畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

畿央大学の教育・研究・キャンパスライフをリアルタイム配信!

2021年2月16日(火)

2021年2月13日(土)、役員46名・事務局2名が集まり令和2年度Web畿桜会役員会を行いました。

 

畿桜会(きおうかい)は、畿央大学・畿央大学大学院・畿央大学助産学専攻科・畿央大学短期大学部・桜井女子短期大学同窓会の卒業生のみなさんの同窓会です。例年、役員会は年に2回、5月の同窓会総会の直前と、総会に向けた事前協議のため2月の土曜夜に学外(大阪市内)において開催していますが、今年度はコロナ禍のため、5月総会をWeb審議、2月役員会をZoomでのオンライン開催としました。

 

会議ではまず事務局から、畿桜会の役割や活動、そしてコロナ禍での畿央生およびキャンパスの様子を共有しました。畿桜会の支援策として2020年度在籍生の同窓会費免除と奨学金拡充の一環として100万円を寄付したことが報告されました。

 

kiokai-zoom

 

その後、ミーティング参加者48名全員による簡単な自己紹介が行われました。理学療法士、看護師、保健師、助産師、管理栄養士、一級建築士、小学校教諭、特別支援学校教諭、幼稚園教諭、リモート接客を始めたアパレルショップの店員さん、公務員に転職が決まった方、公務員から企業に転職した方、地域やまちづくりにかかわる方、大学教員・職員、子育てに奮闘中の方、なんと出産予定日が翌日の方など、学科・学年の枠をこえて卒業生同士が親睦を深めました。医療現場・教育現場に限らず新型コロナウイルスで激動の1年でしたが、それぞれの場所で元気に頑張っていることを全員で共有しました。また結婚や出産、転職などの喜ばしい近況報告もたくさんあり、お子さんも画面に登場するなど大いに盛り上がりました。飲食OKの会議だったため、音声や背景を消してバーベキューをしながら参加したり、寝かしつけに退出する卒業生もいたのはオンラインならではの光景でした。

 

kiokai1

 

後半は、唄大輔会長(理学療法学科2期生)が議長となり、下記の議題について話し合いました。

1.同窓会補助について

2.2021年5月23日(日)役員会・総会について

3.2021年10月23日(土)・24日(日)畿央祭ホームカミングデー(同窓会サロン)について

4.同窓会グッズの作成について(卒業生の来場記念品)

5.卒後教育の実施について

 6. 2021年度の同窓会イベントスケジュールについて

また、卒業生に同窓会の活動や母校に関心を持ってもらう方法、総会への集客、リカレント教育の内容、帰属意識を高めるグッズの作成…など、卒業生のため、母校のため、学生のために、同窓会としてできることを話し合い、役員同士の結束が強まっていることが見て取れました。

一方、大人数だと活発な(自由な)意見交換がしづらかったり、事前に意見をアンケートフォーム等でまとめておいた方が進行がスムーズになるなどのオンラインならではの課題も見つかりました。次回は忌憚ない意見をより出しやすい会議にしていく予定です。

 

kiokai2

 

ご参加いただいた卒業生役員の皆さま、ありがとうございました!

 

来月の卒業式では、畿桜会にまた新たに約570名の会員が加わります。次回の同窓会イベントは、2021年5月23日(日)畿桜会総会です。どのような形式で行うかは3月末に役員で再検討し、会員の皆様には4月中旬に「同窓会NEWS」でご案内させていただきます。

 

【関連記事】

令和元年度 第2回畿桜会(同窓会)役員会を開催しました。

令和2年度畿桜会総会(Web審議)を開催しました。

2021年2月16日(火)

こんにちは。現代教育学科学校教育コース3回生の谷野 仁美です。本日は、私の履修している「英語科指導法Ⅱ」の最終授業の様子をお伝えします!

 

本来なら対面授業で毎週行われる予定だった「英語科指導法Ⅰ,Ⅱ」ですが、今年度は新型コロナウイルスの影響もあり、大半がオンライン形式(一部、対面形式)で授業が行われました。授業内容としては、中学校・高等学校の英語科免許取得に向け、授業づくりの視点や評価の在り方について、模擬授業を通して実践的な指導技術をみがき、特に、「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」といったこれからの子どもたちが必要となる新しい英語力をどのようにつけていくかについて学んでいます。

 

昨年度までの対面形式であれば、大学の講義室で模擬授業を行い、学生や先生からコメントをもらえましたが、今年度はそれが叶いません。そこで、各学生は自宅で模擬授業を行い、その様子を撮影し、自らが動画投稿サイトYouTubeに投稿しました。受講生である学生は、発表者の動画を見て良いところや改善点をコメントし、「自分ならばどうするか」という授業づくりの視点を広げていきました。また、科目担当者である深田將揮先生に指導案を添削していただき、その内容をもとに再度指導案の改訂や振り返りを行うことで指導の質をさらに高めていきました。

 

遠隔授業となり、各自が自宅での教材研究や模擬授業の実施となりましたが、お互いがコメントで励まし合うなど、遠隔でありながらも仲間との絆はより深まりました。

 

「英語科指導法Ⅱ」1-1

 

 

【ドッキリ】鬼の深田先生に感動動画を見せたら・・・

誰よりも厳しく、そして誰よりも優しさのある指導をしていただいた3年間。

今年度で私達の大好きな深田先生が畿央大学を去られます。深田先生の最後の授業は対面授業で行われ、全員が出席することが前もって確認できていたため、中高英語コース総勢17人から「ドッキリ」をしかけました!

 

1人ずつカメラに向かって、感謝の思いを…ではなく、「最後ぐらい、深田先生へ物申す!!」と今までの溜まった鬱憤を晴らしていきます(みんなビクビクしながら言いました。照)

 

「英語科指導法Ⅱ」2-1

▲「物申す」と言いながらも、結局は感謝が溢れてしまうみんな

 

たった、4分弱の短い動画ですが、DREAMS COME TRUEさんの「何度でも」の音楽とともに流れるビデオは、作っている私達が泣いてしまう程の大切なものになりました。

 

■いよいよ当日・・・

通常授業が終わって、いよいよドッキリが動き出します。

「深田先生のこと大好きな人―!」「は-い!」

という掛け声をして突然流れ出す動画。

感謝でいっぱいとはいえ、なんせ、「あの」鬼先生に物申してしまう動画なので、

 

「動画見て先生怒ったらどうする?」

「機嫌悪なったらやばくない?」

「シンプルに怖い。」

「まず授業で雰囲気悪かったらやめよ。」

「今日全員、良い子にしよ。」

 

などと、授業が始まる直前まで全員が心配していました。しかし…

 

「英語科指導法Ⅱ」3-1

▲カメラに映らない程度に首をまわして、必死に涙我慢している「あの」鬼先生

 

動画を見て、涙を浮かべていた深田先生。

その姿を見てみんな泣きそうになっていたのは秘密です。

そして最後に「(涙を我慢しながら??)このサプライズ動画が欲しい。」と言ってもらえたので、ドッキリ大成功です!!

 

畿央大学に入学して、より熱心に勉強やクラブ活動などに取り組むようになりました。そして切磋琢磨して支え合う、かけがえのない仲間ができました。そんな私たちを育ててくれて、心から応援してくださる素敵な先生方に出会いました。畿央大学は本当に素敵な場所です。

 

「英語科指導法Ⅱ」4-1

▲全員、深田ゼミでいいじゃない!ということでマサ先生の「M」を作ってポーズ!

 (前後1列あけてディスタンスを取って撮影しています!)

 

来年の卒業式は、17人全員で免許状3枚持って、笑顔で写真撮るぞ!!!

マサ先生大好き!!!!これからもみんなで一緒に頑張るぞ~!!!!

 

最後まで見てくださって、ありがとうございました!

 

現代教育学科 中高英語コース3回生一同

現代教育学科3回生 谷野 仁美

2021年2月9日(火)

葛城自動車学校倉庫壁面にバーンデザインをペイントしたのは2019年の真夏の頃でした。このプロジェクトをきっかけに香芝市との関係が深まることになりました。香芝市から産官学連携事業を進めたいと正式に依頼され、早速新しいプロジェクトが進みだしました。

 今回のプロジェクトでは、産官学の「産」である企業としてガラス彫刻工房ONO様と連携することとなりました。ガラス彫刻工房ONO様はガラスの表面に印刷するのは実は難しく、その技術で実用新案を取られた企業です。

印刷されたガラス面の裏から光を当てることでとても綺麗になる為、この技術を使い我々は「光るガラスブローチ」というアイデアを考え、ゼミ生で企画実現に向けたプランを考えていきました。

今年度前期授業「ベーシックセミナー」を受講している13名の1回生にそれぞれの「スマイル」を手描きで描いてもらいました。そのデザインをゼミの3回生米田雄人君がデータ化しONO様にデータ送付してもらい、リモートで商品開発を進めていきました。

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」1-1

 

2021年2月5日(金)いよいよ新商品「光るスマイルブローチ」のお披露目となりました。香芝市、ガラス工房ONO様にご来校いただき、完成披露会が開催されました。また披露会と併せて、今後に向けたアイデア出しの会議も行いました。

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」2-1-tile

 

ゼミ生以外にもベーシックセミナー受講者の中から人間環境デザイン学科1回生3名にも急遽参加してもらいました。彼らにとって、いきなり実践的会議に参加するのはかなり荷が重かったかと思いますが、しっかり発言もしてくれました。

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」5-1

 

【完成披露会に参加した学生のコメント】

滅多にない機会に参加させて頂きありがとうございました。自分の考えたデザインがちゃんと形になるという経験をあまりしたことがなかったので、今回のスマイルブローチはとても良い経験になりました。光の色を暖かい色にするとまた印象が変わって良くなるのではないかなと思いました。

人間環境デザイン学科1回生 岡田ひなた

 

産官学連携事業の方々ありがとうございました。自分の書いたイラストがあんなに綺麗に出来上がるとは思っていなくて、さっそく家に帰って家族に披露しました。スマイルブローチ以外にもコラボレーションしているようなので、商品として販売していたら今回のことを思い出して買おうと思います。ありがとうございました。

人間環境デザイン学科1回生 奥山龍介

 

自分たちはデザインのところだけ関わらせてもらったのですが、自分の書いたデザインが実際に形になっていることが嬉しかったです。先輩方が色々意見を言っておられる様子を見て、自分は良い案がぱっと思い浮かばなかったのですごいなと思いました。自分の意見を口にするのは難しかったです。

 人間環境デザイン学科1回生 髙山凌花

 

ゼミ内で商品開発をするのは企画検討から実現まで至難の業でした。ましてやコロナ禍の中、今年度中に製品ができたことは本当によかったです。これもひとえに香芝市様とガラス彫刻工房ONO・尾野様のご協力がなければ出来なかったことですし、3回生プロジェクトゼミ生がよくやってくれたと思います。

ただ、商品化はそんなに簡単なことではありません。ようやく商品開発の入り口に入ったところぐらいだと認識しています。とにかく我々が描いたカタチができたことに感謝したいと思います。ありがとうございました。

 

【学生が制作したブローチ】

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」6-1

(左)岡田ひなた (中)奥山龍介 (右)髙山凌花

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」7-1

(左)有井芙美香 (中)井上翔太 (右)幸田和樹

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」8-1

(左)氏家あすか (中)金田菜月美 (右)佐野元香

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」9-1

(左)浅井妃音 (中)加藤文奈 (右)小谷明日香

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」10-1

(左)髙島さくら (中)麻田彩花 (右)梅林沙采

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」11-1

(左)勝屋翔太 (中)川西梨々花 (右)米田雄人

 

人間環境デザイン学科加藤ゼミ「光るスマイルブローチ」12-1

(左)佐々木優帆 (中)中林ゆき (右)前田瑠唯

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【関連記事】

2025年大阪・関西万博ロゴマークデザインコンペ~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

白馬の貸別荘コンバージョンプロジェクトに学生が挑戦!~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

「バーンデザイン」第4弾!葛城自動車学校倉庫~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

福岡県理学療法士会ロゴマークデザインコンペ~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

G20大阪サミット シンボルデザインコンペの思い出~人間環境デザイン学科加藤ゼミ

2021年2月8日(月)

こんにちは、学生自治会「畿友会運営委員会」です!

例年は対面で開催しているクラブ・サークル代表者会議・研修会ですが、新型コロナウイルス感染症による社会情勢を鑑みて、今回はZoomによるオンラインでの開催となりました。

 

会議の前半は畿友会会長の挨拶から始まり、各部署からクラブ・サークル活動に必要な手続き方法の周知、学生支援センターから課外活動中の事故発生時の対応マニュアルについての確認、コロナ禍における課外活動の注意点、代表者としての心構えについて学ぶ緊急講習会を行いました。

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.63オンラインによるクラブ・サークル代表者会議・研修会1-1

▲緊急講習会の様子

 

10分間の休憩後、クラブ・サークルの代表者に向けて、リーダーとして役立つコミュニケーションスキルを体験する研修会『新入部員とのコミュニケーション方法』を開催しました。新入生を対象とした短時間・オンラインでもできるアイスブレイクの体験として、今回はZoomの機能である〈ブレイクアウトルーム〉を活用し行いました。

 

アイスブレイクでは軽く自己紹介をした後、オンラインでもできる簡単なゲームとして『お絵かき対決』をしました。出したお題の絵を何も見ずに描き、絵のうまさを競うのではなく、普段何気なく見ている身の回りの物事でも人によって捉え方や表現方法が異なるという気付きができるアイスブレイクです。

他にも簡単なアイスブレイクを紹介して、研修会は終了しました。

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.63オンラインによるクラブ・サークル代表者会議・研修会2-1

▲研修会の様子:スライドを用いての趣旨説明

 

畿友会(学生自治会)だよりvol.63オンラインによるクラブ・サークル代表者会議・研修会3-1-side

▲研修会の様子:各ブレイクアウトルームには団体の代表者5名程度と畿友会メンバーを配置

 

研修はオンラインかつ初対面の人と集まるということもあり、初めは緊張した様子でしたが、アイスブレイクや合間の雑談を通して、参加者にも笑顔が少しずつ見られました。今回の体験を通してクラブ・サークルの代表者間の繋がりを強めるきっかけになれば幸いです。

 

畿友会 広報部

人間環境デザイン学科3回生 中山瑞貴

2021年2月4日(木)

人間環境デザイン学科1回生対象「立体表現Ⅱ」の授業では、2009年から本格的に家具づくりに取り組んでいます。当初はバウハウスのデザイン思想を引き継ぐ「ウルムスツール」を制作していましたが、次第にアイテムは変遷し、現在は「マイスツール」というオリジナルのかわいいスツールをつくっています。

ところが今年度は新型コロナウイルスの影響で例年のような授業が難しく、授業内容を軌道修正して行いました。具体的には、オリジナルデザインの要素を控えめにし、基本形のデザインを基調として各々の作品をつくりあげました。教室である造形実習室には畳1帖大の作業台が9台ありますが、3密を避けるため1台につき1人に制限した為、9人でしか授業ができなくなりました。例年は1組2コマ20名、2組2コマ20名、計40名という定員でしたが、今年度は4班(各9名)×1コマ、計36名という構成にせざるを得ず、時間的にも厳しい制約の中で対面授業を進めました。

 

毎回授業前には学生の体温を一人ひとり測り、十分な換気をして、アルコール消毒を欠かすことなく行い授業運営を進めてきました。

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」1-1-down

 

ところが年末に新型コロナウイルスの感染が拡大してきたため、13回目(全15回)からは急遽スツールを組み立て各自の家に持って帰ってもらい、残り2回をリモート授業に切り替えました。制作工程にあわせた短い動画を作成・配信するなど我々教員(加藤信喜・稲葉崇史)の遠隔指示により、各自の自宅において仕上げ作業を行いました。

本当は例年通り大学の実習室で専門の道具・機材を使用して制作してもらいたかったところですが、自宅で十分な道具がない中でも、全員が見事にそれぞれの「マイスツール」を完成させてくれました。皆さんの成果として完成後に送られてきた作品の写真をこのブログでお披露目させていただきたいと思います。

1回生の皆さん、お疲れさまでした!

 

【学生が製作したスツール】

家具づくり「立体表現Ⅱ」3-1

(左上)青木佑夏 (右上)阿舍利陽菜

(左下)油谷圭輝 (右下)石田風歌

 

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」4-1

(左上)今村水紀 (右上)上出那奈実

(左下)岡村夢真也 (右下)奥野菜花

 

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」5-1

(左上)角野歩希 (右上)大石和

(左下)梶原百華 (右下)河口歩夢

 

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」6-1

(左上)川口蒼真 (右上)切島温子

(左下)後久まどか (右下)田原健

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」7-1

(左上)出口航大 (右上)栂野歩未

(左下)古澤聖也 (右下)櫻井香織

 

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」8-1

(左上)瀬山采加 (右上)髙山凌花

(左下)谷口遥香 (右下)丹野紗波

 

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」9-1

(左上)土橋歩波 (右上)中村悠真

(左下)根来昂汰 (右下)平岡初音

 

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」10-1

(左上)福田莉奈 (右上)藤原彩那

(左下)藤原未唯 (右下)松上萌

 

 

家具づくり「立体表現Ⅱ」11-1

(左上)屋敷奈保 (右上)山岸美月

(左下)山田夏実 (右下)吉井亮徳

 

人間環境デザイン学科 教授 加藤信喜

 

【関連記事】

人間環境デザイン学科学生製作のマイスツールを学内展示