畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
畿央の学びと研究 , 看護医療学科

2回生対象「第13回基礎看護技術自己学修会」を開催!~看護医療学科

2019年11月29日(金)

2019年11月22日(金)、「第13回基礎看護技術自己学修会」を行い、2回生8名が参加しました。

 

第13回 基礎看護技術自己学修会1-1

 

学生は、清拭や寝衣交換等、自己学修したい技術を積極的に計画していました。しかしながら、準備段階のベッドメイキングで「手順をすっかり忘れてしまっている」という事実に直面し、急遽「ベッドメイキング」と「バイタルサイン測定」を中心に自己学修を行いました。

 

参加した学生からは以下のような感想がありました。

 

【参加した2回生の感想】

バイタルサイン測定もベッドメイキングも、基礎看護学実習で実施した以来で、あいまいになっているところがあって、実習にこのまま行っていたら…。2つの内容に時間をかけてしっかり復習したので目的の演習まで進めないほどでした。習得したはずの技術をもう一度確認できる機会があって、すごくよかったです。先生方、ありがとうございました。

勝田真都

 

半年前までは、当たり前の様に実施できていた技術も、期間が少し空くだけで「まず何からどうするんだったっけ?」と手も足も出ませんでした。先生方に一つ一つ指導して頂かないと出来ず、少し実施しないとこんなに忘れてしまうんだと焦りを感じました。習得した技術を確実に実施できるよう、来年の実習に向けもっと練習しようと思います。  

濵岡咲良

 

第13回 基礎看護技術自己学修会2-1

 

今回、清拭の復習をしようと思い、基礎看護技術自己学修会に参加しましたが、清拭をする前段階のベッドメイキングもままなりませんでした。そのため予定を変更しベットメイキングの練習とバイタルサイン測定の練習をしました。このまま基礎看護技術を復習せずに実習に行くのは大変怖いことだと気づいたので参加して良かったです。次回も参加しようと思いました。  

山中もも

 

基礎的な技術も忘れてしまっていたので、学修会に参加して自分がどこを忘れているのか確認することができました。また、たくさんの先生方の指導があったため、正確に学修することができました。

李美優

 

1年生の時に毎週頑張って身につけた知識や技術を忘れていたのが悔しく、情けなかったです。既に学んだことを来年の実習の際に発揮することができずに、基礎の部分から復習することは絶対に大変だなと感じました。基礎看護学で教えてくださった先生が付き添い教えてくださったので、意味のある自己学修の時間でした。残り1回となった自己学修会の時間もぜひ参加したいと感じたと同時に、一年経つと忘れてしまっていたことから、実習前にも復習の機会を持ちたいと思います。  

渡邉綾音

 

第13回 基礎看護技術自己学修会3-1

 

2回生後期は、講義が中心の授業となるため、看護技術を実施する機会が少なくなります。1回生後期の基礎看護学実習の時点では実施できていた看護技術も、実施する機会がなければ徐々に忘れてしまうため、定期的に復習の機会を設けることが必要であると考えます。

 

3回生後期の各看護学実習で患者さんにより良い看護を提供するためには、まず、基礎看護技術を確実にできることが必要です。学生が主体的に自己学修に取り組むことができるように、今後もサポートしていきたいと思います。

 

看護医療学科 基礎看護学領域教員

林有学・須藤聖子・小林智子・中西恵理

 

【関連記事】

2・4回生対象「第12回 基礎看護技術自己学修会」を開催!~看護医療学科

3回生対象「第10回 基礎看護技術自己学修会」を開催!~看護医療学科

3回生対象「第9回 基礎看護技術自己学修会」を開催!~看護医療学科

3回生対象「第8回 基礎看護技術自己学修会」を開催!~看護医療学科

【所属カテゴリ】畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ