畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
助産学専攻科 , 畿央の学びと研究 , 看護医療学科

産婦人科医に学ぶ!超音波診断法!~助産学専攻科「助産診断技術学Ⅰ」

2021年6月1日(火)

令和3年5月12日(水)の「助産診断技術学Ⅰ(妊娠期診断とケア)」の授業の中で、産婦人科医師である健康科学部長の植田政嗣先生に超音波検査について教えていただきました。

 

まず、講義で超音波診断法のビデオを見て、仕組みや方法について学びました。

演習では植田先生が超音波診断装置を用いて、装置の使い方やプローブの持ち方、児頭大横径(BPD)、腹囲(AC)、大腿骨長(FL)の測定方法、推定児体重(EFW)、妊娠週数の出し方を教えてくださりました。

 

0531_01

 

その後、実際に学生が一人ずつ超音波診断を行いました。講義前は画像を見てもどこの部位か分からないだろうなと思っていましたが、植田先生の指導を受けて、どこの部位か理解できるようになり嬉しかったです。他の学生が実施している間も、実施している姿をみんなで応援したり、うまくいくとみんなで喜んだり、楽しく和やかに演習を実施することができました。

 

産婦人科医に学ぶ!超音波診断法!2-1-down

 

妊婦さんの立場に立つと、赤ちゃんの存在や成長を超音波の画像を通して感じることができ、大きな喜びを感じる場面だと思うので、一緒に喜びあうことが助産師の役割の一つだと考えました。

 

産婦人科医に学ぶ!超音波診断法!4-1

 

コロナ禍だとオンライン授業が多いですが、今回のように感染対策を十分に行いながら、直接演習することができる機会を大切にし、学びを深めていきたいと思います。

 

産婦人科医に学ぶ!超音波診断法!5-1

 

助産学専攻科 川﨑祐衣 山下華奈

 

【関連記事】

熟練助産師に学ぶ!母子のための骨盤ケア!~助産学専攻科「助産診断技術学Ⅰ」

産婦人科医に学ぶ!超音波診断法の理論と実際~助産学専攻科

【所属カテゴリ】助産学専攻科畿央の学びと研究看護医療学科

ブログトップへ