畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!
TASK(健康支援学生チーム)活動レポート , イベントレポート , 理学療法学科 , 畿央の学びと研究

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.86~オープンキャンパスで健康チェック!

2021年8月25日(水)

こんにちは。TASK(健康支援学生チーム)、理学療法学科3回生の吉田衣里です。令和3年8月14日(土)、15日(日)に行われたオープンキャンパスにて、学生さんや保護者さんを対象としたカラダチェックコーナーをTASKが担当しました。

TASKThink, Action, Support for Health by Kio Universityの略称です。学科の枠を超えて協力し合いながら、地域住民の方々や畿央生の健康支援を目的として活動しています。

 

今回実施した測定内容は、体組成、足趾握力、骨密度、ヘモグロビンの4項目です。

 

▼骨密度測定の様子

IMG_8279

 

悪天候にも関わらず、多くの方がカラダチェックコーナーに足を運んでくださいました。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、換気、こまめなアルコール消毒の徹底、定員を減らしての開催となりましたが、その分来ていただいた方一人ひとりへの丁寧な対応を心がけ、またTASKスタッフ同士で連携することでスムーズな運営ができたという印象です。

 

測定結果のフィードバックも一人ひとり丁寧に行うように心がけ、一人でも多くの方に自身の健康状態に興味を持っていただけるような声掛けを行いました。実際、フィードバック終盤では「もう少し運動してみます!」「どのような筋トレをすればよいですか?」という声も聞かれ、来場者さんの積極的な姿勢を見ることができて嬉しかったです。

 

また、学科に関する相談や大学生活に関する疑問、受験に関する悩みに対しても時間の許す限り直接お話させていただきました。スタッフからは自身の受験期を思い出すことで、モチベーションが上がったとの声もあり、私たちにとっても非常に有意義な時間になりました。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で実際に測定する機会はかなり減ってしまい、今回久しぶりに実施することができてとても嬉しかったです。感覚を取り戻すまではスタッフ全員が緊張しているような雰囲気でしたが、時間が経つにつれて来場者の方との心の距離も縮まっていったような気がしました。また今回の経験は、感染対策を徹底することで活動できるという自信にもつながりました。いろいろな制約があるご時世ですが、今後もこのような活動を積極的に実施していきたいと考えています。

 

▼計測の様子(体組成)

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.86~8月オープンキャンパス1-1

 

▼最後はお決まりのTASKの「T」ポーズ!

TASK(健康支援学生チーム)活動レポートvol.86~8月オープンキャンパス2-1

 

さて、このコロナ禍の現在、本来のTASKの活動(測定会や勉強会、新入生歓迎会など)が行えていない状況です。TASK存続のためにも、このような勉強会に参加していただきたいです。対面とオンラインの併用も考えていますので、在学生の参加お待ちしております! 

「TASKって何?」という方は、畿央大学のホームページからTASKの過去の取り組みを見てみてください!

「参加してみたい!」という方はOutlookのメールから検索ディレクトリを使用して、「task」と検索し、連絡してきてください。

参加申し込みだけでなく、質問もこちらのメールで受け付けています。気になったらいつでも連絡ください!

 

◆メールアドレス task@kio.ac.jp

◆Twitter @kio_TASK

 

理学療法学科3回生 吉田衣里

 

●TASK関連の情報はTASK(健康支援学生チーム)活動レポートで、詳しくご覧になれます。

【所属カテゴリ】TASK(健康支援学生チーム)活動レポートイベントレポート理学療法学科畿央の学びと研究

ブログトップへ