畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

現代教育学科

2018年2月15日(木)

教育学部学生ボランティア5名が案内役となって学内を探検!

 

2018(平成30)年2月9日(金)午前11時~12時の約1時間、近隣の広陵町立真美ヶ丘第二小学校の2年生児童22名が生活科の校外学習で畿央大学へ来られました。同校は2009年度から、本学や広陵町内の事業所などに生活科学習で訪問されており、本学へは9回目の訪問となります。

 

教育学部4回生ボランティア学生5名(指導教員:島恒生教授)が小学生5名ほどに分かれた5グループに付き添い学内を探検しました。教育学部の学生は普段のボランティア活動や実習で子どもとの接し方に慣れているようで、子どもたちに自己紹介し、探検中の注意事項を説明する頃には児童たちの心をつかんだようです。

 

学生ボランティアを先頭に大学探検スタートです。

 

大学探検1-2

▲これから大学探検をはじめます!教育学部学生5名が各グループに同行します。

 

大学探検2-1

▲さぁ出発です。どんな発見があるか楽しみですね。

 

大学探検3-2

▲図書館。多くの本の中から英語のマンガを発見しました。

 

大学探検4-2

▲キャンパスマップを見て今どこにいるか確認しながら移動しました。

 

大学探検5-1

▲学生食堂。「おいしそう!」と身を乗り出していました。

 

大学探検6-1

▲オープン教室。「先生も授業の練習してるんだ」との声がありました。 

 

大学探検7-2

▲人間環境デザイン学科の卒業制作発表会を見学しました。

 

大学探検8-1

▲学生スタッフにインタビュー。お兄さんお姉さんに、知りたいことを聞きました。

 

大学探検9-1

▲探検終了。また畿央大学に来てくださいね。

 

参加した学生ボランティア5名は、4月からは教員になったり、教育に関する企業で働きます。

子どもたちとふれあうことで、より一層教育や教職の魅力を感じ、やりがいを感じたようです。

 

«学生ボランティアへのヒアリング»

【参加した感想】

・子どもたちがとても元気よくて、私も楽しみました。

・畿央大学を紹介することで、改めて「いい大学だな」と実感できました。

・子どもたちが「畿央大学に来たい!」と言ってくれてうれしかったです。

・見せたい場所が沢山あったので、もう少し時間が欲しかったくらい私も楽しかったです。

・児童たちから質問がたくさん出て、改めて自らが大学を知るきっかけになりました。

・同じ2年生でも児童によって雰囲気が違うということが感じられた1時間でした。

・4年間過ごした大学ですが、改めて大学のことを知りました。

・何となく知っていても、それを具体的に子どもたちに伝えることの難しさを学びました。

・1人1人の声を聞いてグループをまとめていくことは難しいと感じました。

 

【児童が興味をもった物事】

・卒業制作の展示・発表会場

・図書館で見つけた英語のマンガ

・キャンパス内に自動販売機があること

・映画館のようなホール

・理科実験室(どんな実験をしているのか)

・小学校にない施設(食堂など)

 

【教職について】

・子どもたちの素直な反応を見て、初めて見るもの、触れるものへの発見を一番近くで見られる教師という仕事は良いなと思いました。

・子どもたちのワクワク、キラキラした姿を見られて改めて教職へのやりがいを感じました。

・4月から教員として働くことに不安がありましたが、子どもたちと触れ合い、4月が楽しみになりました。

・子どもが学ぶ姿に元気をもらえるすばらしい職業だと実感した。

・子どもとしっかり向き合って、改めて、子どもの興味を伸ばしていける教員になりたいと思いました。

・子どもの興味や関心をさらに深めていけるような教師になりたいと思いました。

 

 

畿央大学では包括連携協定を結んでいる自治体を中心に地域密着を図り、社会貢献を果たすべくさまざまな事業・イベントに参加・協力をしています。

2018年2月8日(木)

「情報処理演習Ⅱ」で特別講師による講演!

 

「情報処理演習Ⅱ」(1年生後期配当必修)では毎年、テクノロジーと教育に関する最新情報や世界の流れを、ゲスト講師の方にお話しいただいています。今年は、畿央大学大学院の修了生の廣瀬一海氏(日本マイクロソフト株式会社)に来ていただきました。

廣瀬さんのお話を聞いて考えさせられたことは大きく分けて3つあります。

 

情報処理演習2-1-1

 

まず、1つ目はフィリピンの現状についてです。日本との物価の差、労働状況、生活の様子、教育の実態といったさまざまな角度からフィリピンについて話してくださいました。特に教育の実態については驚きを隠せませんでした。私たちは、小学校、中学校が義務教育学校であることは当たり前のことだと思っています。むしろ「勉強するのが面倒」「学校に行くのがだるい」と思っている児童生徒が多いぐらいかもしれません。

しかし、学校に行って授業を受けるというのは決して当たり前のことではないのです。フィリピンの子どもたちの中には、金銭的な問題で小学校を途中でやめざるを得ない子どもがたくさんいます。学びたくても学べない。そんな状況の子どもはフィリピンだけに限った話ではありません。世界には戦争によって学校に通えない子どもだってたくさんいるでしょう。今回、フィリピンという一つの国の現状を知ったことで、もっともっと他の国の教育の実態について知りたいと思うようになりました。また、改めて私たちがどれほど恵まれた環境の中で教育を受けていたのかということに気づかされました

 

IMG_3031

 

2つ目は、Surfaceと投票やコメントできるシステム「Mentimeter」を使った参加型授業についてです。この授業形態により、リアルタイムでみんなの意見を見ることができたり、写真などを見ながら授業を聞いたりと、集中力を持続させることができました。自分が思っていることを恥ずかしがって言えない子どもも、この授業形態なら意見を述べやすいし、教員自身も子どもたちが今考えていることを把握するにはとてもいい方法だと思いました。しかし、残念ながらふざけた解答をする人が出てくるなど、リアルタイムだからこその問題もありました。このような問題をどのように解決していくが、これからの課題だなと思いました。

 

情報処理演習2-2-1

 

このように、実際にテクノロジーを使った参加型授業を受けたことにより、この授業形態のメリットとデメリットがよく分かりました。将来教員になった際には、今回分かったメリットとデメリットをきちんと理解した上で、Surfaceなどのテクノロジーを一つのツールとして授業に取り入れていけたらいいなと思いました。また、これからさまざまなツールを手に入れ使いこなせるようになりたいとも思いました。

 

IMG_3122

 

最後は、今後の大学生活をどのように過ごしていくかについてです。

「日本は少子化が進んでいるから、この先もしかしたら教師は海外で仕事をすることになるかもしれない。だから、英語ぐらいは話せたほうがいいですね」という廣瀬さんの発言は、私の心に残りました。すでに、フィリピンでは英語の教師として海外で活動している人もいるということを聞いて、より現実味が増しました。少子化が進んでいるのは事実だし、今後教師どんな仕事がまわってくるのかは誰にも予想ができません。だからこそ、今後の大学生活の間にもっと色んなことに興味を持ち自分の幅を広げ、どのようなことが起こっても対応できるような柔軟な人になれるように努力しようと思いました。

 

IMG_3139

 

廣瀬さん、今回はお仕事お忙しい中、わざわざおいでいただき、ありがとうございました。大学院の先輩ということもあり、非常にお話がわかりやすく、心に残りました。あと3年、Surfaceを使って、さまざまな事を学んでいきたいと思いました。

 

教育学部現代教育学科1回生 野村真子

 

 【関連記事】

日本マイクロソフト社の「エバンジェリスト」によるドローン体験と特別講義!~現代教育学科

マイクロソフト コーポレーションのステファン・ショストローム氏が本学を訪問しました。

教育学部 西端律子教授が「Microsoft MVP for Surface」を受賞しました。

ゲスト講師による「教育×ICT」~教育学部キャリア形成セミナー

2018年1月17日(水)

近隣の未就園児の親子を対象に、第2・第4火曜日の午前10:00から畿央大学の和室を親・子・大学生のコミュニケーションの場として提供している「マミポコ親子ひろば」。自由遊び、手遊び、絵本の読み聞かせ、体操遊びなどをして元気いっぱい活動しています。

今回は1月の活動を報告します。

 

1/9(火)

◯自由あそび

◯絵本「はみがきあそび」

◯ふれあい遊び「きらきらあおい海」「ばすごっこ」

 

oyako1

 

今回は8組の親子が参加してくださり、とても賑やかな空間になりました。親子の交流はもちろん、お母さん方同士の交流、子ども同士の交流、お母さんと学生の交流など、親子ひろばならではの光景も見られました。

絵本、ふれあい遊びは共に子どもたちの笑顔が見られ、楽しんでいる様子でした。一年間通して行った「ばすごっこ」は、子どもたちなりにメロディーを口ずさんだりして、とても親しみをもってくれたようでした。

 

oyako5

 

今日で今年度最後の活動ということで、子どもたち一人ひとりのアルバムと戌年のメダルをプレゼントしました。アルバムの最後のページには思い出となるように、子どもの手形を取って中に貼りました。親子とも、目を輝かせてプレゼントを喜んでいただきました。

 

oyako4

 

今年度の活動は終了しました。ありがとうございます。また来年度5月から活動を始めますので、よろしくお願いいたします。継続していただける方も新規申し込みの方も心よりお待ちしております!

 

現代教育学科3回生 笹井綾子

来年度の新規申し込みはコチラからお願いいたします。

申込用紙はコチラから!

 

【参考記事】

2017年度「マミポコ親子ひろば」後期第3回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」後期第2回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」後期第1回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第6回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第5回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第4回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第3回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」第2回活動報告!

2017年度「マミポコ親子ひろば」初回の活動報告!

2018年1月9日(火)

2017年12月29日(金)に、教職クラブODEN同窓会が行われました。

毎年、年末に恒例で行われているこの同窓会ですが、今回も卒業生37名、在学生16名の合計53名の大人数でおこなれました。ODEN同窓会は、小学校・幼稚園や一般企業に務めている卒業生と在学生の交流を目的として毎年行われています。卒業生にとっては、大学の頃の熱い気持ちを思い返す良い機会となり、在校生にとっても社会で働いている卒業生と話ができる良い機会です。

 

oden2017

 

卒業生は、クラブの話、大学時代に取り組んだ活動などの話を在学生と一緒に語り合いました。この同窓会には教育学部一期生も参加しているので、このクラブができた目的やどのような苦労があったなど、(ODENの初代メンバーからも)直接在学生に話をしていました。

学部生から未来に向かった熱い思いなどを聞くことができて、私自身も、大学の頃に抱いていた情熱を思い出し、とても刺激を受ける良い機会になりました。それとともに、真剣な話も、他愛もない話もできる仲間がこんなにもたくさん居ることに嬉しさを感じる素晴らしい同窓会だったと思います。

 

▼在学生も含めて全員で記念撮影!

 

IMG_6184

 

教育学部3期生 關 恵祐

 

●畿桜会(畿央大学・畿央大学大学院・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)は、一定人数以上の同窓会開催を支援しています。詳細は大学ホームページ「同窓会開催の補助」をご覧下さい。

2017年12月26日(火)

こんにちは、マミポコ・キッズです!

私たちは畿央大学に地域の子どもたちを招待して、様々な遊びを行っています。今回は、2017年後期の第3、4回の活動の様子を振り返ってご紹介します!

 

第3回:11月26日(日)

地域の方をお招きして、伝承遊びを教えていただきました。「けん玉」「紙飛行機」「お手玉」「こま回し」「風車」「あやとり」の6つのブースをグループごとにまわって遊びました。「こま回し」では、回し方を地域の方に教わったり、自分で工夫して回し方を考えたりする姿が多く見られました。最後に、お題の文字の数に合わせた人数で集まるゲーム「みんなであつまれ」をしました。違うグループの友達や地域の方と仲良く手をつないで遊ぶことができました。

 

「レッツリズム」歌に合わせて体を動かそう!

マミポコ3.4-1

 

「紙飛行機」地域の方におり方を教えてもらおう!

マミポコ3.4-3

 

「みんなであつまれ」地域の方と一緒に集まろう!

マミポコ3.4-2

 

 

 第4回:12月17日(日)

後期最後の活動ということで、グループのみんなと協力してボールを運ぶ「おとしちゃだめよ」というゲームをしました。グループで作戦を立ててからゲームを行ったので、グループごとに違った工夫が見られました。また、一番最後のゲームとして行った2人組になってなんでもバスケットをする「ふたりでひとり」では、グループを越えてたくさんの友達と2人組になり、遊ぶことができました。

 

「ことばづくし」リズムをとってお題に合った言葉を言おう!

マミポコ3.4-4

 

「おとしちゃだめよ」グループで工夫してボールを運べるかな?

マミポコ3.4-5

 

これで後期の活動は終了となりますが、来年度前期からまた新たな活動を行います。子どもも大学生も成長でき、楽しめる活動になるよう、頑張っていきます。今後も活動の様子をブログで紹介するので、ぜひご覧ください。また、マミポコ・キッズでは毎回当日スタッフの方のご協力のもと活動を行っています。これからも、たくさんの当日スタッフの方の参加をお待ちしております。今後とも、マミポコ・キッズをよろしくお願い致します!

 

マミポコ3.4-6

 

現代教育学科 2回生 樋口茉悠

元神有未

1回生 岡田舞香

奥田奈緒

中木屋佑香

 

関連記事・リンク】

マミポコ・キッズ

マミポコ親子ひろば

2017年度「マミポコ・キッズ」後期第1回活動報告!

2017年度「マミポコ・キッズ」第5・6回活動報告!~現代教育学科

2017年度「マミポコ・キッズ」第3・4回活動報告!~現代教育学科

2017年度「マミポコ・キッズ」第1・2回活動報告!~現代教育学科