畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

健康科学研究科

2019年5月23日(木)

今年で8年目となる「畿央大学運動器リハビリテーションセミナー」が、始まりました。

今年度も4回のセミナーを予定しており、『患者様の見立て方』にフォーカスを当てたコンテンツをご用意しました。

 

2019年5月19日(日)は「基礎編」として、『医療画像について』『骨と生活習慣病』『運動器の痛みとリハビリテーション』『Fascia(ファシア)』の講義を行ないました。

 

畿央大学運動器リハビリテーションセミナー1-1

 

「医療画像について」

担当:理学療法学科 福本准教授

医療画像の原理や撮影方法など、特に超音波検査について時間を割き、今後の理学療法現場における超音波検査の

有用性と展望について講義をしました。

 

畿央大学運動器リハビリテーションセミナー2-1

 

「骨と生活習慣病」

担当:理学療法学科 峯松教授

骨の基礎的な部分から生活習慣病に至る経緯と骨への影響、また、その評価、いわゆる「見立て」に関して講義をしました。

 

畿央大学運動器リハビリテーションセミナー3-1

 

「運動器の痛みとリハビリテーション」

担当:理学療法学科・畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 前岡准教授

運動器の疼痛に関して、神経系からの疼痛の考え方を運動器リハビリへ応用するための評価方法について講義をしました。

 

畿央大学運動器リハビリテーションセミナー4-1

 

「Fascia(ファシア)」

担当:理学療法学科 今北教授

『Fasciaってご存知ですか?』から講義が始まり、近年注目されているFasciaについてわかりやすく解説し、国際Fascia学会で受賞された自身の基礎実験データなどを提示し、臨床現場への応用についても講義をしました。

 

 

毎回のことですが、受講者の方々は大変熱心に聴講していただきました。

次回は基礎実習として豚検体を使用した膝の解剖実習とエコー実習(7月28日)を開催します。

その後、評価編(10月27日)、評価応用編(2020年1月26日)と続きます。

 

●今後の運動器リハビリテーションセミナー詳細

 

評価から問題点を抽出し、問題点を打開するためのリハビリテーション(理学療法)プログラムを構築することは日々臨床で実施されていることと思います。その際、いわゆる『見立て』が重要であることは周知の事実かと思います。

リカレントともに最新情報を得ることで日々臨床に活用いただければと考えております。

各回、若干の空きがありますので、お早めにお申し込みください。スタッフ一同、お待ちしております。

 

理学療法学科 准教授 福本貴彦

 

【関連記事】

平成30年度運動器リハビリテーションセミナー「臨床編」を開講しました。

平成30年度運動器リハビリテーションセミナー「臨床実践編 (膝関節)」を開講しました。

平成30年度 運動器リハビリテーションセミナー「エビデンス編」を開講しました。

2019年3月18日(月)

平成30年度卒業証書・学位記・修了証書授与式が3月15日(金)、冬木記念ホールにて挙行され、566名の卒業生が巣立ちました。今年度から卒業パーティーは学科・専攻科にわかれて開催することになりました。

第1弾は「理学療法学科」です!

 

morioka1

 

 

理学療法学科13期生の西谷真由子です。3月15日(金)、ホテルモントレグラスミア大阪にて卒業パーティーが開催されました!理学療法学科は卒業パーティーを”謝恩会”とし、4年間お世話になった先生方へたくさんの感謝を込めて先生18名、大学院生を含む卒業生94名の合計102名が参加しました。

森岡先生による乾杯の掛け声とともに一気に盛りあがった会場は、友達と写真を撮る人、先生と思い出話を語り合う人、とにかく食べまくる人など…それぞれの楽しい時間を過ごしました。

 

PTparty0-vert

 

各ゼミから個性溢れる先生方へのビデオメッセージでは、先生のあるあるネタやあいうえお作文などで感謝の気持ちを表しました。私たちらしく、少しの感動と多くのネタが盛り込まれたビデオメッセージに、先生方はもちろん、会場全体がたくさんの笑いに包まれました。

 

PTpartymovie

 

大学院生からは、それぞれの指導教員である庄本先生・森岡先生・岡田先生に記念品が贈呈されました。

 

理学5

 

臨床に出ても更なるステップアップを求めて、修士・博士後期課程を修了された先輩方を拝見し、私たち学部生にも大きな刺激となりました。学部生からはゼミ担任の先生方へ花束やアルバム、記念品が贈呈され、卒業研究でたくさんの苦労や楽しさを分かち合った担任の先生を前にし、涙ぐむ学部生もいました。

 

 

PTpartypresent

 

先生方お一人ずつからいただいたメッセージでは4年間の出来事1つ1つ鮮明に思い出し、苦しかった試験も、楽しかった学生生活も全て13期生のみんなと共に乗り越えてきたんだと改めて気付きました。また、先生方にはいつもそんな私たちのそばで私たちの成長を見守って下さっていたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そんな笑いあり、涙ありの卒業パーティーは庄本先生の『閉会!!!』の言葉で、無事閉会しました。

 

理学3

 

私たちはそれぞれが抱いていた理学療法士になりたいという夢を、畿央大学で、素晴らしい先生方のもとで、素晴らしい仲間と共に、叶えられたことを誇りに思います。今後も大学生活で学んだことを決して忘れず、患者様のために日々勉強を重ねていきたいと思います。

 

あsかscc

 

 

お世話になった先生方、これから先もずっとずっと私たち13期生の成長を見守っていてください!!!!

そして、さらに大きくなった姿でまたお会いできることを楽しみにしています!ありがとうございました。

 

理学療法学科13期生 西谷真由子

 

 

IMG_6897

 

●大学公式facebookページで卒業式のフォトレポート!(facebookアカウントをお持ちでない方もご覧になれます)

 

≪他学科の卒業パーティーレポート≫

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.5~健康栄養学科編

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.4~看護医療学科編

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.3~現代教育学科編

平成30年度 卒業パーティーレポートvol.2~人間環境デザイン学科編

2019年3月11日(月)

平成31年3月9日(土)、畿央大学運動器リハビリテーションセミナー<臨床編>を開催しました。今回は、昨年7月29日に開催予定だったものが台風のため延期となり、日程が大幅に変更されたにも関わらず、近畿圏内をはじめ、ご遠方からもたくさんの方にお越しいただきました。

 

今回のセミナーは、上肢・下肢・体幹のつくりを知り、その運動療法の基礎と関連する最新知見について学ぶことを目的としています。

講義は、「肩関節のリハビリテーションと最新の知見」「運動器の痛みとリハビリテーション」「変形性膝関節症とその人工関節の最新知見とリハビリテーション」「足部の機能障害と理学療法」という4つに分けておこなわれました。これらは運動器の理学療法分野に従事するうえで、皆様が多く触れる機会のあるテーマであり、また講義内容は単なる文献のレビューではなく、講師陣の経験や実技も交えたものでとても充実したものでした。

 

運動器リハビリテーションセミナー1-1-tile

 

次年度もまた、引き続き運動器リハビリテーションセミナーを開催予定です。

今後もさらにブラッシュアップした知見をお持ち帰りいただき、臨床経験や臨床研究に生かしていただければと思っております。

詳細は決定次第、畿央大学ホームページにアップされますのでご確認ください。

皆様の受講を心よりお待ち申し上げております。

 

理学療法学科 准教授 福本貴彦

 

【関連記事】

平成30年度運動器リハビリテーションセミナー「臨床実践編 (膝関節)」を開講しました。

平成30年度 運動器リハビリテーションセミナー「エビデンス編」を開講しました。

2019年2月25日(月)

畿桜会(畿央大学・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)では、卒業後の同窓生のつながりを活性化することを目的に、一定数以上集まる同窓会の開催を補助しています。

同窓会開催にかかわる補助について(大学ホームページ)

 

今回は、今北ゼミ&福本ゼミ同門会レポートをお届けします!

 

20190210i

 

2019年2月10日(日)に、今北ゼミ・福本ゼミ合同で同門会を実施しました!

今年春に卒業予定の4回生から理学療法士として働いている社会人まで、総勢20名以上の会となりました。

今回は、大学で午前中から勉強会がスタートし、前半8名の卒業生に発表して頂きました。内容は臨床・研究・外部活動など様々な分野で発表をして下さいました。その後は、今北教授・福本准教授に特別講演をして頂きました。同じ理学療法士という職業でも、社会で活躍されている場面は様々で、改めて理学療法士の可能性の幅広さを感じました。私は社会人2年目になりますが先輩方や先生方の話を聞いて、私もこの場で自分の成果を発表出来るようにしていきたいと思いました。

 

collage20190210

 

勉強会の後は、奈良の大和平群のかんぽの宿へ移動し、宴会が行われました。勉強会の時とはまた違った雰囲気で沢山お話しを聴くことができました。

宴会の後は、さすが運動器ゼミ!と言わんばかりの本気の卓球大会が開催されました。1点入るごとに歓声が湧いたり、楽しい時間を過ごすことができました。

今年の同門会で、また更に縦と横の繋がりが深まったと感じました。また来年も参加させて頂きたいです。

 

理学療法学科11期生(2016年度卒業生) 安浦優佳

2019年2月7日(木)

畿央大学では、昨年秋に在学生アンケートを行い、出てきた学生の意見を参考にして、『畿央大学オリジナルグッズ』を作成しました。このたび、商品が完成し、学生食堂地下の売店(ヤマザキYショップ)で販売することになりました。

 

第1弾として販売するのは、5アイテム!!

「ボールペン(赤・黒)@140」と「シャープペンシル(シルバー・バイオレット)@430」と「クリアファイル@80」です。

全てのアイテムに、「KIO UNIVERSITY」名入れがされています。

 

20190207001

 

ボールペンは三菱鉛筆の「ジェットストリーム0.5mm」で、普段使いはもちろん、履歴書等の細かい書類の記入などにも使いやすい芯径です。

シャープペンシルは三菱鉛筆の「クルトガ0.5mm」で、芯が回って尖り続けるのが人気の商品です。

「クリアファイル」はA4サイズ、本学のシンボルでもある時計塔をデザインした畿央大学オリジナルアイテムで、オープンキャンパスでも配布する予定です。

一般の方でも購入できますので、大学オリジナルグッズをゲットしてみてくださいね。

 

 

また、グッズ第2弾として、4月以降に畿央大学ロゴ入りバインダー(クリップファイル)を販売開始する予定です。実習や演習等にも活用できる便利な商品です。お楽しみに!