方までチームごとに分かれ、発表に向けての課題に取り組みました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 1-1-down

 

先生方からお菓子の差し入れがありました。ありがとうございます!

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 3-1

▲差し入れの様子。

 

22新聞

▲昨日のワークショップの様子が奈良新聞で掲載されていました。

 

お昼には、毎回楽しみにしていたお弁当です!今日で食べるのも最後です…

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 5-1

▲ゆいの屋さんのお弁当。

 

台湾の方と日に日にコミュニケーションが深まってきています。思っていることが伝わると嬉しくなります。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 6-1

 

進んで行くにつれ、問題点が見つかり、改善したり提案したり時間に追い込まれながらもなんとか完成させることができました。ほとんどの人が最終バスのギリギリまで作業をしていました。

 

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.6 7-1

▲先生に確認をしてもらっています。

 

提案発表は模造紙やパワーポイントで発表します。明日の発表にて、6日間で学んだ明日香村の歴史や街並みや法令をふまえて、これからの明日香村の改善案を提案したいと思います。発表が楽しみです!!

 

人間環境デザイン学科3回生  福嶋佳奈子

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.5~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科