畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2019年9月8日(日)

明日香村国際サマーワークショップ2019

International Summer Workshop in Asuka 2019

 

人間環境デザイン学科では2年次配当「海外インターンシップ」の一環として、ただ今『明日香村国際サマーワークショップ2019』を開催しています。畿央大学(人間環境デザイン学科)学生2・3回生22名と台湾の高雄大学の学生12名が明日香村に集い、空き家の利活用提案や町並み調査などを行っています。8月25日(日)から8月31日(土)まで、明日香村で約1週間過ごす中で、旧集落における課題に向き合い、地域活性化につながる提案を行います。

 

●5日目:8月29日(木)

前日同様、岡地区と栢森地区で合計6チームに分かれて作業をしました。分からないところは先生に質問しながら進めていきます。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 1-1-down

▲先生に指導してもらいました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 4-1

▲発表用パース作成の様子。

 

発表を明後日に控え、提案作業も終盤に差しかかっています。細かいところの設定を決めたり、発表用のパースを描いていたりしました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 5-1

▲ディスカッションの様子。

 

言語が違い、ディスカッションではうまく意思が伝わらず戸惑うこともありました。しかし通訳だけに頼るのではなくて、漢字や英語・スケッチなどを用いて、自分のアイデアや意思を相手側に伝えようとする姿が多く見られました。とても集中していて、昼までの時間はとても短く感じました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 6-1-side

▲昼食のお弁当。

 

昼食のお弁当は今までで1番豪華で3色丼と味噌汁に餃子・バナナ・サラダがついたものでした。毎日のお昼ご飯が楽しみとなっています。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 8-1

▲木造建築の講義の様子。

 

午後からは、台湾の陳先生と日本の奈良女子大学の瀧野先生に木造建築についての講義していただきました。陳先生には台湾の古くから伝わる木造建築や住宅について、瀧野先生には奈良の伝統木造建築や木構造の歴史などについて教えていただきました。台湾と日本の伝統的な工法の中には似ているものもありました。

 

明日香村国際サマーワークショップ5 9-1

▲講義後、学生からの質問に答えている様子。

 

疑問に思ったことを先生方に質問しました。講義終了後は、発表に向けて約1時間のグループワーク作業を行いました。作業は明日で終わりなので、少しでも進めようとみんな真剣に取り組んでいました。

明日1日で終われるのか…少し心配ですが、精一杯頑張ります!

 

人間環境デザイン学科4回生 外尾華奈子・3回生 阿部きらり

 

主催:畿央大学 

共催:国立高雄大学(台湾)、明日香村商工会、大和飛鳥ニューツーリズム

後援:明日香村役場

 

【関連記事】

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.4~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.3~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.2~人間環境デザイン学科

明日香村国際サマーワークショップ2019を開催!vol.1~人間環境デザイン学科

2019年9月7日(土)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

コンコルドインターナショナルに通い始めて~1週間目~

こんにちは。教育学部現代教育学科1回生の北西海人です。イギリスのカンタベリーのホームステイを始めて早くも一週間が経過しました。こちらでの生活についてレポートしたいと思います。

                                                                                                                        海外でホームステイのは初めてで、初めてホストファミリーと対面する前はとても緊張しましたが、実際に会ってみるととてもフレンドリーでとても安心しました。ホストファミリーと折り紙をして遊んだりしました。

                                                                                                                        ▼ホストファミリーとの写真

かつ1

また、スペイン人の男の子も同じ家でホームステイしていたので会話をする機会がたくさんありました。

                                                                                                                        ▼ホームステイ先が同じスペイン人の男の子

かつ2

                                                                                                                        イギリスの生活は朝早く夜も早いという生活リズムで最初は慣れなかったのですが、だんだんと慣れてきました。学校は様々な国からたくさんの生徒さんが参加していて、初対面でも気軽に話すことができるのでとてもいい刺激になります。Good morningなどのあいさつは道ですれ違う人も言ってきてくれるのでとても気分がいいです。プレイスメインテストによって分けられたクラスでの授業になり自分の英語力にあう授業を受けることができるので、とても充実した授業を受けることができます。先生の英語も分かりやすく、わからないというと分かりやすい表現や簡単な単語に言い換えてくれるのでよく理解することができます。学校の周辺にはスーパーや飲食店はもちろん服屋さんや雑貨屋さんなどたくさんの店があり、一日では回り切れないほどのお店があります。さらに街並みも古き良き感じがでていて、いい雰囲気を醸し出しています。週末には、ブライトンという町にて観光をしました。海がある街で、とてもいい経験ができました。また、イギリスの犬はとても人に慣れていて、すぐに寄ってきてくれるので、飼い主の人とも少しコミュニケーションをとることができます。一週間をカンタベリーの町で過ごし過ごしてとてもいい街だと感じました。

教育学部現代教育学科1回生 北西海人

                                                                                                                        【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 7

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 6

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 5

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 4

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1

2019年9月6日(金)

令和元年8月25日(日)に開催された香芝市親子減塩教室が開催されました。

畿央大学からは、ヘルスチーム菜良が参加させていただきました。

 

ヘルスチーム菜良…管理栄養士養成課程を持つ奈良県内4年制大学(畿央大学、近畿大学、帝塚山大学、奈良女子大学)で構成されており、食育啓蒙活動に取り組んでいます。

 

今回の減塩教室では、畿央大学の講師である野原潤子先生による「~子どもの食育について考えよう~野菜を使った減塩の方法を学びましょう」の講話や、親子で学べるたくさんの展示ブース・体験ブースがあり、大勢の方が楽しんでおられました。

 

親子減塩教室1-1-down

 

今回私たちは、紙芝居「減塩修行の旅」、1日に必要な野菜はどれくらい?、食育サッとシステムによる食生活診断のブースを担当しました。

 

食育サッとシステム…フードモデルを用いて1食分の食事バランスを栄養価で計算し、5段階で評価されるシステムです。

 

~紙芝居「減塩修行の旅」~

主人公であるげんえもんと一緒に考える場面が多く、どうすれば食塩量を減らすことができるかや、食塩が少ない加工食品はどれかなど質問を投げかけると、たくさんの子供たちが意見を出してくれて盛り上がりました。

 

親子減塩教室4-1-side

 

~1日に必要な野菜はどれくらい?~

実際の野菜をおいていたので子供たちはそれにとても興味津々でした。350gのお皿を当てるのにも積極的に答えてくれました。保護者の方は350gの量を見て、意外と多いということと、奈良県の野菜摂取量が特に少ないことに驚かれていました。また茹でた野菜を比較して見ると、量がずいぶん減ることに興味をもってもらえたと思います。

 

親子減塩教室6-1-side

 

~食育サッとシステムによる食生活診断~

昨日食べた晩御飯を選んでもらいました。「昨日はこんなの食べた!」などと私たちに教えてくれながら、本物とそっくりなフードモデルに目をキラキラさせて選ぶのを楽しんでいました。

 

親子減塩教室8-1-side

 

今回、この親子減塩教室に参加させて頂いて、私自身も減塩の大切さを学びました。参加された方々の食生活が今よりもっと良くなるように繋がったらいいなと思います。今後もこの経験を活かして、様々な方のより良い食生活のお手伝いができるように活動していきたいです。

 

健康栄養学科1回生 山下琴美

 

●ヘルスチーム菜良の情報はこちらからご覧になれます。

2019年9月6日(金)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

こんにちは、看護医療学科2回生の小野恵実です。これからカンタベリーに到着してから1週間たった学校生活などについてリポートします。私は、午前と午後の授業を選択しており、午前では文法、午後ではコミュニケーションに焦点を当てて授業を受けています。日によって先生は変わりますが、どの先生方もとても明るくて接しやすく、毎日とても楽しく過ごしています。特に私が好きな午後の授業について紹介したいと思います。

 

▼授業の様子

授業1

 

一日目、私はとても緊張していて、授業が始まる前はとても不安でした。でも、自己紹介から始まった授業は私が想像していたよりも楽しくてわくわくしたものでした。ペアになって物語をつくったり、ゲームをしたこともありました。2日目から5日目は、町紹介のビデオをつくりました。町の好きな場所を5つ選んで紹介するというもので、場所選びから、ビデオの内容まですべて自分たちで制作しました。いろんな国の仲間と協力しながら何かをするという経験はしたことがなく、上手く言葉が伝わらなくて大変なこともあったけど、完成したときの達成感や、クラスメイトと団結できたことなど、とてもいい経験になりました。何よりも友達が増えたことが私にとってとてもうれしかったです。

また、放課後にはカンタベリー大聖堂やボランティア団体への訪問などもあり、とても充実した日々を送っています。カンタベリーでの生活は後1週間あるので、たくさんの学びができること期待して残りの生活を楽しみたいと思います!

 

▼クラスメイトと仲良くなれたかな?

授業2

 

健康科学部 看護医療学科 2回生 小野恵実

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 6

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 5

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 4

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1

 

2019年9月5日(木)

8月31日(土)から19日間

イギリスで行われる夏期短期語学留学プログラムに参加!

 

畿央大学の短期語学留学プログラムは、毎年夏休み期間中に行われます。英語学習はもちろんのこと、英国文化に触れることができ、博物館見学や美術館での美術鑑賞、サッカー観戦、コンサートなど課外アクティビティを自分で計画して、イギリスでの生活を満喫することもできます。

 

【畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019概要】

場  所:イギリスのカンタベリー(ロンドンの南、車で2時間程の場所にあります)

研修場所:コンコルドインターナショナルスクール

期  間:2019年8月31日から19日間

内  容:2週間英語学習(ホームステイ滞在)、その後5日間のロンドン文化体験(観光等)

では、夏期短期語学留学の日々の様子を参加学生にリポートしていただきます。

 

9月2日(月)ロンドンでの大英博物館の見学を終え昼食を後にし、私たちはカンタベリーへとバスで向かった。皆、カンタベリーに着くとホームステイファミリーと合流することが分かっていたので車内が緊張に包まれていた。バスを降り、実際にそれぞれのファミリーが迎えに来始め、自分の番(いつ迎え)が来るのかとみんなドキドキしていた。僕の迎えは最後のほうだった。緊張したが、喋ると優しいホストマザーだとわかったので安心した。実際に行って知らされたが、僕には23歳のオランダ人と20歳の日本人のルームメイトがいた。家に着くまでは、ホームファミリーだけだと思っていたのでとても嬉しかったし、日本人もいたので安心した。家に着くまでに触れた英語よりもホストマザーが話す英語のスピードが速く、これが日常生活の英語のスピードかと実感した。オランダ人のルームメイトは医者を目指している。そのためEU圏内の国はすべて行ったことがあると言っていた(学会や個人的な趣味を含む)。そして、それぞれの国を回ってみて感じたことやこれから自分がどのような医者になりたいかを語ってくれた。僕と4つしか変わらないにも関わらず、見えているものが違うと驚いた。今日から二週間学校があるので、これから色んなことを学んでいきたい。

 

▼出会った時の様子。

ひと3

教育学部現代教育学科(学校教育コース)1回生 和田悠佑

【関連記事】

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 5

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 4

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 3

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 2

畿央大学夏期短期語学留学プログラム2019(イギリス)現地リポートvol. 1