畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

健康科学研究科

2018年3月30日(金)

平成30年3月24日から27日にかけてボストンで開催された第25回Cognitive Neuroscience Societyに森岡周教授、石垣智也(博士後期課程)と私(林田一輝 修士課程)が参加発表してきましたのでここに報告させていただきます。

 

ニューロ学会1

 

本学会は知覚、運動制御、注意、記憶、情動、発達など認知神経科学に関連する約800の一般演題があり、どの演題も非常に活発に議論されていました。1日目に運動主体感の研究を私と森岡教授が連番で発表を行いました。私にとって初めての国際学会で非常に緊張していましたが、多くの方が間髪入れずに質問に来ていただき、2時間の発表時間はあっという間に過ぎました。発表に向けて準備に時間をかけていたため、なんとか伝えることができたと思いますが、議論するための英語スキルが無く非常にもどかしく感じました。そんな中、拙いプレゼンテーションながらもVery interesting! You did it!!と言っていただき、今後の活動に対してモチベートされました。

 

ニューロ学会2

ニューロ学会

 

3日目はこの3月に博士後期課程を修了した石垣智也が対人ライトタッチの研究を発表し、その内容に多くの方が興味を持たれていました。英語での発表は慣れているようで、複雑な方法論を丁寧に話されている印象を持ちました。発表内容はすでに原著論文として国際雑誌に掲載されており、私も早く論文化せねばという思いが強くなりました。

 

ニューロ3

 

シンポジウムでは座長やシンポジストの発表で会場から笑いが起こることがしばしばあり、今回初めて国際学会に参加した印象は良い意味で皆が非常にラフであるということです。リクルートスーツを着ている者は一人もなく、コーヒーを飲みながら議論している風景が多く見られました。私の研究に対して、何も知らないけど面白そうだから教えて欲しいといった方が少なくなく、自身の研究領域と全く関係の無い研究に対して質問し、興味関心を広げようとする研究者としてのあるべき姿を感じ、それはまさに森岡教授が普段から言われている「他人の研究に興味を持ちなさい」という教えそのものでした。それを身をもって経験できたと感じています。

 

ニューロラスト

 

このような貴重な経験ができたのは森岡教授をはじめとする研究室の仲間の日頃のご指導と、畿央大学の手厚いバックアップがあったからであり、ここに深く感謝致します。

 

【発表演題】

森岡 周 教授

Sense of agency and motor performance are stronger when an individual is capable of motor prediction

 

林田 一輝(修士課程)

Effects of sharing goals with others on sense of agency and motor performance

 

石垣 智也(博士課程)

Association between Unintentional Interpersonal Postural Coordination Produced by Interpersonal Light Touch and the Intensity of Social Relationship

 

健康科学研究科 修士課程 林田一輝

 

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターHP

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターFacebook

 

【関連記事】

長崎大学大学院 運動障害リハビリテーション学研究室と研究交流会を開催!~ニューロリハビリテーション研究センター

大学院生が第41回日本高次脳機能障害学会学術集会で発表!~健康科学研究科

大学院生が第41回日本神経心理学会学術集会で発表!~健康科学研究科

2018年3月20日(火)

平成30年3月10日(土)に長崎大学大学院の沖田実教授の運動障害リハビリテーション学研究室から平瀬達哉先生、本田祐一郎先生、大賀智史先生、佐々木遼先生をお招きし、研究交流会が開催されました。

当研究室からは、佐藤剛介さん(客員研究員)、今井亮太さん(博士後期課程)、高村優作さん(博士後期課程)、藤井慎太郎さん(博士後期課程)が研究内容を発表しました。

金子研究科長にもご参加頂き、活発なディスカッションが行われました。

沖田教授からは、「筋性拘縮の病態とその発生メカニズム」と題して研究室の最新のデータを踏まえた講演をして頂きました。筋性拘縮の新しい知見を知る事ができ大変勉強になりました。内容もそうですが、講演内容の構成が素晴らしくプレゼンテーションの方法についても勉強させて頂きました。

 

写真1

 

金子研究科長からは、生理学の視点からイオンやチャネル、細胞核に関するご指摘やご質問があり、生理学者としてまだまだ現役でおられることを再認識致しました。

ディスカッションの中で、NGF(神経成長因子)はいい事も沢山してくれるが発痛物質でもあることについて、「なぜ、発痛物質となるNGFを産生するのでしょうね」と一言おっしゃられました。その何気ない一言にロマンを感じました。

 

写真2

 

普段から森岡教授がおっしゃられている治療法ありきのリハビリテーションではなく、病態・メカニズムをベースとするリハビリテーションの実践に向けて、今の自分にできる研究に集中したいと思います。

懇親会では金子研究科長の隣でハーバード大学へ留学中のお話など様々なことを伺うことが出来てとても幸せな時間でした。

このような機会を企画し、開催して頂いた森岡教授、沖田教授をはじめとする沖田研究室の皆様と運営をして頂いた今井亮太さんに感謝申し上げます。

 

写真3

 

畿央大学大学院健康科学研究科

博士後期課程2年 片山脩

 

 

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターHP

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センターFacebook

 

【関連記事】

神経リハビリテーション学研究室の研究交流会が開催されました~健康科学研究科

神経リハビリテーション学研究室の研究交流会が開催されました。

2018年3月14日(水)

福本ゼミの同門会を毎年3月中旬に開催していますが、今年は3月10日(土)に今北ゼミを交え、今北ゼミ・福本ゼミ合同で実施しました。

 

20170730musculoskeletal

 

14時から畿央大学で実施した「勉強会」には、今春卒業する4回生から働いて10年以上経過している理学療法士まで、総勢28名が集まりました。前半は今北ゼミの卒業生5人に発表して頂き、後半では福本ゼミの卒業生(院生)4人に発表して頂きました。卒業生の方々の発表はさまざまなジャンルがあり、今後の臨床にすごく参考になる内容で、理学療法士として働く場面をイメージしながら発表を傾聴させて頂きました。また、卒業生の方々の発表の後に今北教授・福本准教授の講演がありました。今北教授の講演では先生のアメリカ在学研究、学部生の海外インターシップ、現在取り組んでいる研究会の内容などをお話しいただき、福本准教授の講演では現在取り組んでいる活動や東京オリンピックに関する内容を聴講しました。

 

20170730musculoskeletal2

 

勉強会の後はホテルウェルネス飛鳥路に移動し、懇親会を兼ねた「宴会」をしました。参加していた皆様とさまざまな意見や情報交換が行え、縦のつながりがさらに深くなって、非常に有意義な時間を過ごすことができました。また、来年もぜひ参加させて頂きたいです。

理学療法学科2014年度卒業生 杉岡辰哉

 

●畿桜会(畿央大学・畿央大学大学院・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会)は、一定人数以上の同窓会開催を支援しています。

詳細は大学ホームページ「同窓会開催の補助」をご覧下さい。

2018年2月16日(金)

平成30年1月27・28日(土・日)に、信貴山観光ホテルにて神経リハビリテーション研究大会が開催されました。この研究大会は今年で12年目を迎え、本年度はニューロリハビリテーション研究センターの教員と大学院博士後期課程・修士課程のメンバーに加え、大学院修了生の植田耕造さん(平成26年度博士課程修了生、ニューロリハビリテーション研究センター客員研究員)と辻本憲吾さん(平成25年度修士課程修了生)をお招きし、総勢31名での開催となりました。

 

初日は森岡教授の開会の挨拶から始まり、修士および博士課程の院生より研究進捗の報告と修了生の研究紹介が行われました。修了生の植田さんからは、Lateropulsionに対する直流前庭電気刺激の効果について、辻本さんからは、半側空間無視や運動機能障害に対するリハビリテーションについて、実際の介入場面の動画を提示しながらとても分かりやすく説明をして頂きました。それぞれの研究テーマにおける検証手続きや病態解釈に対し、様々な視点から活発な意見が飛び交い、タイムスケジュールを超過する場面もありました。大学院を修了されてからも研究を続けておられる修了生のお二人や先輩方の姿を見て、私もより一層頑張っていかなければならないと身の引き締まる思いでした。

 

リハビリ研究大会1-1-tile

 

夕方には7グループに分かれて、修士課程1年の研究計画に対するディスカッションが行われました。皆それぞれが、細かな研究手続きを確認しつつ、実験途中のデータを提示させて頂き、先輩方や同期メンバーから意見やアドバイスを頂きました。私自身はデータの解釈の仕方など貴重な意見を多く頂くことができ、大変貴重な時間を過ごすことができました。 1日目終了後の懇親会でもディスカッションは続き、日が変わるまで議論が行われました。

 

2日目は朝から修士課程の学位審査に向けた予演会が行われた後、森岡教授による閉会の挨拶で無事に全日程を終えました。森岡教授からは、自らが研究を実践するにあたり、他者の研究に対しても興味を持つことが自分の研究をより良いものにするために大切であるというお言葉を頂きました。普段は自分の研究をどのようにプレゼンテーションするかということを考えるだけで精一杯でしたが、発信することだけでなく、聞く力を養い、他の研究室メンバーの研究に対しても興味・疑問を持ち、意見を取り交わしながら切磋琢磨していきたいと感じました。

 

今後も継続する努力を怠らず、リハビリテーションの対象者、さらには社会に貢献することができるように、研究室一同ますます精進していきたいと考えております。

 

リハビリ研究大会5-1

 

最後になりましたが,このような機会を与えてくださった森岡教授をはじめとする研究センターの皆様、神経リハビリテーション研究大会の開催にご尽力頂きました関係者の方々に深く感謝を申し上げます。

 

畿央大学大学院 健康科学研究科 修士課程1年 寺田萌

 

 

【関連サイト】

畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター 

【関連記事】

「平成28年度   畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成27年度   畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成26年度   畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成25年度   畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成24年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成23年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成21年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

「平成20年度 畿央大学神経リハビリテーション研究大会」

2018年1月12日(金)

皆様こんにちは、田平研究室(大学院)健康科学研究科修士課程の阿部です。2017年12月23日(土)・24日(日)の2日間で「第8回呼吸・循環リハビリテーション研究大会」を愛知県蒲郡市のホテル龍城で開催いたしました。

 

tabira1

 

本研究大会は毎年、田平教授をはじめとした研究室の在学生と卒業生で行っておりますが、今年は初の試みで静岡県の聖隷クリストファー大学の有薗研究室メンバーも参加して、22名という大所帯での開催となりました。

参加者全員が現在進めている研究を持ち寄って進捗を報告しあったのですが、どの研究も興味深く非常に刺激を受けるものばかりでした。

また、本年度に修士課程へ入学した私を含む4名の研究テーマについても、学会ではなかなか経験できないような手厳しくも暖かい助言をいただくことができる貴重な場となり、今後研究を進めていく上で大きく参考となるものでした。

 

tabira2

 

夜は楽しく会食した後に、遅くまでざっくばらんに各自の研究の課題や展望について語り合い、ところどころで職場やプライベートでの悩みの相談なども聞こえてくる和気あいあいとした雰囲気は、研究大会の雰囲気とは異なる良さがありました。

研究活動というものは非常にパワーを必要とするもので、時に折れてしまいそうになるときもありますが、グループで同じような目標に向かって取り組むことは大きな力になります。今後も研究室の一員として恥ずかしくないように、またしっかりと研究を形にしていけるように頑張っていきたいと思います。

 

tabira3

 

健康科学研究科 修士課程 阿部 司

 

【関連記事】

「第7回呼吸・循環リハビリテーション研究大会」を開催!~田平研究室

田平研究室で第6回呼吸・循環呼吸リハビリテーション研究大会開催~健康科学研究科

第5回呼吸・循環呼吸リハビリテーション研究大会-大学院:田平研究室-

畿央大学 呼吸・循環呼吸リハビリテーション研究大会-大学院:田平研究室-

畿央大学呼吸・循環リハビリテーション研究大会 -大学院:田平研究室-